2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

クラシックギターうp専用Stage6

1 :名無しの笛の踊り:2006/06/17(土) 09:46:56 ID:IvaGhzF3
自信満々の方はもちろん、自信のない方もお気軽にご参加ください。
曲名、作曲者名(ついでに使用ギター、使用弦、録音環境なんかも)を明記して下さると幸いです。
基本的にはsage進行(メール欄に半角でsageと入れる。)でお願いします。

前スレは↓
http://music4.2ch.net/test/read.cgi/classical/1148217113/

うp以外の話題は、クラシックギター総合スレpart27でどうぞ↓
http://music4.2ch.net/test/read.cgi/classical/1148217113/

ファイルをうpするところ(アップローダー)はこの辺を使用して下さい。↓
・不如意音源掲示板 http://www.yonosuke.net/clip/clip.cgi
・2ちゃんねるプロバイダーアップローダー http://up.isp.2ch.net/upload/c=01owarai/
無料のWEBスペースやブログを開設する方法もあります(上記サーバーの負荷軽減にもなります。)。
Seesaaブログ http://blog.seesaa.jp/は、フラッシュプレイヤーを貼り付けてくれるので便利です。

必要なツールやうpの方法がわからない場合は、まずここを読んでから質問してください。↓
・Q蜀氏によるうpの仕方FAQ http://sound.jp/q-shock/up_faq.html
ツール、うpの方法の例は、>>2を参考にしてください。

※演奏に無関係な中傷、煽り、荒らし等には反応せず、スルーしましょう。

2 :名無しの笛の踊り:2006/06/17(土) 09:48:43 ID:IvaGhzF3
★ツールはこのへん
 ●午後のこ〜だ for Windows Ver 3.11a
 パソコンを使って直録音をする場合、これで使ってMP3形式で録音する事をお奨めします。↓
 http://www.marinecat.net/free/windows/mct_free.htm#WINGOGO
 a オーディオのプロパティ→録音コントロールで「マイク」にチェックを入れる。
 b 録音コントロール上の「マイク」の「音量」は大きめに。
 c 上記のソフトで録音。
 ※マイクのない人はマイク端子にヘッドホンを刺すとマイクになります。
 ●HOTWAV(初心者向け) ↓
 http://www.vector.co.jp/soft/win95/art/se046730.html?site%3Dn
 ●SoundEngine Free(付属のLumpyで簡単に音量調整もできる。) ↓
 http://www.cycleof5th.com/products/sefree/index.htm

★その他の録音方法の例
 ・MDプレーヤ、テレコを使って録る→ヘッドホン端子からPCへライン入力で上記ツールで録音
 ・ICレコーダでマイクを使って録る→PCにファイル取り込み
※うpろだ(アップローダー)の容量制限もあるので、うpする(アップロードする)ファイルはmp3
 又はwma形式等に圧縮してください。 (午後のこ〜だでwav→mp3変換が可能です。)

★サーバーへのファイルのうp例
 1.うpろだのサイトに行き、演奏ファイルをうp
 2.うpろだに表示される自分がうpしたファイルを右クリックして「ショートカットのコピー」
 4.コピーされたURLを本スレに貼る。



3 :名無しの笛の踊り:2006/06/17(土) 09:49:34 ID:IvaGhzF3
過去スレ
stage1 http://music4.2ch.net/test/read.cgi/classical/1113826077/
stage2 http://music4.2ch.net/test/read.cgi/classical/1127187358/
stage3 http://music4.2ch.net/test/read.cgi/classical/1134228522/
stage4 http://music4.2ch.net/test/read.cgi/classical/1138027100/


4 :名無しの笛の踊り:2006/06/17(土) 09:56:41 ID:IvaGhzF3
訂正です。前スレ「stage5」はこちらでした。
http://music4.2ch.net/test/read.cgi/classical/1145589895/


5 :名無しの笛の踊り:2006/06/17(土) 10:10:53 ID:MTm8Mw0R
>>1
再度のスレ立てお疲れ&ありがとうございます。
やっぱり順序よく「6」のほうがいいですね。w

6 :名無しの笛の踊り:2006/06/17(土) 12:36:26 ID:U4vU4g5B
新スレもたったことだし、もう1度お知らせです。

「第1回うpスレ発表会」(副題:真夏の夜の夢)
が開催されますので皆さんの参加をお待ちいたします。

「うp期間は(今回は)8月15日〜20日の間」です。
この期間に「発表会参加演奏」とコメントしてうpされたものを発表会参加曲とします。
そして、別の掲示板(ブログ)にまとめて、いつでも聴けるようにするというものです。
(参加者の心理が変化し、自分の記録を消したくなったらそれも可能にしておきます)
勿論、初級者の方でも参加はできます。また、いきなりうpというわけでもなく、いつも通りにうpし
てみなさんからコメントを受けて練り直しながら仕上げたものをうpするという方法もあります。

最大のテーマは「決められた時点に向けて自分の努力を結集させた演奏をうpする」ということです。
モチベーションがあがると思いますが、いかがでしょうか。
曲は、一応1曲とします。ただし「リュートのための6つの小品」とか「前奏曲とアレグロ」等の組み合
わせの曲も1曲と考えます。
もうひとつ、著作権にからむポピュラーや現代曲は一応不可です。ブログで掲載しておくと問題が発生
することも想定されますので……
これまで1度もうpしていない方もぜひ参加してほしいと思います。


7 :名無しの笛の踊り:2006/06/17(土) 15:09:21 ID:6YMxvI6q
とりあえず7月の課題曲はバリオスの「舟歌」ですね。
「フリアフロリダ」という題もついてるきれいな曲です。
けっこう苦労しながら音を拾っています。
7月中にはうpできるかな?
とにかくガンガリます。

8 :名無しの笛の踊り:2006/06/17(土) 17:33:09 ID:9qVQmI0i
月光もだいぶにつまってきましたね。
そういう流れとは別に下手な演奏だけどうpしていいですか?

9 :名無しの笛の踊り:2006/06/17(土) 18:03:17 ID:Jxa0JjYq
>>8
大歓迎です。

10 :yuujin ◆wIEqTYjkiE :2006/06/17(土) 19:50:00 ID:XV8mthK9
>>8さん
大歓迎です。
今月の課題曲については、色々試したりしてややこしくしてしまった気もいたします。
すみませんでした。
流れを気になさらず、自由な弾き方でうpしてください。
お待ちしております。

11 :名無しの笛の踊り:2006/06/17(土) 20:09:30 ID:NvH005OY
「第1回うpスレ発表会」(副題:真夏の夜の夢)
思い出しました。
自分の努力を結集させた演奏の録音をするためには
やはり毎日の努力!
まだ曲決まらないし努力できていない Ww

12 :yuujin ◆wIEqTYjkiE :2006/06/17(土) 21:07:53 ID:XV8mthK9
>>11
そうですね。
普段のうpよりも更にワンランク上の演奏を目指して私も仕込んでいます。
大勢の方が参加なさるとよいのですが……

13 :名無しの笛の踊り:2006/06/18(日) 18:01:47 ID:MiirkAwr
分化かい?
http://music4.2ch.net/test/read.cgi/compose/1150478318/l50

14 :名無しの笛の踊り:2006/06/19(月) 09:43:42 ID:j9vVKgNy
>>11
しまった。予定が重なってしまった。
著作権に引っ掛からないような曲は弾いてないもんで、
1〜2週間で仕上げなくっちゃいけなくなる。
いつもと変わらないじゃん。orz

15 :名無しの笛の踊り:2006/06/19(月) 10:51:26 ID:YNb0IYdu
>>14
だから……基本的にはなるべく……ごにょごにょで……
うpしちゃったら、それはそれで……
今まで通りに。

16 :TK ◆Lh27xsFtR6 :2006/06/19(月) 22:36:37 ID:zaJ+0kW5
ラグリマをupしました。

http://www.eonet.ne.jp/~tk-guitar/ragurima.mp3

17 :TK ◆Lh27xsFtR6 :2006/06/19(月) 22:43:42 ID:zaJ+0kW5
なぜかエラーになりますね・・
再度URLを書き込みます。

http://www.eonet.ne.jp/~tk-guitar/ragurima.mp3

18 :TK ◆Lh27xsFtR6 :2006/06/19(月) 22:44:57 ID:zaJ+0kW5
エラーになるようでしたら、私のHPのメインでお聴きいただければ幸いです

http://www.eonet.ne.jp/~tk-guitar/

19 :名無しの笛の踊り:2006/06/19(月) 23:17:32 ID:fwoqwH1R
>>16
ぱちぱちぱち
個性的な演奏ですね。
いいのか悪いのかわかりませんが、味のある演奏だと思いました。

20 :名無しの笛の踊り:2006/06/19(月) 23:41:21 ID:hgMAJil/
あわてていて、音がつぶれてる感じがする。
セゴビア系列ならリブラートをかけたりして、表現ができると思うのですが
どうでしょうか

21 :TK ◆Lh27xsFtR6 :2006/06/19(月) 23:50:48 ID:zaJ+0kW5
お聴き下さりありがとうございます。
ビブラートは、殆どの音にかけています。
一般的なビブラートとは異なりますが。
音がつぶれているとは、どの音でしょうか?
よくわかりません。

22 :名無しの笛の踊り:2006/06/20(火) 00:08:09 ID:x3LySPzq
i,mの音を出すときに音がつぶれてる感じがする。
録音のせいかも知れませんが。




23 :名無しの笛の踊り:2006/06/20(火) 00:18:23 ID:ToNtlqGb
湿度の高い時期に、こういう粘度の高い演奏を聴くのはつらい。
音を引きずりすぎだと思う。
1小節目の3拍目から2小節目の1拍目への流れと、5小節目の3拍→6小節目の頭
への流れは、相同のはずだが、5小節目の3拍目がわずかに短いために、
そう聞こえない。
これも、あせりから来ていると感じる。

24 :名無しの笛の踊り:2006/06/20(火) 00:20:05 ID:/0aZCfBy
何度か指摘を受けているリズムについて、以前より気を使われているように感じました。
その点は以前よりよくなったと思います。
ただ、私はチューニングが少し気になりました。
チューニングそのものの問題なのか、押弦の際に弦を引っ張ってしまっているのが
原因なのかはよく分かりませんでした。
音がつぶれている(私的にはかすれている)というのはおそらく中間部のことではないでしょうか。

25 :名無しの笛の踊り:2006/06/20(火) 01:18:30 ID:z5ggjKiY
>>16
ひとかたまりの最後の低音、とめるのが妙に早いですね。
ほかにもいくつか、自然に伸ばしておけばいいのに
妙に早く音が止まるところがあります。
このあたりがあせってるように聞こえる原因でしょうか。

あと、もう少しやわらかい音色を使われたほうが
この曲に合う気がしました。

どうでもいいけどスペル間違ってます。

26 :名無しの笛の踊り:2006/06/20(火) 11:46:12 ID:x3LySPzq
ギターが悪いせいで、せっかくの表現ができないのかもしれないので
ラミレスなどに買い換えてください。

27 :名無しの笛の踊り:2006/06/20(火) 22:08:45 ID:wxeHVkoO
俺、楽器は素人なんだけどメタルギターとジャズギターってどっちが凄い(ムズイ)の?
メタルファンの俺としてはメタルが最強だと思ってるんだが・・・。
(ジャズにはあんな凄い速弾きがないよね?)
どちら側でもない公平な立場の人にマジレス希望。。

28 :名無しの笛の踊り:2006/06/20(火) 22:27:50 ID:OtWnED6M
>>27
マジレスしてやろう。

ス   レ   違   い

29 :yuujin ◆wIEqTYjkiE :2006/06/20(火) 23:25:12 ID:kIjPPIEk
>>18TKさん

昨日は2ちゃんねるが3年ぶりの攻撃を受けているということでなかなかつながり
ませんでしたが、TK氏がうpしていたのですね。
じっくり聴かせていただきました。
つい先日にうpなさった演奏よりも更に(私には)聴きやすくなっていました。
ソルのエチュードでも「ジャストビート」とバラす弾き方のことが話題になってい
ましたが、TKさんの演奏を聴いて色々考えさせられました。

バラして弾くということには、大きく分けて2種類の意味があると思うのですが、
つまり、
@ギターの深い音を出すためにバラして弾く=技巧的制約
A音の広がりを表現するためにバラして弾く=音楽的要求
ということだと私は考えております。

違う理由でTKさんがバラして弾いていたのならすみません。
そして、今回の演奏を聴く限りではバラしすぎではないかと感じました。もう少し
違う表現方法があるのではないかと思うのです。
バラすことによって深い広がりのある音を出しているのはわかるのですが……う〜ん
難しいですね。
コメントにならないことを言ってしまったでしょうか。


30 :yuujin ◆wIEqTYjkiE :2006/06/20(火) 23:36:17 ID:kIjPPIEk
http://classicguitar.up.seesaa.net/image/Lagrima.mp3

@あまり魅力的(?)でない音(=広がりのない音)で弾いた場合。
A縦振動の豊かな音を求めて高音と低音の発音をしっかり、そしてバラして弾いた場合。
B2拍目はバラさず、3拍目は低音を少し速めに弾いて3拍子の感じを出そうとした場合。
Cジャストビートではあるが、音にふくらみをもたせるように頑張って弾いた場合。
D音をしっかりと、しかしTKさんがよく言われる1拍子的に弾いた場合。

ラグリマのAの部分だけなので、全部聴いてもたいして時間はとらないと思います。
一応、5つのパターンを録音してみました。
他人の演奏だと色々よく感じ取れるのではないかと思います。
私の感想では、TKさんの演奏はAのように聴こえております(音色は別ですが)。

感性の問題もあるので難しいですが、私の感性だとBの方向の方がフィット致します。
余計なことを言ってしまったかもしれません。お気に触ったら申し訳ありませんでした。

31 :yuujin ◆wIEqTYjkiE :2006/06/20(火) 23:42:02 ID:kIjPPIEk
ただいま、2ちゃんねるのサーバーがおかしいようですね。
上のURLをコピペしてアドレスバーに貼ってくだされば(そして移動をクリックですね)、
すぐにファイルは開きます。

32 :TK ◆Lh27xsFtR6 :2006/06/21(水) 00:12:15 ID:YG1ZFI1M
>>yuujinさん
実験的な見本をありがとうございます。
改めて自分の演奏を再度聴き直しました。
1拍目はばらしていますが、2,3拍目はばらしていないと思います。
どっちかといえば、Bに近くないでしょうか。
その方向で演奏したつもりなのですが、そう聞こえないようではダメですね。


33 :TK ◆Lh27xsFtR6 :2006/06/21(水) 00:12:53 ID:YG1ZFI1M
いずれにせよ、yuujinさんとは、感性が合うように思います。

34 :名無しの笛の踊り:2006/06/21(水) 00:13:45 ID:V58xHjuX
分からないので教えてください。
下の図のように表面板に平行に振動するのが横振動で、垂直に振動するのが
縦振動ということでいいんですか?。
(ギターを寝せてブリッジ側から見た場合の図です。)
それで縦振動のほうが豊かな音が出やすいということでしょうか?。

横振動
      ←→
------------------- 表面板



縦振動
       ↑
       ↓
------------------- 表面板

35 :名無しの笛の踊り:2006/06/21(水) 00:22:47 ID:pidVVGY5
>>34
縦振動の方が豊かな音というか、
弦に与えた力が効率的に表面板に伝わるために比較的音が大きくなる。

いわゆるアポヤンドは縦振動成分が多い。
アルアイレでも縦振動成分が大きくなるようなタッチをすれば
アポヤンド的な音を出すことができる。

って、総合スレ向きの話題だけど。

36 :オケラ:2006/06/21(水) 00:32:28 ID:5KeAlutf

縦振動に関しては一応の結論が出たものと思ってます。
縦とはいっても、弦を持ち上げて放す場合、音が貧弱になりますから
弦を表面版に向けて叩きつけるように弾くと、表面版に与える力が最も大きく、
豊かな音が出せるということです。
弦が縦に振動するわけではないという実験結果がどこかに有ったんでしたよね。

37 :34:2006/06/21(水) 00:47:10 ID:V58xHjuX
ありがとうございます。
なんとなくですがわかったような気がします。

38 :yuujin ◆wIEqTYjkiE :2006/06/21(水) 01:12:27 ID:SMfVaRDg
>>37
自分で書いておきながらこう言うのも変かもしれませんが……
結局、弦は縦方向にも横方向にも振動しているわけで、むしろ楕円運動のようになっている
とも言えるかも知れませんね。リサージュ曲線という軌道を描いて振動しているようです。
難しい話は
http://sc-smn.jst.go.jp/byyyymm/meta/mD011001-043.ram
ここで、観ることができます。約30分の番組ですが、考えさせられることが多いと思います。

それは別として、感覚的というか経験的にと言いますか、弦を表面板方向に押し込みながら発音
すると豊かな響きになりやすいということは実際に体験できることだと思います。
そういう意味合いで、経験則的に「縦振動」「横振動」という表現を私は使用しております。
因みに、縦振動をより使用した弾き方で弾いた場合の演奏をうpしておきます。
34さんがどう感じますか……
タルレガの小品で「マリーア」です。こういう曲はしっとりとした「縦振動」の発音が合っている
ように感じます。また、バラし方も一応ある試みをしてみました。
皆さんの耳にはどう聴こえますでしょうか?

http://classicguitar.up.seesaa.net/image/maria.mp3

39 :名無しの笛の踊り:2006/06/21(水) 02:42:36 ID:ZguJVyQb
>>38
マリエッタのようですね。
振動のことはよくわかりませんが、
yuujinさんらしい、輪郭のしっかりした演奏だと思いました。
yuujinnさんこのとですから、まだ煮詰めている途中だとは思いますが、前後半は
装飾音の後の処理が甘いと感じました。
6小節目と14小節めは良いのですが、
それ以外の装飾音は、その後の付点音符が伸びきっていないです。
中間部は、リタルダントがまだ不十分ですが、yuujinnさんの良さが出た
落ち着いた雰囲気だと感じました。


40 :yuujin ◆wIEqTYjkiE :2006/06/21(水) 09:16:31 ID:SMfVaRDg
>>39
あ、すみません「マリエッタ」でした。
初歩的な勘違いです。
ずいぶん細かいところまで聴いていただいてありがとうございます。

41 :名無しの笛の踊り:2006/06/21(水) 19:23:13 ID:PEmHCrC4
>>38yuujinさん
いいですわ。
39氏がおっしゃるようにまだ煮詰めている途中のような気はしますが、とてもいいです。
久々にギターの良さというものを感じました。
こういう曲を課題曲にして欲しいものです。

42 :名無しの笛の踊り:2006/06/21(水) 20:20:03 ID:v7yuM1BO
>TKさん
yuujinさんの見本演奏は面白く聴けました。
TKさんの演奏はご自身では3のように歌っているのかもしれませんね。
でも私には2のように聴こえます。
総合スレで何か書かれてますが、気にせず精進してください。

>ユウジンさん
ヨークやディアンスのような音楽が流行ってますが、やはりタルレガは不滅だと思います。
この方向のうpもしてほしいです。ギター独特の魅惑があります。
別スレですが「悲しい酒」はこころに迫る演奏でした。
演歌だからと手抜きせず、真剣に弾いてますね。
ぜひ、タルレガの他の小品もうpしてください。無理にとは言いませんが、ひとつ考えてみてください。

43 :名無しの笛の踊り:2006/06/21(水) 21:13:58 ID:pidVVGY5
Tarrega の発音が気になる

44 :まりもん ◆8QTPQymVKY :2006/06/22(木) 00:02:10 ID:U6fDesQ+
>>yuujinさん
おそらく初見に近い演奏だと思うのですが、
14小節目3拍目の16分音符のド♯をもしかしたらドで弾かれていませんか?
楽譜によって違うのかもしれませんが、よろしかったらご確認ください。

45 :yuujin ◆wIEqTYjkiE :2006/06/22(木) 09:26:41 ID:V+krhVWc
>>44まりもんさん
お聴き頂きありがとうございます。
ド#ですね。その通りです。いつの間にか#が抜けてしまいました。
それに気がついて音を出してみると「ド」では強い違和感がありますね。
でも2日前は、その違和感を感じませんでした。思い込みの方が先行していました。
ご指摘、感謝いたします。



46 :yuujin ◆wIEqTYjkiE :2006/06/22(木) 09:33:01 ID:V+krhVWc
>>43
Tarregaを日本語読みでどうすれば良いと思われますか?
ターレガ、タレガ、タルレガの3つがよく見かける表記です。
私は曲集のタイトル通り(全音出版社「タルレガ名曲選集」)表記しました。

アルハンブラも「アランブラ」の方が原語に近いと主張なさる方がいらっしゃいますが、
世間のコンセンサスを考え私は現在アルハンブラという表記を用いております。
同じようにアルアイレ(アライレ)もそうしておりますが、43さんはもしかすると、
日本語の表記を原語に近い発音になさろうと努力していらっしゃる方の理念に賛同して
いる方でしょうか?

原語にこだわるならば「タルレッガ」がそれに近い感じが出るかもしれません。
43さんの考えるベターな表記をお教え願えたら幸いです。

47 :名無しの笛の踊り:2006/06/22(木) 12:12:49 ID:f6APN6jI
>>45

>思い込みの方が先行していました。

この言葉にはっとしました。
yuujinさんほどの方でも、思い込みがあると単純な読譜ミスをするのですね。
もしかすると、自分の演奏は思い込みだらけなのではないかと・・・・
でも、きっと自分には違和感がわからないものなのですよね。
変な癖のある演奏をする方も自分では違和感を覚えていないということでしょうか。
やはり、演奏をうpして皆様に聴いていただいてみようかなとか・・・・

48 :名無しの笛の踊り:2006/06/22(木) 12:23:29 ID:8LG0VjDy
変な癖のある演奏でも、自分が気持ちよく聞けるなら
いいと思う。
まずは自分自身が気持ちいいと思わないと聞いてくれる人も良いとは
思わないと思う。

49 :名無しの笛の踊り:2006/06/22(木) 12:35:44 ID:1ZHeh8/T
ところがいざ録音した演奏を聴いてみると、弾いているときに感じていたものと
全然違っててたいていガックシくるけどね。

50 :名無しの笛の踊り:2006/06/22(木) 13:01:42 ID:HtECX827
ある程度弾けるようになってからの話ね。

1.録音しない=自分は結構うまいと思える。
2.録音してプレイバックする=ガックシする
3.練習し直して再度録音=けっこういけると思う
ここからなんだよね。

4a.人に聴いてもらう=けっこういけると言われる=問題なし、大変幸せです。
4b. 人に聴いてもらう=不評を買う=これが問題

4bの人がそれからどうするかだな、問題は。
これが思い込みの先行する演奏なんだろうと思うよ。


51 :名無しの笛の踊り:2006/06/22(木) 13:45:24 ID:1ZHeh8/T
>>50
あんた説明が上手いなあ。
(根拠はないけど)そういう人ってギターも上手なんだろうなって思える。

52 :名無しの笛の踊り:2006/06/22(木) 14:57:48 ID:QwTvcTE7
>>50
補足です。

5.自分ではよくわからなかったり、下手だと思ってもうpしてみる。

yuujinさんはじめ、優しい人があなたの長所を探し出してくれる。
それを読んで勇気付けられて調子に乗る。

53 :名無しの笛の踊り:2006/06/22(木) 17:11:03 ID:0SHpTj/5
>>50
3a. 練習し直して、録音映えする演奏をする。
4b. 以下略

54 :名無しの笛の踊り:2006/06/23(金) 00:27:16 ID:KXInxE8/
しかしターレガってのは装飾音が好きだなあ。
異常に入れたがるような気がする。
それがもとで異常に難しくなるんだ。
タレガの曲は短くても物凄く難しい。
メロディーのキーが高くてハイポジションが多いのが
特徴だ。編曲物はもっと難しい。
ピアノ曲をギターで演奏するのは個人的な意見として
無理があるように思う。

55 :名無しの笛の踊り:2006/06/23(金) 01:22:16 ID:lNck6h5k
>>54
技術的な点はともかく、音楽的表現も難しい。

56 :名無しの笛の踊り:2006/06/23(金) 11:43:13 ID:ajhsWNsW
最初の音はビブラートをかけながらスライドすると効果的かと
思いました。

57 :オーロラ ◆D/M72YwEko :2006/06/23(金) 19:12:14 ID:XY7wdlsE
お礼、遅くなってすみません。名無しAさん、他、コメントありがとうございます。
ソル op35-22をうpします。低音と、メロディを同時にひてみました。聴いていただければと思います。
http://www.yonosuke.net/u/6b/6b-3743.mp3

58 :yuujin ◆wIEqTYjkiE :2006/06/23(金) 23:54:56 ID:qlqb1muY
>>57オーロラさん
前の演奏と聴き比べてみました。
ずいぶん聴きやすくなったと思います。
小さなミスタッチがなくなるともっと良くなると感じました。
3度目のうp、お疲れさまでした。
毎回、漸進していて楽しいです。


59 :yuujin ◆wIEqTYjkiE :2006/06/24(土) 00:00:18 ID:qlqb1muY
>名無しAさん
演奏とは関係のない話ですみません。
「野ブタ。をプロデュース」全10話、見ました。
面白く、哀しく、切なく、美しく、楽しく、感動的な話でした。
ご紹介くださってありがとうございました。
改めて、前スレ270でうpされた「Green Willow」を聴きなおしてみると更に
素敵な音楽に感じることが出来ました。
こうして、新たな視点を持つことが出来て嬉しいです。
「野ブタパワー」が注入されました。

60 :名無しA:2006/06/24(土) 09:17:21 ID:PRgrare7
>>57 オーロラさん
今回は意識してというよりも、意図的にあえてばらしをいっさいしない演奏をされたのだと思います。
半ば習慣で(無自覚に)同じタイミングでもってベースとメロディーをばらしてしまうのは問題かなとも
思います(私も今後多いに気を付けます。w)が、クラシック音楽といえども「これが正しい演奏」とい
うのはないと思っていますので、オーロラさんの感性に従ってここはばらすほうが自分の感性に合
うなと思うところでは、ばらしてもいいんじゃないかなあなんてことをふと感じました。
なんか言っていることがそもそも大きく外しているかもしれませんけど・・・。

個人的には、今月の課題曲(月の途中でまだ終わっていませんが)は、いろんなかたの演奏スタイル
を聴くことができたおかげで、「より良い演奏」とは何かということをあらためて考えさせられました。

>>59 yuujinさん。同じ脚本家の「すいか」もおすすめですw。


61 :名無しの笛の踊り:2006/06/25(日) 17:43:56 ID:V9V0hv5X
6月最の課題曲sorのOP35-22です。
皆さんの演奏いろいろ聞かせていただき,ホント勉強になりました。

6月最後の休日なので,録音しました。
おかしいところ,ズバズバご批評ください。
よろしくお願いします。
http://www.yonosuke.net/u/6b/6b-3855.mp3

62 :yuujin ◆wIEqTYjkiE :2006/06/25(日) 18:24:27 ID:Ais7vtI9
>>61さん
今月も課題曲をうpなさいましたね。
もしかすると、Lastうpかもしれませんが(どうでしょう○○○さん)。
速いテンポとゆったりしたテンポの中庸を行くテンポ感ですね。
私の感性ではほどよい感じに聴こえました。

基本的にとても自然で聴きやすい演奏に感じました。

音質もきれいで、丁寧に弾かれていてとても好感の持てる演奏だと思います。
後半のスタート部分のそぅっと入って徐々に盛り上げていくところなど、非常に
ノーマルな感性を感じさせてくれますね。
ジャストビートとバラす弾き方についてはここではふれないことにしますが、
25小節の(B7)の弾き方はリピートした時の方が私にはすっきり聴けました。
お疲れさまでした。そして、ありがとうございます。


63 :61:2006/06/25(日) 20:59:52 ID:V9V0hv5X
yuujinさん
聴いていただいてありがとうございます。
今月も課題出す事ができてよかったです。ホッ。。

もともとは,ゆっくりしたテンポで弾いていましたが,
皆さんの演奏を聴いて,速いテンポがとてもいいと思って,
(yuujinnさんの最後のうp,とても素晴らしいと思いました!)
まねて速いテンポでも練習しましたが,結局最後はこんな感じになりました。

ただ今m指が深爪状態でして,piの二本指で弾きました。


64 :名無しの笛の踊り:2006/06/25(日) 22:22:02 ID:9jRCkEUX
ノーマルな感性
ってほめとんのかい けなしとんのかい

65 :五線譜 ◆Pb08VBS0I6 :2006/06/25(日) 23:00:38 ID:HqVdJdcI
http://www.k4.dion.ne.jp/~striker/meridion1_6_25.mp3

Manuel M.Ponce作曲
Sonatina meridional 〜TCampo
音楽之友(セゴビアクラシックアルバム)版
ホマドリーム版巻末修正録参照

3週間練習サボってたもんで(原因はサッカーW杯にあらず)、現在リハビリ中。
来週にはなんとか元の軌道に戻せるかな?

