2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【邦人】日本人作曲家総合スレ【和製】

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/12(木) 05:19:53 ID:wq4a5xso
日本人作曲家の総合スレです。
個別として立てられるであろう作曲家も沢山いると思いますが、
とりあえず総合スレを立てておきます。

ウィキペディア 日本のクラシック音楽の作曲家一覧
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%AE%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%82%B7%E3%83%83%E3%82%AF%E9%9F%B3%E6%A5%BD%E3%81%AE%E4%BD%9C%E6%9B%B2%E5%AE%B6%E4%B8%80%E8%A6%A7

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/12(木) 18:57:46 ID:EZg2BMgB
スレ立てありがとうございました。

平義久のウィキペディア記事がいつの間にか立っていた・・・
だがこれはヤヴァイだろ!
http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=%E5%B9%B3%E7%BE%A9%E4%B9%85&oldid=1821841
弟子に一人しか書かなけりゃ誰が書いたか一発で分かるし、ガンの告知だの何だのって
公表するべき事柄じゃないだろうに。それをウィキペディアに載せるってのはさすがにまずかろう。
いくらなんでもこれは無視できないので、ちょっと改変してみた。というかだいぶ書き足した。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B9%B3%E7%BE%A9%E4%B9%85
早くやれば良かったんだろうけど今まであえて避けていた怠慢もあったわけだが。

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/14(土) 02:48:54 ID:ZyJakbah
>>1の日本の作曲家一覧、赤いのが多すぎるな。
重要な作曲家に関してはスタブだけでもとりあえず整えておく必要があるかと思われ。
逆に若手はどうなんだろう。明らかに個人の宣伝になってるのもいるし。
中立的な立場で編集しているとはとても思えない。

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/15(日) 02:06:02 ID:oMkrbfFj
日本の作曲家と一概にくくってしまったので却って話題に詰まったか。
例えばこのスレ住人的にはどんな作曲家が人気なの?邦人の中では。

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/15(日) 02:28:49 ID:TF4OSTMd
俺は北爪道夫氏。

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/15(日) 04:35:15 ID:IYO1YizC
ベタな俺は矢代秋雄とか。

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/15(日) 14:06:18 ID:N/i7E035
伊福部先生
橋本國先生

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/15(日) 14:27:18 ID:2X/lR2PZ
諸井三郎、入野義朗、黛敏郎、武満徹、福島和夫、
近藤譲、西村朗 ・・・ ベタだな。

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/15(日) 16:30:00 ID:u9xF4ybi
ナクソスで出ている大栗以外の人

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/15(日) 20:49:53 ID:lijNdNDs
べたに三善、近藤あたり

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/16(月) 00:42:07 ID:g81c87/7
クラ板で知っている人がいなかったんで、質問させてください。

仙道作三氏の交響詩「利根川322」ってどんな曲ですか?
現代音楽みたいにわけわからない曲ですか?
それとも、ロマン派のオケ曲みたいな曲ですか?


12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/16(月) 00:46:12 ID:q8Ad5zJ9
邦人作曲家板
ttp://jbbs.livedoor.jp/music/6581/
もまいらこの過疎板のことも忘れないでくれ

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/16(月) 00:53:47 ID:Qm7cB5DU
松本孝弘(B'z)

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/16(月) 01:11:59 ID:orxYx1Nh
松井昭彦は?

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/16(月) 01:12:46 ID:orxYx1Nh
小林聡

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/16(月) 01:51:50 ID:gaR4+Z/o
熊谷佳和

17 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/16(月) 04:24:27 ID:OXf7J6mY
大島ミチル

18 :7分74秒:2005/05/17(火) 14:19:48 ID:Q2B731B8
オノヨーコの最初の旦那

19 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/18(水) 01:22:07 ID:yVZHA6A/
ゎぉは
もっと@したらばの更新しなさい。

20 :7分74秒:2005/05/18(水) 02:06:58 ID:zgbWJ7L3
一柳慧か。

69年にNHKでやった雅楽聴いてみたい。音源あるのかな?

21 :7分74秒:2005/05/19(木) 15:52:07 ID:cCuigxbE
高橋悠治・高橋アキ
のスレ誰か立ててくれないかしらん?
需要なさそうならいらないけど。
私の場合、彼らからサティ〜ケージの流れで
現音に興味を持ち始めたもので…

22 :7分74秒:2005/05/19(木) 23:54:13 ID:zVyoyjyX
>>21
アキの「フォー・ウォールズ・・・高橋アキプレイズ・ジョン・ケージ」はどうだった?

23 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/20(金) 00:00:26 ID:0vOhaP6o
クラシック板にあるから・・・

24 :7分74秒:2005/05/20(金) 00:02:31 ID:lKmiZgz/
高橋悠治
http://music4.2ch.net/test/read.cgi/classical/1100780108/

25 :7分74秒:2005/05/21(土) 16:42:40 ID:5FZaWalM
望月京スレとか立ててみたいが、厨に荒らされるヨカーン

26 :7分74秒:2005/05/21(土) 20:06:39 ID:3c8D0fc8
やあ (´・ω・`)
今日はVIP対狼の事実上の決勝戦だよ。
この支援フラは職人さんのサービスだから、まず見て落ち着いてほしい。

http://www.jfast.net/~urasima/vip3.swf
http://vip.elley.jp/flash.html

うん、「支援要請」なんだ。済まない。
かなりの接戦だしね、謝って許してもらおうとも思っていない。

でも、このトーナメントを見たとき、君は、きっと言葉では言い表せない
「負けたくない」みたいなものを感じてくれたと思う。
VIPクオリティーが下がり続ける今のVIPで、そういうVIPクオリティーを忘れないで欲しい
そう思って、支援要請をしたんだ。

じゃあ、VIPに投票しにいこうか。


27 :7分74秒:2005/05/21(土) 21:57:52 ID:OqHPaVsM ?
>>26
ワロスwwwwどうでもいいものに労力つかってんなーww

28 :7分74秒:2005/05/26(木) 10:11:29 ID:1y7U/2pt
高橋悠治って音楽的には大好きなんだけど、政治的・思想的には
かなり嫌いだな。
知りたくないから調べてないけど、左翼だよねえ?

29 :7分74秒:2005/05/26(木) 10:27:33 ID:0dwguwyQ
20世紀後半の優秀な作曲家は、大抵左翼かホモかユダヤ人ですから。

30 :7分74秒:2005/05/26(木) 18:08:28 ID:rqddK7au
ジョンケージが
バイセクシュアルってのは知ってる。

31 :7分74秒:2005/05/26(木) 19:35:06 ID:wbsgsupf
こないだラジオの現音番組で特集組んでたんですが
三輪眞弘って人についてだれか知りませんか

32 :7分74秒:2005/05/26(木) 21:01:33 ID:OXnFvrkq
>>31
http://www.iamas.ac.jp/~mmiwa/

33 :7分74秒:2005/05/26(木) 23:09:14 ID:C4OKOKgS
久石譲は神だよ。人間国宝に汁

34 :7分74秒:2005/05/28(土) 01:09:46 ID:l0lzMB87
よく知らないんだけど
吉松隆ってどうなの?
評価低い?アンチ多そう?

35 :7分74秒:2005/05/28(土) 03:46:36 ID:uG5VAu8N
プロもアンチも多い。俺はアンチ。
あっけらかんすぎるもん。

36 :7分74秒:2005/05/28(土) 12:34:22 ID:xri+stJw
特に近作の評価は低いね。

37 :7分74秒:2005/05/28(土) 14:08:58 ID:zt1zKEIe
「朱鷺」しか聞いたことないけど,あんまり好きな曲じゃない。


38 :7分74秒:2005/05/28(土) 14:34:17 ID:5bgF23OQ
>>37
あれがダメなら、あとは聴かない方がいい。

39 :7分74秒:2005/05/28(土) 16:01:22 ID:5/mgfE1P
>>38
ありがとう。そうするよ。

40 :7分74秒:2005/05/28(土) 21:08:53 ID:UuM0SEZ7
水槽の鳥達へのファンファーレは必聴だな。>吉松

もう評価が俺の中で下がりまくリング

41 :7分74秒:2005/05/28(土) 22:17:13 ID:5FPfD4pT
>>31
そのラジオ番組が気になる。何?

あしたのNHKFM現代の音楽でゲストに来るね。

42 :7分74秒:2005/05/29(日) 02:34:54 ID:d1e9lgjS
明日(というか今日)は先週の続き。2週にわけて三輪特集。

43 :7分74秒:2005/05/30(月) 17:06:19 ID:7Oe3Q8oI
>>40
あれはひどすぎるな
あのCDに入ってる他の作曲家の曲と比べても差が大きすぎる。

44 :7分74秒:2005/05/30(月) 21:30:27 ID:fVzx3yNg
水槽厨だが、間宮芳生が好き。
脱水槽厨めざして水槽以外の作品を聴きたいので、
お勧めを教えて下さい。


45 :7分74秒:2005/05/30(月) 23:12:42 ID:Zq0r1BSK
>>44
合唱のためのコンポジション(1〜16番)
「火照るの墓」サントラ

参照
吹奏楽大使館
http://bubble3.2ch.net/test/read.cgi/chorus/1115610963/

46 :( ☆´ー) ◆PpNattILVM :2005/05/31(火) 00:01:49 ID:cTImVJJN
>>45
ホテルの墓か。

コンポジションをすすめるのはいいけど、
2、8、9、11、13、16番のCDはないはず。
7番は廃盤で12番はプライベート盤。

47 :7分74秒:2005/05/31(火) 02:04:28 ID:YEMrg4eb
CDより生で聴ければその方がいいんだけど。

48 :7分74秒:2005/05/31(火) 11:47:54 ID:GvV+H6wR
水野就航てどうなんだろう?
おすすめ?

ttp://www.shukomizuno.net/

49 :7分74秒:2005/05/31(火) 19:09:20 ID:eNStetDh
タブローってどうなん?

50 :7分74秒:2005/06/02(木) 00:40:20 ID:Ofl1A1nF
藤澤守時代の久石譲の音源はCD化されてないんだろうか?

51 :7分74秒:2005/06/05(日) 01:59:06 ID:xxZfkHN7
>>50
このあいだミニマルやってたころの
復刻盤でたね。ムクワジュアンサンブルの。

52 :7分74秒:2005/06/05(日) 23:40:08 ID:IY2C0INN
てか芥川也寸志が1番!

53 :7分74秒:2005/06/06(月) 00:56:19 ID:PksNGSln
de


54 :7分74秒:2005/06/06(月) 00:56:52 ID:PksNGSln
なに

55 :7分74秒:2005/06/06(月) 01:47:12 ID:OmNsIoYb
何たって諸井三郎を再評価しないと。

56 :7分74秒:2005/06/17(金) 00:15:02 ID:gsTRMFCr
湯浅譲二は2月の新作以来どんな近況なんだろ。

57 :7分74秒:2005/06/17(金) 23:35:41 ID:x5sH+dQH
保守がてら、今これだけ個人スレあるんだな
【交響】芥川也寸志【三章】
http://music4.2ch.net/test/read.cgi/contemporary/1118660513/
現代音楽としての「坂本龍一」
http://music4.2ch.net/test/read.cgi/contemporary/1118472619/
武満 徹 純正スレPart 1
http://music4.2ch.net/test/read.cgi/contemporary/1117689291/
【涅槃】黛敏郎【交響曲】
http://music4.2ch.net/test/read.cgi/contemporary/1115800916/
三善晃
http://music4.2ch.net/test/read.cgi/contemporary/1116392294/

58 :7分74秒:2005/06/27(月) 22:59:01 ID:UgyzbGVQ
吹奏楽やってるやつや、やってたやつは大栗裕の作品は大好きなはず。
4月に管弦楽作品のCDが出て、聞いたがやっぱサイコー


59 :7分74秒:2005/06/28(火) 04:35:58 ID:YZvFhbYp
>58
naxosのことを言っているのか?

60 :7分74秒:2005/06/30(木) 23:40:46 ID:9VKou2Oz
残念ながらそれしかないからなあ

61 :7分74秒:2005/06/30(木) 23:46:59 ID:yD6MS7SF
「大阪俗謡による幻想曲」だけなら朝比奈&大フィル盤もあるが。

まだ手に入ったかな?

62 :60:2005/07/01(金) 00:14:06 ID:c0GSXPal
大栗出たのって何年前だよ。
なんで4月なんだよ。

63 :62:2005/07/01(金) 00:14:52 ID:kU1U+esb
ごめん、漏れ>59だった

64 :7分74秒:2005/07/01(金) 02:50:55 ID:gSODrLN1
水野修考はどうだい?


65 :7分74秒:2005/07/01(金) 20:37:10 ID:vXKHFMKp
ナクソスの大栗集はひさんだった。
まさか初見演奏ではなかろうが、
リハーサル一回、本番一回
という感じだった。
倉板でも水槽板でも散々語られたが、改めて、ここに書こう










ナクソスの鼻糞

66 :7分74秒:2005/07/02(土) 00:52:04 ID:oSrqNT0F
伊福部の作品集も酷かったな。
あたりハズレがでかい。
個人的には大澤の神風協奏曲がGood!!

