2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【展覧会の絵】ムソルグスキーvsラヴェル

1 :ロシアは寒いよ:2006/06/25(日) 03:54:28 ID:d694P78x
この超名作について語ろうぜ!

2 :名無しの笛の踊り:2006/06/25(日) 03:56:46 ID:Sk18ivZI


3 :名無しの笛の踊り:2006/06/25(日) 04:07:16 ID:6NG8vSyy
>>1
死ねカス

4 :名無しの笛の踊り:2006/06/25(日) 04:47:12 ID:SHzFCGsq
⊂(゚Д゚⊂⌒`つ≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡4ゲット!

ウゴルスキがヨカータぉ

5 :ストコフスキー:2006/06/25(日) 07:16:39 ID:a56XyxtE
おいお前ら、
俺の編曲版を取り挙げるやさしさを
持ちあわせていて下さい。

6 :名無しの笛の踊り:2006/06/25(日) 09:21:58 ID:lG1RgUYn
どうせ単曲スレ立てるなら、原曲と全ての編曲を対象にするくらいでないとな。
それもオーケストラ編曲だけじゃなくて。

7 :名無しの笛の踊り:2006/06/25(日) 10:43:46 ID:rNPtELvs
(オーケストラ) ※ラヴェル版以外
リムスキー=コルサコフ&トゥシュマロフ
ヘンリー・ウッド
フンテック
ゴルチャコフ
カイエ
ストコフスキー
近衛秀麿
北爪道夫
アシュケナージ
レナード
ナウモフ
ジュリアン・ユー

(吹奏楽)
ハインズリー
ブトゥリー
サイモン・ライト
高橋徹
ジョン・ボイド

(ブラス・アンサンブル)
エルガー・ハワース
平石博一

8 :名無しの笛の踊り:2006/06/25(日) 10:52:46 ID:rNPtELvs
(その他)
ホロヴィッツ(ピアノ)
冨田勲(シンセサイザー) ※オケ編曲もあるらしい
田中範康(オルガン&打楽器アンサンブル)
クリスティアン・リンドベルイ(トロンボーン&ピアノ)
菅原淳(打楽器アンサンブル)
長生淳(サクソフォ−ン(複数持替)&ピアノ)
山下和仁(ギター独奏)
音楽三昧(様々な管・弦楽器のアンサンブル)
カヴァサントリオ(マンドリン・ギター・ チェロ)
ウィルブラント(様々な管・弦・打楽器、ピアノ、オンド・マルトノのアンサンブル)
エマーソン・レイク・アンド・パーマー(ロックバンド)
オールイン・ファーガソン(ビッグバンド)
甲田潤(混声合唱)
粟野徹(大編成フルート・アンサンブル)
バッラリーニ(木管五重奏)
ベコヴァ・シスターズ(ピアノ三重奏)
ボヤショフ(ロシア民俗楽器アンサンブル)
クラッブ&ドラウグスヴォル(アコーディオン・デュオ)
長谷川陽子&ヴァユリュネン(チェロ&アコーディオン)

9 :名無しの笛の踊り:2006/06/25(日) 10:56:18 ID:IV8Ac51r
ここに挙がってないのがあったら追加しておけば?
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B1%95%E8%A6%A7%E4%BC%9A%E3%81%AE%E7%B5%B5

10 :名無しの笛の踊り:2006/06/25(日) 12:31:45 ID:hqr1C8xt
過去スレ
オーケストラ版展覧会の絵のベストはどれ?
http://music4.2ch.net/test/read.cgi/classical/1139080909/

11 :1:2006/06/25(日) 15:24:40 ID:d694P78x
みんなどうもありがとん!
さすがクラ板住人だね、お詳しす(;・∀・)

早速全バージョンを対象でおながいします。
ちなみにホロヴィッツ編をこれから聴くつもりです。

12 :名無しの笛の踊り:2006/06/26(月) 11:26:36 ID:+OVxQglA
チェロ&ハープ(ピアノ)もあるらしい
https://www.academia-music.com/academia/search.php?mode=detail&id=1501242926&title_type=score

13 :名無しの笛の踊り:2006/06/26(月) 19:39:51 ID:Gpjv3evm
上原のどーよ
女の人ってあまり弾かないきがするんだけど
和音でかいしパワーいるし

14 :名無しの笛の踊り:2006/06/27(火) 02:32:43 ID:JRpcu3fG
そんなことないよ。こないだも超美人な人がNHKで弾いてた。

15 :名無しの笛の踊り:2006/06/28(水) 02:07:27 ID:/APMz5AN
( ゚∀゚)o彡°おっぱい!おっぱい!