66 :まりもん ◆8QTPQymVKY :2006/06/25(日) 23:16:58 ID:xOvsSKia
>>61さん
一瞬、「まちがえて自分の演奏を再生しちゃったのかな?」とビックリしました。
横でチラッと聴こえた家族も一瞬そう思ったそうです。w
私のなんかで申し訳ないのですが…。orz
特に二拍目の低音の扱い方に強い親近感を感じました。

後半の繰り返しをどのように弾くかは難しいところの1つではないかと思うのですが、
61さんは繰り返しの際の25小節目からの盛り上げ方がとても印象的でドラマチックでした。
厚みのある低音がよく効いていますね。
若干気になったのは31〜32小節目へ移る際ソ♯の音を引っ張ってしまっていることと、
最後の和音をもう少しゆったりと止めていただけたらなぁ、というところくらいです。
勝手なことを申してすみません。

61さんの演奏を聴いて、次回この曲を弾くときにやりたいことが色々見えてきた気がしています。
素敵な演奏を有難うございました。

67 :yuujin ◆wIEqTYjkiE :2006/06/25(日) 23:17:34 ID:Ais7vtI9
>>64
コメントにツッコミが入りますか……表現が至らなかったようですね。
申し訳ありませんでした。

後半の構成は2部構成になっていると思います。
8小節+8小節=B。次の8小節+8小節=Cとします。
Bの頭はひそかに(静的)弾き始め、メロディをわずかに強調しながらも、低音のファ#が
静かに流れてゆきます。そして、後半の8小節になると和声的な強調がなされて、低音も動き
をみせて感情が大きく表現されます。
一区切り歌わせた後、リタルダンドがかかり、主題(A)が繰り返され(8小節)、再び和声
的緊張感を伴って、曲は頂点に向かいます。わずかにテヌート気味に弾かれるメロディもしつ
こ過ぎず、ほどよい節度をもって表現されているように思います。

という感じの演奏に聴こえました。
大げさなテヌートもせず、ほどよい感情の起伏があり、自然な気分で聴くことができました。
それを一言で述べると
「ノーマルな感性を感じさせてくれる演奏でした」ということになります。

ほめとるんでしょう。


68 :yuujin ◆wIEqTYjkiE :2006/06/25(日) 23:42:42 ID:Ais7vtI9
>>65五線譜さん
少し前に「音色にこだわる人はヘタクソが多い」などというようなことを書いてましたね。
総合スレのはなしですが……、誰も釣られませんでしたけどw

今回の曲で、ずいぶん音色が変られたと感じました。
ポンセの作品はギターのフルトーン(弦の振動だけでなくボディ全体がなるような音)が
出しやすい音の構成が多いとは思いますが、それにしても艶やかな音に感じました。

この音楽にマッチした音質(音色?)というか、音の空気圧を感じさせてくれる演奏だと
思います。
惜しいのはE弦のフォルテですね。ちょっと「弦が揺れ過ぎて」いるような所が……。
『エネルギーが集中するように弾くと弦の振幅は小さくなる』ものですが、その辺はどう
考えられますか?
弦よりも表面板の方にエネルギーが伝わり、ビデオなどで確認すると(低音弦の場合ですが)
大きな音を出しても意外と弦の振幅は小さいものだと思います。
それは、弦の初期振動エネルギーが無駄なくボディの振動エネルギーに転換されるからだと
思っているのですが、もし、よろしかったらその辺をお考え頂けたら嬉しいです。

例によって、きちんと楽曲の表現はなされていらっしゃいますから、基本的にこのままもう
少し弾きこまれれば素晴らしい音楽に仕上がると思いました。
いつもながら、鮮やかな演奏です。
くっきりと明晰な思考が感じられますね。楽しませていただきました。

69 :名無しの笛の踊り:2006/06/26(月) 01:58:42 ID:2Q5A692B
>>65
パチパチパチ!!

70 :名無しの笛の踊り:2006/06/26(月) 21:19:04 ID:4S5BdH3l
五線譜氏 練習不足の割りにはいい演奏だ。
とても音楽的に聴こえる。相当いいかもしれない。
リズムも歯切れもいいね。
今後の演奏が楽しみだ。

71 :名無しの笛の踊り:2006/06/26(月) 22:39:06 ID:GqZynN0X
五線譜氏、いつもながらの歯切れ良い演奏ですね。
前に進んで行く爽やかさにどことなくサムライの趣を感じました。
あとはもう少しポンセのロマンティシズムを感じさせてくれるような
音の出し方がほしいと思いました。
グリッサンドやビブラートなどいろいろ色づけできそうですね。
そうすれば演奏にもっとコクや深みがでるのでは。


72 :61:2006/06/26(月) 23:04:31 ID:FCo0PiSr
>>66 まりもんさん
聴いていただいてありがとうございます。
>31〜32小節目へ移る際ソ♯の音
気づきませんでした。ありがとうございます。
最後の終わり方は,又失敗してしまいました。

>自分の演奏を再生しちゃったのかな?」と・・
なんてこと言って頂くと喜んでしまいますよ。
実は,前に1度間違われた事がありました。

>>67 yuujinさん
コメントの解説まで,ありがとうございます。
でも,64さんのおっしゃりたいこともわかるんです。
特に個性もなく,それで何??という感じの,ほんとに普通・・
だからでしょう。

yuuujinさんは,いつも上手にほめてくださって,
なんだかすみません。なんだか意味不明。





73 :yuujin ◆wIEqTYjkiE :2006/06/26(月) 23:14:01 ID:s1vyvi1w
>>72「61」さん
お言葉を返すわけではありませんが、私にとって「普通」であることが最大の目標なのです。
可もなく不可もないという演奏ができるようになって、初めてプラスの方向に向かえるのだと
考えております。

オーバーに言えば0点を目指しています。
だから、他の方の演奏を聴いてもノーマルであることが望ましいと思ってしまいます。
健康診断で、極めて普通というか異常なしであるということは、実はたいへんなことだと思います。
演奏においては、特に凄いことができなくても、大きな欠陥がないということは相当な努力の結果
なのではないかと思っています。

74 :まりもん ◆8QTPQymVKY :2006/06/26(月) 23:25:50 ID:KrqzMln3
>>72
え…、もしかして61さんはStage2の52さんなのですか?

75 :名無しの笛の踊り:2006/06/26(月) 23:49:57 ID:hTSIwg9s
万人受けする「水」のような演奏って難しい。
どうしても自分の味なり色なりが出てしまうものですよ。

76 :名無しの笛の踊り:2006/06/26(月) 23:51:14 ID:hTSIwg9s
途中だった…

水でも、ほんの少しの違いを言い当てる達人みたいな人もいますが。

77 :名無しの笛の踊り:2006/06/27(火) 00:37:09 ID:A2tZzgjb
いやいや自分のカラーを出せることはいいことですよ。

78 :名無しの笛の踊り:2006/06/27(火) 14:30:16 ID:tIeK7hxr
自分のカラーを出せることをこえて,音楽を表現できたらもっといいですね。

79 :名無しの笛の踊り:2006/06/27(火) 18:12:19 ID:k0NSMVW4
音楽を表現できたところに自分自身にしかない個性が輝いていたらすばらしいですね。
そしてそれが人に伝わってある種の感動を与えることができたとしたら、
それこそ芸術という分野のコミュニケーションのひとつの良い形ではないかと思います。
そんな演奏ができたらと夢見ながら毎日練習しています。

80 :名無しの笛の踊り:2006/06/27(火) 20:18:59 ID:c1nQni6R
ノーマルな感性って面白い表現では有るな
いいたいことは分かるが。

81 :まりもん ◆8QTPQymVKY :2006/06/27(火) 22:42:12 ID:XTZZ1Ndi
まだまだ完成には程遠いものなのですが、
今後どういうことに気をつけながら練習をしていけばいいか
ご意見をお聴かせくだされば幸いです。
「大聖堂」から第三楽章です。
毎度つたない上に今回はだいぶ背伸びをしていますが、よろしくお願いします。

http://up.isp.2ch.net/up/553bf9ee5221.mp3

82 :名無しA:2006/06/28(水) 00:23:53 ID:hRCiYoLa
>>81 まりもんさん
この曲は、以前弾こうと思って挫折した経験があります。w
最後まで弾き通すにはかなりのエネルギーがいりますよね。ここまで弾くのはなかなか大変だったろ
うと感じました。
アドバイスというと難しいので、こんな風に弾いて欲しいということで言うと、この曲はなによりも迫力の
ある演奏をしてほしいなと思います。
強弱をしっかりつけて、少々荒っぽくなっても基本的には大きな音で弾いていただければと思います。



83 :オーロラ ◆D/M72YwEko :2006/06/28(水) 01:04:47 ID:ku6b+S+d
名無しAさん、yuujinさんコメントありがとうございます。
和音をずらすことは、人それぞれテーマを持っていると思います.
私の場合は立体的な音の響きを失わないことだけがテーマでした。2月の初うpからずっとです・・・。
まだまだではあるけれども,同時に弾いてもまあまあの響きを出せるようになってきたように思ってきました。
来月の課題曲からある程度,曲に合わせて演奏できそうです。…おやすみ…

84 :名無しの笛の踊り:2006/06/28(水) 15:15:43 ID:7+OvC1Zj
>>80
ノーマルな感性というよりもナチュラルな感性といったほうが
正解かも。

85 :名無しの笛の踊り:2006/06/28(水) 18:02:12 ID:Czcsuchy
>>74
はい。その時代からお世話になっています。
間違われたというより,自分が間違ったのでした。けど。
>>all
名無しの分際で,個人的なことをすみません。

>>81
聞かせていただきました。
通して弾けて録音できるって事だけで,すごいです。
やっぱり,足元にも及びません。
ギター弾き始められて,たしかまだ2,3年でしたよね。
努力を本当に尊敬いたします。
自分では弾いた事が無いので,コメントらしい事が書けなくてすみません。

86 :yuujin ◆wIEqTYjkiE :2006/06/28(水) 22:57:28 ID:YGudcHSO
>>81まりもんさん
大聖堂ですか……「stage2」の738、830の発言を思い出してしまいました。

>まあでも一番難しいと感じるのはただ弾けるというレベルではのっぺりした演奏
 になってしまって、立体感が出ない点かもしれません。

まだ「47」さんだった頃の発言ですが、すでに答えを出していらっしゃったように
思います。
まだ、練習途中でしょうし、色々なテーマもあることと思います。
私自身、この曲の途中経過の演奏をうpしたままになっているので、あまり表現内
容の細かいことを言える立場ではありませんが、ひとつ大きなポイントを掲げると
するならば

『音のつながりの中での表現としてではなく、1音においてテンポ感のある音』

を作らないと魅力ある演奏になりにくいのではないかと感じました。
具体的にはスピードを下げて、アクティブな音を並べてフレーズを作るということ
になると思います。
抽象的で申し訳ありませんが、そんな感じです。

87 :yuujin ◆wIEqTYjkiE :2006/06/28(水) 22:59:39 ID:YGudcHSO
>>81つづきです

前に話題になったとき、このスレ的には皆さんスピードを上げて弾くことを要求な
さるような気もしましたが……どうなんでしょうね?
わけのわからないことを書いてすみません。

普通なら、通して弾けるだけでたいしたものだと書く所なのですが……
より高みを目指すまりもんさんだと思いますので、自分でもよく出来ないテーマを
書いてみました。失礼致しました。

88 :ino:2006/06/28(水) 23:58:51 ID:t96LSFNT
・・・ども、お久しぶりです・・・歯痛やら○×やらで遠ざかっておりました・・・
ちょと敷居が高く感じられます・・・

>81 :まりもん さん
ぱちぱちぱちぱち!
美しい音を堪能させていただきました。
手の負担の大きそうな曲、ご苦労様でした。

基本的はほぼできあがっていて、後は弾き込むだけかなとおもいます。
自分は弾いたことがないので良くはわからないながら蛇足を書きますが・・・

とんどが単音のつながりでできている曲でもあるので、一つ一つの音、発音を大事にしていくのかなと思いました。
(元々まりもんさんは丁寧な発音ですが・・・)

上でyuujinさんが書かれているように、ハイスピードのジェットコースター風(中南米風?)演奏がコンセンサスになってるのかなと思いますが。
GG解説つき楽譜集では、それ以外のバロック風、その他風などの演奏の可能性について少し触れられていました。
それぞれいろいろ想像しながら、楽譜をながめたり音だししたりして方向性を決めていく余地はあるんではないでしょうか?

近頃の録音状態はとても洗練されてきたように思います。マイクロフォンなどが替わりましたでしょうか?
高音低音のバランス、うっすらとかかったリバーブもとてもいい感じでした。
あと一点だけ・・・録音後の処理で音量をもう少し大きめにしてもいいかなと思いました。

89 :まりもん ◆8QTPQymVKY :2006/06/29(木) 00:10:26 ID:sqBQMbfL
聴いてくださった皆さん有難うございました。
なんと言いますか、自分で聴きなおしてみても「弾いただけの演奏」だな、という感じがしています。(-_-;)
音取りは以前からしていましたが、少し弾いてみては「手に負えないな」とすぐに放り出していました。

Stage2の発言以降も少しずつは弾いていましたが、人前に出すものではないという気持ちに変わりはありませんでした。
でも、最近久しぶりにまた弾いてみて「また放りだすのかなぁ…、今回は粘ってみない?」などと自問自答して、
この曲に向き合うためにも一回うpしてみようと思うようになりました。
今回のうpをスタートにして自分なりに行けるとこまで行こうというのが今回の趣旨(?)です。
以前の発言と矛盾することで申し訳ありません。

しかし、自分の中でこう弾きたいという思いが強いだけに、自分の演奏を聴きなおすと相当凹むものですね。w

>>85
えっと、もう少しあります。w
>病気での中断を除いたら4年くらいでしょうか
以前なんて書いたか覚えていなかったので引っ張り出してきました。
でたらめを書いていないか少し心配でしたが…。w
でも最初の二年以降はほとんど進歩してないかもしれません…。orz

90 :まりもん ◆8QTPQymVKY :2006/06/29(木) 00:51:01 ID:sqBQMbfL
連続失礼します。

>>88
inoさん、毎回温かいコメントを有難うございます。
マイクは変わっていないのですが、最近少しP指の調子がいいんです。
病気をして以降、負担を減らすためPに関してずっとしっかり弾くことを避けてきたのですが、
最近は少しづつ弦をホールドするようにしています。
感覚がより戻ればもう少ししっかりと弾けるかもしれません。
最近は量産品のギターでのうpが多いのですが、こちらの方がリバーブをかける分にはいいようなのです。w
音量は最後のシの音だけがやたらと大きくて、音量を上げたら割れてしまいました。(-_-;)

厳しいコメントが並んでもおかしくない演奏だと思うのですが、
毎回丁寧なコメントを下さるyuujinさんを初め、温かく激励してくださる皆さんに感謝しております。
有難うございました。

91 :きくじろー ◆Dv/bJCdWHQ :2006/06/29(木) 10:22:56 ID:NbEzAj7e
http://soytk.up.seesaa.net/image/F.Sor20op.31-2.mp3

今月の課題曲がソルだったので「月光」ではありませんがうpします。
ソルの練習曲op.31-2です。一ヶ月ぐらい練習してこれですので
もうこれ以上は無理です、と言う事でアドヴァイス下さい。
宜しくお願いします。

最近レヴェルが高すぎて敷居が高いです。
楽器板にもうpすれをつくられたみたいですがそっちの方にも
行ってみようかと考えています。

92 :yuujin ◆wIEqTYjkiE :2006/06/29(木) 20:41:32 ID:BEoQ2GOG
>>91きくじろうさん

まず、録音がとてもきれいになりましたね。ずいぶん聴きやすくなったと
思います。
それに伴って、ギターの発音状態もよく聴き取れるようになったようです。
わりとしっかり発音していらっしゃるとは(前から)思っていましたが、
録音状態が良くなってきて、それが確認できました。

この曲は4拍子のように聞こえますが、アゥフタクトで始まるフレーズ、
つまり出だしのフレーズもそうですが、その4拍目にもう少しアクセント
をつけるといいのにな、という気がしました。
具体的には、弦をホールドしたあと、一瞬停止してからリリースするよう
な感じで発音したりすると、そうしたトーンニュアンスが出たりもします。
色々な方法はあると思いますが、本人の欲求がまず第一かもしれませんね。

93 :yuujin ◆wIEqTYjkiE :2006/06/29(木) 20:45:11 ID:BEoQ2GOG
このスレの敷居が高く感じられてしまったようですが、そんなことはないと思いますよ。
気軽にうpなさるとよろしいかと思います。
他の楽器板のうpスレというと

http://music4.2ch.net/test/read.cgi/compose/1150478318/
「素敵なクラシックギター教室」

こちらの板のことをおっしゃっているのでしょうか?
それとも

http://that4.2ch.net/test/read.cgi/alone/1145724003/
「どうせ孤独だしクラシックギターを極めよう」

こちらはなかなかすごい曲がうpされてますね。
いずれにしても色々試されるのもいいですね。


94 :まりもん ◆8QTPQymVKY :2006/06/29(木) 21:54:25 ID:sqBQMbfL
>>91 きくじろーさん
一歩一歩着実に上達されているのが伝わってきますね。
13小節目などの埋もれてしまいがちな内声の移り変わりがはっきり聴こえて、
声部の掛け合いの面白さが出ているように感じました。
さらに強弱の変化が出れば、より魅力的になるのではないかと思いました。

改めてブログも覗かせていただきましたが、今まで知らなかった素敵な曲が
いくつもあって楽しませていただきました。

色々なスレに伺われるのとてもいいことだと私は思っていますが、
敷居なんて気にしないでぜひこれからも演奏を聴かせて頂ければと思います。
某大学に門がないのと同じく(?)、このスレに参加資格(クラシックギターという以外)なんてありませんから。^^

95 :きくじろー ◆Dv/bJCdWHQ :2006/06/30(金) 09:39:38 ID:jGUVd3qn
聴いてくださった皆さん、yuujinさん、まりもんさんありがとうございます。

>>92yuujinさん
>この曲は4拍子のように聞こえますが

ここが非常に気になっていたところなんです。
この曲は4分の2拍子なのですが私にはどうもこの拍子の感覚
と言うものが良く分からないのです。
クラシックのレッスンと言うものを全く受けた事がありませんし
この、拍子の感覚と言うものを身につけるにはどうしたらいいのか
何かアドヴァイスのようなものでもあれば教えてください。
宜しくお願いします。

>>93
「素敵なクラシックギター教室」 のほうです。
「どうせ孤独だしクラシックギターを極めよう」のほうは初めて知りました。
少し読んでみて何曲か聴いてみましたがこちらもレヴェルは高いですね。
ただ、年齢層が低いようで雰囲気的に何だか書き込みにくい感じです。
もしかしてここの>>415の書き込みってyuujinさんじゃないですか?
やはり浮いています(ごめんなさい)。
それに、「真夏の夜の夢」のコピペも貼られていました。
ここのスレの人も結構見ているのかな?

96 :きくじろー ◆Dv/bJCdWHQ :2006/06/30(金) 09:55:05 ID:jGUVd3qn
>>94まりもんさん
13小節目はとにかく全ての音をきちんと出す事を考えて弾きました。
そして14小節目に入ったところで4弦開放を消音しながら
1弦開放と3弦1フレットを弾いています。
確かに強弱をつけると言う事になると全くと言っていいほど考えていません。
まだそこまで余裕がないんです。
ただ弦をしっかりとはじく事だけしか考えていませんからこれからの課題でしょうね。

また、ブログも見て頂いたようでありがとうございます。
最近徐々にアクセス数も伸びてきています。これからどうなるか・・・。
それに私のような演奏でも曲の素晴らしさが伝わったなら、少しは安心できるかな?