67 :7分74秒:2005/07/03(日) 04:00:11 ID:3TlNfrCG
おおむね湯浅卓雄氏が指揮したものはいいね。

68 :7分74秒:2005/07/03(日) 11:36:03 ID:IKZEKbS3
伊福部を聴きこんでいない漏れにとっては悪くなかったけどな。

69 :7分74秒:2005/07/04(月) 04:09:47 ID:EdElKuxr
水野はいかんかった。
近作の交響曲、あの鈍重なリズムでクラブ・ミュージックってあーた。
演奏も演奏だけど。
「ジャズ・オーケストラ」なんかの方が良い仕事しているね。

70 :7分74秒:2005/07/05(火) 21:54:16 ID:npuOhRGa
水野ねぇ…。
交響曲第4番に期待して買ってみたが、
例のごとく4楽章でやっちまったなぁ〜と思った。
個人的には3楽章はよかったと思うが…。

71 :7分74秒:2005/07/06(水) 02:10:06 ID:zLNUXPDf
>>70
あの曲を褒める人がいるのは、水野にとって凄くマイナスになっているように思う。
そういう人って、大抵はクラブ・ミュージックを知らないであれを賞賛しているわけで。

72 :7分74秒:2005/07/06(水) 20:15:12 ID:yd36Ltxe
>> 70
漏れもフィナーレよりも3楽章が好きだね

73 :7分74秒:2005/07/06(水) 21:19:17 ID:X0IsP95c
水葬くせえ臭いがぷんぷんするスレだぜ

74 :7分74秒:2005/07/07(木) 00:32:57 ID:mNnaZ2F1
この擦れじゃなくて、そもそもこの板全体が・
以下略すわよん
(=゚ω゚)ノ

75 :7分74秒:2005/07/07(木) 00:48:08 ID:h++nQTHK
まぁしょうがないな。
管弦楽の世界はあまりにも古典に固執しすぎているから、
新しいものが聴衆や演奏者、評論家からもあまり求められていないんだよ。
商業主義的に見ても現代音楽が金になるとは思えんし…。
(単純に金=芸術というように見るわけはいかんが、
 現代のアートマネージメントを見ると金と芸術の関係を無視できないし)

そうなると活動の場は歴史が浅い吹奏楽の世界になっていくわけ。
古典がないために常に新しいものが受け入れられ、
作曲家にとっても自分の作品が実際音になって聴けるしね。
新しい可能性の追求という面でも、
まだまだ可能性を秘めている吹奏楽に比べ、
探求され尽くした管弦楽の世界は作曲家にとっても魅力に欠ける。
確か作曲家の誰かが同じようなこと言っていたなぁ…。

76 :7分74秒:2005/07/07(木) 00:53:28 ID:c3LyIoW2
>>75

そう思ってるのは水葬関係者だけ

77 :7分74秒:2005/07/07(木) 01:00:15 ID:h++nQTHK
>>76
私は特にこれといって水槽関係ではないんですが…。

私の息子が吹奏楽部に入っているため、
最近コンクールとかでいろんな曲を聴くんですよ。
大抵流行歌的な稚拙な音楽が多いのですが、
たまに「ハッ」とさせられる曲があったもので…。
最近は管打楽器のための曲を書いているシュワントナーやヴァレーズ、
ライヒ、グラス、ライリー、メシアンの作品を好んで聴いているのです。

では逆に保守的な管弦楽関係の人の意見も聴いてみたいです。

78 :7分74秒:2005/07/07(木) 01:07:14 ID:c3LyIoW2
スマン。そのラインナップなら納得いく。

79 :Matsurimoerer ◆MG64yE6TCE :2005/07/07(木) 01:09:17 ID:AW0M0dBg ?
そろそろ「20世紀後半以降の現代作品を演奏する基礎体力」のあるオケが必要でしょうね
たとえばスペクトル系だったらいけるとか、W・リームみたいに音圧優先の作品に耐えられるとか
ノイズ系OKのオケは日本では絶対出来ないと思いますが、それ以外ならかなりいけるはず。

80 :7分74秒:2005/07/07(木) 23:02:44 ID:ZWTzw28K
日本のオケなのに、三善や武満を満足に出来ないのを、
まず何とかしろって。

もちろん外人のをやるなとか偏狭なことを言ってるんじゃないよ。

81 :7分74秒:2005/07/07(木) 23:09:18 ID:c3LyIoW2
>>80

一応聞くがアマチュアの話しじゃねえだろうな?

82 :7分74秒:2005/07/08(金) 00:25:22 ID:KcsFBFXr
実際プロオケにとっても三善や武満は非常に難しいのであって・・・・
あ〜、しんどかった。

83 :7分74秒:2005/07/08(金) 17:55:20 ID:drjuP4hL
水槽作品ので田村なんとかとか言う人のを聞いたけどなかなか優れていると思った。
水槽にしては、という前口上がつくがな。

84 :7分74秒:2005/07/08(金) 19:16:07 ID:53d8Vp+3
>>83
水槽板へどうぞ

85 :7分74秒:2005/07/08(金) 21:51:33 ID:2t1aq0j+
田村文生はもとは水槽の作曲家て゛はありません。
たまたま、水槽からの委嘱も増えていますし、本人も高校時代は吹奏楽部でした。
しかし、NHKFMの現代の音楽で放送された作品は、水槽で知られてる曲より、
というか、水槽作品のほうは難解な現代曲といっても、演奏者の多くは学生であるということを考慮し作曲されたということを、どうしても感じてしまう。

86 :7分74秒:2005/07/11(月) 19:45:13 ID:ovnqhbtf
>>85
あの譜面は学生を考慮したものとは思えんorz

87 :7分74秒:2005/07/12(火) 19:48:36 ID:UUHfyWgd
幻の時代劇メドレーまだ?

88 :7分74秒:2005/07/13(水) 17:53:36 ID:imPJ+/VH
しかし、田村作品は、水槽より室内楽の方がつまらないこともある。
変に観念的な曲もあって、むしろ水槽の作風を他でも実現してほしいとすら思う。

あと、「学生を考慮」の意味がわからないじゃないけど、
水槽楽曲史上、もっとも難易度の高い曲ばかりだよ(難解とはちがうけど)。

89 :7分74秒:2005/07/14(木) 00:15:43 ID:OerqeieT
でも最近田村の作品ってマンネリだよな。
確かに水槽の世界では新鮮に聴こえるかもしれんが、
いろんな音楽を聴いているとあまり新鮮には聴こえない。

田村作品だけを聴いていても、
違う作品で他の作品と同じ箇所をいくつも見つけることができるし。
…まぁそれが楽しいんだけどね。

田村よりも中橋や天野の独自の音楽を聴いたほうが楽しいなと思う今日この頃…。

90 :7分74秒:2005/07/14(木) 01:35:43 ID:rPVFBDcu
そういうきみだって水葬あがりで偏狭な音楽体験しかなかろうが。

91 :7分74秒:2005/07/14(木) 09:51:57 ID:yCkZd6LD
中橋や天野って独自かね?

92 :7分74秒:2005/07/14(木) 14:10:34 ID:T9HVZqQt
>>91
水槽世界では独自にきこえるかもしれないが、音楽全般の中では
むしろオーソドックスだと思う。特に天野氏の水槽曲の多くは
映像音楽からのアレンジなので、独自と言うよりも映像音楽の
王道路線を行っているだけ。
それが水槽世界には今まで無かったから独自路線と勘違いするヤシが
いるのだと思う。

93 :7分74秒:2005/07/14(木) 14:34:44 ID:YTjAmZYN
つうか良くも悪くも「職人」だよな、2人とも。

94 :7分74秒:2005/07/14(木) 17:12:00 ID:cijDBKE5
つまりはクラシックの世界からすれば田村も天野もそこらへんの作曲家と変わんない曲を
書いているってこと。ただ水葬にはなかったジャンルだから水槽の世界では持ち上げられているだけ

95 :7分74秒:2005/07/14(木) 19:09:33 ID:DzR2waRl
「水槽が外を知らない」「むしろオーソドックス」はその通りだが、言うまでもなく
「独自」と「オーソドックス」は、対立概念ではない。対立概念と捉える傾向もあるが、
「知らない水槽」と言えども、わざわざ貧しい考え方を知って影響を受ける必要はない。

田村のオーソドックス?な作品が、民音の音楽祭があるうちに取り上げられていたら、
認知度も立ち位置も違っていたんじゃないか。
>>93
2人の「職人」とは、中橋や天野のことですか?

96 :7分74秒:2005/07/14(木) 19:12:33 ID:DzR2waRl
ついでに:ふつう、音楽でいう「独自」は、総合的に判断されるもので、
要素が集まって形成されるようなものじゃない。あたりまえすぎて、言うのもアホ
だが、要するに、たとえば誰もやってないことをやって「独自」w であることより、
音楽を実際に聴いて「独自感」があることの方が、「独自」だということ。
基本すぎるくらい基本だが、案外忘れてるよな。


97 :7分74秒:2005/07/14(木) 21:05:48 ID:Z5S4k7nX
>>96がいいこと言った。
その通りだと思う。

作曲家が曲を書くとき、常に「独自」ということを
意識して書いているものなのだろうか?

98 :7分74秒:2005/07/15(金) 05:05:33 ID:ipxd1ZzD
>>97
「独自」って
「未聴感」か?


99 :7分74秒:2005/07/15(金) 10:42:28 ID:4QUJxzl5
水槽というジャンルにこだわる意味がわかんない

100 :7分74秒:2005/07/15(金) 10:53:41 ID:FzbRkERC
>>99
クラシック側は水槽を別扱いしようとは全く思っていないのだが、
水槽側が自ら変な壁を作るので、変な世界(=水槽)が出来てしまったというわけ。

だからホルストをクラシックの作曲家とは呼べるが、天野は呼べない。

101 :7分74秒:2005/07/15(金) 11:42:37 ID:wwFavnWO
>>100
逆だよ逆

102 :7分74秒:2005/07/15(金) 17:18:29 ID:K9by3sEp
>>100
天野氏は自らを映像音楽の作曲家と呼んでいるからねぇ。
本人はクラシックの作曲家と呼ばれるのには抵抗があるようだ。

103 :7分74秒:2005/07/15(金) 19:04:29 ID:h61AXhqz
>>100
同意。水葬側がなんというかクラシックを疎遠している感じ

104 :7分74秒:2005/07/15(金) 20:38:28 ID:Th6PbhxF
「所詮水槽は…」って自ら劣等感持った発言するんだよな、水葬連中は。
いろんなタイプの曲があってもいいと思うんだが。

105 :7分74秒:2005/07/15(金) 21:03:39 ID:VVdwsKUC
>>102
以前坂本龍一氏がゲソヲソシーンに対して「まだ50、60年代引きずってああいう曲
書いている連中がいると言うこと自体が信じられない」みたいな事言っていた。
確かに世界中で才能ある作曲家達はゲソヲソに拘らず、というか敢えてゲソ以外の
ジャンルを狙って成功しているみたいだな。

やはりゲソよりも他のジャンルの方が遙かに儲かるからだろうかね?

106 :7分74秒:2005/07/15(金) 22:30:28 ID:icUAtf34
水葬は所詮「ゴールド金賞!!イエーイッ!!」ってのが
全ての存在。水葬ヲタはヲタ知識で後輩の男の子を威嚇
したり女の子にちょっかい出したりと、いつまでたっても
学校の部活から離れられんヤツら。そんな烏合の衆が一般
バンドと銘打ってコン厨部活活動を一生涯に渡ってやろう
ってんだからますます処置なし。

107 :7分74秒:2005/07/16(土) 00:08:17 ID:T3IsYqIM
>>100
>>106のように自ら壁を作る者もいるわけだが。

108 :7分74秒:2005/07/16(土) 00:29:20 ID:1OXLgjrF
だって実際水葬はそうだろ?w

109 :7分74秒:2005/07/16(土) 07:39:57 ID:mS/SvM6I
>>108
一部のヴァカ水槽はその通りだな。

110 :7分74秒:2005/07/16(土) 11:18:31 ID:edXa4Olh
なんで水槽の話になると国内のことしか話題にならないの?
日本のコンクールとかばっかり

111 :7分74秒:2005/07/16(土) 15:57:42 ID:SpaUWEdb
クラシックが水槽を貶めているのも、水槽が自ら壁を作っているのも、両方ある。
どっちもどっち。

112 :7分74秒:2005/07/16(土) 16:06:21 ID:HKWoThUZ
>>105
まず、坂本龍一が現代音楽に対するコンプレックスを持っていることは周知の事実。
久石譲ですらが口にするほどの。

それに、「ブーレーズやケージを認めるところから始めなくてはならない」と明言
もしているわけで、映像系に多い皮相な現代音楽批判者とは別のところにいる。

113 :7分74秒:2005/07/16(土) 16:16:08 ID:OBCBamUX
>>111
その水槽が作った世界が余りに稚拙だったから、というのが真相だと思う。
水槽が蔑視された始めたのは、三流作曲家が水槽界に跋扈した20世紀からだと思われ。
メンデルスゾーンも水槽曲を作ってるが、これは十分鑑賞に堪えうる代物。

114 :7分74秒:2005/07/16(土) 16:24:46 ID:f9sTXp4q
>メンデルスゾーンも水槽曲を作ってるが、これは十分鑑賞に堪えうる代物。
そんな作品は例外。

もともと吹奏楽といえば軍楽隊、時代が下れば娯楽音楽という位置づけだったわけで
むしろ20世紀には地位を向上させたといえる。

115 :7分74秒:2005/07/16(土) 16:28:48 ID:f9sTXp4q
>三流作曲家が水槽界に跋扈した
これに関しては(事実かどうかの検証は別にして)
地位の向上のために遮二無二オリジナルの楽曲を求めた結果
という見方もできる。

116 :7分74秒:2005/07/16(土) 22:51:58 ID:oC1qPJ+0
別にいいじゃん。
作曲家が書きたいものを書けば。
表現は色々あるわけで…。

管弦楽・吹奏楽という一部の表現にこだわっている連中は、
何かいかにも「水ヲタです」「蔵ヲタです」って自己主張しているみたいで、
正直鳥肌が立つよ。
私は別にいいものが聴ければなんでも良い。
・・・それが管弦楽でも、吹奏楽でもあっても。


117 :7分74秒:2005/07/17(日) 03:40:53 ID:WsnxezWa

>>116がいいこと言った!

