2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【リアルへの】火星自治区【入り口】

1 :訴える名無しさん。:2006/07/06(木) 22:34:26 ID:???
どうぞ!

2 :訴える名無しさん。:2006/07/06(木) 22:37:06 ID:???



3 :訴える名無しさん。:2006/07/06(木) 22:45:46 ID:???
蠢く者

4 :訴える名無しさん。:2006/07/06(木) 22:58:25 ID:???
(o゜д゜o)ノ~~

5 :サムガリータ:2006/07/06(木) 23:00:59 ID:???





6 :訴える名無しさん。:2006/07/07(金) 00:18:10 ID:???
リアル仮性
謎に満ちた三角形

7 :訴える名無しさん。:2006/07/09(日) 22:40:37 ID:???
ヘボい

8 :訴える名無しさん。:2006/07/10(月) 00:00:57 ID:???
まだあったのかよ

アド貼れ>1

9 :訴える名無しさん。:2006/07/10(月) 00:15:39 ID:???
ライム板の勘違い達を全滅させて欲しい

10 :訴える名無しさん。:2006/07/10(月) 00:32:48 ID:???
次の瞬間辺りは真っ暗になっていた。
僕を牽いたバスの急ブレーキの音がまだ耳に残っているがここは
明らかこの世じゃない。もの凄い雑音が始まる。雑音は終わる事がない事を僕はなぜか知っていた。
終わらない苦痛。
それに伴う恐怖。
何年?何百年?それよりもながい永遠。
のような一瞬の時間が思いがけず途切れた。僕はスーと上空に登っている途中だった。
無限大の大きな力に振り回される無力感。
人生の終わりという絶望感。
空に限りがあると気付き始めた時に見た
大きな大きな丸
大きな丸がふいに意志を伝えてくる。
【正解は◎分かるか? 罰か刺客か慘穫か。】
残り多分0,0001も無さそうな生命力の僕は答えた。
「ま る 。」大きな大きな黒い丸がじーとにらんでいる。僕は見ていた。
大きな丸はまだじーとにらんでいる。
時間が長いのではない。永遠でもない。
空間が変化を止めている瞬間に僕はいた。
完璧にふいをつくタイミング、生きていたら必ず心臓が停まる程
の大きな声が僕の脳を突き刺す。
「正解!!!!」

11 :訴える名無しさん。:2006/07/10(月) 12:00:08 ID:2FLqXTNG
何この廃人

12 :訴える名無しさん。:2006/07/12(水) 05:04:46 ID:???
誰か
【サグな思い出】
リアル体験談
【発表しなおまいら】でスレ立てて下さい。

13 :訴える名無しさん。:2006/07/18(火) 10:43:52 ID:???
火星のheavyは2ちゃんの荒らし魔

14 :訴える名無しさん。:2006/07/18(火) 11:25:56 ID:???
猿 乙

15 :訴える名無しさん。:2006/07/19(水) 05:54:14 ID:???
heavyは 荒 ら し 魔 !

16 :訴える名無しさん。:2006/07/27(木) 06:24:58 ID:???
おじゃましま〜〜〜す

3 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)