最後に、やはりこのスレが一番落ち着いて居られるような気がしますので
レヴェルは気にせず時々うpさせていただきます。

97 :名無しの笛の踊り:2006/06/30(金) 10:09:07 ID:vLhga0eh
拍子の感覚がわからなければ、
同じ拍子の曲の演奏をたくさん聴くのが効果的。
あるいは、同じ拍子の曲をたくさん演奏する。

Op.31-2,4,7,8,14,16,17,18,19
16は2拍で数えるのは難しいかも。演奏自体、難易度高。

というか、演奏者の方に拍の意識がないと聴き手には伝わらない罠。

98 :yuujin ◆wIEqTYjkiE :2006/06/30(金) 10:09:49 ID:cjck+8N4
>>95
4拍子と2拍子の感覚は最初は同じようなものでよろしいのではないかと思います。
意識しすぎて「メトリックアクセント」をつけすぎると音楽の流れが不自然になって
しまいますから。
私が「4拍子のように聞こえますが……」と書いたのは2拍子なのに4拍子に聞こえる
という意味ではなく、4拍子系の、つまり2拍子もふくむ曲だということです。
そんな風に聞こえるということは、拍子感は出ているということですから、よろしいの
ではないでしょうか。
4分の4拍子(4分音符が基調)と4分の2拍子(8分音符が基調)を弾き分ける、ま
たは聞き分けるのは困難なことだと思います。
どうか、お気になさらずにそのまま弾き続けてください。



99 :yuujin ◆wIEqTYjkiE :2006/06/30(金) 10:14:24 ID:cjck+8N4
>>95きくじろうさん
ところで「どうせ孤独だしクラシックギターを極めよう」の「415」の書き込みは私では
ありません。確かにちょっと似ている感じもしますね。
私のような書き方をする人が結構いるということかもしれません。
ただ、文体よりも内容で「私の書いたもの」を感じている人もいるようですね。
たまに指摘されたりしますw

ここのスレの方も書き込んだりはせずとも、たまに見たりはしているように思います。
しかも、あちらの皆さんも、ここにうpしていらっしゃいますし。
こういうスレがたくさんあって、それぞれが活発であったら素敵だと思います。
別に「どこのスレの住人」だということもありませんし、自由に参加するのが基本だと
思います。好きなことを書いて、うpして、それが自分のギターライフのプラスになれ
ば、大正解ですね。
そして、それが他の方の刺激にもなってギターの輪が広がっていったらこんなに嬉しい
ことはありません。

……と、書いた所で>>96が目に入りました。そうですか、ブログのアクセスが伸びてい
るのですね。もしかするときくじろうさんの活動がギターの輪を広げる役にたっている
かもしれませんね。とても嬉しいことと思います。これからもよろしくお願い致します。

100 :きくじろー ◆Dv/bJCdWHQ :2006/06/30(金) 10:28:42 ID:jGUVd3qn
>>97 >>98yuujinさん 早速ありがとうございます。

>>97
op.31-16、楽譜見てみました。
確かに見た印象は難しそうです、が少し練習してみます(無謀かも)。
無理だったら書いて下さった別の曲にトライです。

>>98yuujinさん
なるほど、そういうことですか。分かりました。
まあ、今のまま続けてみて「おかしい」と言われた時にでも
改めて考えてみることにしておきます。

101 :きくじろー ◆Dv/bJCdWHQ :2006/06/30(金) 10:38:31 ID:jGUVd3qn
>>99yuujinさん
ゆっくり書いている間にレスありがとうございます。
勝手な思い込みをしていたようでどうもスミマセン。
クラシックギターのスレって少ないですし皆さん色々と
あっちこっちに出入りされているんですね。
私も「どうせ孤独だしクラシックギターを極めよう」のほうも
チェックしておこうと思います。

それから、私のブログのタイトルが「演奏up」になっているので人の気を惹く
のかも知れませんね。

102 :名無しの笛の踊り:2006/06/30(金) 12:30:43 ID:m6Dn+bpP
リズムは演奏する上でなかなかに深いテーマですね。
よいリズム感を養うためにCDなどを聴きながら脚や体全体を揺すったりして体に染み込ませたりするといい、かもしれません。
機械的な正確さを越えた本当のよいリズムを出せるといいですね。
音だしだけでなく、消音のタイミングが大事なときもあるような気がします。


103 :まりもん ◆8QTPQymVKY :2006/06/30(金) 19:54:19 ID:EXCdVCZU
>>96
細かい消音まで気を配られているのですね。
もしかしたらそういう意識を持つことは、耳を鍛えるという意味でも効果的なのかもしれませんね。
私は和音を弾くときにiの音が相対的に弱くて、先生には
「iは器用な指だけどその分怠け者でもあるんですよ。しっかり働いているか¨聴いて¨みてください。
(和音を弾きながら)iで弾いている音が聴こえますか?ならその音を歌ってみて」
ヽ(`Д´)ノウワァァン!!     …とよくいじめ(?)られます。w
これからはきくじろーさんを見習ってもう少し「すべての音をきちんと出す事」を意識してみますね。
うpおつかれさまでした

104 :名無しA:2006/06/30(金) 21:56:15 ID:nEk0/cSO
日本のアコースティックギタープレイヤーの方の曲で「Growing Up」という曲を
クラシックギターで無理矢理弾いてみました。
バラードならともかくこの手の曲は・・・やっぱりムリっぽいです。 
http://acogist.up.seesaa.net/image/growing_up.mp3

105 :名無しの笛の踊り:2006/06/30(金) 23:12:41 ID:pqNLX0ST
>>104
ぱちぱちぱち
いい雰囲気ですね。
正直言って、Sunday Morning Overcast と同系統みたいで
目新しさは感じないけども、その代わりクラギに合わないことも無いみたいに
感じました。
ただ、名無しAさんのこの手の演奏を聴いていつも思うのですが、
オリジナルの雰囲気を忠実に再現するのはとても巧いのですが、
クラギとして聴いた場合、盛り上がりに欠けるというか、右の耳から、左の耳に
すうっと抜けてそのままなんです。
もう少し強弱をつけるとか、テンポを揺らすとか、クラギへの最適化を
図った方がよいのかなと、特に終盤のリフレインを聴きながら思いました。
まあ、個人的な感想ですけど。

106 :まりもん ◆8QTPQymVKY :2006/07/01(土) 00:16:43 ID:cp0QHZmK
>>104 名無しAさん
素敵な雰囲気ですね。励まされているようななんともいえない心地良い感じがしました。
名無しAさんの演奏は音楽がとても自然に呼吸をしているようで、なにか聴いていてホッとします。
そう聴かせるのがいかに難しいかは言わずもがなでしょうが…。
アコースティックギターのことは全然知らないのですが、この方は指弾きをされる方なのですか?
CD店ではどのコーナーに行けばいいのでしょうか?
質問ばかりですみません、とても楽しく聴かせて頂きました。

107 :yuujin ◆wIEqTYjkiE :2006/07/01(土) 00:30:49 ID:MjTDONIH
>>104名無しAさん
不思議な響きに感じました。良い意味で、軽いギターサウンドが素敵です。
クラシックギターでライトミュージックを弾くのもいいものですね。
ベースのリズムが心地よく流れていて……カポタストなどしているのでしょうか?
このベースの感じは2カポにするとこんな雰囲気になるのかなぁなどと想像したり
しましたが、実にいいですね。
重くなく、それでいてトーンプロポーションがくっきりしていてスウィングしてい
るように聴こえます。
音楽はよくわかりませんが(変な表現ですみません)、サウンドは素晴らしいと感
じました。

こんな音でクラシックの曲を弾いたらどうなるのでしょうか。
フリアフロリダをうpなさるのかと思うと、楽しみです。
ロマンティックな南米の海岸を歩く素敵なフリア(ラテン読みだとユリアですね)
の姿が目に浮かぶようです。
今、北斗神拳のユリア伝説が連載されていますね。どうでもいいことでしたw

108 :名無しA:2006/07/01(土) 02:05:08 ID:wilKqFTk
>>105さん
率直な感想をありがとうございます。ご指摘のことは以前から言われてはいるんですが、ぜんぜん
成長(=Growing Up)していませんねw。
原曲のイメージがどうしても強くあるので、気分はクラシックギターというよりもナイロン弦を張った
アコギになってしまって、いざクラシックギターならではの演奏というとこれがなかなか難しい〜。

>>まりもんさん、yuujinさん
いつもていねいな感想をありがとうございます。(この曲はまさに2カポで演奏しています。)
この方は指弾き専門です。ご質問のCDはアコギ専門店には置いてあるところもあるようですが、
関心を持たれましたらご本人のサイト(ttp://www.jpp.co.jp/capo/)に注文方法がのっています。
Growing Upを含め、何曲かは視聴もできます。


109 :きくじろー ◆Dv/bJCdWHQ :2006/07/01(土) 10:14:48 ID:kcv7BeIm
>>103まりもんさん
何というか、恐縮です。
まあ、私の場合は単に性格的なものだと思います。
本質的に几帳面なところがありますから。

>>97
やはり16番は無理です。
何でこんなに指が開くの?って言う感じです。8番やってみます。
この曲も2拍目の裏から始まっているので、yuujinさんの言われた事を
参考にさせて頂こうと思います。

110 :サンデーギタリスト:2006/07/01(土) 17:52:21 ID:oNBYFMGE
>きくじろうさん
某スレの415です。
yujinさんに似ていましたか。そう言われると光栄です。
yuujinさんだけでなく、まりもんさんやその他の方のていねいな物言いに影響を受けてます。
2ちゃんねるらしくないですが、愛情あふれるやさしい文章を身につけたいと思っています。
某スレの書き込みが、砕けすぎてる印象があったのでより丁寧に書いてみました。

>yuujinさん
ご迷惑でしたらすみませんでした。
しかし、改めて読んでみると(100番くらいから)このスレの書き込みはみなさん丁寧で、
他人に対する配慮がなされていますね。
音楽を愛する、演奏するということは高度なコミュニケーションをするのだから、普通の人
よりも更に他人に対する配慮、また作曲家に対する理解がなければならないものだと思って
ます。名無しAさんやきくじろうさんの文章もそうした心配りがされていて、清清しい気分
になります。

>名無しAさん
いい音楽です。
まりもんさんが書いていますが、自然な呼吸が感じられます。
クラシックだからと固く構えず、気軽な音楽もみなさんうpしてほしいですね。
前の一人2重奏の曲も雰囲気があってよかったですが、この曲も癒される気がします。
名無しAさんはプロのギタリストなんでしょうか。
さり気なく、すごく上手い演奏だと思います。
アマチュアだとしたらプロ顔負けの演奏ですね。

111 :ino:2006/07/01(土) 19:14:39 ID:uBSNdi4s
>91 :きくじろーさん
ぱちぱちぱちぱち!
楽しみながらガンバッテください。
演奏だけでなく録音が(クリアなこととちょっぴりのリバーブ)とてもよくなったと思います。

>104 :名無しA さん
パチパチパチパチ!
ナイロン弦のやわらかく弾力が有る感じがやはり名無しAさん独自の音の世界だと思いました。
テンポのキープ力と安定したリズム感、それからクリアで安定したハマリング。
シンコペーションがいきるので、安定した感じとノリを同時にかんじられるのだと思います。

今日明日あたりにソルのメヌエットをうpします(予定です・・・未定ですが)。

112 :名無しの笛の踊り:2006/07/01(土) 19:48:57 ID:eFC5NIdP
??どうして2カポってわかるんだろう??

113 :名無しの笛の踊り:2006/07/01(土) 20:38:36 ID:OuMf4syp
低音の開放弦とか。

114 :名無しA:2006/07/01(土) 20:57:49 ID:wilKqFTk
>>110 サンデーギタリストさん、>>111 inoさん
感想ありがとうございます。ちょっとばかし褒められすぎな気もしますけど、演奏するにあたって
まずは,無理のない自然さというものを心がけていますので、そんなものを感じ取っていただけ
たとしたら、それはとてもうれしいことです。(もちろん私はアマチュアですよw。)

>>112さん
チューニングは6弦からDADGADで2カポなので最低音は結局E(ミ)なのですが、通常の開放弦
よりも響きが軽くなるので耳の肥えた人は分かるのではないかと思います。


115 :ino:2006/07/01(土) 20:57:50 ID:uBSNdi4s
ソルのメヌエット第6番イ長調です。
6月の課題曲の代わり・・・にはなりませんが・・・
率直なご意見、ご感想がいただけたらうれしいです。

http://www.yonosuke.net/u/6c/6c-4135.mp3

116 :名無しの笛の踊り:2006/07/01(土) 21:23:46 ID:EZjvIzGG
>>115
ぱちぱちぱち
inoさんらしく、輪郭がはっきりしていて、それでいて繊細さも感じられて
すばらしい演奏だと思いました。
ただ、これもinoさんらしいのですが、冒頭の和音の音価が短いです。
メトロノームで確認した方が良いと思います。
それと、最後のアルペジオは、もっとクレッシェンドした方が次の和音と
なめらかにつながると思いました。

117 :名無しの笛の踊り:2006/07/01(土) 23:29:45 ID:wilKqFTk
>>115 inoさん
いつものことながら、ひとつひとつの音の粒立ちがはっきりとしており、また曲全体が
しっかり構築されていると感じました。
細かいことを言えば、例えばイ短調アルペジオ部分で拍の始まりのベース音をもう少し
はっきりだしたほうがいいかななどと思いましたが、そんな些細なことよりも、なにより
音楽が生き生きしているので聴いていて気持ちがいいです。

118 :名無しの笛の踊り:2006/07/02(日) 01:17:17 ID:6uNBRrih
やっぱりクラギの音はいいね。
古典からアコギソロまで幅広いやね。
Aさんも日の出の勢いを最近感じるね。
Aさんにはアコギソロをこのまま極めてほしいね。
アコギといえば全力中年氏の演奏も良かったな。
inoさんのブルースもいいね。
INOさんといえば最近古典も多いですね。ソルの
演奏はバッチグーでいうことありませんよ。
しかし皆さん耳が肥えていますね。皆さんの意見はすごく
参考になります。

119 :五線譜 ◆Pb08VBS0I6 :2006/07/02(日) 02:12:01 ID:ZLFwyC9x
http://www.k4.dion.ne.jp/~striker/cad_etu12.mp3

Heitor Villa-Lobos作曲
ギター協奏曲よりカデンツァ 〜 練習曲第12番
楽譜:MAX ESCHIG

120 :五線譜 ◆Pb08VBS0I6 :2006/07/02(日) 02:48:46 ID:ZLFwyC9x
>>16 TKさん
冒頭2小節のモチーフが2度繰り返され、一番おいしい部分(5小節〜)に至ると、
テンポが速くなってます。
山場ですから、タメも必要あり、見得を切る必要もあり、盛り上げる必要もあり。
逆にゆっくりたっぷり弾かないと。
「ソ−ラ−シ−ファ−−」は繋がっているのに、山場の「ミ−レ−ド−−」は旋律線が
切れてます。
8小節目の最後の休符、16小節目の最後の休符も、音価が足りず、
前のめりに聴こえます。
この点に関しては、ま ず は 一 定 の テ ン ポ で 練 習 し て 、ナチュラルに弾いてみることを
お薦めしたいです。こういう練習時は、全部フォルテで、全部均一の音色でもOKです。
「一定のテンポで練習してみて、はじめて気付くこと、わかってくること」というのがあるハズなんで、
肉付け、色づけ、唄いまわしは後でかまわない、というのが私の練習方法です。

http://www.k4.dion.ne.jp/~striker/lagrima.mp3


121 :五線譜 ◆Pb08VBS0I6 :2006/07/02(日) 02:54:24 ID:ZLFwyC9x
>>38 yuujinさん
オレは全音阿部保夫版しか持ってないんすけども、どこの楽譜使ってます?
まぁいいや。
サッカーW杯グループリーグ時に、サッカー関連板に
「日本代表は髪の毛染めてるヒマがあるならシュート練習しる!」的な殴り書きがありましたが、
弦の振動方向を気にする前に、装飾音を全部削除して、一定のテンポで弾いてみるというのは
いかがでしょうか?
yuujinさんだから、これだけでわかりますよね?
完全版は2週間後くらいにうpする予定です。
http://www.k4.dion.ne.jp/~striker/Marieta.mp3



122 :五線譜 ◆Pb08VBS0I6 :2006/07/02(日) 03:03:33 ID:ZLFwyC9x
>>91 きくじろーさん
こういう曲を1ヶ月練習してうpしたのは大変立派です。
この曲はもうこれで十分ですので、どんどん色々な曲に取り組んで、色々なテクに
接して、ヒキダシを増やすのが得策だと思います。
カルリもジュリアーニもソルもアグアドも、珠玉の練習曲群を残してくれてますので。
取り組んだ曲が難しい、手に負えないと感じたら、ゆっくり弾くか、後回しにして
別の曲に取り組んで、うまくなったら、また戻っくりゃいいんすよ。

前回申し上げたテンポ、リズムに関してですが(97、102両氏も指摘されてますが)、
こんな練習方法↓もあるかな?と、やってみましたが・・・・・
http://www.k4.dion.ne.jp/~striker/S31_2.mp3

まぁ、こんな練習方法を人生の一時期、採用するのも良いかもしれないし、
散歩するときにくちずさんでみるのも手かもしれないし。


123 :名無しの笛の踊り:2006/07/02(日) 03:04:52 ID:b0u3fULo
>>121
......

124 :名無しの笛の踊り:2006/07/02(日) 08:26:41 ID:YoyMMIN4
>>119
ぱちぱちぱち
技巧の冴えはもちろんのこと、
音楽性もしっかりしていて、
特に、曲をコントロールしようとする強い意志が感じられ、
素晴らしい演奏でした。
最後に練習曲をもってきたのは、
カデンツァが曲の性格上、全体像が散漫となりやすいので、引き締めるためだと
想像しますが、効果が上がっていたと思います。

125 :yuujin ◆wIEqTYjkiE :2006/07/02(日) 11:00:13 ID:UqkayFb7
>五線譜さん

久しぶりに姿を現したかと思ったら、またまた「書く爆弾」を持参していらっしゃいましたねw
装飾音抜きの「マリエッタ」の演奏、ご苦労様でした。そして、ありがとうございます。
音楽の骨格というか設計図がよく見える演奏(内容も五線譜さんの演奏レベルも)でした。

TKさん、きくじろうさんへの演奏もじっくり聴かせていただきました。
ひとつのアプローチ方法としてよろしいのではないかと思いました。
もちろん、違う方法もありますし、人それぞれどんな道を歩むのも自由ですが、今回五線譜
さんが示された道はわかりやすい道のひとつかもしれないと考えます。

そのうえで、お礼というわけではありませんが、こんな道はどうお考えになりますでしょうか
ということで、ソルのop.31-2をうpしてみます。
こういう方法に対して、アンチテーゼとして先のファイルをうpなさったのだとしたら、申し
訳ありませんが……

http://classicguitar.up.seesaa.net/image/Sor31-2.mp3

126 :yuujin ◆wIEqTYjkiE :2006/07/02(日) 11:10:56 ID:UqkayFb7
>きくじろうさん

まだまだ未熟な演奏ですが、アゥフタクトのあるフレーズのひとつの表現法の例として
弾いてみました。
また、Andanteという「テンポ感」はこんな感じかなと思います。
M.M.メトロノームでの指示でしたら五線譜さんの演奏ファイルのスピードに成ると思います。

一応、A-B-Aの三部形式の曲で、Aが短調、Bが長調となっていますから、トーンニュアンスも
それを意識して、A=柔らかい、B=少し明快という風にしているつもりです。

また、同型反復では表現ニュアンスに変化(ソフトな音、クリアな音)をさせて、対比をさ
せたりしています。Bの部分です。1回目は変化なし、2回目は1小節ずつ、3回目は2小節
単位の対比。

こうしたゆったりしたテンポの曲の場合、16分音符のつながりはよりレガートに音をつなげる
方がフィットすると思いますので、16分音符はアタックを柔らかくするように心がけました。

こんな所が、ちょっと意識したことです。
アドヴァイスなどという大それたものではなく、私が意識したことを書いてみました。
もし、心にひっかかることがありましたら幸いです。

127 :きくじろー ◆Dv/bJCdWHQ :2006/07/02(日) 11:21:19 ID:n1cP/jX6
>>110サンデーギタリストさん
どうも、何だかお気を使わせてしまったようで面目ないです。
しかし、レス下さってありがとうございます。
確かに浮いて見えたのは、意図的に書かれた事だろうということは
分かっていましたが、お人柄が窺えるような書き込みでした。
それでもしかしてyuujinさんじゃないかな?と思った訳です。

>>111inoさん
励ましのお言葉ありがとうございます。
これからも無理せず、楽しみながらギターを弾いていきたいと思っています。

>>122五線譜さん
お褒め下さったようでありがとうございます。
そのうちに、コスト、カルリ、ジュリアーニのうちの誰かの練習曲を
やってみようかと思っていましたが、アグアドは考えていなかったです。
まあ、いずれにせよ当分は練習曲を集中的にやろうとは思っています。
おまけに、見事なお手本となるような演奏を聴かせてくださってありがとうございます。
メトロノームって、合わせて弾くのは何だか面倒で、いつも弾く前にテンポの確認を
する程度にしか使っていません。やはりこういう事もやってみるべきですね。
今回、私の場合はアンダンテでも速く感じたのでゆっくり弾いていますが
やはりこれぐらいのテンポで弾かないといかんですね。
次はメトロノーム、試してみます。

128 :きくじろー ◆Dv/bJCdWHQ :2006/07/02(日) 11:27:43 ID:n1cP/jX6
>yuujinさん
何故か聴けないのでまた後で書き込ませて頂きます。


129 :きくじろー ◆Dv/bJCdWHQ :2006/07/02(日) 11:57:50 ID:n1cP/jX6
聴けました聴けました。
いや、これもまたお見事な演奏でした。
五線譜さんの演奏は表現方法以前の、テンポをしっかりと取るという事を
考えて演奏されたという事だと思います。
そして、yuujinさんの演奏はテンポがしっかりと取れた上での表現方法
というものを示されたのだと解釈しています。
私の場合は、まずテンポを正確に取るということでもかなり悩んでいましたが
その上で、やはりアンダンテで弾くとどうしても本当の棒弾きになってしまって
こりゃ、全く音楽になってないな、と感じていました。
そういう面から、自分にはまだまだ音楽を自分で作るという事が出来ないのだ
と思っていました。
これはもって生まれたものなのか、経験の足りなさからくるものなのかどうか
と言う事は自分では分かりませんが、もっと音楽らしく表現出来たら良いのになあ
と思っています。
そういう点では、yuujinさんの演奏はそういうものを示してくださったと思います。
私も人の真似(カラオケ)ではなく自分自身の演奏がいつか出来るようになれれば
と思っています。
お二人ともありがとうございました。

130 :きくじろー ◆Dv/bJCdWHQ :2006/07/02(日) 12:11:41 ID:n1cP/jX6
もう少し考えてみれば、ソル(古典)を演奏する際、表現というもの
をどのように捉えるか、という事も考え直してみました。
めいいっぱい、過剰なまでに表現するのか、あるいは敢えて感情を抑え
控えめに弾くのが良いのか、という事ですが
私の場合はそこまで考えるレヴェルにはなっていないので理想的な考え方
として言えば、やはり人それぞれによって考え方も違うであろうし
結局は弾く(聴く)人の好みによって、弾く(聴く)人が選ぶものでもあるのだろうと
言う事なんでしょうが。

131 :名無しの笛の踊り:2006/07/02(日) 12:55:06 ID:Qi4J/UmQ
Sorの曲は全部古典というわけじゃないんだよね。
Sérénade Op.37なんかはロマン派っぽく弾いてもいいし。

132 :五線譜 ◆Pb08VBS0I6 :2006/07/02(日) 14:07:31 ID:+3VO2P5I
>>127 きくじろーさん
古典モノの時代様式に関しては、図書館に行って、モーツアルトピアノソナタ集とか、
ツェルニー練習曲集(エッシェンバッハとかイエルク・デムス)なんかを聴いておけば
いいんすよ。なんとなく聴いておく。一応。
で、ずっと聴いてると飽きる(w)んで、そしたらベートーヴェンピアノソナタ全集を・・・・w
人生、いつ何時、何が役に立つかわからないんで、将来のために、なんとなく聴いておけば
いずれ自分の肥やしとなったりして。

それよりも・・・・・・
時代様式云々以前の問題として、練習曲なわけですから、練習になればいいんですよ。
取り組んだ結果ウマくなる、が全て。
で、そういう前提であるならば、
「その練習曲を何の練習に使うのか?」
「その練習曲に取り組んだ結果、何を得たのか?」が大事になります。

ヴィラロボスの練習曲第1番の楽譜には、「アルペジオの練習曲」と書いてありますが、
利用方法は無限にあります。
ポジション移動のための練習、mとaの分離、aの強化、ポジ移動時のノイズ回避、
ある人にとっては単なるウォームアップ用、別の人にはアンコールピース・・・・

ちなみに私は全部付点のリズムで弾いて、うpしてやろうかと・・・・



133 :yuujin ◆wIEqTYjkiE :2006/07/02(日) 14:31:08 ID:UqkayFb7
>>115inoさん

久々のうp、お疲れ様です。
まりもんさんではありませんが、私もinoサウンドのファンなので、いつも楽しみにしております。
今回はソルのメヌエットということで、この曲はセゴビア、イエペスという両巨匠が録音している
こともあり、「ニ長調のメヌエット」op.11-5と並んで最も有名な曲だと思います。
それだけにギターファンの多くの人には「なじみの曲想」があるのではないかと思います。

冒頭のプラガール、後半の怒涛のアルペジオなど、おなじみのフレーズですが、それをinoさんが
どう扱うのか興味深々で聴かせていただきました。

もしかすると、まだ弾きこみ不足なのか、それとも私の感じるこの音楽とinoさんの感じる(とい
うよりも表現している)演奏にいささかギャップを覚えました。
例えば、後半に入る所のE7のフレーズ冒頭はもう少しソフトな感じになると思うのですが、この
演奏だとちょっとアクセントが強くて乱暴な感じを受けてしまいます。
強く弾こうとなさっているのか、それとも「大らか」な感じで弾こうとしていて『結果としてアク
セントになってしまう』ということなのか、ということです。

また、後半のアルペジオの最初の方ですが、ラ〜ド#〜ミ〜、ファ#〜ファ#〜ミ〜というベース
の流れが、ララ〜ファ#ラ〜ミラ〜という風に聴こえています。
これは、意図的にそうなさっているのではなく、結果としてそういう響きになってしまっているよ
うに感じました。

この2点がちょっとひっかかってしまいました。
とはいえ、いつもながらのしっかりした構成感と軽やかな音色を楽しませていただきました。
今日の夕方にちょっと時間が取れますので、この曲を弾いてみようかという意欲が湧きました。
ありがとうございます。

134 :yuujin ◆wIEqTYjkiE :2006/07/02(日) 14:37:04 ID:UqkayFb7
>>112さん
上手く表現できませんが、サウンドの質が違うのです。
柔らかな、軽い感じの音質に聴こえるのです。
という答えしか書けませんが、応えになっていますでしょうか?

135 :yuujin ◆wIEqTYjkiE :2006/07/02(日) 22:22:36 ID:UqkayFb7
http://classicguitar.up.seesaa.net/image/op.11-6.mp3

・・・久しぶりに言ってしまいます。
ヴィジョンを実現化するのは難しいものですね。

昼にinoさんの演奏を聴いて刺激を受けて……そして、脳内音楽と比較してヴィジョンを語って
しまったことを……現実に足がついていなかったと反省しております。
実際に音にしてみようとすると、意識(ヴィジョン)と現実(自分の演奏)のギャップに愕然と
することしきりです。
が、自分の言ったことをある程度形にすることができましたので、まだまだ未熟な演奏ですが
うpさせていただきます。

こんな方向性のメヌエットはいかがでしょうか?
弦の振動のコントロールをずいぶんしています。五線譜さんに叱られそうですが、これは感性
の問題なのでしょうね、きっと。

『均一なしっかりした音量での基本的な演奏』

ということは、私には練習であったとしても出来ないようです。
音を出したら既に色々な振動のコントロールをしてしまっているようです。
感性がそうなってしまっているようです。
何か感想などわきましたら、遠慮なくお聞かせください。

136 :まりもん ◆8QTPQymVKY :2006/07/02(日) 22:35:17 ID:e9FGiAqn
>>108 名無しAさん
お礼が遅くなりましたが、教えて下さり有難うございます。
私もそのうちこういう曲も弾いてみたいな、と思いました。

>>115 inoさん
生き生きとした雰囲気がとても魅力的ですね。
演奏に命を吹き込むものは果たして何なのだろう…、単なる上手・下手では答えが出なさそうなこの問題を
inoさんの演奏を聴くたびに考えさせられる気がします。
その一端を知りたくてうpされるたびに何度も聴き返しています。w

個人的には若干テンポを上げてより軽快な感じが出るとさらに雰囲気がでるのでは、などと感じましたが、
それ以外の点は、yuujinさんのおっしゃるように、より弾きこまれたら自然と解決することなのかな、と思っております。
「無理するシリーズ」でしたっけ…、その続きもとても楽しみです。^^
あまり考えがまとまっていないのでよく分からないコメントになってしまった気もしますが…、
うpお疲れ様でした。

137 :名無しA:2006/07/02(日) 23:33:20 ID:slN7SKZQ
inoさんとyuujinさん、お二人の競演を楽しく聴かせていただきました。

inoさんのアルペジオ部分に関して、確かにyuujinさんの言われたことはそうなのですが、各音(各弦)
のくっきり感というか粒立ちの良さとバランスは特筆ものだと思います。
また7小節目のシャッフルのフレーズなどは、はっとするような美しさを感じました。
総じてとても魅力的な演奏に聴こえました。

yuujinさんの演奏は、短時間であるのにかかわらずすでにまとまっていて、いつになく柔らかな演奏を
されていますね。もちろん全くの初見ということではないと思いますが、それにしてもたいしたものだと
つくづく感心しました。

138 :五線譜 ◆Pb08VBS0I6 :2006/07/03(月) 00:43:05 ID:aOUP+TdR
>>yuujinさん 
>>125(op31-2)
13小節目〜中声部「ラシラ#ソーラ」の処理はお見事。
20小節目最後の拍から音色変化させてますが、こういう変化は2音だけでなく、
もうちょっと先まで(フレーズ単位orモチーフ単位)延長させた方が、より古典らしいかと。
25小節目〜のアフタクト絡みの2声のかけあい、アーティキュレーション絡みの処理も、
自己主張豊富で秀逸ですが、少々恣意的(アンチテーゼだからしゃーない?w)なんで、
ツェルニーかよ!とツッコミたくなりますw

33小節目〜の中声部伴奏和音(ミ+ソ)を、スタカート気味のノンレガートで明確に
弾いているわりに、36小節目の和音の音価が尻切れトンボな上に、
その後の小節から開始される8分休符の処理がブサイクになってるのが誠に残念。
ここ、一番カコイイとこなのに。。。

あと・・・・・蛇足ですが・・・・・・これって譜読みの間違い?と思わせておいて、
ダ・カーポ後はちゃんと楽譜通り弾いてるのは、また聴音ソルフェージュのトラップでしょうか?w

平素の練習の段階で、ここまでこまかくやっておいて、本番のステージ(この曲がステージ向き
かどうかは別問題として)では、のっぺり、ナチュラルに、普通に弾けば、相当効果があるかも?
そういう「前準備」というのは、必ず「結果」に反映されるハズですから。
ま、この練習曲に何を求めるか、この曲から何を得るか、というのは、取り組む人の数だけ
存在するし、無限の可能性があるわけで・・・・・


139 :五線譜 ◆Pb08VBS0I6 :2006/07/03(月) 00:53:00 ID:fOvkiXSs
あ・・・・・日本語の表現が不得手というか、難しいもんで、補足ですが、
セルシェルとかスタロビン(19世紀ギター)のソルを聴くと、一見、「のっぺり、ナチュラルで、普通」
に聴こえるんですよ、オレの耳には。
でも、よーーーーく聴くと、細かいことちゃんとやってるんですよね。
そういう意味合いでの「のっぺり」です。
yuujinさんにはわかると思うけど・・・・・オレとyuujinさんにしかわからない会話になりつつあるw

140 :名無しの笛の踊り:2006/07/03(月) 01:31:17 ID:OGvtKyOU
>>139
.....