118 :7分74秒:2005/07/17(日) 07:17:11 ID:oY2UjKTG
>>111

クラヲタはクラを貶めてるのも、水葬が吹奏を貶めてるのもある。
どっちもどっち。

119 :7分74秒:2005/07/17(日) 10:33:49 ID:VSjhqT+s
>>116
正直、吹奏楽には「いいもの」の割合が少ないわけで、その一因を分析してみ
るのも重要では。

>>115
吹奏楽のオリジナル曲の大部分は、「ジャンルの地位の向上」なんて目的とは
かけ離れたところで作られるものだよ。

120 :7分74秒:2005/07/17(日) 12:37:07 ID:0jZGaHNb
>>119
質っつうか量って感じだな。オリジナルをつくっている奴は。
いや全部が全部そうではないけどな

121 :7分74秒:2005/07/17(日) 14:10:23 ID:UrkDyJQW
こんなに冷静な議論は水槽板ではありえないだろうな。
水槽板を少し覗いてみたが「〜県の吹奏楽」やら「部活内の〜」やら
厨工の匂いを漂わすスレばかりで少し辟易した。

122 :7分74秒:2005/07/17(日) 15:22:24 ID:Snh9V4LX
>>121
水槽板でも意外と冷静な議論されてるスレはあるよ。
学校の8割に吹奏楽部がある現状を考えると
「〜県の吹奏楽」やら「部活内の〜」やらのスレが多いのは
仕方ないこと。

123 :7分74秒:2005/07/17(日) 15:25:08 ID:jJwdIlQp
駄作は昔からたくさん書かれていたが、駄作ゆえに忘れ去られた。

近現代に傑作があってもなかなか演奏されない状況は、
実は他のジャンルとそれほど変わらないのかもしれない。

124 :7分74秒:2005/07/17(日) 15:53:20 ID:jJwdIlQp
>>122
板の状況が、出回ってる作品の状況を見事に反映している。

125 :7分74秒:2005/07/17(日) 16:18:31 ID:r9cdVA5i
欧米や欧州の軍楽隊以外のプロ水槽楽団ってあるの?

126 :7分74秒:2005/07/17(日) 17:29:36 ID:R/wviJk8
常設に限定しなければ、あるにはある。

127 :7分74秒:2005/07/17(日) 18:50:53 ID:0jZGaHNb
ゲソを多く演奏する吹奏楽団とか作ればいいのに
N響みたいな。

需要無いかも知れんけど

128 :7分74秒:2005/07/17(日) 19:25:54 ID:Snh9V4LX
>125
日本だと
東京佼成ウインドオーケストラ
シエナウインドオーケストラ
が代表的。

シエナは先週と今週の題名のない音楽会にも出てた。
CDも3万枚売れる等水槽では珍しい存在。指揮者は佐渡裕氏。
ただしあまりゲソには取り組んでない…。

最近創設されたガレリアウインドオーケストラは
割とゲソを多く演奏してるし、今の水槽に対する
問題点を意欲的に提起している団体かも。

129 :7分74秒:2005/07/17(日) 20:22:52 ID:s3QuoyqN
>>125
・欧米で「ヨーロッパやアメリカ」を指すが。
・どこの国にもあるかは知らないが、軍楽隊の他に警察音楽隊もある。

>>127
なぜよりによってN響に例えるのか、理解に苦しむ。

130 :7分74秒:2005/07/18(月) 11:51:01 ID:7oY9f9fm
>>122


その冷静に議論されてる少数のスレが水葬の
DQNさを払拭しないのが水葬板の限界。

水葬=何何県の学校のブカツ

吹奏楽全般のことではない。

131 :7分74秒:2005/07/18(月) 17:57:49 ID:tC35AcVk
>>128
大阪市音楽団もある。自治体が持ってるプロの水槽はここだけ。

132 :7分74秒:2005/07/18(月) 19:38:53 ID:pJ7/XQZk



























































                                                            吹奏vs スレ立ててやれや、カスども

133 :7分74秒:2005/07/18(月) 19:58:45 ID:dFcIVL8R
上のレスで気づいたが
てかなんでこの板60行の4kbまで書き込めるんだ?一レスあたり。

正直こんなにいらんだろ

134 :7分74秒:2005/07/18(月) 22:05:59 ID:yuTcQgSQ
>>132
御意!
そりゃ確かに水槽も書いている作曲家いるが、
ここはそうじゃなくて話し進めようよ。

とりあえず、一番やばそうな天野作品に関しては
水槽作品以外を論じると言うことでどうかな?
そうすれば他は自ずと見えてくる。

135 :7分74秒:2005/07/18(月) 22:08:11 ID:yuTcQgSQ
誤解無きように言っておくがs、
何も天野作品を論ずるのが目的では無いからね。
ただ、単にこのラインを引けばそれ以上とんでもない話題を
オミットできるだろうということだよ。解ってくれ> 皆様。

136 :7分74秒:2005/07/19(火) 14:39:41 ID:fF2plZ59
三枝成彰はどこの板で質問したらいいですか?

137 :7分74秒:2005/07/19(火) 17:38:04 ID:FSaw7HVV
竹中平蔵そっくり板へドゾー

138 :7分74秒:2005/07/20(水) 07:38:26 ID:JWAVNYRy
>>135

一部の天野ヲタは頑固に現代音楽と絡めて語る事を
拒んでいるようだが?映像作曲家としての側面のみ
を強調して、現代音楽作品を書いているのをあえて
隠蔽しようと画策しているように感ずる。

主に水葬の奴な。

139 :7分74秒:2005/07/20(水) 07:42:19 ID:JWAVNYRy
その上で、本当にこの板で語るべき作曲家では
ないということなら、水葬板、アニソン板、
サントラ板、あるいは、したらばの天野スレで
語るべき。

ここは現音板なんだから。

140 :7分74秒:2005/07/20(水) 12:49:56 ID:8FP1I1mh
>>138
その通りだな。
ワルシャワフィルのコンサートマスター達が演奏した、
天野氏の弦楽四重奏曲やピアノトリオはどこから聴いても
現代曲だった。
しかし、本当に本人が「私は映像音楽作曲家ですから」って
言っているのだろうか?はなはだ疑問に思える。

隠匿しようとしている水槽連中へ。
岩城氏が録音した「ユーフォニアムコンチェルト」は
確かに水槽編成だが、現代曲として充分騙ることが出来ると思う。
ああいう作品も隠匿するのか?

141 :7分74秒:2005/07/21(木) 00:34:04 ID:C3UG3ugX
岩城氏が録音したのはレコード芸術で特選盤になったあれのことか?
久しぶりに吹奏楽のCDで特選になったから買ってみたが、
確かに現代音楽だったし、素晴らしい演奏・作品であった。
(解説も充実していたし個人的に吹奏楽のCDの中でも一番聴いているCDだ。)

水槽連中の言う天野の音楽は主にGRみたいなものを指すのだろう?
視野が狭いというしかないなぁ…。

142 :7分74秒:2005/07/21(木) 01:18:28 ID:Zcb/hfTv
まあ水葬でなくとも天野ヲタは(作曲家本人の
音楽は別問題としても)突出して糞の集まり
なんだがな。

143 :7分74秒:2005/07/21(木) 01:34:10 ID:t4KqXDQr
>>140
ピアノトリオ「Florata」のCD持っています。
ワルシャワフィルのホール内にある売店で3年ぐらい前に
買いました。
とても不思議な曲でした。英語とポーランド語の解説があったけど、
どうやら不動明王とかの真言を音列に置き換えているようです。

目当てはパヌフニクのトリオだったのですが、
「Florata」のほうが気に入りました。

144 :7分74秒:2005/07/21(木) 18:23:13 ID:DpC2h25y
>>143
ワルシャワで買ったのですか!
私は日本で買いました。「Florata」を
初演した「トリオクラシック」が来日したとき
コンサート会場で買いました。
生で聴いた時の印象が凄くて、早速買ったという訳です。

145 :7分74秒:2005/07/21(木) 23:49:31 ID:0DveMdxv
いい流れになってきてるからそろそろ水槽っていう括りで話すのやめよう
あくまでもゲソの視点で

146 :7分74秒:2005/07/29(金) 21:25:18 ID:Qnw985d1
佼成ウインドオーケストラが録音した
黛の吹奏楽作品集(トーンプレロマス55)は,素晴らしい内容。
なんか響きが違うなあと思ったら,サックスが入ってない編成の曲が多いんだね。
オケの管楽セクションという感じかな。

吹奏楽のおとを吹奏楽たらしめてるのが,クラリネットではなく
サックスのビブラートがかかった音なんだなあと思った。

最後に,他の人が編曲した「天地創造」が入ってるが,
こんなん入れずに,「リチュアル・オーバーチュア」入れてくれれば良かったのに。
ほとんどトーンプレロマス55と同じ曲なんだから。
これあれば,全部そろったのに。

147 :7分74秒:2005/07/30(土) 03:32:54 ID:TVkASehg
そういうことは水葬板で言ってくれ。
こんなんばっかだから、こーゆースレが立つのじゃ。

水葬の言う現代音楽って邦人ばかりで底が浅いね
http://music4.2ch.net/test/read.cgi/contemporary/1115721675/l50

148 :7分74秒:2005/07/30(土) 16:32:19 ID:bQSNzWUy
>>146
>ほとんどトーンプレロマス55と同じ曲なんだから。
それは入れなくていい理由になりそうだがw

全部そろえる、ということならむしろ、吹奏楽のための行進曲を入れるべきだった。

149 :7分74秒:2005/07/31(日) 18:19:12 ID:V4/L/mX2
久田典子。
女流ではピカイチ。

150 :7分74秒:2005/07/31(日) 19:44:10 ID:Tw4cdDWg
久石譲は超前衛の現代音楽作曲家との事

151 :7分74秒:2005/07/31(日) 21:10:57 ID:LoONPmsH
>>147
新手の誘導乙。

152 :7分74秒:2005/08/06(土) 06:18:31 ID:ypmjOAeU
>>149
詳しく

153 :7分74秒:2005/08/14(日) 18:15:12 ID:K4lpGPAV
>>149
ヴァイオリンとチェロのコンティニュアンスが出版されてるな。
俺も好き。

154 :7分74秒:2005/08/28(日) 00:17:45 ID:DhDcX7wM
クラ板松平スレ

45 :名無しの笛の踊り :2005/08/21(日) 18:47:57 ID:+JLt6yEZ
甲子園、準優勝の京都外大西の校歌、
作曲は松平頼則だった。
画面に出なきゃ松平の作曲とはわからんわな。
仕方ないか。

46 :名無しの笛の踊り :2005/08/21(日) 21:49:02 ID:qH8JViv1
伊福部のその手の歌はテロップ出なくても分かるのになw




155 :7分74秒:2005/08/28(日) 00:40:16 ID:NL7qwOCA
http://off3.2ch.net/test/read.cgi/offmatrix/1125075475/l50
================================================================
8/28(日)の16:00から秋葉原の中央通りで行われる
世界経済共同体党、又吉光雄氏の街頭演説に皆で聞き入りませう。

156 :7分74秒:2005/08/29(月) 01:08:59 ID:9Y5NtTie
ええと、ここでいいかな。
メールで周ってきたんで確かじゃないですが。
芥川作曲賞、斉木由美さんだそうです。
まあ明日にでもなればサントリー財団のサイトが更新されるでしょうから、お楽しみに・・・

157 :7分74秒:2005/08/29(月) 01:39:41 ID:iP1FQ5qI
>>156
もう招き猫に出てたよ。

158 :7分74秒:2005/08/30(火) 00:22:17 ID:DRCQhFhO
アントモフォニーはどれもなかなかいい曲ですね。

159 :7分74秒:2005/08/30(火) 01:37:31 ID:8mfjN3k3
個人的には2をマトモな環境で聞き直したい。
武生の初演では音響の劣悪なホールだったし、外からの雑音も入って
マトモに集中して聞ける環境ではなかった。
しかも初演者がアルテル・エゴだったから、あの書法が作曲者の意図に反して
シャリーノっぽく処理されてしまった。
もちろんそれから時間が経っているから再演の機会もあったのだろうが、
これを機に再演の機会にもまた恵まれるのではないか。

160 :7分74秒:2005/08/30(火) 12:38:48 ID:VVDV46QG
アントモフォニーは、二年前の芥川賞で結構きつい事言われてた(あの年は基本的に辛口傾向だったけど)
しかし今年は久しぶりに揉めましたね。今回は確かに面白かった。

161 :7分74秒:2005/09/01(木) 01:31:50 ID:KvwXvm75
審査は近藤譲がいた頃の方が面白かったよ。
野平一郎の発言以降の成り行きは、正直言わせてもらうと論外です。
ファイナリストにも失礼。

162 :7分74秒:2005/09/01(木) 06:52:28 ID:crAsICyC
そんなまずいことが起こったのか
現場にいなかったから知らんけど

163 :もも:2005/09/02(金) 19:14:01 ID:eMaPPHwf
ももは、シンガーソングライターを目指してまつ><
いい詞、曲をかけるように頑張ってます!応援してくれてるみなさん、ありがとうございます
http://blog.livedoor.jp/momoka1217/

164 :7分74秒:2005/09/02(金) 20:07:37 ID:KU8S31VA
芥川の日、他の曲はどうだったのだ?