16 :名無しの笛の踊り:2006/07/01(土) 16:33:27 ID:+tUBifQR
キーシンとルガンスキー聴いた。

やっぱ本場はちげーよ

17 :名無しの笛の踊り:2006/07/01(土) 22:44:01 ID:tKTabw4g
>>16
ルガンスキーって生?
だったらウラヤマシス・・・

18 :名無しの笛の踊り:2006/07/04(火) 05:03:04 ID:A0doFbSL
ロシア音楽のピアノ独奏曲はこれが唯一理解できる範疇の大傑作。
ロシア音楽全ての基礎だって分かるよな。

あとは調性無視したゲンオン系ばかり。

19 :名無しの笛の踊り:2006/07/04(火) 05:29:36 ID:XYZWeZvG
>>18
なに言ってるの?

20 :名無しの笛の踊り:2006/07/04(火) 20:42:25 ID:7bvsCph1
>>18晒し上げ

21 :名無しの笛の踊り:2006/07/04(火) 20:47:06 ID:rKR2pxj+
>>18
馬鹿すぎwwwwwwwwwwm9(^Д^)プギャー

22 :名無しの笛の踊り:2006/07/05(水) 13:13:03 ID:SLLIfIpT
>>18
ある意味で正しい指摘ですね

23 :名無しの笛の踊り:2006/07/06(木) 10:09:27 ID:mrUSTB2Z
>>22>>18

18は正しい。ピアノ独奏用の独創的作曲家に関してはね。

スクリアービンはショパンの亜流だし、
ラハマニノフはリストとショパンの亜流だし
バラキレフはリストの真似事だし
チャイコは子供用の音楽し書かなかったし、
プロコは打楽器扱いだ。

24 :名無しの笛の踊り:2006/07/06(木) 12:15:56 ID:hstIV88b
メトネル、リャードフetc

25 :名無しの笛の踊り:2006/07/06(木) 12:29:28 ID:zd9ta4jb
ラフマニノフの音の絵
ありゃあゲンオンだろ
聴いてられん

26 :名無しの笛の踊り:2006/07/06(木) 12:32:57 ID:QVDwPx6a
>>18=>>22
なんてわかりやすい自演擁護なんだ!

27 :名無しの笛の踊り:2006/07/06(木) 12:34:45 ID:QVDwPx6a
スマソ >>18>>23 だった

28 :名無しの笛の踊り:2006/07/06(木) 12:40:42 ID:uD+N+UfG
そろそろ展覧会の絵の話に戻りませんか…

どうせなら、ムソルグスキースレで立てて欲しかった。

29 :名無しの笛の踊り:2006/07/06(木) 14:50:37 ID:zd9ta4jb
ラベルの編曲でメジャーになったから無視はできんよ

手が最低十度弾けないと駄目ぽ

30 :名無しの笛の踊り:2006/07/06(木) 23:06:58 ID:ebAwERay
あのプロムナードにトランペットを使った第一歩からラヴェル編は
断トツに輝いているなぁ

31 :名無しの笛の踊り:2006/07/07(金) 03:53:15 ID:VRkGz1Wg
ピアノ独奏曲としてプゾーニみたいに編曲してもらいたかったよ、ラヴェルには

32 :名無しの笛の踊り:2006/07/07(金) 22:10:01 ID:eu0hYq2a
「キエフの大門」というのは絵で見るかぎり、ラヴェルの堂々たる終曲と
だいぶイメージが違う。