141 :名無しの笛の踊り:2006/07/03(月) 10:39:33 ID:bjYfZVuC
最近の五線譜って本当にイタさ爆発だな・・・
いい年したオヤジとは思えンな・・・

142 :きくじろー ◆Dv/bJCdWHQ :2006/07/03(月) 10:47:57 ID:Lv1tPFCb
>>131
確かに時代的に言えば初期ロマン派にもかぶっていますね。
ただ、私はまだそんなにソルの曲を知らないもので
古典って言っちゃっていいかな、と思いました。

>>132五線譜さん
実は私、古典とバッハが好きなんです。あとシベリウス、ブラームス・・・。
だからモーツァルト、ハイドン、ベートーヴェンのピアノソナタは大好きなんです。
おまけに、無謀にもピアノはちょっと独学でかじったぐらいなのに
平均律とかベートーヴェンのピアノソナタ集なんか買ってきて、出鱈目に、片手ずつ
弾いたりなんかもしていました。
だから余計な事を考えたりしてしまうのだと思います。
でも、よく考えてみると、やはり五線譜さんがよく言われているように、技術が
ないとダメですね。いくらそんなことを言っても、まずはきちんと弾く事が出来なければ
何も始まらないのだと言う事を、考え直してみて気づきました。
だから、今は余計な事を考えずに、ただ手を動かす事に集中しようと思います。
ありがとうございました。

最後に、>>139は確かに分からんです。

143 :名無しの笛の踊り:2006/07/03(月) 10:55:31 ID:ZN4XEyew
技術馬鹿は存在するが、ギター馬鹿というのも存在する。
ギターのことだけしか知らなくて、他の音楽一般についての知識が全くない人。

144 :名無しの笛の踊り:2006/07/03(月) 14:28:03 ID:bTq+bNQp
今回のうpは楽しめました。
スレ四天王のうち3人が同時にうpしてくれて
各人各様の個性があって
まさに火花散る戦いでした。
これからもよろしくお願いします。

145 :ino:2006/07/03(月) 15:11:19 ID:jEQeAyKc
>116さん、117さん、118さん(たこふねさん?)、133yuujinさん、136まりもんさん、137名無しAさん
レスをいただいた方々どうもありがとうございましたm(__)m
いろいろ本人が気がつかない点をご指摘いただきとても参考になりました。
自分ながらの反省点やいまだに解釈上の迷う点もあるんですが、今後の参考にさせていただきます。

音色ついて好ましいと感じていただいた方が多かったようでうれしかったです。もちうれしいことなんですが・・・本当のことをバラしてしまえば、8割がたはリバーブの処理による音色のように思っています・・・う〜〜ん・・・

>116さん
冒頭のテンポが維持できないのは今までも何度か指摘いただいてたですね・・・
また今回も・・・むむむ・・・orz

>yuujinさん
私が以前親しんでいたのはイエペスの演奏でした。もうん十年は聴いていませんが。
本当は5番のメヌエットも一緒でないと生木を裂いたような落ち着かないきぶんです。練習はしていたんですが・・・
2点ご指摘のところは、よく理解できました。うまく演奏に生かせるかはいろいろがんばらないとだとおもいますが・・・
演奏までしていただいて・・・ご指摘の点以外もいろいろ勉強になりました。いつものリッチな音を楽しませて頂いただきました。
ありがとうございました。

>まりもんさん
近頃はブリームの演奏などをいまさらながら聴いたりして、以前は苦手だと思っていた古典の曲が瑞々しい音楽だと感じられるようになりました。
この曲は無理するシリーズではありませんでした。なかなか録音できないで練習が長期化しているのが何曲かありまして・・・
この曲も長期化の様相を呈してきたのでこれはたまらんと多少無理してでも録音しちゃったというわけです・・・あ、やっぱり無理してんのか・・・^^;

>名無しAさん
ちょとほめすぎです・・・でもうれしいです。ありがとうございました。

146 :名無しの笛の踊り:2006/07/03(月) 15:12:52 ID:LgB72CiL
四天王・・・あとひとりは誰よ?

147 :名無しの笛の踊り:2006/07/03(月) 15:18:10 ID:l3CaP68A
inoさんの四天王は異存なし!
あとひとりは、あとひとりは、もしや頭文字「T」とか・・・

148 :名無しの笛の踊り:2006/07/03(月) 16:18:27 ID:FeAApNcV
確かに今回の3人の演奏はハイレベルに感じます。
五線譜氏も(演奏に関してだけですが)素晴らしいできだと思いました。
しかも昨年よりもぐっと良くなっていると思います。
それに比例して言動に不遜さもましてきているような・・・
ino氏のまとめの手際よさも秀逸です。
エフェクトのうまさもあるでしょうが、そもそも輪郭のくっきりした音でなければ
こんなに粒立ちのよい、切れのある音には仕上がらないでしょうyuujin氏も更に音の冴えがグレードアップしているのではないかと思います。
楽曲構成のみごとさもさることながら、ギターの魅力である音色の多彩さが一層際立ってきました。
マリエッタをもう一度仕上げて聴かせて欲しいですね。
4天王の最後の一人は難しいですね。
悩みましたが、結論は出ませんでした。

149 :名無しの笛の踊り:2006/07/03(月) 17:26:52 ID:GLS4qEKw
俺的にはあとの一人は何といっても357氏です。
自分の心にしっくり来る演奏してくれて一番好きです。
357氏もっとたくさん聞かせてください。お願いします。

150 :名無しの笛の踊り:2006/07/03(月) 18:16:34 ID:Vi3+l2x2
>>147
チミねぇ、表現が不適切だから先生が直します。

>あとひとりは、あとひとりは、もしや頭文字「T」とか・・・
この表現は誤解されるから下記のようにしましょう。

>あとひとりは、あとひとりは、まさか頭文字「T」とか・・・w
わかりましたね?
意味がずいぶん変わるのでイエローカードです。


151 :まりもん ◆8QTPQymVKY :2006/07/03(月) 20:13:17 ID:AOKzfV1z
四天王ですか…、なにやら格闘漫画のようですね。w
でも四人じゃちときついですね。
yuujinさん・inoさん・五線譜さん・虹さん・375番のギター弾きさん・うp初体験さん・
そして名無しAさんもまだまだ実力の底が見えませんし、その他にも…。
う〜ん、七福神?w

152 :名無しの笛の踊り:2006/07/03(月) 21:02:52 ID:yJm1pwLc
実力の底が見えていないのは、なんと言ってもオケラさんです。

153 :yuujin ◆wIEqTYjkiE :2006/07/03(月) 21:06:59 ID:K/L/E8i5
>>119五線譜さん

急激にレスが進んで、取り残されてしまいましたが……
鮮やかなサウンドでした。
ヴィラ-ロボスのこのカデンツァは某有名ギタリストの演奏で耳にしたことがあります。
それと比較しても全く遜色なく聴けました。
また、12番のエチュードの2弦に渡るリズムも冴えていますね。
和音とim(?)のスケール・リズムの交差するスリリングなサウンドと五線譜さん
のテクニックがよくマッチしているように感じます。

ヴィデオで福○さんの演奏を見ると、im指の長さが印象に残ります。
福○さんも器用に弾いていらっしゃいますが、巻き弦の雑音の処理が難しいような気が
しますが、五線譜さんはクリアな音を出してますね。
爪の形、弦に対するアタックの角度等の色々な試みをされているように感じました。
とてもきれいで、それでいてスリリングなリズムが表現されていると思います。

澄み切った空、前奏曲第2番に続いての取り組みのようですが、この方向の曲をぜひ
続けてほしいと思いました。
ひとつのデフォルト演奏になるような気がします。

154 :yuujin ◆wIEqTYjkiE :2006/07/03(月) 21:11:48 ID:K/L/E8i5
>>139五線譜さん

>yuujinさんにはわかると思うけど・・・・・
 オレとyuujinさんにしかわからない会話になりつつあるw

こういう表現が読者の気に触るのかもしれませんね。分かっていて書いていらっしゃるの
でしょうが……

>この曲(ソルのエチュード)を実際に弾いてみて、色々試みた者じゃないと実感として
 分からないだろうなぁ、この話は……

などと書く方が私は好みですが、五線譜さんなりの先を見越した書き方なのでしょうから
それで良いのだろうと思います。

155 :yuujin ◆wIEqTYjkiE :2006/07/04(火) 09:06:02 ID:OwtO8gtN
>>144さん
演奏ファイルを高く評価していただき嬉しく思います。
しかし、四天王云々はあまりよろしくないかと感じました。
人それぞれ好みもありますし、価値基準もおおいに異なりますから様々な評価が
あってもそれはあくまで個人的な感想にとどめておくべきではないでしょうか。

おそらく144さんのなかでのひとつの評価基準があるので、さり気なく書かれた
ことと思いますが、こういう話題はスレの雰囲気を損なう危険もございますので
避けていただけたら幸いかと思います。
さしでがましいようで、すみません。

スレにおける序列とか、他者と比較しての評価というものは微妙な人間関係のバ
ランスを崩しやすいので、できれば他の方もこの話題はなさらない方が賢明かと
思います。よろしくお願い致します。
失礼致しました。

156 :名無しの笛の踊り:2006/07/04(火) 16:24:13 ID:s3pr/DPu
現実として四天王ではおさまりきれないほどたくさんいるね。
曲の難易度 音楽性 表現力 うpの回数なんかもいれて
評価するとやっぱり4人じゃ納まりきれない。
野球にもMVPってのがある。サッカーにはベスト11ってのがある。
サスケにはサスケオールスターズってのがある。
評価は時とともに変わってくると思います。
それで月間MVPがあってもいいような気がするなあ。
今月か本年度かのMVPかグラミー賞に匹敵するものが。
たしかにスレの雰囲気を壊す可能性も否定できないけどね。
このことはもうすこし考えて結論をだすことにしましょうか。
また別のスレを立てて うp専用コンクールスレを作ってみる
のもいいかもしれませんね。

157 :名無しの笛の踊り:2006/07/04(火) 17:07:50 ID:5ONh3lni
2chで人間関係って…

辛辣な批評はあってしかるべき。
遠回しな批評で柔らかく書いて、
相手に言いたいことが正確に伝わらないのでは何の意味がない。

upする者として、甘い評価が欲しいのか?
なら、upしたときに「甘口の評価をお願いします」と書いておけ。

158 :名無しの笛の踊り:2006/07/04(火) 17:49:45 ID:s3pr/DPu
殿堂入り制度はどんなもんでしょうか。
人数に関係なくある水準に達すると殿堂入りするとかね。
例えばうp10回以上の人で演奏も素晴らしいとなれば
殿堂入りとかね。まあその基準はあとで考えるとして やる気
でるんじゃないでしょうか。

159 :名無しの笛の踊り:2006/07/04(火) 18:09:40 ID:L0/ao1AG
>>158
演奏レベル・うp回数・内容のあるカキコの多さなど、
このスレへの貢献度を総合的に判断して殿堂入りってことですか?
面白そうだけどこの板の空気が変わってしまうかもってちょっと不安。
別スレ立てたほうがベターな気が・・・。

160 :名無しの笛の踊り:2006/07/04(火) 18:19:32 ID:s3pr/DPu
 159 そうかもしれませんねえ。
このスレの空気は大事にしたいですねえ。

161 :名無しの笛の踊り:2006/07/04(火) 18:41:01 ID:o8IZl6r5
それに、その判定を誰がやるの?自称上級者は一杯いるけど
そいつらに判定任せるのはヤだなぁ

162 :名無しの笛の踊り:2006/07/04(火) 18:45:21 ID:s3pr/DPu
仮に別スレ立てた場合こんなアイデアがあります。
課題曲はすべてコンクールの予選または本選曲。
うpする人はコンクールに挑戦することを意思表明し
コンクール審査員に評価される前にスレで課題曲を発表し
良否を判定してもらう。いい評価をえられたら自信をもって
コンクールに挑戦する。悪かった場合は再度うpに挑戦する。
でコンクールにでて成績が良かったり優勝した場合は
みんなで賞金を分ける。(ここは冗談ですが)
もちろん書いている内容はあくまでひとつのアイデアとしてです。
こんなのあればいいかなと思う程度のものですので真剣に受け止めないで
ください。

163 :名無しの笛の踊り:2006/07/04(火) 18:50:53 ID:4D1KfkWL
うpされた演奏に対しての正直な感想や辛口批評はいいと思う。
好みというのは各自あるだろうけど、上位優秀者○名なんて考えは
どうも好かないね。


164 :名無しの笛の踊り:2006/07/04(火) 21:34:12 ID:0PzRDJtM
俺も、>>163さんに賛成。
まず、演奏はスポーツじゃない。
巧い下手はもちろんあるけど、それよりも大切なのは、その人の個性とか持ち味だろ。

特定の人を持ち上げると、そういう特徴のある人のうpが減ったり、ちゃんと聴こうという
空気が無くなってくるよね。
あまり難しい曲はうpしないけど、おもしろい演奏とか、
心に沁みる演奏をする人っているじゃない。
そういうのを、もっと聴きたいと思うんだ。

それから、pされた演奏に対しての正直な感想や辛口批評。これも大いに結構じゃないか。
上手な人の演奏をほめるだけで、あまり批評しない風潮もあるみたいで、
月々の課題曲も、一目置かれている人物が、ちょっと弾いてみました
ってかんじで、あんまり気の入っていない演奏をうpしても、けなす人は
ほとんどいないみたいだ。
逆に、いわくのある、某氏のなんかは、演奏とは関係のないところまでつっこんで、書きたい放題
書く奴がいるだろ。
だけど、流暢な演奏と、正しい演奏と、面白い(感動できる)演奏は、同じじゃないと思うんだ。
某氏の演奏は、俺もはちゃめちゃなところを感じるが、あれはあれで面白いぞ、
だからといって支持はしないが。

要は、演奏の巧い下手で色眼鏡を書けるべきでは無いと言うこと。演奏者ではなく、
うpされた演奏に対して、率直にコメントしたい。
流暢な演奏、正しい演奏、面白い演奏は、必ずしも同じではないので、大勢に流されず、
自分自身の価値観に照らし合わせながら判断したい。
以上は、他人にそうしろとは言わないが、俺はそうするつもりだ。

165 :名無しの笛の踊り:2006/07/04(火) 22:20:54 ID:s3pr/DPu
>>164
氏の考えを尊重して四天王も殿堂入りもなかったことに
しましょうか。もしやるとしたら別スレということで。

166 :yuujin ◆wIEqTYjkiE :2006/07/04(火) 22:24:33 ID:OwtO8gtN
>>157
この意見は私の>>155に対するものなのでしょうか?
もしそうだとしたら、そういう意味のことを言ったのではないと修正しておきます。
演奏に対するコメントは辛口大歓迎です.

>>163-164氏の言う通りだと思います。
まぁ、私の演奏に関しては、「stage5」などはマリアルイサから始まり、小さなロマンス、
バッハのプレリュード、ソルのエチュードに至るまで、いつも至らない点を指摘して頂いて
何度も弾きなおしながら勉強させて頂いておりますが。
スターダストでは根本から否定されて、マリエッタでは基礎練習からやり直しとか、振り返
って考えますと、散々なありさまです。
しかし、自分の意識としてはそうして厳しいコメントを頂けるから、自分のギターのレベル
もあがっているように思います。
それは、私個人の問題なのでこちらに置いておくとして……

私の読んで理解する限りでは、演奏をうpされたほとんどの皆さんが、辛口のコメントを歓
迎しているように感じますし、課題曲にしても『気の抜いた演奏」をうpしている人はいな
いように思うのですが。
>>164さんには、違う印象があるようですね。
観点も感受性も異なる人間がいるということは、とてもエキサイティングなことだと思います。


167 :名無しの笛の踊り:2006/07/04(火) 23:55:19 ID:o854+MFL
>>157
書いてることは正しいと思うけど、多少話が食い違ってますね。
まあいいか。

殿堂入りと認められる人は「殿堂入り制度を作りましょう」
なんて言われなくてもみなが勝手にそう認めるでしょう。
だからあえてここで制度をつくったりしなくていいと。

168 :ino:2006/07/05(水) 18:36:51 ID:IK60IPVE
http://www.yonosuke.net/u/6c/6c-4312.mp3

ソルのメヌエット第5番ニ長調です。
5,6番は一緒に並んでいるべき曲(スリコミで)という感じがあったのでこれでほっとします。
ギターを始めた頃に弾いていた、個人的になつかしい曲です。
今はなき好楽社の2曲入りピースで50円という定価が印刷されていました。
いつもと同様に率直なご批判、感想をいただけたらうれしいです。宜しくお願いします。

169 :まりもん ◆8QTPQymVKY :2006/07/05(水) 20:26:04 ID:pds1A8y/
>>168 inoさん
本当にすばらしい演奏ですね。
7小節目での絶妙なタメや、im同時弾弦の際の音量バランス、16・24小節目での
微妙な和音の弾き分け、17、18小節目、19・20小節目でのベースの扱いの面白さ、
等々すばらしい点はいくらでも挙げられるのですが、ここはちょっとという点を挙げるのはかなり難しいです。w
本当にあえて言うならば、22小節目での装飾音の扱いがさらに鮮やかであれば、という事くらいでしょうか。
inoさん節を支えているのは、確固たる基礎的な演奏能力であることを改めて実感しました。
聴いていてとても楽しかったです、有難うございました。

170 :yuujin ◆wIEqTYjkiE :2006/07/05(水) 23:21:08 ID:KW4+i6DP
>>168inoさん
inoさんのこの演奏ファイルの優れた点はまりもんさんが書かれていますので、私は
違った角度から……もし私がこの曲を弾くとしたらどんな点に注意するかというこ
とを書いてみようかと思います。

手持ちの楽譜は現代ギター社刊の「発表会用ぎたー名曲集」です。
それによると、主題の運指(右手)がP指の連続弾弦となっています。
つまり、E弦の開放弦の「レ」とD弦5フレットの「レ」をP指で滑らせて弾く指定
になってます。
これは、重々しい響きを要求している楽譜だと解釈します。

参考例
1.均一に弾いた場合。
2.P指を滑らせてヘビーな響きにして、次の音形を軽く弾き、対比させる。
3.そうすると「バラした弾き方」になってしまうので、Pi 指で重い音を出す。

http://classicalguitar.up.seesaa.net/image/1.mp3

こんな感じになります。私の感性だと2か3が好ましいのですが、このスレ的には
バラさない方が良いようですので、弦の振動を表面板方向にコントロールして深い
響きを出すようにします。3の弾き方になります。


171 :yuujin ◆wIEqTYjkiE :2006/07/05(水) 23:23:10 ID:KW4+i6DP
また、B(中間部)の伴奏音についてですが縦振動・横振動という言葉を使うと抵
抗感がある方がいらっしゃるので、その言葉は控えて述べると

1.軽い感じの出る弾き方(横振動と言いたい)。
2.濃い音で弾いた場合(縦振動と言いたい)。
3.タッチを変えて、拍の表・裏を弾き分けた場合。

http://classicalguitar.up.seesaa.net/image/2.mp3

と3種類の方法が考えられますが、1はちょっと違うように感じます。
2だと音質は良いのですが、3拍子の感じが出ません。
やはり、3になります。この伴奏の上にメロディがのるようにしたいと思います。

そして、実際に弾いてみると

1.伴奏音の表・裏を意識せず均一に弾いた場合、上の2のパターン。
2.表・裏をちゃんと出す。が、全体の響きとのバランスが悪い。
3.P指だけのコントロールだとバランスが悪く、裏拍がきこえなくなってしまうの
  で、全体の響きを聴きながら音量をコントロールする

http://classicalguitar.up.seesaa.net/image/3.mp3

こんな感じになります。
もちろん、そのうえでメロディをレガートに歌うとか、クレッシェンドをどうするとか、
様々な表現がありますが、大きなポイントはこの辺かなと思いました。
楽しそうな曲に感じますので、レパートリーに加えようかなと感じました。
素敵な曲を紹介してくださってありがとうございます。

172 :名無しA:2006/07/06(木) 00:38:44 ID:k3ZGldAk
>>168 inoさん
楽曲分析的なことや演奏する立場からの感想は、まりもんさんとyuujinさんが書かれているので、
私は感覚的な感想を書きます。w
ということで、いやあほんといいですねえ。音が生きてるって感じがします。
1音ずつ、1つのフレーズずつ、ていねいに弾き込んでこそこういう魅力的な音楽になるのだなあと
思います。
・・・って、inoさんの演奏にはいつも同じようなこと書いている気がするなあ。







173 :名無しの笛の踊り:2006/07/06(木) 18:47:46 ID:Re2XJ71K
yuujinさんはいつも教育的なうpをしてくれてますが今回の見本演奏はよかったです。
ソルのエチュードでアウクタクトの具体的な感じがつかめました。
そして、メヌエットの伴奏の仕方がすごく参考になりました。
泊の表と裏という意味が分かってるようでよくわからなかったのですが、すごく
わかりやすかったです。
実際の曲を弾くときはそれだけじゃダメでバランスを作り直すということも新鮮でした。
これからも見本演奏をたくさんうpしてください。
とりあえず、フリアフロリダ楽しみにしてます。
音はとってるのですが、後半がよくわかりません。
甘えてばかりですみませんが、よろしくお願いします。

〜yuujinギター教室の生徒2号〜

174 :ino:2006/07/06(木) 22:15:19 ID:kQIug1cZ
>まりもんさん、yuujinさん、名無しAさん、丁寧なレスを頂き、どうもありがとうございました。いつもとても励みになります。
そして、どうもすみませんでした。ほぼ似たような趣向の曲を続けてうpしてしまい、レスを書く方が大変ではないかと気がつき、しまったなと思っていました。

yuujinさんのレスを興味深く読み、演奏を聴かせていただきました。
yuujinさんの重心の低い、どっしりした音色、演奏の秘密。曲の分析、発想の一端をうかがうことができたと思います。ありがとうございました。

自分の演奏を考えると、ギター自体の低音弦の出音に多少問題があるかもしれません・・・が・・・
ただ、それだけでなく意識の上でも低音パートに対しての関心が低いかもしれません。
少しはマシなギターに持ち替えることにあまり積極的に踏み切れないのは、低音弦のコントロールに自信がないからなのかもしれません・・・・・・orz
・・・といったことを気がつかされました。

175 :名無しの笛の踊り:2006/07/06(木) 22:31:51 ID:kTC+jzp+
inoさんの演奏って全体のバランスが一番いいと思う。
#個人的には音がやや痩せてるかなって感じるけど、まぁ
この辺は好みの問題かな

他の人のは、「細部に目を向けて、全体のまとまりに欠ける」感じ

176 :yuujin ◆wIEqTYjkiE :2006/07/06(木) 23:10:00 ID:zctzgWkw
>>173さん
お役に立てたなら嬉しいです。
しかし、私は先生ではありませんし、導く者でもありません。
自分のできることをうpしてみて、広く先輩、同輩、後輩のみなさんの意見を聞いて
前に進んで行きたいと望んでいるだけです。

でも、それが誰かの役に立ったりしたらとても喜びを感じます。
これからも気が付いたことがありましたら遠慮なく書いてください、お願い致します。
フリアフロリダはまだどなたもうpしていないので、先にうpしていいものかためらっ
ておりましたが、そういうことなら日曜日にでも録音します。
週末はいつも忙しいもので……、少々お待ちください。

177 :yuujin ◆wIEqTYjkiE :2006/07/06(木) 23:20:10 ID:zctzgWkw
>>138五線譜さん

レスが遅くてすみません。
五線譜さんの耳は本当に恐いですね。
すべておっしゃる通りです。

このソルのエチュードですが、最後のフレーズの伴奏音の消音処理、きちんとできてい
ません。それよりも、メロディをクレッシェンドして盛り上げようと試みたのですが、
それも効果的にできず、左指も余裕がなくブサイクになってしまいました。
また、Aとリピート後のA’の演奏が違うのは、あえてゆっくりAndanteで弾こうとして
スタートしたので、心がついていかず変な感じになっているのだと思います。
リピート後は開き直ってテンポコントロールしているのかもしれませんね。

いつも思うことですが、もっときちんと仕上げてからうpしたいものです。
フリアフロリダ(というよりユリアと呼びたい気持ちですが)はきっちり仕上げてうp
したいものです。そうしたら、また、ご感想をお聞かせください。
手厳しい意見をよろしくお願い致します。

178 :名無しの笛の踊り:2006/07/07(金) 08:54:47 ID:jqlo0EaP
今月の課題曲の楽譜を持っていないんですが,
          〜中略〜
していただけるとうれしいななんてことを思いました。

179 :まりもん ◆8QTPQymVKY :2006/07/07(金) 09:26:01 ID:5w7U7ehy
え〜と、ごにょごにょ…です。
http://www.partiture.org/menu.html

180 :名無しの笛の踊り:2006/07/07(金) 09:26:55 ID:8ONOL+Po
>>178
甘い。
そんな高いもんじゃないんだから、
授業料だと思って金出して買いなさい。

全音から出てる
バリオス・マンゴレ ギター作品集 No.3
に載ってます。25曲掲載されてて1500円程ですよ。

181 :名無しの笛の踊り:2006/07/07(金) 09:28:53 ID:8ONOL+Po
>>179
まりもんさん、そういうのは親切とは言わない。

182 :名無しの笛の踊り:2006/07/07(金) 11:11:19 ID:++emKPnw
検索すればいくらでも引っかかるものをこんなとこまできて
教えてクンか。恥を知れよ

183 :178の教えてクンです:2006/07/07(金) 12:37:37 ID:jqlo0EaP
>>179
まりもんさん,ありがとうございます!!。
なんかかえってご迷惑をかけてしまったようですいません。



184 :名無しの笛の踊り:2006/07/07(金) 23:07:45 ID:sLehc2Qw
もらえたものはありがたく頂戴すればよいのでは。
まりもんさんへのお礼としていい演奏をうpしてくだされ。

185 :ボイラー:2006/07/08(土) 18:31:55 ID:Z/sNq2PS
http://www.yonosuke.net/u/6c/6c-4485.mp3

暑くなってきましたね。いかがお過ごしでしょうか。
久々にうpいたします。まだ完成の段階ではありませんが
よろしかったらお聴きください。

186 :名無しの笛の踊り:2006/07/08(土) 19:16:31 ID:2NyjmDZz
涼しくなりました。GJ!!