165 :7分74秒:2005/09/02(金) 23:25:20 ID:2iNPqkas
>164
個人的な感想

藤倉:中盤がクリシェだとかステレオタイプだとか言われていたが、
最初から最後まで音楽が伸びやかで好感を持った。拍手も一番
大きかったような。

鷹羽:美しい。がやっぱコンクール向けではないわなあ(もともと
コンクール用に作曲した作品ではないから作曲者に責任はない
が)。あと、野平も言っていたが、最終部分はいらんのではない
かと思った。でも、これが入ったお陰で演奏会としてはいいプロ
グラムになったと思う。

植田:客席の弦がもたらす浮遊感はかなーり魅力的。が、指摘
されてたように、オケの音響が混濁気味なのが残念。演奏のせ
いなのか、オーケストレーションのせいなのかよくわからんが。

斉木:曲が収束する時のバスドラのリズムが鷹羽作品と同じだっ
たのはちと藁た。

 なんか審査の講評とあんま変わらんね。でも、どれも楽しめ
たしいい演奏会でした。


166 :7分74秒:2005/09/05(月) 22:45:08 ID:mNQR6Lq5
>>161
年齢のこと?

三輪眞弘来てたよね?
あの曲CDででないかな

167 :7分74秒:2005/09/08(木) 06:05:16 ID:f29bUA7e
ファイリストの年齢を教えて下さい。

168 :7分74秒:2005/09/08(木) 07:23:42 ID:sWb4Z+g3
藤倉 28歳
植田 31歳
鷹羽 26歳
斉木 41歳

頭一つ抜きん出ていますね

169 :7分74秒:2005/09/08(木) 17:03:25 ID:84IY2dbf
う〜む・・・

藤倉氏は20代前半かと思ってました。でもまだまだ若い。
斉木さん41歳は、ちょっと微妙ですね(むろん三輪真弘さんよりは年少ですが)。
斉木さんの受賞コメント、なんてのはありましたか?

170 :7分74秒:2005/09/08(木) 19:52:04 ID:EzBEF3w6
>>161
詳しく

171 :7分74秒:2005/09/08(木) 20:32:38 ID:QxpB1KG0
1958年だったら、
矢代:交響曲、黛:涅槃。いずれも29歳。
1964年だったら、
三善:オケコン、武満:テクスチュアズ、黛:曼荼羅
31歳、34歳、35歳。

現代音楽界を盛り上げよう、で間違っちゃいないけど、
この質量の差は小さくない。きびしいことも言いたいよ。

172 :7分74秒:2005/09/08(木) 21:40:03 ID:HALpudvu
>>169
年齢のことまで心配していただきましてありがとうございます、
とか言ってた。


173 :7分74秒:2005/09/09(金) 00:56:58 ID:pcyZkqH3
良いオケ曲が聴きたいなら、若手にもっと積極的に書かせるべきだよ。
質は量をかかせることによって生まれてくる。

174 :7分74秒:2005/09/09(金) 12:18:26 ID:DNfKQOFy
審査会の年齢発言は、たしかに不愉快だったな。
キャリアとか経験とか言いたかったのかもしれないが、
あまり冗談にもなっていないと思った。
斉木受賞に関しては、妥当だと思う。

>>173
ある程度は言える。

175 :7分74秒:2005/09/09(金) 16:49:13 ID:TTm/Vjse
将来性云々は年齢に関する話ではなく、ブーレーズが作品を振ることによって
藤倉の将来はある程度約束されるであろう、って話じゃないの?

だとしたら、余計に不愉快。

斉木受賞談話は

審査に当たっては年齢のことまでご心配頂き、まことにありがとうございます。
年を取って新しい音楽を書いていくのは本当に大変ですが、老骨に鞭打ち努力
していく所存ですので、これからもよろしくお願いいたします。

みたいな感じだったかな。

176 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/11(日) 04:02:22 ID:Q0ekFsaa
コスモロジー湯浅御大がサマーフェスタでシャリーノのことを
シャ↓リ↑ー↑ノ↑
ではなく
シ↓ヤ↑リ↑ー↓ノ↑
て言ってた
誰か指摘してやれよ

177 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/11(日) 16:14:25 ID:ZknxqPNi
「マターリ」ではなく「ヒヤシンス」で言ってたってことか?

178 :7分74秒:2005/09/12(月) 01:04:26 ID:x+jIzp3K
講演会のシャリーノはネクタイ曲がってたしな

179 :7分74秒:2005/09/12(月) 08:48:46 ID:762AljXM
>177
「ポマード」じゃなくて「チアリーダー」って言ってたのと同じイントネーションてこと
しかも「ゃ」がでかい「や」

180 :7分74秒:2005/09/12(月) 16:09:06 ID:gXqNFfRa
「茨城」ではなく「北海道」ということか

181 :7分74秒:2005/09/12(月) 18:02:22 ID:WLs2N5N/
イバラキは例として適切さを欠くかと。
「鐘の音(カネノネ)」「忌野(イマワノ)」などみたいなイントネーションで発音されることがあるから。

182 :7分74秒:2005/09/13(火) 00:17:59 ID:RVqf/zME
「しやりいの」
=「きなこもち」とか
=「ヲタク臭」とかってこと

それより、彼は正式にはシャリーノ↓なの?
漏れシャリーノ↑だと思ってた。

183 :7分74秒:2005/09/13(火) 01:24:17 ID:fbqIktGZ
「リ」にアクセントがあると思われ

184 :7分74秒:2005/09/13(火) 05:32:20 ID:RVqf/zME
やや、それはそうなんだけど、そのあとよ。語尾の「ノ」は上げるのか下げるのか

185 :7分74秒:2005/09/13(火) 12:29:02 ID:fbqIktGZ
イタリア語の発音(を日本語耳で聞いたもの)なら下がるだろう。

186 :7分74秒:2005/09/13(火) 12:57:18 ID:rvnBy5MN
ダ・米

187 :7分74秒:2005/09/15(木) 22:10:08 ID:Nf8YUcIs
「神奈川」か「横浜」か。


188 :7分74秒:2005/09/15(木) 23:30:26 ID:mGPKEmS4
それなら神奈川


189 :7分74秒:2005/09/16(金) 16:52:29 ID:hJju/+4I
横浜じゃないの

190 :7分74秒:2005/09/16(金) 21:45:48 ID:qJXrF1W5
中華街はどうだ

191 :7分74秒:2005/09/21(水) 06:33:23 ID:TfkDUdGu
吉松のアトム・ハーツ・クラブ2にはまってます。美しい!
彼のピアノ協奏曲も名作だね。
吹奏楽がたたかれてるけど、長尾淳、鈴木英史、天野正道など、
ヨーロッパ的な叙情性をたたえた作品を書く人がどんどん増えている。
別宮貞雄っていいね。あんなに美しい音を書く人とは知らなかった。
チェロ協奏曲やば過ぎ!!


192 :7分74秒:2005/09/21(水) 06:54:08 ID:FzLCAlQu
釣りか・・・・

193 :7分74秒:2005/09/21(水) 18:55:49 ID:PmQO3TXw
>>191
あえて吊られてやる。
クラ板か水槽板逝け。ここで彼らの話題は叩かれるだけ。

194 :7分74秒:2005/09/22(木) 11:05:50 ID:21lIFIMC
糀場富美子のファンです。
広島レクイエムすばらしい。
なぜ、CDがないんだろう。

195 :7分74秒:2005/09/22(木) 13:59:31 ID:KARWASDb
>>191
ま  た  水  槽  厨  か

196 :7分74秒:2005/09/22(木) 15:49:28 ID:178K9BzN
水槽ってとりあえず綺麗な曲書けば厨に受けるから楽だよな

197 :7分74秒:2005/09/25(日) 02:17:04 ID:hQ0joX/H
先週金曜日に斉木委嘱作品、京都市内で演奏された

198 :7分74秒:2005/09/26(月) 20:52:57 ID:6jRlgovi
>>194
あぁCD出て無いっけ、楽譜は出てたの覚えてるけど
今度聞いてみるか。

199 :7分74秒:2005/09/29(木) 21:04:49 ID:plIPDYGS
>>191
で、長尾じゃなくて長生なんだが。
やっぱり釣りか。
>>196
あの三人はきれいな曲よりも調性の崩壊した曲のほうが
完成度が高い。しかし水槽世界では受け入れられず、やむなく
調性のある曲を書いているという感じ。
長生、天野両氏のユーフォニアムコンチェルトは
こっちの世界で言う極普通の現代曲(勿論調性音楽ではない)だが、
水槽世界ではアヴァンギャルドな現代曲と認識されてしまっている。
田村作品も同じ扱いを受けている。
つまり、水槽世界は未だに20世紀前半以前の感覚でしかないという
事だ。


200 :7分74秒:2005/09/29(木) 21:43:44 ID:fzw91VLw
統一協会(世界基督教統一神霊協会)の宗教法人名変更の動きが
表面化し、新たな被害拡大を懸念、浮上しているのは
「世界平和家庭連合」、 統一協会には世界平和女性連合、
天地正教、純潔同盟、野の花会、しんぜん会など多数の偽装名があり、
「家庭連合」もその一つ。霊感商法だけでなく、勧誘(伝道・教育)の方法も違法との判決
(昨年十月最高裁ほか)が相次ぎ、
“看板”の変更に迫られてきたためとみられてる。


201 :7分74秒:2005/10/02(日) 11:35:03 ID:s6NMHZ+G
>>199
まあ中高生が圧倒的に多い世界だからそれもある意味仕方ないだろうね。
ここで叩いてる住人だってなんだかんだ言って昔は調性聴いてたはず。

202 :Dingle Berry:2005/10/02(日) 17:14:50 ID:8dUi+ZPF
>>194
スコアにバーンスタインのサインと共に数名、なぜかポクのもあんのよ〜。
クイーンが好きだった先生、元気にしておられるかなぁ。


203 :7分74秒:2005/10/03(月) 02:10:05 ID:Vfj9Dta6
もし、「水槽は20世紀前半以前の感覚でしかない」とか批判しながら、
細川なんかを持ち上げて、「オレは20世紀後半以降の感覚」とか
思っちゃったりするくらいなら、今の水槽の方がよほどまとも。
(199氏がそうだということではありません。)

もちろん天野らが、最高かと言われると・・・・。

204 :( ☆´ー) ◆PpNattILVM :2005/10/03(月) 08:46:46 ID:rXr9AZJT
もし、「SMAPは20世紀後半以降の感覚でしかない」とか批判しながら、
グレゴリオ聖歌なんかを持ち上げて、「オレは1000年以上前の感覚」とか
思っちゃったりするくらいなら、今のSMAPの方がよほどまとも。

205 :7分74秒:2005/10/03(月) 23:08:50 ID:v5Nw65LT
>>203
ハゲ同!
そうなんだよな。細川氏をああまで持ち上げるのもいかがなモノかと。

天野氏の水槽以外の作品(piano Trioと弦四、どちらもワルシャワフィルの
コンサートマスター達の演奏)を聴いたが、ちょっとびっくりした。
あぁ、この人こういう作品も書けるんだ、ってね。
映像音楽とも水槽曲とも全く別世界だったな。何故こういう作品を水槽曲で
書かないのか不思議に思ったが、>>199の説を読んで少し納得した。

206 :7分74秒:2005/10/04(火) 09:58:31 ID:Vjy/rYmy
日ごろから「天野氏は現代音楽とは関係ない。本人がそういってる」
と強硬に主張して現代音楽の文脈で語るのを異常に嫌うのが天野ヲタ。

だからそんなヲタさんの為にもこの板で語る必要は無い。
水葬板でヤレ。

207 :7分74秒:2005/10/04(火) 15:46:25 ID:MWmRDFk8
>>206
>天野氏は現代音楽とは関係ない。本人がそういってる。
水槽天野ヲタが都合が悪くなると必ず出すセリフだよな。

天野氏本人は全くそう言うこと言っていないはずなのだが。
「仕事として映像音楽や、アマチュアの皆さんの為に吹奏楽を書いて
その他、自分の書きたいと思った作品は(特に室内楽)ワルシャワでのんびり書いて
ワルシャワで演奏してもらっています」と言っていた。