http://homepage1.nifty.com/youchin/image08/kiev.JPG

33 :名無しの笛の踊り:2006/07/07(金) 22:39:08 ID:Vjlv1bcn
なんか素朴な門だな。

34 :名無しの笛の踊り:2006/07/07(金) 22:55:58 ID:vlGPLiR5
古代スラヴの兵士の兜を取り入れてるんだろ>キエフの大門

実際、できあがったら結構かっこいいと思うがなあ

35 :名無しの笛の踊り:2006/07/07(金) 23:32:41 ID:VXKUfW/H
今日塔でカラヤンの展覧会をスルーした
今では少し後悔している

36 :名無しの笛の踊り:2006/07/07(金) 23:36:26 ID:VRkGz1Wg
小人のイメージ画を見てみたいのだが・・

多分ゴブリンみたいな恐ろしい顔したちっこい化け物だと思うのだが。

白雪姫に出てきた奴って最初姫様を輪姦したんだよね?(;^ω^)
あれにはびびった。
勿論童話では編集されて消えてるけど。

そんなイメージかな

37 :名無しの笛の踊り:2006/07/07(金) 23:39:12 ID:VXKUfW/H
怖いよママン
小人さんが怖いよ〜

38 :名無しの笛の踊り:2006/07/07(金) 23:56:42 ID:71wGzt3w
>>36
見つけたぞ、「グノーム」を
http://www.geocities.jp/tatsuyabanno/bilder/gnom.jpg

39 :名無しの笛の踊り:2006/07/08(土) 00:00:47 ID:FDg9GFl5
GJ! と言いたいところだが・・なんじゃいな、こりゃ

40 :名無しの笛の踊り:2006/07/08(土) 00:05:00 ID:WvDbsVN+
ちょっとかわいい・・・

41 :名無しの笛の踊り:2006/07/08(土) 12:53:27 ID:xltsnm4h
團伊玖磨さんの著作で絵を見ると、原画はみな素朴な感じ。
ラヴェルはハルトマンの原画を知らなかったそうですが、なるほど、原画を
見たら、あのような管弦楽と違っていたかな、と思います。

42 :名無しの笛の踊り:2006/07/08(土) 15:39:36 ID:3rUbBJMJ
ひな鳥のバレエの原画でダンサーがレイザーラモンの「フォォォォォォォーーーーーー」の
ポーズとってて萎えた
ttp://www4.synapse.ne.jp/tabata98/XPX/pic/Chick.jpg

43 :名無しの笛の踊り:2006/07/09(日) 00:16:26 ID:fE59GqFZ
>>42
動画でどうぞ。
ttp://www.youtube.com/watch?v=Lr5f6DHJdFE

44 :名無しの笛の踊り:2006/07/09(日) 10:08:44 ID:+OMFyMQq
>>32
だって、そもそもムソルグスキーの原曲からして堂々とした終曲じゃない?

45 :名無しの笛の踊り:2006/07/09(日) 18:12:32 ID:2bxD0dwy
ピアノ版しか知らない
ラヴェル版を今聴いてる

ピアノ版で十分名作なんでしょ

46 :名無しの笛の踊り:2006/07/09(日) 21:17:03 ID:IC3j/ugi
>>43
ハァハァ

47 :名無しの笛の踊り:2006/07/11(火) 10:30:52 ID:PRRuo6I1
ラヴェル版は18,9世紀のヨーロッパの豪華な宮殿の一室で絵画や
壁画を鑑賞するような音楽
ムソの原曲はロシアの古い素朴な教会の建物で絵画を観ているような音楽

どっちも好き、でも別曲みたい。

48 :名無しの笛の踊り:2006/07/11(火) 10:35:58 ID:K194RvI5
この曲、都響首席Trpの高橋さんがショルティ・シカゴ響の録音を吹奏楽の雑誌で推していた。
やっぱり金管吹きはああいうタイプの演奏が好きなんだろうか…

49 :名無しの笛の踊り:2006/07/11(火) 13:48:39 ID:830pBhnL
中村紘子が、ラヴェル版のことを完璧すぎて、もう沢山という感じなどと
批判していた。

でも、彼女がこの曲を見事に弾いたのを聴いたことがない。
自分もよく弾きこなせないのに、オケ版をどうのこうと言う資格はないな。

50 :名無しの笛の踊り:2006/07/11(火) 13:54:38 ID:Bn+4bzAH
ポストニコワのムソルグスキーピアノ曲全集CD化マダー?