187 :名無しの笛の踊り:2006/07/08(土) 20:25:56 ID:gx63XmUB
>>144です。
不用意な発言失礼しました。
私としてはこのスレを代表する人たちのつもりで四天王と書いたつもりでした。
うp初体験さんや357番のギター弾きさんなど実力者は他にもいますが、うp
の回数や書き込みの多さから、五線譜さん、yuujinさん、inoさん、まりもん
さんを勝手に超常連だと考えてました。
それに最近は名無しAさんが加わって、四天王プラス1かなとか。
お騒がせしてすいませんでした。
これは個人的な考えですので、気にしないでください。

188 :名無しの笛の踊り:2006/07/08(土) 20:28:40 ID:FvIrE40E
>>185
ぱちぱちぱち!
素敵な演奏ですね。やさしいギターの音色が心の中に響いて、
とても穏やかな気分になりました。
ありがとうございました。

189 :名無しA:2006/07/08(土) 22:53:45 ID:JNp9eqfl
>>185 ボイラーさん
久しぶりにボイラーさんの演奏をうっとりしながら聴かせていただきました。
表現というか歌い口がクラシックのそれとは違っている(変えているのだと思いますけど。)
んですが、それが曲調にあっていて、とてもいい雰囲気だと思いました。
「癒し系」などというと、もしかすると抵抗があるかもしれませんが、初めて聴く曲にもかかわ
らず、体の中にすーっとしみこんでいくような優しい音楽ですね。

190 :yuujin ◆wIEqTYjkiE :2006/07/08(土) 23:42:54 ID:6wHNdfgR
>>185ボイラーさん
うpを重ねるごとにレベルアップなさってますね。
素敵なことだと思います。
最初のメモリーでは調弦が問題でしたが、次のあたなゆえではそれが改善され、
しかも録音状態がぐっと良くなっていて感心しておりました。
そして、追憶では発音に改善が見られ、きれいな音になられていて……
今回は久々のうpですが、フレーズのつなぎ方のぎこちなさがとれて、リズム
が乱れずにずいぶん流れているように感じました。
エフェクトのセンスもいいですし、柔らかな雰囲気がよく出ていると思いました。
また、こうした色の曲を聴かせてください。

191 :きくじろー ◆Dv/bJCdWHQ :2006/07/09(日) 10:45:39 ID:qDcFOvGa
今、Sazanamiのダウンロードサイトを見たらこんなことが書いてありました。

>利用条件・試用期間中の制限など
>未送金の間は一部の音声加工処理の出力が 10 ビットになります。試用期間は 30 日程度にしてください。

試用期間が100日を超えています。ダウンロードし直すべきでしょうか。でしょうね。

192 :yuujin ◆wIEqTYjkiE :2006/07/09(日) 11:19:30 ID:8LJaMZr+
>>191きくじろうさん

sazanamiはフリーソフトの時代を終えて(開発完了)シェアウエアになってしまったということ
でしょうね。
これまで無料で使用させていただいてありがとうございました。
というわけで、私はサウンドエンジンを使ったりすることにしました。
残念ですが、開発者のことを考えると……確か2205円を支払って正規にDLし直すか、それとも無料
のサウンドエンジンその他のソフトに切り替えるか、ということでしょうか。
それとも、値段は少々高いですが、DIGION5とかの優れものを購入するとか……
いずれにしても、sazanamiは最初から「しばらくのあいだフリーのソフトですが、やがてシェアウ
エアになります」と注意書きがありましたからね。

193 :きくじろー ◆Dv/bJCdWHQ :2006/07/09(日) 11:31:42 ID:qDcFOvGa
>yuujinさん
2205円払ってダウンロードし直しました。
これからもsazanamiを使おうと思います。
使い慣れるとこれが一番良いような気がします。

194 :yuujin ◆wIEqTYjkiE :2006/07/09(日) 11:51:19 ID:8LJaMZr+
やはり、有料ソフトですからね。
無料より性能が落ちたら困りますw
sazanamiは使いやすいというか、使い慣れてますからね。
これからも良い音でうpしてください。

195 :yuujin ◆wIEqTYjkiE :2006/07/09(日) 21:54:35 ID:8LJaMZr+
http://classicalguitar.up.seesaa.net/image/Julia20Frorida.mp3

まだ完成しておりませんが、一応の形が整いましたのでうpさせて頂きます。
自分でプレイバックを聴いてみて色々修正したい点は多々ありますが、それは今月の課題
ということで、更に弾きこんでいきたいと思います。
>>173さんのリクエストにお応えできたかどうか……。

誰もうpなさらないので、とりあえず「叩き台」にという意味でのうpですので、その点
をご理解いただいたうえで、至らない点等をびしびし指摘していただければ幸いです。
私自身のためにも遠慮のない意見をお願いいたしますが、次の方がそれをヒントに曲想を
練ったりできるようになればいいですね。
もちろん、私もこの演奏を叩き台にしてもっと素敵な、それこそ美しきJuliaに捧げらる
演奏に仕上げるつもりです。


196 :yuujin ◆wIEqTYjkiE :2006/07/09(日) 22:02:10 ID:8LJaMZr+
http://classicalguitar.up.seesaa.net/image/Julia.mp3

>>195ではアクセスできないようです。こちらでお願い致します。

197 :名無しの笛の踊り:2006/07/09(日) 22:52:21 ID:cJyLvVEH
非常に丁寧だけど、この曲ののどかな雰囲気が感じられない。
細部に気を配りすぎて全体を楽しめないって感じかな。
あと、相変わらず弦がきゅっきゅっと鳴りすぎでしょう。
激しい曲で、たまに聞こえるのは効果的だけど、このような曲で
頻繁に聞こえるのは明らかにマイナス

198 :名無しの笛の踊り:2006/07/09(日) 23:38:04 ID:gMOW2RZk
>>196
ぱちぱちぱち
基本的には、>>197さんと同じ感想です。
硬さが残っていて、バルカローレの
小舟に揺られてゆぅ〜らゆら、の域までは、まだいっていないと思います。
こういうのは、yuujinnさんの苦手なタイプの曲だと感じますが、
いつも通り、これからきっちりと仕上げていくのでしょう。
内省的な情感が持ち味の曲なので、1小節か2小節単位で出てくる反復を
弾き分けることと、柔軟なテンポコントロールで、舟歌の雰囲気を醸し出すことが
必要かなと思いました。
こんなことを生意気に書いている私は、全然弾けていませんが。

199 :五線譜 ◆Pb08VBS0I6 :2006/07/10(月) 00:17:08 ID:2hWZizNK
http://www.k4.dion.ne.jp/~striker/meri_7_9.mp3
http://www.k4.dion.ne.jp/~striker/Marie7_9.mp3
http://www.k4.dion.ne.jp/~striker/MAZ_SOL.mp3



200 :名無しの笛の踊り:2006/07/10(月) 00:57:14 ID:ZwQnUpX9
>>199
ミスが残念だが、ト長調のマズルカはとてもいい。
マリエッタよりも、本来はこちらの方が弾き慣れているのかな。
もう一度、聴かせてほしい。

201 :名無しの笛の踊り:2006/07/10(月) 02:01:24 ID:2bceUzJ4
始めて来たんだけど皆むちゃくちゃ上手いやん、とくに168とか。
ってか、アマチュアなの? プロはもっと上手いのかな、
村治なんかとあまり違いを感じないんだけど、俺の耳が腐ってるのかな。

202 :名無しA:2006/07/10(月) 10:53:00 ID:p67Kmei6
>>195 yuujinさん
たたき台ということで、ご自身でもまだまだ納得の演奏ではないことでしょうが、
全体の印象としては198さんが書かれたようにゆったり揺られる感じがもう少し
欲しいなと思いました。
またフレーズのとらえ方で、2番括弧から2小節と3小節の間にひと呼吸入って
いるように聞こえましたが、ここは一気に行ったほうがいいように思えるのです
がどうでしょうか?。ヘタですけどこんな感じ。
http://acogist.up.seesaa.net/image/juria1.mp3

演奏とは関係ないのですが、擬似ステレオ?とかのエフェクトのせいでヘッド
ホンで聴いていると音の定位がはっきりせず、生ギターの録音ということから
すると少々違和感アリかも。
----------------------------------------------------------------
ところで私はやっと昨日この曲をさらい出したのですが、楽譜の見た目から想像
するよりも、なめらかに弾くのは難しいですね。
いろいろ試行錯誤中です。あまり楽譜の指定にはとらわれないで、例えば冒頭
のメロディーはローポジションで弾いてみたりとかやってます。これもヘタですが
参考までに。
http://acogist.up.seesaa.net/image/juria2.mp3

203 :名無しA:2006/07/10(月) 11:05:56 ID:p67Kmei6
>>199 五線譜さん
以前、『オレと…さんにしかわからない会話になりつつある』というのがありまし
たけど、確かに私にはわからなかったので、演奏するうえでの楽曲のとらえ
方のレベルが違うのでしょうね。
ギター愛好家レベルというか一聴き手の立場からすると、どれもとても立派な
演奏に思いました。

204 :名無しの笛の踊り:2006/07/10(月) 11:08:29 ID:Bne1tc6/
> 199
五線譜さん、さすがですね。
自分も今 "Sonatina Meridional" の "Campo" 練習中で、
音は拾えて運指も決まったのですがなかなか曲らしくならないので
目標にできる演奏を聴かせていただき、非常に参考になりました。
ありがとうございます。
ただ、ちょっと気になったのですが、5小節目、6小節目の音が違って
おりませんでしょうか?




205 :まりもん ◆8QTPQymVKY :2006/07/10(月) 12:23:37 ID:cNa8pzQ1
>>195 yuujinさん
クリスマスの歌もそうでしたが、ポジション移動や左手の拡張が多くて、
なかなか耳に入る程簡単にはいかない曲ですよね。
上手くつながらなくて確認が出来ないのですが、ダカーポの三小節前の4フレットセーハ
のアルペジオの音が少し違ったような(ラがソ♯になっていたような…)気がしました。
16小節目を飛ばしてしまったのは単なる弾き間違いですよね?
私の勘違いでしたら申し訳ありません、聴けるようになったら確認してみますね。

録音のことはよく分からないのですが(名無しAさんの違和感は私も分かる気がします)、
最近のyuujinさんの音は以前より音の密度が高く感じられます。
何か変えられた点でもあるのでしょうか?

206 :名無しの笛の踊り:2006/07/10(月) 13:04:14 ID:Yo37wvYN
皆さんうまいですが、歌的な表現をもっとつけるといいかな

207 :名無しの笛の踊り:2006/07/10(月) 15:34:36 ID:HzOFL5Fy
>>196
聞かせていただきましたが、音楽の流れをあまり感じませんでした。
8部音符一つ一つ縦割りに弾いているところが多い気がしました。
ダ・カーポの前にアルペジオで和声が移り変わっていくところなども
音楽が変化していく様があまり表現されていないように思います。
yuujinさんの演奏パターンにはこういった感情の揺れを表現しなければいけないタイプの音楽より
前古典などの音楽のほうがよりマッチしている気もします。
「ギターの歌、それは真の歌」みたいな言葉を見かけましたが、
ギターという楽器の特質として、他の楽器に比べグリッサンドやビブラート、
ポルタメント、音色の色彩的な多彩な変化、などが得意ということがあげられると思います。
タレガやリョベート、そしてバリオスなどはまさにこうしたギターの特質を生かさないと
面白くないのではと思います。
上記したギターの得意な表現をアゴーギクやルバート、クレシェンドやデクレシェンドなどと
ミックスさせた形で揺れ動く感情を表現されたらと思います。


208 :オーロラ ◆D/M72YwEko :2006/07/10(月) 19:31:20 ID:dthxXzHF
http://www.yonosuke.net/u/6c/6c-4598.mp3
barcarola(フリア・フロリダ)A・バリオスです。
まだまだの演奏ですが感想、アドバイスなどお願いします。
MD WALKMANに録音しているのですが録音レベルを1.5くらい、マイクとの距離を4メートルくらいにしてみました。
エコーなどはかけていません・・・。前回よりも少しですが良い録音になったように感じています。

yuujinさんのフリア・フロリダですが、全体の構成ができているからでしょうか、
問題点を感じながらも最後まで楽しく聞かせていただきました。
これから音質など細部の練習に入るのだろうと思います。次回のうp楽しみにしています。


209 :ino:2006/07/10(月) 19:48:50 ID:zpahDWrP
196 :yuujin さん
演奏はこれから良くなっていくんだと思います。
名無しAさんも指摘されてましたが、音がちょっと変な感じがしました。
後ろを向いて演奏を聴いている感じというような・・・
マイクの向きでしょうか?
左右の位相が狂っていて音が中央に定位しません。直接音が少ないように感じました。

210 :名無しの笛の踊り:2006/07/10(月) 20:28:53 ID:bm2IKHvU
>>204 指摘ありがとうございます。
ちょっと今日は家に帰れそうにないので、確認はできないんすけど、
思い当たるフシが大有りなので(o....rz)、削除しときます。敬具多謝。
>>203 っつーか、音楽を「文字」で語るのは難しいっすよね。疲れるし。
例えば、ヴィラロボスの練習曲#12の中間部を、どうアーティキュレーション付けていくか?なんて問題だと、
目の前にyuujinさんがいれば、指パッチンしながら、「あぁそこはオレの場合、
ワンツースリーワンツーワンツーワンツーワンツースリー」って唄えば3秒で済むけど、文字化しようと
すると何行も必要だし・・・・・
>>200 2曲とも、ほぼ同じ期間、練習してますが、左手のポジション移動ノイズだけ
でも、これだけの差が出てるのは、両曲の難易度の差じゃなくって、単に好きか
嫌いか、ってオレ個人の事情ですw
yuujin氏に、2週間後!と啖呵を切ってしまったんで、今週末が完結編の
予定なんすけど、目論み通りにいくかどうか。
うpするのをやめとこうと逡巡したんですが、ここで一度うpしとかないと、次のステップに
進むのが猛烈に困難だろうなと・・・・・
ソルにせよ、タレガにせよ、ギター弾きは避けて通るわけにはいかない道だし。


211 :名無しの笛の踊り:2006/07/10(月) 20:30:51 ID:F8REy96+
フリア・フロリダですが、この曲どうもだらだらと流れて、
もひとつ良い曲に思えません。
聴いていても、長くて飽きてくる。
弾き方がどうこういうわけでなくです。


212 :名無しの笛の踊り:2006/07/10(月) 20:33:59 ID:o4rL35Xa
>>211
正解です。

213 :名無しの笛の踊り:2006/07/10(月) 20:42:32 ID:Eaf5lz+x
>>211
そこを飽きないように弾くのがテクニックです。
何がだらだら流れてるのか分からないけど、
我慢のしすぎは良くないす。
それはさておき、何かと場面転換が有って、
工夫のしがいがある曲だと思う。

でも、聞かせるように弾くのは難しい曲だよね。

214 :名無しの笛の踊り:2006/07/10(月) 20:45:01 ID:o4rL35Xa
>>213
いえ、211さんはいくらやっても詰まらない,中身のない曲だとおっしゃってるのでしょう。そして私も同意したのです。
バリオスの中でも特筆すべき曲ではないと思いますが...

215 :名無しの笛の踊り:2006/07/10(月) 20:52:09 ID:IvlKn/Xt
>>211
わかる。
あと、ベニーテス編の運指、これはいろいろ変える余地が多そう。
全音版の2巻と3巻両方持ってるけどもっと良い運指があると思う。
ベニーテスのやりたいこと(細やかな音のニュアンス)は良くわかるけど、
全体を通した音楽の流れを出すのが難しかったり、低音弦のノイズ処理に困ったり、
問題が多い。

216 :名無しA:2006/07/10(月) 21:33:05 ID:A2XA8CJx
>>208 オーロラさん
ひょっとしてそちらはすごい雨なんでしょうか・・・。
最後のハーモニックスのうち付点4分音符の「B」はミスプリントで正しくは「D」だろうと思います。
演奏はしっかりまとめられていると思いましたが、好みの問題になってしまう気もしますけど、
個人的にはもっと柔らかい感じの弾き方で、いやらしくない程度のアゴーギクやテンポルバ
ートをするともっとこの曲が生きてくるような気がします。

217 :ボイラー:2006/07/10(月) 22:52:03 ID:YPJgZkwu
>>186 >>188  名無しA氏 ユウジン氏 他お聴きくださった
方ありがとうございます。
曲目は原公一郎作曲パールブリッジです。
海にかかるライトアップされた美しいつり橋をイメージできたら
成功かなと思いますがもう少し時間が掛かりそうです。
またうpしたときはよろしくお願いします。

218 :名無しの笛の踊り:2006/07/10(月) 23:10:37 ID:YPJgZkwu
>>211 すごくよく解りますよ。
自分で弾いててもどうも間が抜けてて面白くないんですよね。
同じ舟歌でもタンスマンの舟歌のほうがすきですね。
しかしうpする人がどう面白く聴かせるか期待もしています。


219 :yuujin ◆wIEqTYjkiE :2006/07/10(月) 23:41:08 ID:b0rTjLuH
>>208オーロラさん
見事です!!
正確なテクニックですね。
特に左指の押弦、ポジション移動、離弦の際の力の抜き方等、傑出したものを感じさせますね。
右の発音のクリアさは前から感じていましたが、今回は左指の確実な技術に驚かされました。

しかし、それが効果的に音楽表現に反映されていないような気がして残念です。
技術的には大変高いものがあるのですが、みなさんの評判も(私が感じている驚異を感じないの
でしょうか)いまひとつ芳しくないようです。
すみません、マイナスの話をしてしまって。
本来なら、これだけ弾けていたら、それだけでたいへん高い評価を受けそうなのに……などと思
ったものですから。
五線譜さんのセリフみたいですが、実際にこの曲に取り組んで苦労してみてみないとオーロラさ
んの真価がわからないのかもしれないなどと思いました。

これから、一緒に曲想を練りましょう!
(たぶん、オーッラさんもそのつもりですよね)

220 :yuujin ◆wIEqTYjkiE :2006/07/10(月) 23:53:00 ID:b0rTjLuH
>>196のコメントをくださった方々
ありがとうございます。
本当に参考になりました。
1.この曲は「舟歌」ですから、もっとテンポを揺らして弾いた方がよい。
2.和声的な変化を表情豊かにつけるべき。
3.フレーズを大きく取って歌うように。
4.運指を考え直すと良いかも。
5.(私の場合ですが)スクラッチノイズを減らすように。

と、こんなところでしょうか。次回のうpのときには改善させていただきます。
ところで、やっぱり録音が変でした。
ICレコーダーの電池が切れる直前だったようです。
または、マイクコードの接触が悪かったのかもしれません。
ヘッドフォンで聞き直したら、明らかに左右のバランスがおかしかったです。

>>まりもんさん
また楽譜の間違いを教えていただきました。ありがとうございます。
本当に……まったく……いたらないですが、こうして教えていただけて幸いです。
最初はちゃんと押弦しているのですが、拡張している4指が自然とつぼまってしまって隣の
フレットに(7F→6F)移動してしまったようです。
また、16小節はみごとに飛ばしました。

本来は、まだ、録音してうpする段階ではないのでしょうね。
今回はとりあえず誰かがうpして皆でわいわい言い合って方向性が出せればいいと考えたの
ですが、一日待てばオーロラさんがうpなさったのですね。
まぁ、後知恵になりますが。


221 :まりもん ◆8QTPQymVKY :2006/07/11(火) 00:07:14 ID:o8BWwgNA
>>220
なんだか私はいつも人の音の間違いばかり指摘していて、
口うるさい姑みたいでいやだなぁ、と自分で書いていて結構へこみます。orz
お気を悪くされないといいのですが…。
次回のうpも期待してまっています。^^



222 :yuujin ◆wIEqTYjkiE :2006/07/11(火) 00:18:20 ID:ubNcChvR
>>221
まりもんさん、何をおっしゃいます。
心からお礼を申し上げているのです。
思い込みがあると、単純な間違えほど気が付かないものですから、こうした指摘はとても
ありがたいものですよ。
できればミスはしたくないものですが、どうしてもやってしまいます。
そんなとき、教えてくれる人は救いの主だと思います。

話は変わりますが、この春からICレコーダーで録音しているのですが、マイクの距離とか
入力レベルなどを色々変えて試しております。
それと、弦も変えていますが、今回はジョン・ピアーズ(だったかな?)のハイテンション
を張っています。
また、前よりもより一層タッチに注意を向けているようですが、その影響で音の密度が高く
なったのかもしれません。
(あのぅ……いい意味でおっしゃってるのですよね。だとしたら、嬉しいです)

223 :まりもん ◆8QTPQymVKY :2006/07/11(火) 00:34:58 ID:o8BWwgNA
もちろん、「すごい!」という意味です。w
yuujinさんの音は以前から、その伸びやかさと透明感・低音の懐の深さなどの点において傑出しておられる
と感じていたのですが、最近はそれに密度やコクのようなものが加わってこられたように感じます。
弦の影響もあるかもしれませんが、何より高い意識をもって精進され続けている結果なのでしょうね。

フォロー頂き有難うございました。
私のうpの際もビシバシお願いします。w

224 :名無しの笛の踊り:2006/07/11(火) 01:15:04 ID:OR0bVk8r
おいおい、誰も辛口の感想を書いて無いじゃないか。
仲良しごっこもいい加減にしろ。反吐が出る。

良いところをほめて上達するやつばかりだと思うなよ。
短所の辛辣な批評でしか成長しないのもいるんだからな。

225 :名無しの笛の踊り:2006/07/11(火) 01:16:52 ID:OR0bVk8r
あと、感想・評価の文章が長すぎ。
箇条書き3点くらいで、びしっと批評しろ。

226 :名無しの笛の踊り:2006/07/11(火) 01:42:30 ID:KUFd84IW
>>224
だったら激辛辛辣批評してさしあげるからうpしてよ

227 :名無しの笛の踊り:2006/07/11(火) 09:33:03 ID:U9YkMafp
皆さん、フリアフロリダはお手上げ?
難しい曲を選んじゃったなと思ってたけど、
選んだんだし、まだ月半ばにさしかかったあたりで
もう、「この曲は内容が無い」だの「弾いてて飽きる」だの
言うのは見苦しいでしょ。

決して内容が無いとは思わないけど、内容が無い曲を
いかに聞かせるように弾くか、というのが聞かせる演奏をする
トレーニングになるんじゃないかな。ガンガレ!

228 :名無しの笛の踊り:2006/07/11(火) 09:34:59 ID:BCrLClS4
>>224
うpなんてしなくていいから、あなたが考える辛口の感想をびしっと書いたら。
それくらいできるでしょ。







・・・たぶん書かないとおもうけど。


229 :名無しの笛の踊り:2006/07/11(火) 09:53:23 ID:OR0bVk8r
うん、書かないよ。
書くだけ無駄だし。

230 :名無しの笛の踊り:2006/07/11(火) 10:24:16 ID:U9YkMafp
>>229
そのくせ、評価に対する辛口評価はするんだ。
どうせ匿名なんだし、書きたいこと書いたらいいじゃないか。
評価を批判するくらいだから、読んでてストレス溜まったんだろ。
書いたらスッキリするよ。

231 :名無しの笛の踊り:2006/07/11(火) 10:25:04 ID:qgTTU1bL
>>229
3rd・・・か?