天野氏の吹奏楽や映像音楽以外の作品の殆どはかなり前衛的な作風の曲が多いのに、
水槽連中はそういう作品聴いたこと無いくせに語るからねぇ。呆れてしまう。

ただ、天野氏の最近の割合における純音楽的作品は映像音楽や吹奏に比べると少ないので、
何もここで話題にする必要は無いと思う。

もし、将来純音楽の大きな作品を発表したらここで語っても良いとは思うが、少なくとも今は必要ないと思う。


208 :7分74秒:2005/10/04(火) 21:21:04 ID:+mDBniJ6
どっちにしても水槽はなんというかチャチっつうか稚拙な曲ばっかだろ。どうせ

209 :7分74秒:2005/10/05(水) 09:34:46 ID:kkNwtAOv
>>208
田村文生氏とか中橋愛生氏の吹奏楽作品を聴いてみると
その偏見は見事に覆される。
そんじょそこらの稚拙でヘボい現代オーケストラ作品よりも
ずっと素晴らしい。

推測だけで書くと恥をかく。単なる無知な香具師だと
思われるだけ。作品を聴いてから評価すべし。

210 :7分74秒:2005/10/05(水) 18:12:20 ID:OJSdkaHQ
どっちにしたって低レベルなことにかわりは無い。

211 :7分74秒:2005/10/05(水) 21:06:16 ID:P83guPCf
田村氏はまだこれからもいい作品を書き続けていくだろうし、
中橋氏はまだ20代。
ほかには、伊左治直氏も気になるな。『南蛮回路』がとても良かった。

水槽はまだまだこれから、ってところかと。


212 :7分74秒:2005/10/05(水) 23:42:48 ID:9sOgCdXy
>>210
田村作品が低レヴェルだと?
イギリスから委嘱されたオペラを聴け!
中橋氏の毎コン入賞したオーケストラ作品を聴いたこと
あるのか?
おまえのように聴きもしないで断言する低能バカが
いるから、いつまでたっても良くならない。
もうここに来るな。

213 :7分74秒:2005/10/05(水) 23:55:59 ID:FHZEhf2b
聴いたことあるけどそんなにいいか?
それに吹奏楽曲はオケ曲と比べてどうなのよ。

214 :7分74秒:2005/10/06(木) 02:02:10 ID:eZ3jxsYY
水葬はメインストリームとされている楽曲の鑑賞体験が
著しく欠けてるから比較論なぞ眉唾もんだ

215 :7分74秒:2005/10/06(木) 03:01:23 ID:/+dQe7YG
中橋氏の毎コンは、良くも悪くも「毎コン」という
枠組みを想定して作られた作品。それ以下でも以上でもなし。
田村氏は一時代前の前衛を演歌の如く繰り返すスタイル。
中橋氏の吹奏はこれからそれなりの発展があると思う。


216 :7分74秒:2005/10/06(木) 03:14:24 ID:SSAdVqIe
中橋氏本人が居そうなスレですね

217 :7分74秒:2005/10/06(木) 03:50:13 ID:8X1YcREy
> 田村氏は一時代前の前衛を演歌の如く繰り返すスタイル。

はて、ああいう曲はあったかの〜。
あれを一昔前の前衛というのは、メインストリームを知らなさ過ぎでは。

218 :7分74秒:2005/10/06(木) 10:34:13 ID:Y8wKqfCE
>>215
ちょっびり同意。
田村作品に関しては(特に室内楽)全くそう思う。
60年代の亜流に過ぎないんだよね。
ああいう作風で水槽曲も書いていて、それを
斬新だと思いこんでいる水槽連中は現代の
メインストリームを知らなさすぎ>>217

中橋作品は聴いたこと無いので評価をさける。

219 :7分74秒:2005/10/06(木) 13:34:23 ID:N0s0tGfB
田村がやっていることはストラヴィンスキーの現代的な読み直しなわけだから
前衛のメインストリームじゃねーだろよ。

220 :7分74秒:2005/10/06(木) 15:10:26 ID:W7n7noPM
>>218>>219
田村作品はアカデミックな書法の延長での現代曲と言える。良くも悪くも芸大アカデミズムの流れに法った
作風だな。
以前天野氏の大学卒業作品を聴いたが、そういう意味ではアカデミックな書法とは違う路線の作品だった。
強いて言えば日本の「能」的要素とモートンフェルドマン、ジョンケージ的な要素に若干ミニマルのエッセンスを
振りかけたような感じか。
そのときのメモを見ると「阿僧祇」というタイトルでFl,Vn,Cb,Pno,2Perc.という編成で、武岡賞受賞作品と
いうことだが、この賞がどういうものかは不明。
今の水槽作品からは想像も付かない作風だった。

何故あの路線を貫かなかったのか疑問。
最近の弦楽四重奏曲やピアノトリオも聴いてみたい。


221 :7分74秒:2005/10/06(木) 21:08:25 ID:gD2ZY46D
どっちにしても田村、天野とかの吹奏楽連中の曲はどこまで言っても水槽レベルでしかなく
明らかに曲としても質は下。あれをすばらしいと言っているところにレベルの低さが見受けられるねえ

222 :7分74秒:2005/10/06(木) 22:33:36 ID:FBTo7mAK
>>221
田村氏や天野氏の室外楽やオーケストラ作品を一曲でも聴いたことあるのか?
聴きもしないで断言している自己厨の意見は個々を見ている全ての人の
失笑と軽蔑を買うだけであって、誰も同意はしないぞ。
すこしはディベートの勉強をしてから出直してこい。
それまでは個々肉な。じゃまなだけだ。


223 :7分74秒:2005/10/06(木) 22:41:24 ID:hnsxddjl
    ペチ    ☆
 ( o・-・)っ―[] /  
[ ̄ ̄ ̄] (´・ω・`) <個々肉な

224 :7分74秒:2005/10/06(木) 23:02:22 ID:W7CsfSGZ
>>221
>田村、天野とかの吹奏楽連中の
藻前が無知なのはよく分かった。

225 :7分74秒:2005/10/06(木) 23:43:49 ID:tcaacIO2
「水槽作曲家なるもの」>>>>>ぼぞがわどじお 


226 :7分74秒:2005/10/07(金) 00:07:54 ID:qRYPJV+X
>>225
もう一人、吉松の位置も示してくれ。

227 :7分74秒:2005/10/07(金) 00:09:49 ID:E8ArrLtU
>>225
もう一人、吉松の位置も示してくれ。

228 :7分74秒:2005/10/07(金) 00:20:53 ID:71a4T+1/
岩河三郎の位置も示してくれ。

水槽にも合掌にも愛すべき曲書いてるぞ。

229 :7分74秒:2005/10/07(金) 02:27:29 ID:TG/TITuR
吹奏などの話題より松平頼暁だよ。

凄かったぞ、昨日の演奏会。
今、日本で一番いい仕事をしている作曲家のうちの一人だな。

230 :7分74秒:2005/10/07(金) 17:57:27 ID:An17Avma
三善晃の新曲ってもうでないのかねえ

連?富士聴いて一気に好きなったけど

231 :7分74秒:2005/10/07(金) 17:58:41 ID:An17Avma
ありゃ、この板ではトウの字は無理か

232 :7分74秒:2005/10/07(金) 19:07:49 ID:IJb95W3s
声楽アンサンブル団体「Voxhumana」です。「音楽現代」に批評載りました。
11月20日に東京文化会館小ホールにて第13回定期演奏会します。
今回は藤倉大さんの新曲が目玉みたいです。
よろしくおねがいします。

233 :7分74秒:2005/10/07(金) 19:22:11 ID:ie8VdFZ2
>>230
御代sでぃ先生、お体の具合が悪くて入院していました。

234 :7分74秒:2005/10/08(土) 08:59:36 ID:aVD/lyYI
>>229
是非レポきぼん

235 :7分74秒:2005/10/09(日) 15:06:25 ID:xds5cmk3
>>216
ワロス

236 :7分74秒:2005/10/12(水) 21:53:50 ID:/szEIAsu
明日オーケストラPJ行ってきます

237 :7分74秒:2005/10/13(木) 22:32:41 ID:SUE2f4rL
オーケストラプロジェクト行ってきた。
客席ガラガラ、内容可もなく不可もなく。テンション超低。

ありふれたゲンオンコンサートだった。

238 :7分74秒:2005/10/14(金) 22:35:18 ID:7lXTVOlV
あれは毎年そんなんだから期待しない方がいいよ。
おととしの渡辺俊哉と中川敏郎の両氏はむしろ例外。
かつての例外中の例外に松平頼則がいる。
その他は・・・あまり聞かないほうがいいかもしれない。めったにろくなのがない。

239 :7分74秒:2005/10/15(土) 13:06:26 ID:pv4yig2A
今年は特につまんなかったような。
糀場タンはよかったけど

240 :fffff:2005/10/17(月) 07:19:03 ID:9hzWKCQi
野田てるゆきが率いる21世紀音楽の会はどうなんだ?あれは一度も聞きに行ったことがないが
面白いのか。今年は室内楽をするみたいだな。

241 :7分74秒:2005/10/18(火) 23:46:41 ID:oqRiKDGd
日本音コンは?ききにいったヤシいないか。

242 :7分74秒:2005/10/24(月) 00:48:15 ID:R/EVAYRQ
最近主にヨーロッパでブレークしているらしい藤倉大ってどうなの?


243 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

244 :7分74秒:2005/10/24(月) 04:28:37 ID:fszBL7+K
>>242
バートウィスルがお好きならどうぞ。

245 :7分74秒:2005/10/29(土) 20:55:13 ID:FysjXZvy
>>244
ああなるほど。。 ブーレーズ→バートウィスル→ベンジャミン→藤倉か。

246 :7分74秒:2005/11/06(日) 04:58:47 ID:ZLcCoWVh
一柳慧って今何をしているん?

247 :7分74秒:2005/11/06(日) 12:08:27 ID:UBjALiGY
オペラの準備で忙しいんとちゃうか

248 :7分74秒:2005/11/06(日) 15:17:41 ID:MvPA3CLX
各作曲家のナンバー1を決めよう!Part 12
http://music4.2ch.net/test/read.cgi/classical/1126409936/l50
芥川也寸志の投票ですよ

249 :7分74秒:2005/11/17(木) 14:03:46 ID:OLllt3FN
おまいらニッポニカの諸井1番まであと3日ですよ

250 :7分74秒:2005/11/19(土) 22:32:16 ID:mmn6Pwbe
>>247
少しはマシなの書いてよ!

251 :7分74秒:2005/11/20(日) 10:08:31 ID:tvXiZEYA
fontecの安売り第2弾が塔に並んでるね。
皆さんのおすすめ教えてくらさい。

252 :7分74秒:2005/11/21(月) 00:53:45 ID:qMSI6KIe
>>247
美しいオペラを書いてね。アリアもほしいな〜

253 :7分74秒:2005/11/23(水) 18:27:51 ID:gNQVAMn2
桃だか柿だか忘れたが、まずかったなァ〜。金返せーーーー!!!

254 :7分74秒:2005/11/24(木) 00:09:46 ID:lXwEmwW0
間宮芳生の「オーケストラのためのタブロー2005」
いよいよ本日初演。

アンサンブル金沢のページに、彼のコメントが載ってる。

255 :7分74秒:2005/11/30(水) 22:57:34 ID:1L+IJ0Kh
>>254
聴きに行った人!感想お願い!

256 :7分74秒:2005/12/04(日) 23:57:11 ID:uQAG5cLF
千住明の「日本交響詩」てのをTVでやってたが途中でやめた。
何で今頃あんな曲を書く(あるいはNHKが書かせる?)んだか…


257 :7分74秒:2005/12/05(月) 01:14:50 ID:yPF6TRU0
子どものコンサート用だろ?
タト山のラプソディーだって元々海外公演のアンコールピース
色々なTPOに沿った曲があるんだよ

258 :7分74秒:2005/12/05(月) 15:53:45 ID:2PIZcHaD
子供用なら酷い曲で良いのか?
ピーターと狼書いたプロコフィエフのような才気など、どこ探しても
無かったぞ。

259 :7分74秒:2005/12/05(月) 20:55:47 ID:NnEaEHz+
プロコフィエフのような才気を求めるなら先ず人選を間違ってると思われ

260 :7分74秒:2005/12/06(火) 21:39:32 ID:LA+eqoMe
千住明はバリバリのロマン派?

261 :7分74秒:2005/12/06(火) 21:54:16 ID:Zzk2jE+9
オーケストレーションが「いかにも」な感じで
小馬鹿にされてるようだった。

262 :7分74秒:2005/12/06(火) 22:23:34 ID:SvOoQvdF
TPOに応じて「いかにもそれらしい」音楽を作る能力はあるのかもな。
(それだって立派な音楽的能力には違いないが)

263 :7分74秒:2005/12/07(水) 13:26:23 ID:hnacZxZX
平義久追悼盤マダー?( ´∀`)


264 :mac-varese-1238.ircam.fr ◆30rKs56MaE :2005/12/07(水) 18:22:08 ID:zUy/bMXa
>>263
フランスでも話を聞かない。というかまず演奏会マダー?