51 :名無しの笛の踊り:2006/07/11(火) 14:09:05 ID:YKixNmin
>>48
お前は阿波度でも聴いてろ耳無し野郎

52 :名無しの笛の踊り:2006/07/11(火) 21:38:27 ID:PBRs7Ifh
>>48
ていうか、ラッパ吹きなら、冒頭のソロ、ハーセスが吹いてたら絶賛なんだよw

53 :名無しの笛の踊り:2006/07/11(火) 22:01:31 ID:gKJKkNft
( ´_ゝ`)

54 :名無しの笛の踊り:2006/07/11(火) 23:04:36 ID:830pBhnL
まま、まま。

55 :名無しの笛の踊り:2006/07/11(火) 23:16:14 ID:BOJ5dnXw
ウゴルスキのがいい。

56 :名無しの笛の踊り:2006/07/12(水) 00:18:01 ID:J/wUnouP
>>49
逆。自分が弾けないから編曲版を持ち上げて自分を慰めている。





あれ、おかしいね。中木寸にまともに弾ける曲なんてなかったよね。

57 :名無しの笛の踊り:2006/07/13(木) 08:18:33 ID:NfnHB4vo
>>49>>56
紘子は我田引水でしゃべる女。

58 :ピロ子の実力:2006/07/17(月) 11:50:42 ID:kZ63z2dY
ピロ子って自分はロシア音楽のプロみたいなこと言ってるけど
彼女のロシアものって、どれだけ弾かれているか?
チャイコとラハマニノフのコンチェルトだけだろう

もう3番は弾けないだろう

59 :名無しの笛の踊り:2006/07/17(月) 16:26:27 ID:u0GfKXqf
今度弾いてみようと思うんだけどバーバヤーガが一番難しそうだね。
そんなに難しそうじゃないんだけど、全音最高レベルだから精神性や表現が重要ってことだよね。

ショパンの雨だれみたいに。

60 :名無しの笛の踊り:2006/07/17(月) 16:37:43 ID:u0GfKXqf
あちこちに旋律の意外性があるんだけど、
プロコと同じように聴衆をビックリさせようという狙いがムソルグにあったんだと思える。

61 :名無しの笛の踊り:2006/07/17(月) 16:47:09 ID:A52HFGJe
しかしムソルグスキーって、どれだけ、どういう風に聴き手のことを意識していたのか
わからないところがあるからねえ。

62 :名無しの笛の踊り:2006/07/17(月) 16:59:33 ID:3IJ0DboE
ショパンのバラード全曲 > ショパンのスケルツォ全曲 > 展覧会の絵

って認識で合ってるよね。
ショパンの指導は想像つくのだけど、展覧会の絵って師事する先生はどういう風に指導するのかな?

セッキーとか最近リサイタルで弾いたけど、どんな風にピティナで教わったのだろうか。

技術的にはプロなら間違いなくクリアしてるわけじゃん。


63 :名無しの笛の踊り:2006/07/17(月) 17:07:39 ID:u0GfKXqf
>>62
漏れはド素人なんでショパンの薔薇助なんて(ry

>>49
飛び切り手の小さい女史にはキツイ曲だと思います。
ことラフマニ3番なんて言ったら音削らないと不可能でしょう。
ショパンやモーツァルトは流石だなと思ったけど。
最近もアンコールで黒鍵を弾いてましたが上手かったです。
何より楽しそうだったし。
心が洗われました。

64 :名無しの笛の踊り:2006/07/17(月) 21:32:01 ID:FxqhkO0u
>>62
展覧会の絵はピアノのメカニックをうんぬんする曲ではないからね。
ショパンとムソルグスキーを同じ土俵で語ること自体が愚の骨頂。

65 :名無しの笛の踊り:2006/07/17(月) 21:53:54 ID:bLnJMdrh
ストコフスキーの編曲はつまら…うわ何をするやめろ(ry

66 :名無しの笛の踊り:2006/07/18(火) 09:34:47 ID:ThTT3xR9
>>63紘子は手が小さい?  本当か?

でも同じように手の小さいハンディーがあるラローチャ女史はピアノの女王に
選ばれた。
彼女の弾くアルベニスのイベリアなんか、大変な難曲だけで上手いもんだよ

67 :名無しの笛の踊り:2006/07/18(火) 13:29:59 ID:y/YuBJ1/
イベリアは展覧会の絵と違って手の大きさが重要ではない

68 :名無しの笛の踊り:2006/07/22(土) 23:37:40 ID:snL1P6gA
単曲で取り上げられることは滅多に無いね。

プロも長いからやりにくい。
途中のプロムナードがボロボロなプロもしょっちゅう見かける。
こないだもカワイ子ちゃんがボロボロだった。
可愛いい笑顔で頭下げたので許すけどw