232 :名無しの笛の踊り:2006/07/11(火) 10:37:39 ID:ICHMSbVy
罵詈雑言を辛口批評と思ってるようなアホに何言っても無駄

233 :名無しの笛の踊り:2006/07/11(火) 18:06:21 ID:t2v+dCwj
ググレカス、くれくれ君、しろしろ君
2ちゃんの三悪だなw

234 :yuujin ◆wIEqTYjkiE :2006/07/11(火) 20:02:51 ID:ubNcChvR
http://classicalguitar.up.seesaa.net/image/juliaA.mp3

うpがないとコメントも書きようがないですから、うp致します。
>>220でまとめたみなさんのコメントをこの曲にあてはめるとこんな感じになるような
気が致します。
まだ、完成ではありませんので、そこをご理解ください。
弾きこみが足らないと、左指のフォームチェンジの際の最後の音、例えば、123、456
の6の音などがこらえきれていないとか、そうした改善点はございますが、テンポの
揺れ、和声的な色彩の変化、フレーズの表現等はある程度できていると思います。

どうか、辛口のコメントをお願い致します。
また、リバーブ等に慣れている方のために、リバーブ付きの同じ演奏もうpしておきます。
http://classicalguitar.up.seesaa.net/image/juliaB.mp3
演奏は同じものです。

235 :yuujin ◆wIEqTYjkiE :2006/07/11(火) 20:06:22 ID:ubNcChvR
書き忘れましたが、ファイルが開きにくい場合は、
コピペをしてアドレスに貼り付けるとすぐに開きます。

236 :名無しの笛の踊り:2006/07/11(火) 20:25:29 ID:U9YkMafp
>>234
パチパチパチ
辛口希望ということなので、激辛でどうぞ。

テンポは無理に揺らすことは無いです。
単に間が空いてるだけのように聞こえる所が多々あります。
歌ってたら自然とテンポが揺れてた、でないと不自然な感じがします。
全体の構成をもっと考えて表現をつけた方が良いと思います。
でないとダラダラ感は拭えません。

yuujinさんの良い点は、何度書いても同じになりますから割愛させていただきます。

237 :名無しの笛の踊り:2006/07/11(火) 20:31:14 ID:ICHMSbVy
聴いててまことに面白くない。
杓子定規というか教科書的というか色気がないというか。
音は大体拾ってるし、基本的な発声も悪くないと思うんだけど。
とにかく冗長に感じるなぁ。

238 :237:2006/07/11(火) 20:34:45 ID:ICHMSbVy
yuujin氏のいいところが、まったく生かされてないと思う。
細部を無視(っていうと語弊があるけど)してさぁ、一回心のままに
yuujin氏の「うた」を聴かせてよ!
なんかとってつけたような演奏だもんこれ。

239 :207:2006/07/11(火) 21:55:03 ID:aQ8F+fAx
207で書いた者です。辛口批評が続きましたね。
私は前回と比べずっと良くなったと思います。
中間部最後のアルペジオに入る間が不自然だったりいくつか気になるところはありますが。
これからは例えばこの曲をルービンシュタインがピアノで弾いたらどうなるか想像するとか、
オーケストレーションを考えてみるとか、自分の録音にあわせて指揮をしてみるとか
(もちろんyuujinさんのことですからやってらっしゃるとは思いますが)、
もっとイメージが強力に聴き手に感じられるよう更なる挑戦をお願いしたいです。
音色の変化にしてもただ変えた、というのではなく、どうしてもこの音で弾きたい、
という欲求やイメージが伝わるとよいと思いました。

240 :タコフネ:2006/07/11(火) 22:12:27 ID:AmHG+LOZ
yuujinさんの演奏はぐっと良くなったように思います。
流暢な感じがでて滑らかさが増したと思います。
よりロマンチックな感じが出てきたんじゃないでしょうか。
冗長に感じるのは6/8拍子の舟歌である以上仕方の無い
ことなんじゃないでしょうか。実は非常に難しい曲で
演奏するだけでも大変な曲です。特に後半は飽きさせず
に聴かせるのは至難の業だと思いますが。
しかしユウジンさんやオーロラさんがより高い水準を求められる
のは仕方ないというか当然のことだとおもいます。
二人とも技術的に巧くてあたりまえであるわけですから。

241 :207:2006/07/11(火) 22:44:19 ID:aQ8F+fAx
今ふと思ったのですが、この6/8拍子、一拍めから4拍めにかけて軽くクレシェンドしたらどうでしょう?
舟歌のノリが出てくるのではと思うのですが。

242 :yuujin ◆wIEqTYjkiE :2006/07/11(火) 23:41:09 ID:ubNcChvR
>>241(207)
表現(クレッシェンド)の種類はいろいろあると思いますが、私は基本的には、
「4拍から始まり5,6とクレッシェンドして次の小節の1拍目に向かう」
というのが、この舟歌の強弱のつけ方(基本的に)だと理解しております。

そのうえで、2拍から始まり3、4拍を膨らませるという表現をまぜると良いかと思います。
これは例えば最後のアルペジオの2番目と4番目に適用されます。
また、2、3拍を膨らませて、4拍で解決というパターンは40、41小節などに
用いると効果的だと考えています。

こうした『変化』とか『構成感の問題』『のり』等は次のファイルで試みる予定です。
話が先で申し訳ありませんでした。
詳しくは具体的に演奏ファイルをうpしてから述べることにします。
他の方のうpの都合もありますので、しばらくうpは控えることに致します。

それは別と致しまして、具体的な提案をしてくださいまして、感謝致します。
こうしたアイデアがプレイヤーの参考になれば嬉しいですね。


243 :207:2006/07/12(水) 00:19:28 ID:gg1lySNc
>>242
私が書いたのは低音と伴奏が1拍目から4拍目まであり、ここを軽くクレシェンドすると
波に乗ったような感じが出るのでは、ということです。
メロディは当然フレーズの膨らませ具合に合わせてクレシェンドしたりデクレシェンドしたり
が自然だと思います。
この曲の場合、例えば冒頭2、3小節は4・5・6拍とデクレシェンド、
次の4小節目は4拍目から次の小節の1拍目にかけて軽くクレシェンド、
9小節目も4拍目からもう少し大きなクレシェンド、10小節目は全体にデクレシェンド、
などです。
ショパンやフォーレ、メンデルスゾーンなどピアノによる舟歌の演奏を聴いてもこういったノリでの
たゆとう様な演奏が多いと思います。

ですから
>私は基本的には、 「4拍から始まり5,6とクレッシェンドして次の小節の1拍目に向かう」
というのが、この舟歌の強弱のつけ方(基本的に)だと理解しております。

というご意見とは違う考えを持っています。


244 :オケラ:2006/07/12(水) 00:40:04 ID:tz/GPFt5
とりあえず、序盤に繰り返される
ずちゃちゃちゃーーん
という伴奏のリズムに気を付けてください。
伴奏は4拍目にもたれかかるように。
メロディーに流されず、淡々と。
20小節目で一度解決するまで意識してみてください。
後半に入って、すぐの35〜36小節目が後半一つ目の山です。
抑鬱から解き放たれたような解放感が感じられる部分だと思います。
次第に興奮が冷めていき、40小節目から長いメランコリックな部分、
後半二つ目の山は48〜49小節目で、これは一つ目の山と対照的に、
内に篭ったものが込み上げるような叫び。
次の2小節は慰めるように、または呟き。
そんな感じの構成でどうでしょう。

前にこんな感じで練習してたんだけど、指使いもすっかり忘れてる。
今はちと余計な練習してる暇が無いんで演奏は失礼させていただきます。
17日は大倉山記念館ホールで、いつもより気合いの入った演奏会、
8月6日には、つくし野センターホール(田園都市線つくし野駅前)14時開演
でアコースチック・カーニバルという、エレキ以外のギターなら何でも有り
なコンサートで弾かせていただくことになってます。

245 :オケラ:2006/07/12(水) 00:45:13 ID:tz/GPFt5
>>243
おっと、楽譜を見ながら書いてたら、ちとかぶってしまったかな。
僕はクレッシェンドというより、音価の関係で4拍目に自然と軽くアクセントが付く感じて弾いてました。

246 :207:2006/07/12(水) 00:45:55 ID:gg1lySNc
>>244
オケラさん、それ、それですよ!
詩的ですばらしいイメージですね。
オケラさんは詩人だなー。

247 :名無しの笛の踊り:2006/07/12(水) 01:04:37 ID:WewTQYTi
>>234
パチパチパチ
前の方が好きですね。
どうもテンポについていこうとして必死な印象を受けました。

…改めて聞くと違いました。
たまに入ってる「間」のせいで、
普通に弾いてるところが急いで聞こえたようです。

また、前半の初めは抑揚のつけどころだと思います。
ささやきかけるように弾いてほしいところです。

248 :名無しの笛の踊り:2006/07/12(水) 07:04:26 ID:M+Or7lla
>>242
この考え、たぶん間違い。
>>243-244
とてもよくわかります。皆が違和感感じる原因はこの辺かな。

yuujinさんの演奏にはいつもマニュアル主義的な考え方を強く感じます。いい悪いではないです。
うまくいけば良い演奏になるし読者に良い影響がありますね。
でも今回のような場合、影響力があると思っている人も多いこのスレで、
(あなたの目指すギターの理想、または求める啓蒙のためこれだけのカキコやうp、努力されていらっしゃるのでしょうね)、
音楽の基礎から離れたアブノーマルかもしれない表現法(242)を書いたらこのスレの住人のために
積極的な良い影響は与えにくいでしょう。





249 :yuujin ◆wIEqTYjkiE :2006/07/12(水) 09:21:32 ID:AnR1mzsE
アブノーマルと言われると……困ってしまいますね。
まぁ、下手(不自然)に聴こえるのだったら、そうなのかもしれませんが。
演奏ファイルをうpするまえに書くのは抵抗があるのですが、一応述べておきます。
こうした6拍子の曲(舟歌)の弾き方として

1.まず、@23C56と大きく2つの核を感じる。
2.そして小節線で区切られた@拍目に強拍が来る。

ということに関しては広く一般で言われていることなのでみなさん納得していること
としてよろしいですよね?ここを否定されてしまうと話が成立しなくなります。
それを私なりのイメージで語ると、
ゴンドラ(ヴェニスなどの運河で使われている小船)は長い棹で船に推進力を与えますが、

『Cで棹を河底にあて、力をいれ、5、6で動き、次の@でスピードにのって、2,3
 とすぃ〜と進み、また、Cで棹をあて……』

という感じで船は動いてゆくと思います。
ですから、@が(船には)一番力が加わっているし、2・3は自然に進む(のり)が感
じられ、Cは切り替えしになるのでそれほど力は感じられない(船頭さんには力が必要)
で、5・6が少しスピードが落ちているところから加速する感じになると思います。

という捉え方をしているということなのです。
これは>>242の発言の解説です。
それに対するコメントに反論しているわけではありません。207さん、オケラさん他の皆
さんのコメントは非常にありがたいし、理解できます。
こうしたレスが「フリアフロリダ」の練習をしている方の刺激になったり、参考になった
りしたら嬉しいですね。

250 :五線譜 ◆Pb08VBS0I6 :2006/07/12(水) 10:12:00 ID:EZBJ295n
>>yuujin氏
オケラさんに100%同意です。
最初の一小節目で「船に乗って揺れてる感じ」を出すためには、
「ファ#→ソ」をつなげるのは必須。
加えて、このムーブメント(動作を彷彿する伴奏表現)を保ったまま、
メロディーを唄わせるしかないっす。
伴奏屋(ハープとかピアノ)と、旋律屋(歌手とかヴァイオリニスト)の
Duoに聴こえるようにするには、伴奏部と旋律部と、個別に練習するのが
一番手っ取り早いっすね。オレ的には。
旋律屋は葉加瀬太郎でお願いしますw

(左手のノイズの問題は、長期的な問題ですので、別枠で考え、気にせずに、
 この曲に取り組まれると良いと思います。)

>>オーロラ氏
相当弾き込んだ努力の跡(成果が出てます。うpおめでとう。
もし、さらに上を目指すならば、楽譜のどこがメロディーで、どこが旋律なのか、
色鉛筆等で明確に区分すると良いかと。
それをやると、伴奏部とメロディーの「弾き分け」ができるし、
抽出したメロディー部を自分の歌声で歌いこめば、表現的にも違う世界が見えてくると
思われます。特にアーティキュレーションとか、音色の変化とか、そういう面で。

全体的にリズムが「前のめり」になって、前方向に転んでる感じがするという点を
付記しておきます。


251 :五線譜 ◆Pb08VBS0I6 :2006/07/12(水) 10:18:17 ID:EZBJ295n
>>yuujin氏
あ、ごめん、オレはまだ>>234の演奏を聴いてないっす。
>>196に対するコメントね。


252 :オケラ:2006/07/12(水) 10:33:16 ID:UbHURuT/
>>249
この曲は、伴奏が牧歌的な印象を作り出しているんですよ。
メロディーはそれに乗って歌い上げるだけ。
そこが他の方との考え方の違いじゃない?

伴奏もメロディーに合わせて表情を変えながら、
しかし冷静にリズムは崩さずに弾く。
単なる牧歌的なだけの曲かと思うと、後半の表現で戸惑うことになる。
そうゆー曲ですよね。

253 :オケラ:2006/07/12(水) 10:36:10 ID:UbHURuT/
>>252
いやごめん、牧歌的というか、舟歌的ね。
ちょっと似てる?

254 :オーロラ ◆D/M72YwEko :2006/07/12(水) 12:24:53 ID:qCJ9qRfR
名無しさん、Ayuujinさん、五線譜さん、コメント 聞いて頂いた皆さんありがとうございます。
録音して、うpして、多くの方のコメントを読んで反省、反省・・・。うP後からメロディー、伴奏、ベースの音質を弾きわけることと、舟歌らしいリズムを作る練習をしています。
今月中にある程度仕上げられればと思ってます.
名無しAさん、雨の件ですが、家のヨコが道路になっていましてその音がどうしても入ってしまうのです。次回は録音場所を考えてみます。
名無しAさんの舟歌よい感じになりそうですね。うP楽しみにしています。

255 :五線譜 ◆Pb08VBS0I6 :2006/07/12(水) 13:01:20 ID:HuTyxta2
>>yuujin氏
今日は幸運にも、仕事場に私以外、誰もいない時間帯に恵まれたんで、
>>234を聴かせていただきました。
練習も進み、色々変化が出てきてますね。
247氏と同様、私にも、どこが段落で、どこがフレーズの間なのか、それを
どう処理すれば・・・って点が気になったんすけど、ご自分で聴いてどないだしょ?

2小節目、1弦の「シ」にアクセントが付いちゃってます。
ここの「ラシラ」は、「ずちゃちゃちゃーーん」(オケラ氏制定、以後デフォルトw)の響きの
中で処理されるべきで、強調されるべきじゃないっす。
同様に、4小節5拍目の「シ」(2弦の解放)。7小節5拍目の「ミ」(1弦の解放)。
ギターだと鳴り過ぎてしまう音なので、要注意。

15小節目からは、盛り上がる部分なんで、和音も厚くなってますが、その厚み
をはっきりさせるためにも、聴こえにくい内声を明瞭化させるためにも、
アルペッジョでずらす必要アリです。

19小節目は、18小節目の「エコー」(こだま)ですから、18と19小節の間に「間」を
作るのは、見栄えがよくないっす。

曲中、数回、トリラーが登場しますが、バロック時代のモルデントになってます。
スピーディーにトリルを極めて欲しいっす。

あと・・・・・もう一つ・・・・・・・・・これはとても難しいんですが、3小節目冒頭のグリッサンド。
このグリッサンドのスピード。ここが命。


256 :yuujin ◆wIEqTYjkiE :2006/07/12(水) 13:26:29 ID:AnR1mzsE
>>255五線譜さん
おっしゃる通りです。
ほとんど同じ感想ですが、まぁ、少々遠慮なさっているのだと思います。
私の感想は、もっと厳しいようです。
問題は、意識(曲想)と具体的な指の運動(演奏)の解決なのですが、なるべく指の都合に
合わせずに解決してゆこつと努力しております。
その練習が進んでいけば、「フレーズの間」と段落の相違なども自然になってゆくものと想像
しております。

トリルの処理は難しいですね。流れの中で前打音的にするのか後打音のようにするべきか、
そのためにはアクセントをどうコントロールすればいいかなどと……これは最後のテーマにな
るような気が致します。また、

>グリッサンドのスピード。ここが命。
ここなんですが、やはりグリッサンドをカットしようかなどと考えております。
バリオスの意図は「柔らかなふくらみ」を出そうとしたのではないかと考えております。
鉄弦のギターで弾いていたのですから、現代のギター(及び奏法)よりも「ふくらみ」を表現
しにくかったために「この音形」を使ったのではないかと想像しています。
それならば、グリッサンドをせずとも柔らかくふくらみのある音で弾けばバリオスの意図を実現
出来るのではないかと考えております。

また、私の現在の欠点であるスクラッチノイズを解決しないと、うかつなグリッサンドは作曲者
の意図とは逆にギスギスした感じになってしまいそうですし……
グリッサンドをしないというのは私の個人的な問題ということで、一般論ではありません。
とりあえず、その方向で『音楽』を作ってみようと思います。

丁寧なコメントありがとうございました。

257 :名無しの笛の踊り:2006/07/12(水) 14:31:17 ID:MnA4Jh3Q
手元にあるD. Russellの古いCDを聴くと、
3小節目とそれの同じフレーズはグリッサンドなしで処理してる。

版によって違う?

258 :五線譜 ◆Pb08VBS0I6 :2006/07/12(水) 15:16:17 ID:HuTyxta2
>>256
「遠慮」というか、弾きこむのは、まだこれからでしょ?
これからどんどん色々変わっていくだろうし、一度にたくさん書いても、ね。
っつーか、この曲、アマチュア演奏会でも人気曲ですが、深いっすね。
色々ある。奏者の総合力が試される曲っすね。

学生時代、ちょっと練習したんですが、あまりに難しいので瞬時に挫折した記憶が
ありますんで、再挑戦してみようかと。

クドいけど、私の場合は、骨格部の構築からスタートっすね。
ピアノで言えば、まず左手の練習。
左手で伴奏を弾きながら、旋律部を唄う。
この段階で、左手伴奏部は暗譜しておく。


259 :五線譜 ◆Pb08VBS0I6 :2006/07/12(水) 15:36:48 ID:HuTyxta2
>>257
グリッサンド削除も選択肢の一つだと思います。
あるいは、冒頭は削除して、2度目からは楽譜通りにやる、とか。
バリオスの原典に関しては無知なんですが、ヘタしたら、ちゃんとした楽譜
じゃなくって、周辺関係者の耳コピー譜だけって可能性もあったりして???

260 :207:2006/07/12(水) 16:10:52 ID:RRbfRpAJ
>>249
>こうした6拍子の曲(舟歌)の弾き方として
1.まず、@23C56と大きく2つの核を感じる。
2.そして小節線で区切られた@拍目に強拍が来る。

これは当然正しいと思います。でも次の、

>それを私なりのイメージで語ると、
ゴンドラ(ヴェニスなどの運河で使われている小船)は長い棹で船に推進力を与えますが、
『Cで棹を河底にあて、力をいれ、5、6で動き、次の@でスピードにのって、2,3
 とすぃ〜と進み、また、Cで棹をあて……』
という感じで船は動いてゆくと思います。
ですから、@が(船には)一番力が加わっているし、2・3は自然に進む(のり)が感
じられ、Cは切り替えしになるのでそれほど力は感じられない(船頭さんには力が必要)
で、5・6が少しスピードが落ちているところから加速する感じになると思います。
という捉え方をしているということなのです。

という捉え方が乗って弾けない原因かもしれませんね。

1拍目は指揮法でも打点が一番低い位置にきます。だから低い低音がくることが多いです。
4拍目は打点がもっと高い位置にきます。
だから演奏する場合でも1拍目を深い位置でリズムを感じて、
4拍目ではやや高い位置で感じる必要があると思います。5、6拍目は波紋の広がりをあらわしているのでしょう。
Cで棹を川底に当ててはいけないのだと思います。
@で棹を川底に当て、動きはじめた小船にCで波が当たり、5、6拍はその波紋が広がる(余韻、余波)、
というビジョンで一度練習なさると良いかもしれませんね。



261 :207:2006/07/12(水) 16:22:21 ID:RRbfRpAJ
だからオケラさんの
「ずちゃちゃちゃーーん」
なわけです。でも「ー」が一つ多すぎ。

262 :名無しの笛の踊り:2006/07/12(水) 16:46:40 ID:wpoi3DTL
>>260
う〜ん、あなたの言いたいこともわかるけど
それは現象として現れたものを言ってますよね。
俺でもよくわかる話しだし、もっともだと思うもの。
たぶん、yuujin氏もわかってるんじゃないかな。
yuujin氏が言ってるのは船の動きのことじゃなくて、船頭さんのことだと思いました。
演奏者の意識の持ち方を言ってるように俺は読みました。
そして、結果は207氏と同じことを語ってるように思いました。
ノリに関しては別の理由でしょう。

俺としては表面的な話よりも具体的な話をききたいです。
yuujin氏と五線譜氏のやりとりをもっと続けて欲しいですね。

263 :名無しA:2006/07/12(水) 17:51:07 ID:ihaGONSs
今月の課題曲バリオスのフリア・フロリダです。
http://acogist.up.seesaa.net/image/0712juria.mp3

書いてしまった手前、冒頭メロディーをローポジションで弾いたり、曲中のハーモニックスを実音にし
たり楽譜の指定とはいくぶん違う弾き方をしたのですが、楽譜どおり(ベニーテス編)のほうがいいの
かどうかまだ決めかねています。
この曲の拍子のとらえ方に関しては、207さんを初めとして有益な意見が出ているところなんですが、
いろいろ弾いてはみたものの、みなさんの意見を取り入れて弾けるようになるにはまだ先のようです。
(正直なところ難しくて理解できないんですが・・・。)
ということで、甘口から激辛まで何でも結構ですので感想、アドバイスなどよろしくお願いします。

264 :五線譜 ◆Pb08VBS0I6 :2006/07/12(水) 18:49:47 ID:HuTyxta2
>>263
ぱちぱちぱちぱち。うまいっすよ。
相当色んな曲を聴いて、色んな曲を弾いて、経験値高いし、センス良いし。
自分自身の録音を、自分で聴いてみて、どぉ?
脳内と、実際の出来栄えと、ギャップありますか?

・・・・・・たとえば、もうちょっと憂鬱に弾いたほうが良かったなとか、
もうちょっとタメを作って、見得を切っておけば良かったなとか・・・・・・

どこがどう、なんて具体的には書きませんが、例えば、伴奏屋と旋律屋が同時に
「じゃーーーーん」と音を鳴らして、その音がコンサートホール一杯に広がって、
そこまでタメを作って、そのあと二人は見つめあって、呼吸を合わせて、
「せぇーーーーーーーーの」で、次に行く、みたいな。



265 :207:2006/07/12(水) 19:03:25 ID:yHMSBLGg
>>263
パチパチパチパチ!
伴奏にメロディがよく乗っていいですねー。
舟歌の基本的なとこを押さえているよい演奏だと思います。
録音もリバーブがいい感じでこの曲には合っていると思いました。
うPありがとうございました。

266 :名無しの笛の踊り:2006/07/12(水) 19:15:08 ID:2gbJypyw
いいですね。
この軽い感じがこの曲のキモだと思います。
欲を言えばやさしさがほしいところですが、そこまでは言っちゃいけないかな?
207氏もこれなら納得するでしょう。
yuujin氏も続けてうpしてほしいですね。

267 :聴講生B:2006/07/12(水) 19:17:48 ID:2gbJypyw
あら、誉めてましたね。
かぶっちゃいましたw
失礼致しました。


268 :アリ:2006/07/12(水) 23:18:35 ID:aFajz2xs
クラギ歴3年ほどのおっさんです。
スレのレベルが高いので躊躇しましたが、おもいきってうpする事にします。
間奏等聞かせてもらえればと思います。

Solのop32no4です。
http://v.isp.2ch.net/up/fbdd7d98b268.mp3

269 :まりもん ◆8QTPQymVKY :2006/07/12(水) 23:28:23 ID:VQ72k0TZ
>>263 名無しAさん
弾き始めてまだ一週間もたたないというのにここまで弾けるとはすばらしいです。
一拍目と四拍目のアクセントが若干きつかったり、
わずかな音程のくるいなど気になる点もありますが、弾きこまれれば自然に解決されることかと思います。
うまく言えないのですが、曲へと踏み込んでいかれる姿勢にinoさんと共通する
何か一途さの様なものが感じられる気がしました。
再うpがあるのかは分かりませんが、次回のうpとても楽しみに待っています。
お疲れ様でした。

270 :名無しの笛の踊り:2006/07/12(水) 23:42:54 ID:yHMSBLGg
>>268
とてもいいですね!
フレージングが自然でよく流れています。
各声部もクリアに聞こえます。
気になった点はグリッサンドがこの時代様式に合っているのか?
ということと、曲の一番最後D7からGに(ドミナントからトニックへ)なるところの
最後のコードの音量が大きすぎかな?という部分です。
いずれにしましても初めてのうP、大成功だと思います。

271 :アリ:2006/07/13(木) 00:12:19 ID:0+U7njmE
>270
ありがとうございます。
時代様式という点は気づきませんでした。
録音して聞いてみると細かいところまで音量のコントロールが、
なかなか思ったように行き届いていないです。。
とても参考に鳴りました。
またうpします

272 ::2006/07/13(木) 03:42:55 ID:GHQ1NRKs
ひさびさにうpします。

http://aploda.com/dl.php?mode=pass&file_id=0000135461.mp3


今日帰ってから名無しAさんの演奏を聴いて急に自分も弾きたくなりました。
自分も弾いてみたいと思わせてくれる演奏ってすごくいいですね。

それからずっと練習していたんですがやっぱりまだまだ弾きこみが甘く肝心なとこでミスしたりしてます…orz
曲がいいだけに本当はもっと弾きこんでからうpしたかったんですが、しっかりとした練習時間が取れるか怪しく間があくと今日せっかく練習したのが結局また振り出しに戻りそうなんでうpすることしました。

時間に余裕があれば再うpするかもしれませんが、そのときはまたお願いします。




273 :237:2006/07/13(木) 05:36:43 ID:USeIUMyM
>>263
ほぼ完璧じゃない?自然な間がすげーよかったよ。
ずっと聴いていたい、そんな感じの演奏。
一点だけ。「えいやぁっ!」っていう感じで力んで出してる音が
ちょっと気になった。アクセントまでいかないんだけど、
気持ちやわらかさを欠いてきこえたかな・・・。

274 :まりもん ◆8QTPQymVKY :2006/07/13(木) 08:56:12 ID:1aUNzdXK
>>272 虹さん
う、うますぎです…。
上手な方が短い時間で弾けるようになるのは分かるのですが、
わずかな間にここまで自然な流れをも出せるのはやはり驚異的です。
自分で弾いていて、この曲の柔らかい雰囲気を出すのは相当難しいなぁ、
とかなりてこずっているのですが虹さんの演奏を参考にさせていただきます。
若干気になった点はほとんど弾きこまれればすぐ解決されそうなので、そうなると書くことが
なくなってしまうのですがw、私の好みとしては冒頭のグリッサンドにもう少し柔らかさがでれば
いいなぁ、と感じました。
何より虹さんのすばらしい演奏を久しぶりに聴けてとても楽しかったです。

357番のギター弾きさんはうpされないのかなぁ?
圧倒的な歌心、密かにとても期待しています。
お忙しかったら申し訳ありません。

275 :yuujin ◆wIEqTYjkiE :2006/07/13(木) 09:07:33 ID:RliTKp7u
>>263名無しAさん
感想はまりもんさんとほぼ同じようになります。
それよりも、最後のアルペジオの「ラ」を実音にするなどのことに驚きました。
そうして、音を変える勇気もさることながら、実際にやってみると結構きつい運指になると
思うのですが、非常にスムーズに弾かれていらっしゃいますね。
そういう風に弾けないから、バリオス(またはベニーテス?)はこの音をハーモニックスに
したのではないかと考えておりました。
何気なく聞き逃してしまうところですが、私にはとても驚異的でした。

加えて言うならば、イントロの後テーマが8小節で作られていますが、これなど2小節単位
で「起承転結」となっているように感じるのですが、名無しAさんはどう思われますか?