265 :7分74秒:2005/12/09(金) 15:20:14 ID:kB3MsDK+
>>256,257あれなら水槽だけど,岩井氏の日本民謡メドレーの方がまだましって音楽だったね。
コンセプトもよくわからん。
子供にあんな偽物みたいな音楽を聴かしてはいけない。
ろくな大人にならんぞ!

266 :7分74秒:2005/12/09(金) 15:32:48 ID:E5FqUkU3
松平頼暁の作品で、最初に解決するまでに5分くらいかかる曲ってなんだったけ。
なかなか解決しないw そのことによって 時間感覚をズラす意図の作品だった。

267 :7分74秒:2005/12/30(金) 11:35:42 ID:B/oktC+f
60年代(?)に結構注目されてた江崎健二郎(漢字怪しい)って、その後
どうなってるんだろう?

268 :7分74秒:2006/01/02(月) 01:05:21 ID:6SirTZDW
素人ですが、最近ラジオで聞いた佐藤聡明に感動してジャズ一辺倒生活を変えました。
でも聞けるソースは作品集3のみです。。。。
ほかのを聞きたいんですが、、、、どこで入手できますか?
あるいはどこで聞けますか?それともスレ違いですか?

269 : ◆30rKs56MaE :2006/01/02(月) 01:36:49 ID:JCIsIP7b
佐藤聡明は以前NHK-FM日曜18時からの「現代の音楽」の時間で特集をしていたはず。
彼のディスコグラフィについては詳しくないです。スマソ

雰囲気として似たような作風を求めるなら、「新しい単純性」または「癒しの音楽」
と呼ばれている一連の作曲家を聴いてみると良いかも。この板に該当スレもある。
バルト三国のアルヴォ・ペルト(エストニア)、ペトリス・ヴァスクス(ラトヴィア)など。
ジョン・タヴナー(イギリス)とかもあるけど、ちょっとお勧めしないかなー。
ヘンリク・ミコワイ・グレツキ(ポーランド)は交響曲第3番が有名で、
いわゆる「新しい単純性」の代表作の一つだが、彼はむしろ60年代の初期作品に秀作が多い。
ただし作風は全く異なるいわゆる「60年代ポーランド楽派」なので注意。

あるいは佐藤の技術的な作風である「モードクラスター」で似たようなものを求めるなら、
西村朗の90年代後半の作風(「光の雅歌」など)は近いと思う。ほかに北爪道夫など。
彼らはそれぞれ、ナンバー1を決めるスレで先日投票があった。

あとは必ずしも作風が近いとはいえないが、武満徹の80年代以降から入っていって、
徐々に70年代、60年代、さらに彼が影響を受けたメシアンやブーレーズなどと
遡るように聴いていけば、徐々にいわゆるゲソヲソチックな音にも慣れていって
聞きこめるようになると思う。
まああくまで一つの聞き方の例に過ぎないから、あくまで参考程度に。

270 :7分74秒:2006/01/02(月) 03:20:30 ID:retmPsrt
>>269
なんかあえて吉松とかノアゴーとか避けてるようにとれる
あなたのお勧めの仕方じゃ「わけわからん」で終わってしまう気がするよ。

そんな俺はペルトの初期やジョン・ゾーン、フランク・ザッパなんかをお勧めしてみたりする。

271 : ◆30rKs56MaE :2006/01/02(月) 04:51:46 ID:JCIsIP7b
吉松隆を外したのは、佐藤聡明の静寂な作風とはだいぶ異なると思ったから。
もっとも>>268氏はジャズを聞きこんでいるらしいし、サクソフォン協奏曲「サイバーバード」や
ギター協奏曲「天馬効果」などは楽しめるかもしれない。静寂とは正反対のノリノリな曲だけど。
ペア・ノアゴーは漏れ自身が良く聴き込んでいないので、お勧めしようにも出来ない。スマソ

272 :7分74秒:2006/01/02(月) 05:32:29 ID:btEag1eC
>>271
そうかなあ。
朱鷺とかレグルスとかシリウスとかは静寂さを味わえると思うんだけど。
最近の作品でもアダージョ楽章なんかは楽しめると思ったんだけどな。
西村とかグレツキは怨念がこもりすぎてて暗い気分になるんじゃないか?
あと、どうしてもメシアンとかブーレーズとか、アカデミックな方向にもっていきたがるね君は。
たまにはアイヴスかザッパでも聴いたらどうだ?


273 :7分74秒:2006/01/02(月) 05:33:28 ID:btEag1eC
今堀さんってピアノ弾ける?

274 : ◆30rKs56MaE :2006/01/02(月) 06:25:02 ID:JCIsIP7b
>>272
> 朱鷺とかレグルスとかシリウスとか
ああ確かにそれは言えるかもしれない。
他にはピアノ協奏曲「メモフローラ」のChandosのCDに入っている後半の小品集とか。

> 西村とかグレツキは怨念がこもりすぎてて暗い気分になるんじゃないか?
それをいうなら佐藤聡明だってその気があるんじゃないかな。
レントやグラーヴェな作風という意味で言えば、吉松よりは彼らの方が佐藤に近いと思うよ。

> あと、どうしてもメシアンとかブーレーズとか、アカデミックな方向にもっていきたがるね君は。
それは漏れの趣味だから仕方ない。あくまで一つの可能性を提示してみたまで。
もちろんあなたが非アカデミックな作曲家に精通しているのなら、逆にそういう勧め方を
してみるのも一興かと。

>>273
舞台に乗せるレヴェルでは弾けない。たしなむ程度になら。

275 :268:2006/01/02(月) 12:21:38 ID:7GVvdE/i
みなさん情報本当にありがとうございます。感謝してます。
皆さんがあげてくださった方々の作品、CDで手に入るものは片っ端から聞いてみます。
ほんとに感謝。
あえて今の私の感覚を拙い表現で言えば、佐藤聡明の、「音楽」というより「祈り」に近い感じに
はらわたをわしづかみにされている、と言った風です。
いまは家に帰るとジャズ半分、佐藤さんのたった一枚のCDに半分と言った生活です。

276 :7分74秒:2006/01/02(月) 15:11:05 ID:Xj4/+9pN
ttp://lastofficialhp.run.buttobi.net/

お年玉です。

277 :7分74秒:2006/01/02(月) 15:44:03 ID:Ocld1er4
>>276

とか言ってそれブラクラじゃないの?
変なURLだから踏みたくないなー。

278 :7分74秒:2006/01/02(月) 15:47:06 ID:HbimgcaN
>>268
佐藤聰明氏の廃盤も含めた詳細なディスコグラフィは、昨年度の『レコード芸術』に載っていた。
何月号だったかは失念。もし近所に図書館があれば、一度は目を通してみるのをオススメする。
で、アメリカではかなりの数の録音があるようだが、日本で手に入るのはカメラータとフォンテックぐらい。
フォンテックのはちょっと古いので新品は難しいかも知れないが、都内なら大丈夫なのでは?

◎オーケストラ曲・室内楽曲
1. 「作品集1〜仄かなる闇」 (カメラータ東京、1999/08/25)
 ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00003XAVB/
2. 「作品集2〜化身」 (カメラータ東京、2001/04/25)
 ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00005HXST/
3. 「作品集3〜季節」 (カメラータ東京、2003/11/20)
 ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0000TIG0M/
4. 「夜へ」 (フォンテック、1993/01/25)
 ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00005EZVM/

◎邦楽曲
1. 「日月」 (フォンテック、1994/01/25) 演奏:中村明一(尺八)、宮下伸(十七絃)
 ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00005EZW5/
2. 「十七絃筝の世界」 (カメラータ東京、1995/12/15) 演奏:菊地悌子(十七絃)
 ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B000050PVN/
3. 「NANAE」 (カメラータ東京、2000/02/25) 演奏:吉村七重(十七絃)
 ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00005F3O9/
4. 「彩霞」 (カメラータ東京、2004/08/05) 演奏:吉村七重(十七絃)
 ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0002FQO62/

279 :7分74秒:2006/01/02(月) 15:48:10 ID:HbimgcaN
(続き)その他にオススメするとしたら・・・

「メイド・イン・ジャパン」(東芝EMI、1998/05/08) 演奏:須川展也(Sax) 他
 ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00005GJK1/
日本の作曲家によるサックスのための作品を集めた曲集。
ソプラノサックスとピアノのための「ランサローテ」を収録。まさに透明で静謐な祈り。
カメラータの作品集2にも入ってる曲だが、こちらの録音の方が好きだ。
西村朗のアルトサックスとピアノのための「ラメント」は、特殊奏法バリバリな曲ながら
ときに苦悶し、ときに瞑想するかのような、深い味わいの作品。かなりオススメ。
他の収録作品は、吉松隆の「ファジィバードソナタ」をはじめ、ジャズやポピュラー寄り。

「現代日本ピアノ音楽の諸相(1973-83)」 (コロンビア、2005/12/21)
 ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B000BU6PBM/
ピアノの多重録音とディレイによる「インカーネイション(化身)2」を収録。演奏は高橋アキ。
モードとモアレと高次倍音を主体とした作品で、氏の初期作品やテープ音楽によく見られるもの。
つ〜か、1970年代の多重録音とディレイによる作品でCDになってるのはコレぐらいしかないのは
どうにかして欲しいところ。(LPでは「太陽讃歌」などが出ていた。)
他の収録作品は・・・ちょっとアナタの好みに合うかどうかは判らない。いや、合わないかも。
バリバリのミニマル作品な一柳慧の「タイムシークエンス」などは面白く聞けるかも知れないが。
まぁ、1500円ぐらいなので、ちょっとした“日本の現代音楽入門”として買ってみてはいかが?

280 :7分74秒:2006/01/02(月) 18:39:45 ID:UE2IhQGe
>>278

おいおい!
「マーガレット・レン・タン プレイズ佐藤」
が入ってないじゃないか!
あれは名盤だぞ。

281 :278-279:2006/01/02(月) 19:51:01 ID:HbimgcaN
マーガレット・レン・タンって、あのトイピアノの人? へー、そんなのあったんだ。
でも、New Albion あたりから出てるヤツだと、輸入盤屋でしか手に入らないと思うが、
現代音楽にまったく初めて触れる人に勧めるにはちょっと難があるのでは?

ところで、268 氏は“ジャズ一辺倒”だったそうだけど、どんなのが好きなのだろうか?
ジャズとひと口に言っても、それこそニューオリンズ・スタイルから、ビッグバンド、
ビ・バップ、クール・ジャズ、モード・ジャズ、フュージョン、最近ではクラブ系の要素が
入ったものなど、時代もスタイルもプレイヤーも様々だけど、どのあたりが好み?

ジョン・ゾーンやフランク・ザッパを勧めている人がいたが、ビル・エヴァンズなどの
クールなピアノ・バラードが好きな場合には、水と油のような気がする。

また、フランク・ザッパは「パーフェクト・ストレンジャー」「フランチェスコ・ザッパ」
「ロンドン・フィル1&2」、アンサンブル・モデルンの2枚など、クラシック/現代音楽
に分類される作品は、ジャズ好きの人に勧めても“騙された”と言われるのがオチでは?

まずは 268 氏の嗜好を開陳あれ!

282 :7分74秒:2006/01/02(月) 20:19:01 ID:SYi2po/2
やっぱりザッパはロックとして聞いてこそ意味があるのではないでしょうか?
文脈をクラやジャズに繋げようとおもえば簡単ですが、やはりその畑では
必ずしも傑出してるとはいいがたいものもありますよね。
作曲能力は素晴らしいとおもいますけど。
私はドューワップが効いているバカバカしさがチャームポイントだと思ってます。


283 :mac-varese-1236.ircam.fr ◆30rKs56MaE :2006/01/02(月) 21:00:49 ID:ClgiwnuR
>>275
ジャズについては正直ほとんど知らないので(>>281氏のあげたスタイルの区別なら見分けがつくだろうけど)
フランク・ザッパについても他の人たちに任せるとして、
祈りと言えば平義久もその気が強いと思う。(昨年亡くなったパリ在住の日本人作曲家。漏れの先生でもあった)
その系譜を継いだ斉木由美も、静寂な祈りの傾向は強い。
ただし平義久は無宗教、斉木さんはキリスト教と、同じ祈りでも信仰の違いはあるが。
(斉木さんは現時点では発売音源は無い。)
平の代表作の一つに「メディタシオン」(瞑想)というオーケストラ曲があるが、彼が強く音楽的親近感を寄せていた
武満徹の初期作品「弦楽のためのレクイエム」について、武満自身が後に「私はこの曲の題をメディタシオンと
しても良かったのです」と書いているのが興味深い。
ただしこれらは瞑想的とは言っても、技術的には佐藤聡明とは大分異なる。
佐藤の作品は常に、フォーレのレクイエム冒頭のように時間が止まるかのような極端に遅いテンポで引き延ばし、
音の構成もディアトニックの範囲内でのモードクラスター(先にあげた北爪のほとんどの作品および西村の最近作の一部に共通)
が多いのに対し、上に挙げた作曲家の作品は、必ずしも常にスローテンポとは限らないし、特に平は激烈なテンションを伴うことも多い。
また音の構成がディアトニックになることはほとんどない。武満は後期にはその気もあるが、前述二人の曲はほぼ皆無。
ただし技術的および表面上の音響の差異を乗り越えた「祈り」という意味での音楽表現では、三者とも佐藤の曲に共通する部分は十分あると思う。