69 :名無しの笛の踊り:2006/07/22(土) 23:50:05 ID:TKXbrFp8
>>68
単曲で取り上げても、つまらん曲ではないが、やはり全体を演奏することが
この曲の魅力。
バッハのゴールドベルク変奏曲を単品だけ、拾って演奏するのと似たよう
なものになる。

つまらない試みは駄目よ。

70 :名無しの笛の踊り:2006/07/23(日) 03:28:42 ID:710+9z4R
キエフの鯛門を単極でアンコールに弾いてたな、ワイセンベルク。

でもやっぱりバーバヤーガの続きでこないとゾクゾクしないぉ(´・ω・`)

71 :藤岡幸夫がオモろいこと言ってるのでコピペ:2006/07/23(日) 03:38:43 ID:710+9z4R
ttp://www.sachio-fujioka.net/manchester/letter20060427.html

ムソルグスキーはこの曲を作曲するまで一般的な評価はあまり高くなかった(ムソルグスキーの死後、ラヴェルがこの曲を編曲して有名になった)。 酒飲みで友達も少なく、唯一の親友が画家ハルトマンだった。

彼が死んで、彼の遺作展を見に行ったことが彼にとって大きな転機となる。親友の遺した絵を通して、彼の悲しみ、苦しみ、怒り、希望etc・・・が深く表現されている。(現存する絵は少ない)。

たとえば一枚目の絵「グノーム」は可愛らしい絵だが、冒頭フォルティッシモで強烈に始まる。それはまるで親友の死の衝撃と僕は感じる。

2曲目「古い城」には親友を失った寂しさがあると感じるのは僕だけだろうか?

また4曲目の「ビドロ」は最近では従来言われていた「牛車」ではなく「虐げられた人々」という意味という説が強い。

どちらにしろ当時の民衆の苦悩が強烈に感じられる。

8曲目「カタコンブ」(地下墓地の絵。そこにはガルトマン自身の姿が見られる)。
にはムソルグスキー自身自筆譜に
「今は亡きガルトマンの芸術精神が私を導いている。やがて骸骨は静かに輝き始める」
という書き込みがある。

続く最後のプロムナード(冒頭から絵と絵の間に何度も同じ旋律が登場する)には「死者とともに」というタイトルがつけられる。

死者(ハルトマン)と共有する創造精神は作曲者によると「青い炎」が浮かび上がる。そこは、この曲で一番優しい響きがする、僕の大好きなところだ。

そして「バーバ・ヤーガの小屋」は怒りであり想像精神の噴火!そこから「キエフの大門」=芸術の勝利へとなだれこむのだ。

このムソルグスキーの精神性が何処まで表現できるかが今回のコンサートにかかってる。


=======================================================================================================

確かにすごい精神力いるよな、この曲。
なんかロシア=ムソルグスキーの芸術に対する執念や怒りや喜びとか全てがブチ込まれてるって感じだよ。

72 :名無しの笛の踊り:2006/07/23(日) 06:15:19 ID:GY2Zg/lz
タラタララタララランタラタララ
タン タラランタラララララ
ランタラランタララン
タラララ

73 :名無しの笛の踊り:2006/07/23(日) 17:38:49 ID:9YrPYfzm
>>72
??
どこの部分?

74 :また夏が来た・・・:2006/07/25(火) 23:23:45 ID:WQEv3Yst
                    /⌒彡:::
                   /冫、 )::: モウ…夏カ…
                  __| `  /:::
                 / 丶'  ヽ:::
                / ヽ    / /:::
               / /へ ヘ/ /:::
               / \ ヾミ  /|:::
              (__/| \___ノ/:::
                 /    /:::
                 / y   ):::
                / /  /:::
               /  /::::
              /  /:::::
             (  く::::::::
              |\  ヽ:::::
                |  .|\ \ :::::
          \    .|  .i::: \ ⌒i::
          \   | /::::   ヽ 〈::
              \ | i::::::   (__ノ:
              __ノ  ):::::
            (_,,/\


75 :名無しの笛の踊り:2006/07/27(木) 18:16:03 ID:f1zoIJJe
インバルの展覧会 良いね
清楚だ

76 :名無しの笛の踊り:2006/07/28(金) 01:31:27 ID:ZDaDvRQg
豪快でダイナミックで諧謔的な演奏がいい!

ベレゾフスキはよかった、さすが本場だ
リヒテルも

19 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)