276 :yuujin ◆wIEqTYjkiE :2006/07/13(木) 09:12:40 ID:RliTKp7u
>>268アリさん
初うp(?)お疲れさまでした。
ギター歴3年ということよりも、初うpということに驚きを感じます。
録音演奏に慣れていらっしゃるように感じました。
つまり、この演奏ファイルを聴くと、聴く者を意識した(ひとりよがりではない)きちんと
した表現がなされていると感じたからです。
和声の変化、メロディと伴奏の弾き分け、フレーズの構成、微妙なクレッシェンド等、実に
見事にコントロールされていて、非常に明晰な思考を感じることが出来ました。

よろしかったら、これからも色々な演奏をお聞かせください。

277 :yuujin ◆wIEqTYjkiE :2006/07/13(木) 09:22:24 ID:RliTKp7u
>>272虹さん
お久しぶりです。虹節健在でとても嬉しく思います。
1日の練習だろうが、1ヶ月の弾き込み、1年のの弾き込みだろうが私にはどちらでも良いことで
ここにある演奏ファイルがどういうレベルなのかが大切だと思っておりますが、ほぼ要求水準を満
たす仕上げになっていると感じました。
そのうえで、
「え〜!初見から半日でここまで達しちゃうんですか!!」
と感嘆の声をあげてしまいました。

この曲のひとつのスタイルが提示された気がいたします。
まりもんさんではありませんが、この曲に取り組む人の有益な参考例になると思いました。
個人的なことを言えば、最後のアルペジオが5つありますが、リタルダンドをかけるのをもう少し
後半からにして頂けたらほとんど文句なしに思いました。
これは、虹さんの感性との相違かもしれませんが、そこだけが私の好みとは違いました。

素晴らしい演奏をありがとうございました。

278 :yuujin ◆wIEqTYjkiE :2006/07/13(木) 09:36:55 ID:RliTKp7u
>虹さん
書こうかどうしようか迷いましたが……
この半年くらいの間にずいぶん上達したように感じました。
どんな努力をされたのか想像しておりますが、ご自身でテーマをもって精進されて
いたことと思います。
確実に成果が現れていると申し上げます。
以前の演奏と比較すると格段の違いを感じさせてくれます。
細かく書くと他の方から文句を言われそうな気も致しますので控えさせて頂きますが、
とても上達なさっているとだけは言わせてもらいます。

279 :オケラ:2006/07/13(木) 10:05:17 ID:CUxTZ2Zx
>>272
早ぇえなチクショーってな感じです。
さすがに弾き込み不足感はありますが、よく仕上がってますね。
指づかいがややっこしいところが有ったりして、なかなかつっかからないで弾けなかったんだよなこの曲。
僕も弾きたくなっちまったんですが、間近に迫った演奏もろくに練習出来てない。orz

やはりD.C.前のアルベジオ風の部分は、アッチェレ気味に入ってややクレッシェンド、
後半できるだけ堪えてリタルダンドをかけた方が、ダカーポした後落ち着いた感じが出ると思います。
テーマも、所々テンポが走り気味に感じるのが惜しい。

280 :まりもん ◆8QTPQymVKY :2006/07/13(木) 10:40:22 ID:1aUNzdXK
>>268 アリさん
コメントが遅くなって申し訳ありません、演奏を伺ってコメントを書こうとしたら
270さんとほとんど一緒で、しょうがないので(?)寝てしまいました。w
六弦(?)が少しずれているのが惜しいですが、音楽がきれいに流れていて、
その上で一つ一つの音がそこに置かれている理由をしっかり把握されて弾かれているのが伝わってきます。

…結局、270さんとyuujinさんのコメントを合体させただけになってしまいました。orz
うpお疲れ様でした、次回も期待しています。


281 :名無しの笛の踊り:2006/07/13(木) 13:34:08 ID:WqsvWvUQ
名無しA氏と虹氏の演奏を聴くと、この曲ってなかなかいい曲だなあとw。


282 :まりもん ◆8QTPQymVKY :2006/07/13(木) 13:52:03 ID:1aUNzdXK
フリア・フロリダです。
演奏者がなにやら窒息死しそうだったりw、ミスもかなりありますがよかったらお聴きください。
録音の方法はいつも通りなのですが、音が少しキンキンしてしまっています。すみません。

http://www.yonosuke.net/u/6c/6c-4752.mp3

283 :名無しの笛の踊り:2006/07/13(木) 14:26:14 ID:4/gDpUPr
>>282
うpお疲れ様でした。
よく言えば、手堅くまとめているといえるし、悪く言えばつまらない演奏かな。
私は聴くだけだからよくわからないけど、どうやらこの曲は難しいみたいですね。
それを後半のミスは惜しいですが、ここまで弾けたらなかなかなんでしょうね。
虹さんもきれいにまとめてるのですが、いまいちぴんと来なかったし、演奏する
立場の人と聴く立場は感じることが違うのですかね。

>オケラさん
フリアフロリダはどうでもいいですが、週末に演奏会で弾くのならそれをうpして
くださいよ。
人前で弾くからにはうpできるレベルに弾きこんでるんでしょ。
聴きたいなぁ。

284 :名無しの笛の踊り:2006/07/13(木) 16:27:50 ID:r1PHL7aa
>>283
きみはあのブラジル舞曲を知らないのか!
超絶リズムをいっぺん聞いてから発言しる。


285 :オケラ:2006/07/13(木) 16:39:39 ID:CUxTZ2Zx
>>283
ギクッ!
>>284
恥かしい O(-.-;)

ところで最近プロのCDを聴いてて思うんだけど、
ステージの演奏と、スタジオで録音した演奏は違うよね。

まぁあれですよ。ステージは一発芸。
下手に録音して自信喪失したくないから、聴きたい人は聴きに来て。
入場無料だし。(遠方の方はゴメン)

286 :207:2006/07/13(木) 17:05:18 ID:9jlAUUJJ
>>285
私はオケラさんのファンですよ。
演奏からロマンと情熱を感じます。

>>272
息の長いフレージング、曲を大きな単位で見ることのできる余裕のある
テクニック、すばらしいですね。歌い口もとてもよいと思いました。
6拍子の1拍と2拍、4拍と5拍のそれぞれの間をややタメを持つことによって、
大きな「うねり」を感じさせる演奏になっていると思いました。
多くの人の参考になる弾き方ですよね。
D.C.前のアルペジオの解釈はyuujinnさんやオケラさんと同じ意見です。
それと、16小節最後のレの音のアクセントですが、ここは好みの分かれる
ところかもしれません。私はここはデクレッシェンド&rit.して次の小節の
慈愛を感じさせるような和音につなげたほうがよいと思いましたが、
これはこれで個性的な解釈だと思います。
18小節3拍から4拍にかけて内声をレガートにつなげるため4拍目は
セーハを使うのも手かもしれませんね。
ともあれ以前に聞かせていただいた前古典、今回のバリオスと、音楽的
技術的に豊富な経験ととても良いセンスを感じました。
ありがとうございました。



287 :名無しA:2006/07/13(木) 21:24:40 ID:M6h+6hoS
五線譜さん、207さん、聴講生Bさん、まりもんさん、虹さん、237さん、yuujinさん、感想ありがとう
ございます。
五線譜さんのいう「脳内と実際の出来栄え」に関しては残念ながら相当開きがありますね。今でも
ああこういう風にきこえるんだと自分でも驚くことしきりです。(たまには逆もあるんですけど。)
一番気になった(どんな風に弾いていいのか分からなかった)ところは冒頭メロディー部分8小節です。
4拍目をいくぶん長めにとることで舟歌っぽいノリが出るのかなあと思い弾いてみましたが、伴奏部
分に引きずられてまりもんさんのいうように変なアクセントがついてしまいました。
正直いいますといわゆるアナリーゼってあまりやらずにとりあえず弾いてしまうんですけど(汗)、
この部分はなるほどyuujinさんのいうとおり2小節単位で起承転結になっていますね(パラグァイに
起承転結って考え方があるかどうかは別としてw)。実はそこまで考えていなかった(気づかなかった)
のでそう考えるとフレーズの作り方がずいぶんわかりやすくなりますね!。

288 :ino:2006/07/13(木) 23:03:16 ID:VmbxDQEs
名無しAさんの演奏をお聴きして昨日からフリアの練習を始めました。
今月中のうpを目指します。
名無しAさんの演奏には聴く者の想像をかき立てる力が強いように思います。
このことについてはまたいつか書いてみようと思います。


289 :yuujin ◆wIEqTYjkiE :2006/07/13(木) 23:50:03 ID:RliTKp7u
>>282まりもんさん
最近、きっちり課題曲をうpしていらっしゃいますね。
それだけでも相当の労力が必要だと思いますが、そのうえ大聖堂なども弾いたりとか
精力的に練習しているように見受けられます。

フリアフロリダですが、とてもよく弾けていると思います。
細かな表情まで意識なさっているのもわかります。低音の伸びまでコントロールして
いますし、和声の変化もそれなりに……
この演奏は例えば読書に例えると、この楽譜をギターを使って読んでいるような気が
致します。そして、読者はこの物語に心ひかれ、または感動しながら読み進んでいる
のですが、隣でその声を聞いている人にはその読者の感じている世界がよくわからな
いとでもいったような感じがします。

私にはとてもよく通じるのですが、この物語を自分で読んだことがない方には伝わり
にくいのではないかと思うのです。
テンポなどもその一例かと思います。このスピードだと演奏者には味わいがあるので
すが物語を体験していない他人にはもたれて聴こえるような気もします。
文章で説明しても仕方がありませんから例として速いテンポの演奏をあげてみました。
まりもんさんの感性だとどうお感じになられますでしょうか?

http://classicalguitar.up.seesaa.net/image/speedy.mp3

290 :名無しA:2006/07/14(金) 00:07:50 ID:+8USodyu
>>272 虹さん
気になったところは他の方がすでに述べられているとおりですが、そんなことよりもよどみなく音楽
が流れる感じが素晴らしいと思います。フリア・フロリダならこんな風に弾きたいもしくは弾いて欲し
いというのがあるのですがまさしくそういう演奏に感じました。

>>282 まりもんさん
弾くことは十分できているように思うので、もっと魅力的に聴こえるにはと考えると、まりもんさんの
演奏は私にはほぼインテンポの演奏にきこえるのですが、この曲をそれらしく(上手い下手というこ
とではなくて)聴かせるには、フレージングや音色などよりも曲の流れにそった自然なテンポの揺れ
(アゴーギクよりももう少しおおきな単位というか、聴き手が意識できるくらいの)が必要なのではな
いかと感じました。
・・・上手い表現が思い浮かばず、かえってわかりづらくてなってしまってすいません。



291 :タコフネ:2006/07/14(金) 00:18:31 ID:yDw3kXAI
名無しAさん 虹さん マリモンさん
ぱちぱちぱち グレードの高い演奏が続きますね。
Aさんや虹さんは聞かせどころをよく知っていて聴き手をあきさせない
といいますか勘所を押さえているといいますかね
良かったですよ。マリモンさんは技術的には完璧でも
真面目すぎるような印象をうけました。もっと変化をつけても
いいかなとも思うんですが。
まっいずれにいたしましてもグレードの高い演奏でした。
ありがとうございました。


292 :名無しの笛の踊り:2006/07/14(金) 00:23:41 ID:+jBTww8W
>>289
yuujinさんに限って言えば、意図的なリタルダントはかけない方が良いと感じます。
というのも、リタルダントではなくて、間として聞こえるのですが、これが
流れを切ってしまっているように思います。
したがって、テンポではなく、強弱で表現するようにし、ルバートな表現は
練習の積み重ねで自然に身に付くのを待ったらどうでしょう。

293 :207:2006/07/14(金) 00:53:03 ID:fkPTPIip
>>282まりもんさん
とても正確できちんとまとまった演奏に感じました。
あとはやはり音楽のバイブレーション、波といったものがあると演奏が格段に
魅力的なものになるのではと思います。そのためには今までの様々なカキコや
うpが大いに参考になるのではないかと思います。
体で舟歌の揺れを自然に表現できて(といっても演奏を阻害する動きでなく)、
それが演奏に音として表れると聞く人に伝わると思うのですが、その乗り方を
見つけて身につけるのが大変なんですよね。またぜひ聴きたいと思わせてくれる
演奏をどうもありがとうございました。

>>289yuujinさん
もう5回ほど聞かせていただきました。
テンポはこの位の方が確かにいい気がしました。
あとは292さんが書いてらっしゃいますが、リタルダンドやルバート、
フレージングが演奏を聴きながら私が次はこうかな?と期待していると、
それとはどこかが違う間とタイミングで演奏され、こちらの思い入れが通じず
何か肩透かしを食ったような気分になるところが多いです。
勿論いつものようにとてもしっかりと発音されているのでが・・・。
これはきっと私だけの感想ではないと思います。
いずれにしましても精力的なうpどうもありがとうございました。


294 :名無しの笛の踊り:2006/07/14(金) 01:04:06 ID:QFwOpDk3
理論は完璧,テクニックも満点,人格高潔。
これで素晴らしい演奏間違いなし......
と思うのに,出てくる演奏が....あれれ?なんか下手っぽい...
どうしてなんだろう,という場合があるんですよねえ.....
七不思議の一つですが....

295 :アリ:2006/07/14(金) 01:15:01 ID:ImZnB8nl
yuujinnさん、まりもんさん >283さん
ありがとうございました。
また挑戦したいと思います。

296 :名無しの笛の踊り:2006/07/14(金) 11:14:33 ID:IfNI0rtf
>>294
音楽性

297 :名無しの笛の踊り:2006/07/14(金) 13:11:47 ID:mU6uYRhw
>>289
名無しAさんの言う「曲の流れにそった自然なテンポの揺れ」と、
207(293)さんの言う「音楽のバイブレーション、波 」って同じことかなとも思える。
yuujinさんの演奏を聴いての不満ってこれだよなあって思う。

298 :名無しの笛の踊り:2006/07/14(金) 16:52:53 ID:1h167tg0
このレスの流れって○○の波状攻撃?

299 :207:2006/07/14(金) 17:08:09 ID:R1Fm4STG
>>298
もしかしたら私が293で書いた

>これはきっと私だけの感想ではないと思います。

が引き起こしてしまった流れかと思い深く反省しております。
そういった意図で書いたわけでは勿論ありませんが・・・。
申し訳なく思っております。すみませんでした。

300 :名無しの笛の踊り:2006/07/14(金) 17:48:26 ID:SJS0s9gy
まぁ、波状攻撃だろうとなんだろうと各人入り乱れて音楽論を戦わすことは歓迎だな。
たまたま、207氏と意を同じくする人間が同じ頃に同じような感想をもってyuujinさん
に「アドヴァイス」を書いてる可能性もあるし。
ただ、他人を否定するような発言をするのはちょっと頂けないと思う。
フレージングなんて「これが正しい」というものはないものなのに、自分と違う歌い方
をしているから間違えという主張はひっかかる。
ここは『うpスレ』だからそういう主張をしたい人はどんどんうpしてくれればいいと思うわけだ。
yuujinさんもそうやって実際の演奏をうpしてきたわけだし、五線譜さん、名無しAさんも
演奏を通して自分を語ってるから皆さんの支持を得てるんだと思うよ。
俺はそう思う。
そう思うのは私だけじゃないとか、皆さんが感じてるのはそういうことだとか、そんなことは
言わない。俺は俺のことしか語れないからな。意識誘導もしない。
ここはうpスレだから何か言いたいヤツはうpすればいいと俺は言う。

207氏のうpを待つ。

301 :名無しの笛の踊り:2006/07/14(金) 18:11:11 ID:xFOus1iK
禿同!!
ジエン かどうか詮索するよりも演奏うpをしてくれた方が早い。
上手ければ評価するし、これまでの発言もちゃんと認められるでしょう。
207さんは幅広く音楽に詳しく、ギターの魅力的な奏法にもうるさそうだし。
名演を期待してます(皮肉じゃなく、マジです)

302 :207:2006/07/14(金) 18:36:59 ID:R1Fm4STG
今、CD製作の準備に追われていて忙しいんですよ。
舟歌を今月中にうpできるかどうかわかりませんが
とりあえず手元にあった演奏をうpしますね。
曲はバッハの「無伴奏ヴァイオリンソナタ第1番ト短調BWV1001」より
「第3楽章シチリアーナ」と「第4楽章プレスト」です。
自分の編曲でオリジナルのト短調で弾いています。
もうかれこれ10年位前のライブ録音です。

「シチリアーナ」
http://www.yonosuke.net/u/6c/6c-4837.mp3

「プレスト」
http://www.yonosuke.net/u/6c/6c-4840.mp3

よろしくお願いいたします。


303 :サンダーギタリスト:2006/07/14(金) 18:43:52 ID:6jMpmx4x
>yuujinさん
まりもんさんじゃないのにすみません。
>>289の演奏聴かせてもらいました。私にはすごくよく聴こえました。
自然な感じで素敵な歌に聴こえました。

>>302
うわぁ、207さんてプロだったんだ!!
これから聴かせていただきます。このスレにまた強力なレジュラー(?)が加わって
くれて嬉しいです。

304 :まりもん ◆8QTPQymVKY :2006/07/14(金) 20:12:30 ID:3Si9r0cu
>>302 207さん
いやぁ、すごいですね。
考えてみれば、このスレにはプロの方・もしくはプロを目指している方なども
多く見ておられる可能性があるわけですよね(207さんのお立場は分かりませんが…)。
そんなことを考えるとうpもコメントもしてられないので脳内消去していますがw、
幅広い実力の方がおられる中でどうしたら一人でも多くの方にとって快適なスレになるのでしょうね。
コメントを書き始めた時期からずっと考えていますが、何かと実力不足の私にはいまだに答えが見えません。w
感想とはかけ離れていますが207さんの演奏を伺って、改めてそんなことを思いました。
よかったらHNでも付けられて今後もうp・コメント等を通じてご指導ください。

305 :まりもん ◆8QTPQymVKY :2006/07/14(金) 20:58:18 ID:3Si9r0cu
フリア・フロリダを聴いてくださり、また多くのコメントを下さり有難うございます。
どうすれば良くなるのか自分で見えないことが多いのですが、
詳しいコメントやうpをして頂き、それを自分なりに考え理解しようとする中で
前への進み方が少し見えてきた気がします。
練習をする中で、それが私の勘違いではないのか確かめながら弾きこんで行きたいと思っています。
有難うございました。

306 :名無しA:2006/07/14(金) 21:18:26 ID:+8USodyu
流れがちょっと変な方向に行きかけてましたけど、207さんが見事な演奏をうpしてくださって、
もやもやが晴れて一変したように思います。
とてつもなく上手なのはもちろんですが、上品でそしてとても誠実な演奏をされる方なんですね。
どなたかは存じませんが、これからもさりげなく感想などいただけるととてもありがたいです。
詳しい人は207さんの演奏を聴いて多分あの人かなあなんて想像しているかもしれませんが、
あえて分からないほうがいいような気もします。

307 :名無しの笛の踊り:2006/07/14(金) 22:00:49 ID:z9chSEmJ
クラシックギター総合スレ part27の方で書いた者ですが、
http://music4.2ch.net/test/read.cgi/classical/1148217113/622
音を録音してうpしてみたので、うp専用のこちらの方に書き込みをさせて頂きます。

どんなに気をつけて弾いても、プロの方や上級者の方が弾く音と比べると、
弦だけが鳴っている感じで、とてもチープな音になってしまいます。
使用ギターは、星野良充の60号、弦はプロアルテのノーマル、
録音環境はサウンドボード付属のマイクに、KRISTAL録音→午後のこーだエンコードです。

通常録音:http://www.yonosuke.net/u/6c/6c-4860.mp3
通常録音+ソフトウェアリバーブ:http://www.yonosuke.net/u/6c/6c-4862.mp3

308 :タコフネ:2006/07/14(金) 22:45:55 ID:yDw3kXAI
207氏がはじめから相当な実力者であることは解っておりましたが
ここまでの実力者であったとは。
ギターの音色が現代ギターよりも軽いおとがしますのでもしかしたら
少し小さめのギターか19世紀ギターでしょうかね。
ソフトタッチの実にいい音ですよ。癒される音ですね。
喉の渇きが潤される演奏ですね。興奮しましたよ。
またうpお願いしますね。タマゲマシタ。

309 :yuujin ◆wIEqTYjkiE :2006/07/14(金) 23:44:07 ID:Axjg2NEG
>>302さん
素晴らしい演奏に感じました。
しかもご自身で編曲なさったとは……。
ライブでの演奏ということですが、プレストの音色の美しさには驚きを覚えました。
わずかなコントロールミスがあるだけで、ほとんどよどみなく弾き切る技術もさることながら、
私の聴いた限りではこれほどレガートな発音でバッハのプレストを演奏したギタリストはほとん
どなかったように思います。
レガートといっても、弱弱しいと言う意味ではなく、まろやかで、それでいて大きな響きを持つ
音色という意味です。

いつか、このような音色で鮮やかにギターが弾けるようになりたいと願って努力しておりますが、
ひとつの理想を提示されたような気が致します。
ありがとうございました。
蛇足ですが、ぜひ>>307氏になにかアドヴァイスをお願いできたら嬉しいです。

310 :タコフネ:2006/07/15(土) 00:18:34 ID:jG+f3YpC
ところで207さんCD完成したらこのスレで宣伝してくださいヨ
私買います。だれだか解っちゃうからだめかな。ご本人のさしつかえ
さえなければね。また一つ楽しみが増えました。めでたし。

311 :207改めニレナ:2006/07/15(土) 01:06:03 ID://qSRgjh
まりもんさん、名無しAさん、タコフネさん、yuujinさん

聞いて頂きましてありがとうございました。
そして皆さんの暖かいコメントに感謝しています。

まりもんさん、304のご発言、よく理解できます。
不特定多数のこういった場での発言はより注意していきたいと思います。
HNですが207をもじって「ニレナ」というのはいかがでしょうか?

名無しAさん、こちらこそ皆さんの方で問題がないようでしたらたまに
カキコさせていただきます。

タコフネさん、すばらしい耳の持ち主ですね。
このリサイタルの時の楽器は30年ちょっと前の現代のギターですが、
トーレスとかあのあたりの傾向を持った楽器です。弦の選択や、タッチ、爪
などを工夫してタコフネさんがおっしゃった方向のサウンドを目指して
いました。編曲の方もそのようなサウンドになるようちょっとしたトリック
を使っています。
CDですか?そうですね、来年発売になると思うのですが・・・、
まあできるだけばれないように宣伝???いたします。
そのときはよろしくお願いいたします。

yuujinさん、発音を誉めてくださってありがとうございます。
ギターはとても難しい楽器だといつも痛感しています。
でも、うまく響いたときの感動ってやっぱり大きなものがありますから
続いているのだと思います。常により楽に思った通りに弾けるよう
試行錯誤の毎日です。


312 :ニレナ:2006/07/15(土) 01:17:35 ID://qSRgjh
>>307
ここに書かれた情報だけではお答えするのが難しいです。
まずは次のいくつかの質問にお答えいただければ考える余地が出てきます。
@楽器の表面版は松か杉か?
A製作年はいつか?
Bその同じ楽器でプロや上級者が弾くのとご自身で弾かれる音に差があるのか?
とりあえず以上の情報をください。

313 :まりもん ◆8QTPQymVKY :2006/07/15(土) 01:47:11 ID:RLdvr52b
>>311 二レナさん
どことなく謎めいた雰囲気のHNで素敵ですね。
ギターはロマニリョス…かな?こういうことを書くとまず間違いなく外しますが…。w
今後もコメントいただけるようで安心しました、CD期待して待っています。

314 :名無しの笛の踊り:2006/07/15(土) 07:38:20 ID:baSBopSl
変な奴等、もうひとつの板にお逝きになったみたい。
めでたし。

315 :yuujin ◆wIEqTYjkiE :2006/07/15(土) 08:39:28 ID:5oOEiOA6
>>313まりもんさん

>ギターはロマニリョス…かな?こういうことを書くとまず間違いなく外しますが…。w

そんなことを言われますと……やはり、ロマニロスかななどとぼんやり想像していた私は……
実はニレナさんの書き込みから、ギター歴5年前後の25歳前後の若い方という印象を受けて
いたのですが、それも見事に外れていたので、ずっこけまくってますw

ともあれ、ニレナさん。
雰囲気のあるHNですね。今後ともよろしくお願い致します。


316 :名無しの笛の踊り:2006/07/15(土) 09:21:16 ID:H2K+WEUg
>>315
直感力や感性、年とともにお互いなるべく鋭くしていきたいものではありますね。
判断力間違えぬよう注意していきましょう(切実、トホホ)。
朝起きてこのスレ見て、ニレナさんの演奏聴いてホント感動!
こんなの聞いたことない・・・
ビックル一気飲みであります!!