284 :7分74秒:2006/01/03(火) 17:29:27 ID:VTpAzp47
>>283
平義久は、若いころ(渡仏前)、ジャズピアノのバイトをしたことがあったとか
きいたことがある。

285 :7分74秒:2006/01/05(木) 00:12:48 ID:7vNkJUC7
>>268
フォンテック盤は現在、@tower.jpにて新品が格安販売中。
2枚で3000円です。急げ。amazonじゃないよ。

286 :7分74秒:2006/01/05(木) 13:22:45 ID:knv/quKu
>>277
スルー汁、このハゲ。

287 :7分74秒:2006/01/06(金) 00:53:07 ID:xt+RGitV
>>286
オッスご忠告ありがとうございます。
残念ながら自分は髪の毛ふさふさです。
お陰様で、将来ハゲる兆候も全くありません。
これからもご教示のほどよろしくお願いします。

288 :278-279:2006/01/06(金) 04:21:19 ID:bxWhkuhm
>>268
申し訳ない。私の記憶違いだった。

佐藤聰明氏のディスコグラフィが載っているのは、昨年度じゃなくて、一昨年度のヤツだった。
西村朗対談シリーズ「作曲家の現在」の第5回と第6回=『レコード芸術』2004年5月号と
6月号の、後者の方に一覧(p317)が記載されている。

289 :268:2006/01/06(金) 21:53:04 ID:HNbUUTtc
皆様ありがとうございます。
勉強します。ジャズは本当に片っ端から聞いてゆくタイプでしたが、最近はそれにも疲れて
カサンドラウィルソンという女性ヴォーカルで疲れた耳をいやしたりしておりましたが
やはり佐藤聡明の「祈り」調の楽曲には打ちのめされました。
がんがん聞き込んでゆく所存であります。

290 :mac-varese-1236.ircam.fr ◆30rKs56MaE :2006/01/08(日) 22:10:14 ID:YH9wHISV
>>284
そういえば今思い出したが、1999年に東京日仏学院で行われた彼のレクチャーで、
公開質問の答えとしてそんなことを言っていたような気がする。
もしかしてその場にいらしてましたか?
あの場では確かメディタシオン、ポリエードル、ディオプタズの音源をかけていた。

291 :7分74秒:2006/01/18(水) 01:21:20 ID:nPyl8V48
石桁真礼生って今どきの評価はどうなん?

292 :7分74秒:2006/01/24(火) 10:59:50 ID:TMjMlb62
 
ヤマハグループは、売国奴の社員が大勢いそうだね。


2006年1月23日発表 警察および名古屋税関の当社への捜査についてのお知らせ

当社は本日、静岡県警、福岡県警、名古屋税関より強制捜査を受けておりますので下記の通りお知らせいたします。

1)強制捜査について
本日午前8時30分より静岡県警、福岡県警、名古屋税関により強制捜査が入りました。

2) 捜査の目的
当社無人ヘリコプター輸出に対する「外国為替及び外国貿易法」(外為法)違反の疑い。

3) 当社の対応
当社としては今回の捜査に対し、現在全面的に協力しておりますとともに、事実関係の把握に努めております。

ヤマハ発動機株式会社

293 :7分74秒:2006/03/01(水) 20:56:27 ID:QwAWG5m2
武藤健城って知ってます? 若手だと思うんですけど、コンサートしてるんでしょうか。

294 :7分74秒:2006/03/04(土) 04:29:56 ID:GnHu38If
まぁそれも確かに言えることではあるが。つーか>>113 >>129はこいつ本当に天才と思う?俺的には秀才止まりかと
http://max.doooda.com/?x=7l925z9zd9m6zirt199k_hcvp

295 :7分74秒:2006/03/08(水) 05:03:24 ID:dgwcrCXp
西村朗って正直現代音楽じゃないよな
どっちかというと民族音楽よりの生楽器ロックって感じがする
最近作だけかもしれないが

296 :7分74秒:2006/03/08(水) 10:00:24 ID:XyvznC45
>>295
どの曲聴いて言ってる?
まさかセリーとかスペクトルとかの講釈がつかないと現代音楽じゃない、
なんて思ってないよな?

297 :7分74秒:2006/03/08(水) 23:30:54 ID:ae/Yj2eL
つか>>295ままずロックが理解ってないな

298 :7分74秒:2006/03/09(木) 22:12:33 ID:mH+TQx1z
54でしょ

299 :7分74秒:2006/03/11(土) 00:16:54 ID:2m46+K3A
佐藤敏直 以前のスレを見ました。
http://music.2ch.net/classical/kako/1016/10165/1016544572.html

こちらにはファンの方がいらっしゃるようなので、書き込みます。
そろそろ亡くなられてから4年です。
追悼コンサートI、II につづく、
「日本の子どもたちへ 佐藤敏直の世界」というコンサートが4月2日紀尾井ホールで
開催されます。
プログラムは歌、合唱曲と邦楽曲です!


300 :7分74秒:2006/03/11(土) 00:20:56 ID:HRvgiyFA
>>296
題名忘れたけど20絃筝と打楽器のための曲とか
打楽器のためのエクタールとか

>>297
すまそ。
単純で強烈なリズムに中途半端なエキゾティズムがロックに似てるなぁと。

301 :7分74秒:2006/03/11(土) 01:18:02 ID:ILtgD0eU
伊福部を聞いて「ロックレベルだな」と"看破"しちゃった人と同じだよそれじゃ(^o^;


302 :7分74秒:2006/03/11(土) 01:25:05 ID:3dxez23h
>>300
その曲知らないのでまともに議論できないけど
西村が単純で強烈なリズムってちょっと想像しにくいなぁ


303 :7分74秒:2006/03/11(土) 19:49:13 ID:ewZp59rR
ロックと西村をなめてるな。

304 :7分74秒:2006/03/14(火) 20:29:42 ID:xnalJ5Xg
糀場富美子に一票。

305 :7分74秒:2006/03/15(水) 00:07:26 ID:GFHtDXQ2
>>302

そうか?
光の波とか完全にガムランじゃん
あとは異様に多い3拍子系

306 :7分74秒:2006/03/15(水) 00:38:07 ID:zniVhIi2
ガムランと3拍子をなめてるな。


307 :7分74秒:2006/03/15(水) 02:51:55 ID:Ckhocsbn
>>304
とみとみー(*´∀`*)

308 :7分74秒:2006/03/16(木) 00:06:57 ID:66nLik2N
広島レクイエム最高。

309 :7分74秒:2006/03/16(木) 00:13:55 ID:fYXDo4fq
「坂田晃一」に一票(*´∀`*)

310 :7分74秒:2006/03/16(木) 05:24:05 ID:Q7JGkyGV
>>301
イフクベはロックではない。「祭り」だ。
大きく違う点は喜びを共有しようとしているところ。
それに比べ、西村は「おれが、おれが」で、しかもてけとーにエキゾティズムとか織り交ぜてる。
そこらへんがロックなわけだ。
いっとくがロックが悪いといってるのではないので念のため。

311 :7分74秒:2006/03/16(木) 10:59:14 ID:HXFvl41b
>>310
>>297
>>303


312 :7分74秒:2006/03/17(金) 20:13:31 ID:GHST44Fw
ttp://www.geocities.jp/kuki_kei/sym-top#Nihon

313 :7分74秒:2006/03/19(日) 21:54:22 ID:NtqQKprQ
初めて書き込みします。
西村朗さんの音楽を聞いたことが無いのです。
たくさんCDが発売されていますが、最初に聞くとするとどれから入ったら良いでしょうか?
魂の内なる、かメタモルフォーゼンを考えています。

314 :7分74秒:2006/03/19(日) 22:44:11 ID:dkO+NNJG
弦楽四重奏曲3曲入ったやつはどうですか。


315 :7分74秒:2006/03/19(日) 23:46:36 ID:5r4oYam1
協奏曲が3曲入ったやつはどうですか。

316 :mac-nomade-21.ircam.fr ◆30rKs56MaE :2006/03/20(月) 02:17:44 ID:i3EP4xqd
>>313
ナンバー1スレで以前西村の投票をやっていたので、過去レスを参考にしてはいかがだろう。
個人的には「光の雅歌」「2台のピアノと管弦楽のヘテロフォニー」がカップリングされた
2枚組のカメラータのCDをお勧めする。

317 :7分74秒:2006/03/20(月) 19:54:56 ID:iFQSqJBl
>>313
>最初に聞くとするとどれから入ったら良いでしょうか?

そりゃ「ケチャ」でしょうね。
とても「現代音楽」とは思えない聴き易さだよ!(^^)/

318 :wifi-29.ircam.fr ◆30rKs56MaE :2006/03/21(火) 19:52:58 ID:kbv3wBHh
ケチャは生演奏を見る事をお勧めする。
初演団体でもあるパーカッショングループ72がたまに取り上げている。

319 :313:2006/03/22(水) 22:42:35 ID:gJzHS4kS
<314-318
の皆様、アドバイスありがとうございました。
2台のピアノとオーケストラのドデカフォニーのCDを買うことにします。
どちらかと言えば過疎化してる現音板でたくさん情報をいただいて率直に感謝してます。
sage進行でいいんですよね?

320 :7分74秒:2006/03/22(水) 23:13:52 ID:LJZeVVGB
ヘテロフォニー、な。
ドデカフォニーは十二音技法のこと。

321 :7分74秒:2006/03/27(月) 00:11:35 ID:qTzpPmQx
三木稔について。

この人は評価が二極化する。
好きだという人と、もうぜんぜんダメダメだという人。
俺は好きだけどな。
そして面白いのは、それが現代音楽ファンのみならず、一般の音楽ファンにおいてもそうだということ。
三木の名前を知らなくとも、「愛のコリーダ」を見た人は多くいるだろう。
その人たちの評価ですら、「音楽が酷かった」「いや良かった」
不思議な人だ。

とりあえず個人的には凸の音源再発願う


322 :7分74秒:2006/03/30(木) 07:02:56 ID:bSoaEn80
>>321
嫌い!つー人には楽壇政治の匂いぷんぷんの人が多い。
松平親子や細川持ち上げのためのスケープゴートなのか・・・?。
だとしたら大人気ないが。
あ、それと三木氏の作品を評価するとヒステリックに反応する人がいるなw。

323 :7分74秒:2006/03/30(木) 11:58:50 ID:/FTsq/Pm
俺は三木ツマンネと思うが・・・一々ヒステリックになってたら神経10倍太くても
もたない (^o^)


324 :7分74秒:2006/03/30(木) 15:10:58 ID:n3J8kX4T
鳳凰三連の急の曲を聴いた妹の感想

「鬼が出そう」

325 :7分74秒:2006/03/30(木) 20:55:56 ID:RFQza/at
>>321
この人の音楽の泥臭さというか骨太さはやっぱ師匠ゆずりなんだろうか?。

326 :7分74秒:2006/04/08(土) 17:33:30 ID:7PLv4pPN
戦中戦前のマイナー作曲家については?

327 :7分74秒:2006/04/08(土) 23:01:39 ID:cA743ySa
シュライヤーマッハーが日本人作曲家作品集をリリース
http://www.hmv.co.jp/news/newsdetail.asp?newsnum=604080007

328 :7分74秒:2006/04/09(日) 02:09:35 ID:Q/jhHdd5
> 松平親子や細川持ち上げのためのスケープゴートなのか・・・?。

松平親子は評価されてしかるべき才能だからねえ。
それが不当に持ち上げられているように書くことこそが大人気ない。

329 :7分74秒:2006/04/10(月) 20:23:33 ID:XYEq+y6B
>>327
へー面白そう。DENONの日本ピアノ音楽の諸相とも重複してないし買ってみるか。

330 :7分74秒:2006/06/01(木) 11:13:28 ID:KcDd/z5+
http://www.excite.co.jp/News/entertainment/20060531102929/Nikkan_p-et-tp0-060531-0008.html
おいおい、こんな訃報があるのに寂しいな。

331 :7分74秒:2006/06/13(火) 13:52:09 ID:XJKmYWXk
指揮者の岩城宏之さん死去 エッセーでも活躍
2006年06月13日13時30分
ttp://www.asahi.com/culture/update/0613/012.html

リゲティに続き、また訃報が…。
日本の現代音楽の積極的な紹介者だったのに、合掌。

332 :7分74秒:2006/06/13(火) 16:33:13 ID:eN4urW1D
岩城さんは追悼スレ立てようぜ
ゲソオソへの功績がでかすぎる
1000曲以上ある初演曲リストないのか?

333 :7分74秒:2006/06/15(木) 00:34:47 ID:q6AYPquT
素人的な質問でごめんなさい。
先日のN響アワー見て矢代秋雄のPコンに惚れてしまいました。
現在入手可能なCDで、演奏レベル・音質も含めてお勧めなのはどれでしょう?
過去ログ読めと言われてしまうかもしれませんが、仕事が忙しすぎてなかなか
時間がとれないもので。

334 :7分74秒:2006/06/15(木) 00:38:04 ID:40kHhI8a
これでええやろ
http://www.naxos.co.jp/title.asp?sno=8.555351&cod=2423

335 :7分74秒:2006/06/15(木) 00:40:25 ID:GXi9bPGJ
>>333
俺もNAXOS盤を薦めるが、
> 過去ログ読めと言われてしまうかもしれませんが、仕事が忙しすぎてなかなか
> 時間がとれないもので。
こんなこと言う必要ない。
矢代秋雄
http://music4.2ch.net/test/read.cgi/contemporary/1121372239/
このスレで「協奏曲」で検索するくらいの時間の余裕はあるだろ?

336 :7分74秒:2006/06/15(木) 00:42:43 ID:6uouNINK
ええよ

337 :338:2006/06/17(土) 00:01:36 ID:JL59OX7z
どもです。
とりあえずNAXOS盤買ってきました。
やっぱりかっこいい。


338 :プログレ板だよ:2006/06/19(月) 16:54:21 ID:A+W01HSl
341 名前:名無しがここにいてほしい :2006/06/19(月) 16:23:48 ID:luBnx+Yb
>>338
やっぱお前バカ決定だねw

三木稔聴いたことねえだろ??

三木稔、長沢勝俊=邦楽シンフォ=アニソン=安直イージーリスニング

これ常識。ププププププ



お前のような幼稚なリスナーは三木稔でも聴いてなさい。(プゲラ



339 :7分74秒:2006/06/24(土) 17:43:30 ID:4CfbqLvy

>>338
なぜ前レスの様な言動が出るかはモーストリークラッシック8月号31ページを読むだよ。


340 :7分74秒:2006/06/29(木) 12:23:35 ID:+i9fA3th
・近藤 譲
音を投げる―作曲思想の射程
春秋社 (2006-06-20出版)

・三善 晃・丘山 万里子
波のあわいに―見えないものをめぐる対話
春秋社 (2006-06-25出版)


341 :7分74秒:2006/07/10(月) 01:40:16 ID:IgaQD1bz
やっぱお前バカ決定だねw
せいぜい振るとカラカラと音を立てるお前の軽い頭で聞く音楽の限界が、
三木稔ってワケだ。wwwwww

三木稔:何の脈略もない邦楽器を西洋の桶に倣って集めただけの安直イージーリスニング 。
そもそも筝と尺八が一緒に合奏する必然がない。ピッチ合う筈ないのに。
発想自体が安直イージーリスニング。
さらに筝の調弦が平均律って、バカもいいところ>三木稔、長沢勝俊
ついでに言えば、長沢の曲のカデンツァに現れる「掛留音」!
ありゃなんだ??バカ丸出し。

・・・っつったってお前にゃ何のことか分からんよな、坊や。
だから君は伸びないのねwww

342 :7分74秒:2006/07/10(月) 02:44:25 ID:wQadDDHp
邦楽オーケストラをやっている作曲家をイージーというなら
日本の作曲家のほとんどが書いている。

343 :7分74秒:2006/07/10(月) 15:05:40 ID:/rLVN7SW
邦楽オーケストラを書いているからイージーなのではない。
三木のやり方がイージーなのだ。

344 :7分74秒:2006/07/11(火) 00:45:57 ID:v6MbOGsX
前のウイキペディアで
1986年生まれの奴いたけど
その後、どうなったの?

345 :342:2006/07/11(火) 01:20:56 ID:Sid2RJaJ
>>343=341?
>そもそも筝と尺八が一緒に合奏する必然がない。
の答えになってない。

三木稔以外も邦人作曲家の多くがこの編成は書いている。

346 :7分74秒:2006/07/11(火) 01:35:15 ID:MOElcMzi
武満…伊福部…後誰だ?

347 :7分74秒:2006/07/11(火) 14:50:52 ID:iyEA9EOv
宮城道男?

348 :7分74秒:2006/07/11(火) 18:18:32 ID:/4E8V+CK
バーコード他多数

349 :7分74秒:2006/07/11(火) 18:19:55 ID:oYkYHmp3
>>347
ゲソにいびられて自殺しちゃった人ですか?。

350 :341:2006/07/11(火) 21:51:40 ID:1eAPucAp
三木稔OKですよ^−^
よろしくねヽ(・∀・)ノ

351 :7分74秒:2006/07/15(土) 01:26:28 ID:2leeGE3E
毛利蔵人、山田泉に続いて、小山薫が死んだ。
3人とも、うまくはないが、地道にそれぞれ表現力の強い作品を書くタイプだったと思う。
1950年代生まれの芸術家らしい作曲家は絶滅した。
この世代に限らず、こういう作曲家って、絶滅する運命ってことかね。

あとの若手、中堅は、よくてソツがないか、
悪ければ単にステイタスがほしいだけ、みたいな香具師ばかりって感じになってしまった。


352 :7分74秒:2006/07/15(土) 22:14:57 ID:oCdj7EHi
金子仁美のN響委嘱作品が、N響団員のボイコットで演奏拒否されたのは既出?

353 :よくわからん:2006/07/16(日) 00:48:06 ID:37PZEVgW
技術的に演奏不可ってこと?

354 :7分74秒:2006/07/16(日) 00:50:48 ID:w0T7O7Ho
東響「野人」聞いたよ
まあまあかな
でもやっぱ「春祭」はいつ聞いても興奮するね


355 :7分74秒:2006/07/16(日) 13:03:06 ID:YG4oCTsR
>353
作曲家が納期を守れなかっただけでしょう。

356 :7分74秒:2006/07/17(月) 02:59:52 ID:n0vQ0z3X
関係者らしき人々の会話が聞こえてしまったが、だいたい355氏のいうとおりのようだ。
いろいろ事情があったらしいが(そのへんは聴取不能)、
練習当日にパート譜が上がるような状態だったように聞こえた。

もっとぎりぎりでも本番やった例はいくらでもあるようだが、しかし、
いい状態で新作やろうっていうなら、早い時期に楽譜をもらわねば演奏が悪くなる。
もし外道的〆切り遅延なら、筋としては「演奏拒否」は、間違っていない。

ただ、再演でも、ひどい演奏をしている交響楽団に、
「筋論」を言ってほしくない、という気持ちもあるが。


357 :7分74秒:2006/07/17(月) 14:03:26 ID:gXwX0sES
>>356
>練習当日にパート譜が上がるような状態だった

それだったら、充分出来るんじゃねぇの?

>「いい状態で新作やろうっていうなら、早い時期に楽譜をもらわねば・・・」

演奏家はみんなそれを言うけど、
渡したところでロクに練習なんかしないって(^^;;

>再演でも、ひどい演奏をしている交響楽団に、
>「筋論」を言ってほしくない

それは「僭越」だし大きなお世話だよ。
ひどい演奏演奏云々はあなたの主観だし、
今回の件とは全く別の話だよ。

358 :7分74秒:2006/07/17(月) 19:08:23 ID:UK+gJjeG
ウィキペディアにある山手裕樹って何者?聞いたことないぞ

359 :7分74秒:2006/07/17(月) 20:05:35 ID:k0kWQv/0
最近、めったにN響の演奏聴いてないけど、
普通の古典の演奏は、完成度そんなに高いんだ。

360 :( ☆´ー) ◆PpNattILVM :2006/07/17(月) 22:02:58 ID:bt09pcmC
>>358
とりあえずそこの文章には『日本の作曲20世紀』の黛敏郎の項目
の影響が見られることを確認した。

> また、あえて政治的な発言を増していくなど、
> 作曲家として以外の活動が顕著になっていく。
を書いた人は次の文章を読んだと思われる。
「……あえて右よりの政治的な発言を増やしていった。64年以降は、
テレビ番組『題名のない音楽会』で名司会者役を務め続けたことも
あり、作曲家として以外の活動の方が顕著となってゆく。」

> そういった彼の行動は「アイデンティティの論客」として
> 解明に拘りすぎてしまったことは否定できない。
という意味不明な文章は、「その後の黛が、日本人としての自己の
立脚するアイデンティティの解明に拘りすぎたことは否定できない。」
への「オマージュ」。

361 :( ☆´ー) ◆PpNattILVM :2006/07/17(月) 22:08:52 ID:bt09pcmC
この調子で、前の文章も見ていくと
> 中学時代より独学で作曲を学び、
「中学時代より独学で作曲を学び、」

> ストラヴィンスキーをはじめとする様々な作風を親しむことができ
「ストラヴィンスキーをはじめとする様々な作風に親しむことができ、」

> 高等学校卒業作品である「秋の夕映え」で、印象派作家のような
> 作風を見せながらも、現代音楽界の新世代を窺わせる技巧を
> 身につけていることを世に知らしめた彼であるが、
「東京芸術大学卒業作品である《10楽器のためのディヴェルティメント》
(48)で、イベールのようなフランス新古典主義からの影響を見せながら、
高度の作曲技巧を身につけていることを世に知らしめた黛であるが、」

> これまでの作曲グループとは性格が異なり、
「これはそれ以前のいろいろな作曲家グループとは大いに性格を異にする」

以上。後でノートで発言することにした。

362 :7分74秒:2006/07/17(月) 22:27:39 ID:OzNrnxF1
以前、話題になった画家の和田みたいなパクリだな。

363 :7分74秒:2006/07/17(月) 22:53:52 ID:u0HgAZPc
名前でググってみると電波やな

364 :( ☆´ー) ◆PpNattILVM :2006/07/17(月) 23:08:00 ID:bt09pcmC
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%88:%E5%B1%B1%E6%89%8B%E8%A3%95%E6%A8%B9
削除依頼をせずに、筆者に説明を求めてみることにした。
しかし、架空の作曲家だったとすれば、実に4年もの間に
わたってこのネタを温め続けていることになるのか。

http://music.2ch.net/classical/kako/1024/10249/1024933273.html
40 名前: え 投稿日: 02/07/05 00:02 ID:L65frCZA
まだ27歳だけど山手裕樹っていうのもいるよ

365 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

366 :7分74秒:2006/07/18(火) 06:14:49 ID:KZE+bxgD
現代音楽はどうも聴き苦しい。僕にはあわないよ。

367 :7分74秒:2006/07/18(火) 12:27:33 ID:/GFrFfGy
おい、吹奏楽板住民がとうとう降参したぞ!wwwwwwww
14歳のひきこもり女子中学生がおっぱいうpするから許してくださいだってよwwwww
http://music4.2ch.net/test/read.cgi/suisou/1153090678/

443 MEG 2006/07/18(火) 12:12:38 ID:Q8Tceq+n
   本当にごめんなさい!だから警察や学校には言わないでください(泣
   そうしないとこの町にいられなくなってしまいます!本当です。
   >>431の名無し行進曲さんが言うようにおっぱいを画像で出せば許してくれるのだったら
   今すぐ出します!!!!
   本当にごめんなさい!本当にごめんなさい!

368 :7分74秒:2006/07/18(火) 20:45:27 ID:Wc5o7GrO
のだいらスレ、もう落ちた?

369 :7分74秒:2006/07/23(日) 04:25:40 ID:bmPSuQww
金子仁美の件、週刊新潮に載ってたようなんだけど見逃した。
誰か読んだ人がいたら詳細教えてください。

http://www.excite.co.jp/News/magazine/MAG5/20060712/22/

370 :7分74秒:2006/07/23(日) 05:10:39 ID:pkHK0Iwh
楽譜ができてきたのがリハ当日朝。それからパート譜を起こさねばならず
間に合わないと判断して中止に、という事情説明。
なんかミュージックトゥマロウという催しについての説明が大げさで
なんだかすごく大層な事件かのように報道されてたのが個人的にはちょっと違和感あった。

371 :7分74秒:2006/07/23(日) 10:07:32 ID:VNdD0e/u
金子の曲なんてシンプル(悪く言えばスカスカ)で,そんなに作るのに時間かかりそうに思えないのだが。

372 :7分74秒:2006/07/23(日) 10:46:47 ID:uJVqYjSv
子育てで忙しいんでしょ。産休中に二人目も生んだし。
でもそれと締め切りを落としたのとは理由にならんわけだが

373 :7分74秒:2006/07/23(日) 13:31:06 ID:bPnv8Isi
完成した部分からパート譜作りはじめちゃえばよかったに。
育児ノイローゼかな。
セックスばっかりしやがって。

374 :7分74秒:2006/07/23(日) 19:57:07 ID:pkHK0Iwh
子育てって作曲より重要な偉業だと思うよ。
(もちろんすばらしい作品を残すことも偉業だけど
子供を育てるに匹敵する意義深い曲を作れる人ってどのくらいいるものか?)
まあ、それとプロとしての仕事を貫徹できないってこととは別だけど、
上のような書き込みはちょっとかわいそうかなと思いますのです。



375 :7分74秒:2006/07/23(日) 20:38:21 ID:/V6rWZpY
どっちでもいいが、これだから女は芸術家に向かないんだよ。。。

376 :7分74秒:2006/07/23(日) 21:18:29 ID:Q0y+3Sez
>>373
セックスパートナーがいない人の言いそうな言葉ですね。

>>375
そんな言説、今日では通用しませんよ。

377 :7分74秒:2006/07/23(日) 22:40:51 ID:/V6rWZpY
事実は事実なわけで・・・

378 :7分74秒:2006/07/24(月) 13:01:08 ID:rhxmS6KL
2ちゃんねるノイローゼ

379 :7分74秒:2006/07/24(月) 20:32:13 ID:H7UNNDFL
つ田中カレン

93 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)