317 :307:2006/07/15(土) 11:25:39 ID:e7DIY5AN
>>312
レスありがとうございます。
質問の答えですが、

@松です。
A2006年製で、最近購入しました。
B購入した際、先生に弾いて貰ったのですが、音が楽器全体から出ていて、
弾き込めばセラックが安定して、もっと良い音になりますよ。と言われ、
現時点の鳴っていない状態でも、もの凄く良い音を出していたので、そうなのか、と思い
テープレコーダーで自分の音を録音して聞いてみると先生の音にはほど遠かったです。
開放弦、単音を鳴らすにしても音が違いすぎるので、どうすれば良い音が出せるのか?と悩んでいます。

余談ですが、先生自体、メインギターである300万クラスの物でも、
教室見学者向けに置いてある6万円クラスの量産品でも自分の音を出せるので不思議です。
私自身、色々な表現や技術に注意してエチュード等をやってきましたが、
実際に自分の音を録音して聞いてみると、弦だけが鳴っている印象が強いです。

318 :オケラ:2006/07/15(土) 11:32:01 ID:ARK4s0cE
ニレナさん、汗汗
いやぁ、こういうところでちょっとしたレッスン(アドバイス)いただけるのは有り難いですね。
無料だし。汗
何とも心の広いお方だと……、どうぞ末長くよろしく。

ところで、やっぱり音にしてみないと落ち着かない性分で、
中途半端ながらうpしてみました。
考えてみたらコーダの部分、練習してなかった。汗
録音する前に気付けよ。汗
今日も暑いですね。汗だらだらですよ。汗
面倒だからこのままうpしちゃいます。

http://homepage.mac.com/yamanobu/JuliaFlorida.mp3
余裕が有ったら、月末にまた弾いてみるかもしれません。


319 :名無しの笛の踊り:2006/07/15(土) 11:57:16 ID:a2LtPMPJ
302さんへ
シチリアーナは今、練習してるので参考になります。
ただ、録音状態が悪いからかも知れませんが、低音が弱い感じがします。


320 :サンダーギタリスト:2006/07/15(土) 12:51:07 ID:8Dm+6kmz
>>302
ブラッボー!!
圧倒的です。素晴らしいです。
こんな演奏の前には言葉はありません。ただ聴くだけです。
音色に関してはyuujinさんの楽音というような音やまりもんさんの「コンポステラの歌」
の高音などがいい音だと思っていましたが、ニレナさんの音はそれをはるかに超えてます。
319さんが録音状態が悪いというようなことを書いてますが、私にはよくわかりません。
ただ、ただ、いい音だなぁと感心するばかりです。

次元の違うレベルの演奏でした。
フリアフロリダも期待してます。

321 :名無しの笛の踊り:2006/07/15(土) 12:59:08 ID:YN4uDeaf
ひょっとして
207→にいれいなな→ニレナ
ということでは?


322 :名無しの笛の踊り:2006/07/15(土) 13:17:54 ID:KU/d5VR5
>>321
たぶん他の人はとっくにわかっているからw

323 :名無しの笛の踊り:2006/07/15(土) 13:39:54 ID:Y+I8UDPb
バロック期の音楽はこれくらいに音が軽い方が良いと思うけど。
あまり個性のありすぎる音色はかえって興ざめ。

あ、>>302のことね。

324 :357番のギター弾き ◆PsI/YHInRc :2006/07/15(土) 13:45:22 ID:TYz22nuL
ひさびさに出てきました。
みなさんのバリオス聴いていると私も弾いてみたくなりました。
まわりが騒がしくその隙をみて1回のみ録音したものです。
なんでミスだらけ・・・・って・・いいわけ?
あらためてバリオスいいなって思います。

ttp://www.yonosuke.net/u/6c/6c-4894.mp3

325 :名無しの笛の踊り:2006/07/15(土) 15:08:26 ID:YN4uDeaf
>>322
本人も言ってるしねw

326 :名無しの笛の踊り:2006/07/15(土) 18:28:59 ID:0hnIvUNi
>>324
いいわけなんて言ってながら、やっぱり上手いすね。
安心して聴いてられます。
パチパチパチ。

327 :300:2006/07/15(土) 19:26:38 ID:iimgY76F
>>302
上手い!
この演奏ファイルは只者ではないと感じた。
国際的なレベルのギタリストの演奏に違いない。
こういう演奏をするためには相当な音楽キャリアがあり、もちろん才能にも恵まれてるだろうが
並大抵の努力ではない練習を重ねてきたに違いないと思う。
こういう演奏ができる人は、だから人の努力も理解できるだろうし懐の深い人物だとも思う。

俺はこういう演奏をする、できる人を心から尊敬する。
死ぬまでには、こういう演奏に近づきたい。

328 :ニレナ:2006/07/15(土) 19:47:54 ID:BTKd4avc
コメントをくださった方々

本当にどうもありがとうございました。
今後の励みになります。

>>307さん、楽器の件ですが。
新しい楽器を買ったばかりの頃は、毎日楽器の状態が気になってしょうが
ないものですよね。私も経験がありよく分かります。
まず、楽器そのものと奏法を分けて考えた方がよいと思います。
新品で松の表面板とのこと、よく響いてくるまで1−2年かかると思います。
良く整えられた爪で弾きこんでいけば、星野ギターならすばらしく
響くようになると思います。響いてくるまで心配になるでしょうが我慢する
しかないです。
先生と自分の音に差がある件ですが、これは当然だと思いますよ。
先生は楽器を変えても良い音が出せるということですから、その技術を
教えてもらいましょう。
爪の形や磨き方、フォーム、タッチのさまざまな種類、いろいろな要素が
ありますからそのひとつひとつをしっかりレッスンしてもらいましょう。
先生を質問攻めにしましょう。
また、いろいろなタイプの先生がいますから、時にはマスタークラスや講習会
に参加したりするのも良い刺激になるかもしれませんね。
先生によって言うことが逆だったりで、ますます迷うことになるかもしれま
せんがそこは自己責任で。

>>318オケラさん
ご指名光栄です。感想は今日の夜中か明日書きます。

329 :yuujin ◆wIEqTYjkiE :2006/07/15(土) 22:20:58 ID:5oOEiOA6
>>318オケラさん
うpお疲れさまでした。聴かせて頂きました。
本来は17日の発表会に向けての仕込み曲を弾きこむべきところだと思いますが、
レスの流れ等を考えられてうpされたのかなと思ったりもします。
よけいなことをさせてしまった責任の一端は私の拙い演奏ファイルにもあるかと思い
反省しております。すみませんでした。

それはそうと、17日の大倉山での発表会の成功を……いや発表会の成功ではなく、
発表会におけるオケラさんの演奏の成功をお祈りしております。

330 :yuujin ◆wIEqTYjkiE :2006/07/15(土) 22:37:10 ID:5oOEiOA6
>>324357のギター弾きさん
お久しぶりです、といってもソルのエチュードを2ヶ月前にうpされてますし、それほど
間が開いているわけではないのですが……
個人的な感想を述べるとソルのエチュードはそれほどピンときていなかったもので、本当
に久方ぶりに357節を聴いた気が致します。
半年くらい前にうpなさった「1つのワルツと2つの愛」は……たぶん、もう100回以上は
聴いているのではないでしょうか。
先週も、357番さんどうしていらっしゃるかなぁ、などと考えながらこの曲を聴いてみた
り致しました。

柔らかな歌いまわしと無理のないテンポ感というかリズムのノリ方、とても人間的な歌に
感じるのです。
今回のフリアフロリダはご自分でおっしゃっているように、短い時間(というか隙間)を
利用しての1発録音ということで、ちょっとキズがありましたが聴いていてほとんど気に
なりませんでした。
それよりも全体を通してゆるやかに流れる情感が心地よく感じられて、フリアフロリダの
正統派の演奏を聴かせていただいた気が致します。
それは、単に鑑賞者としての感想というだけでなく、自分もこの曲を弾くものとしての参考
にもなりました。随所にみられるきらめきはさすがでした。
本当にありがとうございました。
明日はしっかりこの曲に向き合ってみようと思います。そんなエネルギーを頂きました。


331 :307:2006/07/16(日) 00:53:30 ID:OakjTkgG
>>328
レスありがとうございます。

本日、レッスンがあったのでその事について色々と質問をしてきました。
現在、カルカッシ25のエチュードの後半部分をレッスンでやっているのですが、
これに加えて昔使っていた、カルリ45のエチュードの中から最初の方のエチュードを、
完璧に弾けるようになるまで弾き込む、という課題を頂きました。
レッスンを進めていけば、どんな曲でも弾ける「技術」は身につくだろうけれど、
それは本当に綺麗・理想の音で弾ける事とは別問題だから、ここにきて簡単な曲を弾き込む、
作曲者がどのような思いでこの曲を作ったのかを知る、何故こういう風に曲が展開して行くのかを
考える、といった事に注意してこれからのレッスンを進めて行きましょう、との事でした。
後は、ギタリストのCD、コンサートを沢山聞いて、自分がこれだ、と思ったギタリストのCDを
間の取り方や表現を覚えてしまうくらい聞き込み、とにかく真似をしなさい。と言われました。

これをやっていくと、どのギターを弾いても自分の味が出るようになるそうです。

332 :オケラ:2006/07/16(日) 10:42:19 ID:yvHBjmI7
>>329
いやいやとんでもない。
こういう企画があると、ついつい乗ってしまういけない性格の持ち主ですから。
昨日はあれから用事で出かけてしまったので、今から必死こいて明日の練習です。
どうもありがとう。

333 :名無しA:2006/07/16(日) 12:03:35 ID:HFdu15Cd
>>324の357番のギター弾きさん
いいですねえ。
力みのない柔らかい歌い口で、こちらもゆったりとした気持ちになります。
メロディーの表現だけでなく、フレーズのつなぎ部分での伴奏のテンポルバートが
絶妙でとても心地いいです。
全体としてさりげなくというか無理なく弾いているようにきこえるんですが、これって
実は大変なことで、357番さんの演奏の力量を改めて感じました。


334 :名無しの笛の踊り:2006/07/16(日) 12:45:24 ID:jvlIYi9o
これなかなかいいね

http://oldenseaman.chips.jp/mateki-ns.html

335 :ニレナ:2006/07/16(日) 15:50:47 ID:icjwpFzz
>>318オケラさん

練習の真っ最中でしょうか?
今何か私がコメントを書くと調子を崩してしまうかもしれませんね。
それでもお伝えしたいのはオケラさんの音のこと。
とても艶やかな音がしていたので思わず嬉しくなりました。

あとひとつだけ。
コンサートで指が震えるタイプでしょうか?
もしそうならカフェインを避けるといいそうです。ご存知とは思いますが。
私はコンサートの本番直前に実験として意識的にコーラを飲んでみたところ、
ステージで見事に指が震え、往生したことがあります。
この実験は3回で止めました。
3回とも明らかに指がいつもより震える結果となりました。
それとコンサート直前は力が入りすぎてしまうことが多いですから
リラックスして練習することを心がけるとよいと思います。
でも私の文を気にしないでご自分のペースでやってください。

それでは明日がんばってください。

>>324357番のギター弾きさん
皆さんと同じ感想で、そのままここにコピペしたい位です。
演奏の安定度が高く、演奏中に客観的に音を聞き、
また自分のイメージや体の反応をよく感じ取りながら、
力を抜いて弾いている様な気がしました。
いつもながら旋律を歌わせるのがとても上手で、
何か良い環境にいらっしゃるのではと感じました。
すばらしい演奏ありがとうございました。

336 :357番のギター弾き ◆PsI/YHInRc :2006/07/16(日) 22:34:23 ID:LRdv60f7
326さん、yuujinさん、名無しAさん、ニレナさん ありがとうございました。
こういった南米系の曲は私に合っているのかなと自分自身思ってみたりするんですが、
大見得きった演奏をするには、すこしのミスもゆるされませんよね!
そこが難しいところだと思います。(おいしい所でミスったりするんですよ!!)
私は、演奏の中にその演奏者なりの歩んできた人生や生き様が投影されているような
気がして、その辺を考えながらその方の演奏を聴くことがよくあります。
ニレナさんの>>何か良い環境にいらっしゃるのではと感じました。 は、
私にとっての最大の誉め言葉でした。ありがとうございました。
またすこしやる気が出てきたぞ・・・(^o^)丿


337 :五線譜 ◆Pb08VBS0I6 :2006/07/16(日) 22:57:07 ID:1K0hin7Q
http://www.k4.dion.ne.jp/~striker/Barcarol.mp3

Agustin Barrios Mangore作曲
Barcarola
楽譜:>>179まりもん氏のHP(コーダ部に1小節独断で追加)




338 :五線譜 ◆Pb08VBS0I6 :2006/07/16(日) 23:39:17 ID:1K0hin7Q
・・・・・・世間との関わりを一切絶って、ちょっと練習に励んでいる間にスレが進みすぎ。。。。
全ての演奏にレスするのは無理なんで、かいつまんで。
>>アリさん 初うpおめでとう。これからもどんどんうpして。一切遠慮なし。
習いはじめて3年? カンバックして3年? 独習で3年? いずれにしてもしっかり弾けてる。
オレも来週からは本道のソルに復帰しますんで、よろしく。
>>307 初うpおめでとう。録音機器→ネット回線→PCスピーカーだとよくわからないんだけど、
しっかり音出てるし、ヴィブラートも上手。このスレの常連はキャリア10年以上の人がゴロゴロ
いるけど、そういう人たちでも、松+セラックの楽器だと、買ってから最低2〜3年はかかる。
自分自身のサウンドを作るのに、最低10年はかかる。だから気にせずガンガン弾いて、
楽器をしばき倒して欲しい。

>>その他バルカローレ挑戦者
練習中、タイソンvsホリフィールド戦を思い起こしてた。
野獣タイソンの豪腕猛攻に立ち向かうのは、勇気を振り絞って「前」に出て、距離を詰める
ことだってことをホリフィールドが証明した、あの試合を思い出した。
ビビって「後ろ」に下がったら、やられちまうわw
雰囲気がコレだし、響き豊かに綺麗に弾きたい曲だけど、「前」に出てガンガン打ち込んで
倒しに行かないと、内向的で消極的になっちまうね、この曲。
余分な響きを残そうとすると、鳴らしにくい音とか、響きが出ない場所との不整合が生じる。
だから、積極的に余分な響きを消して、楽譜に書かれている音をはっきり出した方が良いと
思うに至った。


339 :名無しの笛の踊り:2006/07/16(日) 23:52:24 ID:PPS86put
http://www.yonosuke.net/u/6c/6c-5032.mp3
フリアフロリダです。
不如意音源アプロダにうpし終わってここに戻ると
五線譜氏のすばらしい演奏がWwwwww
まあ,仕方ないです。うpしてしまったので,
お耳汚しですがよろしくお願いします。

続けて聴くと,ほんと,情けないです。(-_-;)


340 :名無しの笛の踊り:2006/07/16(日) 23:55:08 ID:pk9r3HHD
>>337
パチパチパチパチ
難しい部分もすらっと弾きこなせているのはもちろん、
テンポのとり方も含めて一番自分のイメージに近い好きな演奏です。


341 :タコフネ:2006/07/17(月) 00:18:22 ID:mO//nTq4
しかし五線譜氏は不思議な人だ。
ギターの求道者のような感じはまったくしないのに難曲を
難なく弾いてしまう。抜群の安定感があるしまた歌心もあるんだな。

ソルも期待しております。

342 :タコフネ:2006/07/17(月) 00:47:23 ID:mO//nTq4
339氏の演奏は良かったですよ。
謙遜される必要はないんじゃないでしょうか。
音がもう少し洗練されればなお良かったように思いました。

343 ::2006/07/17(月) 05:01:18 ID:N+QiMt1Y
コメント・アドバイスくださった方々ありがとうございます。
こうして舞台に出ずともアドバイスやコメントをいただけるのは本当にありがたいです。
なにより褒められたりするとうれしいですし今後練習していく上での励みになりますね。
これからも宜しくお願いします。

と、いうわけで今日少し練習できたので皆様にいただいたアドバイスを意識しながらに弾いてみました。

http://aploda.com/dl.php?mode=pass&file_id=0000136412.mp3

前回に比べだいぶ弾きなれてきたので自分の曲に対するイメージが固まってきたように思います。
ただせっかくアドバイスをもらったダ・カーポ前はなぜか無意識でどうしても遅くしてしまうようです…





344 :オケラ:2006/07/17(月) 09:49:11 ID:4rN15d2S
>>335
どんなコメントがついても大丈夫です。多分。
自分の腕前だか腕後だかについては、ほぼ把握しているつもりです。
みなさんと同じく、弾き込み不足ではあるけど、
自分がやりたいと思っていることは盛り込まれている筈と思ってうpしました。
良くも悪くもこういう表現しかできません。

カフェインについて等、アドバイスありがとうございました。
どうも事前にコーヒーを飲むとやばいことになると気付き、
5月頃からカフェインの摂取を控えていましたが、
やはりそうだったんですね。まだ力んじゃいますが。
どうもありがとうございました。

345 :オケラ:2006/07/17(月) 09:54:10 ID:4rN15d2S
昨日からいろいろあって、コメントどころじゃ……
うpした皆様、まとめてパチパチ。
どの演奏も皆さんの苦心の跡がわかりました。

スレとは関係無い話ですが、アランフェスギターサークルが
今日の大倉山を限りに活動中止だそうです。
このスレにも関係者の方がいらっしゃると思いますが、
あそこのおかげでステージに慣れてきたところなのに、
まことに残念なことです。

346 :オケラ:2006/07/17(月) 10:45:13 ID:4rN15d2S
スレと関係ない話ですみません。
上の追加で、

今日の打ち上げは、残ったメンバーで今後もステージ練習を継続していくかどうか
という話になるんじゃないかなと思います。
あくまでも推測ですが……。
気にかかる方はいらしてください。

347 :五線譜 ◆Pb08VBS0I6 :2006/07/17(月) 12:50:52 ID:TDhht9wR
>>339 Intro〜Aの部分は、私よりも339さんの方がイイ感じだと思います。
A〜B〜A形式の曲って、Bの部分が自動的に練習不足になりますよね。
ちなみにオレは月曜〜木曜まではBの部分だけを練習してました。
ABAの通し練習は、金土だけ。

あと、もう一つだけ。Aの最後の小節(2フレセーハ)で、「ファ+ラ#+ド」の和音。
その後、ソ〜ファと続きますが、ここのソの音は、直前の和音の最下段のファと
比較して、突然大音量になってます。
和音をとりあえず弾いた後に、単音を2ケ(ソ〜ファ)弾く、という考え方ではなく、
ファ〜ソ〜ファの繋がりを意識して弾かにゃなりません。
(この3つの音の連鎖は、曲のモチーフ、主要構成要素)

とりあえず、ここの1ケ所、意識してみると良いです。
8分音符たった3ケのことですが、この3ケから色々広がってくるはずなんで。

たとえば、最後のファは、次のBに繋がるし、前準備、予告編でもあるし、
直前の「ラシラ」とどういう関係なのか・・・・・とか。


348 :まりもん ◆8QTPQymVKY :2006/07/17(月) 14:19:01 ID:pEaajENP
>>324 357番のギター弾きさん
リクエストをしておきながらコメントが遅くなってしまって申し訳ありません。
いつもながらの見事な歌いまわしですが、いつも以上に説得力を感じるのは音色のせいでしょうか。
私は演奏ファイルを保存していないので(というか保存の仕方が分からないので…w)はっきりと比較は
出来ないのですが、以前よりも太く深みのある音に聴こえました。
この曲をリクエストしたときから「357番のギター弾きさんの歌いまわしは絶対にこの曲に合う」
と思っていましたが聴いてみて、「そうそう、こんな風に弾けたらなぁ」と改めて感激しています。
うpお疲れ様でした、そして有難うございました。

349 :yuujin ◆wIEqTYjkiE :2006/07/17(月) 14:55:38 ID:L256uNbm
>>348まりもんさん
え?
保存しないということならわかりますが、保存の仕方がわからないとは……
普通の場合ですが、まずURLをクリックしますとjumpをしますよね。
怪しい広告に囲まれて、例えばYONOSUKEさんのファイルの場合

http://www.yonosuke.net/u/6c/6c-50○○.mp3
別のサイトにジャンプしようとしています。宜しければ上記のリンクをクリックしてください

というようにファイルのある場所のURLが表示されます。
このURLを右クリックして
「対象をファイルに保存」をクリックすればまりもんさんのPCにダウンロードされますよ。
保存場所は私に場合は「2ちゃんねるうpスレ」などというフォルダを作ってそこに保存
しております。

350 :yuujin ◆wIEqTYjkiE :2006/07/17(月) 15:03:36 ID:L256uNbm
>>337五線譜さん
大変楽しく、興味深く聴かせて頂きました。
イメージなのですが、よくスポーツ選手の身体の動きを解析するなどというテレビ番組で
コンピュータ処理された選手の動きの画像(=細かい線で描かれているグラフィック)を
連想してしまいました。
とてもきっちりとこの曲のフォルムが描かれている感じです。
これから素材が作られてゆくのかと思いますが、それが建物のグラフィックだとすると、
素材が木材なのか、コンクリートなのか、はたまた大理石なのか、まだミステリーですね。

設計図はすっきりと見えました。
今度は素材の性質に合わせて微妙な肉付けをしようということなのだと感じました。
とても素敵な音楽が期待できますね。次回のうpを心待ちにしております。

351 :yuujin ◆wIEqTYjkiE :2006/07/17(月) 15:16:16 ID:L256uNbm
>>339さん
このくらいのテンポ(トータル4分前後)としてこの曲を捉えた場合の、ひとつのデフォルト
になるような演奏スタイルだと感じました。
高音の音色が以前よりも艶やかになったように思います。
それがこの曲の魅惑をより際立たせているように思いました。
欲を言えば低音の密度がもう少しアップすると進行するエネルギーが強くなって、更に流れ
が良くなるのではないかと感じました。
これは根本テクニックの問題でもありますから、長い目で見るべきかもしれませんね。

この曲に関して言えば、とても自然な(ノーマルと書くとまた問題がありそうなので)構成
を感じるのですが、40小節のファ#〜〜ミ(低音はファ#ラドレ〜)などというところは、
もう少し間を詰めて弾いたりすると、もっとすっきり流れるかなと思いました。

基本的に私がイメージするこの曲の感じとほぼ同じスタイルの演奏だったので、とても親し
みを感じました。

352 :yuujin ◆wIEqTYjkiE :2006/07/17(月) 15:30:39 ID:L256uNbm
>>343虹さん
相変わらずとても流れがある演奏ですね。
虹さんの演奏を聴いていつも思うのですが、曲全体を俯瞰して、非常にバランスの良い構成感を
作っていらっしゃるように感じます。
慣れない道を歩くときは、間違えずに歩いたとしても
「花屋の角をまがって、3本目の道を右に折れて……」
などと目の前の風景に対応しながら目的地にたどり着くものです。
1本、道を間違えると、自分がどこにいるのか分からなくなって迷ってしまうことがあります。
虹さんの演奏を聴いていると、その地域の全体像を把握していらっしゃって、常に自分がどこ
にいるのか分かっていて、目的地に向かっているような気がするということです。

具体的には、フレーズを構成する各音のエネルギー(指向性)がきちんと表現されていて、
それらが相互に有機的な音形を形成しているということでしょうか。
エフェクト等の手段もとても効果的に使われている気が致します。

ダ・カーポ前の5つのアルペジオですが、こうしたテンポ感については私は問題を感じません。
他の方の意見は分かりませんが、前の演奏で申し上げたのは、テンポ感のことではないのです。
虹さんの感じられる音楽の流れに対する問題ではなく、2番目のアルペジオの第2音のタイミン
グがこの流れに合っていないと感じたことを言っただけなのです。
虹さんの持つベクトルのある音の流れが、前回の演奏ファイルでは、何故かここで停止している
ように感じたので、そうするとこのアルペジオの音形がやけにゆっくりもたつく感じに聴こえて
しまったということなのです。
今回はそういうことがなかったので、これはこういう音楽なのだなと聴かせていただきました。
言葉不足で、申し訳ありませんでした。
やや、ゆったりしたテンポの演奏としてのひとつの完成形を聴かせて頂いた気が致します。

353 :タコフネ:2006/07/17(月) 16:31:21 ID:mO//nTq4
洗練された音色 完成の域に達しているテクニック
センスある歌いまわし どこをとっても死角なし。
それが虹さんの演奏だ。
しかし今回は豪華な顔ぶれが揃いましたね。うpスレが産んだ
スター方々の演奏を聴くことができました。便利の時代になりました。
昔はアナログレコードしかありませんからね。

354 :サンデーギタリスト:2006/07/17(月) 17:00:14 ID:bJFpkSaV
いやはや今回は豪華なラインナップです。
週末ギタリストとしては、嬉しいやら時間がないやらで困りますね。
yuujinさんの解説を横目でにらみつつ、みなさん全員の演奏を聴かせて頂きました。
自分ではこの曲は弾けませんが、楽譜を見ながら聴いていますと、それぞれの歌い方
などがとても参考になります。

熱き心の評論家と解説のできるゲスト選手のようなyuujinnさんとのお二人の放送は
まさに死角なし。
蛇足ですが、私はサンダーギタリストさんではありません。
週末ギタリストのサンデーギタリストです。

355 :まりもん ◆8QTPQymVKY :2006/07/17(月) 17:24:33 ID:pEaajENP
>>349
出来ました!ありがとうございます、yuujinさん。(^^)/~~~

サンダーギタリストさんとサンデーギタリストさんですか…。^^
何はともあれ常連のコメント陣が増えるのは嬉しいことですね。
ご本人は否定されるでしょうが、すべてのうpにコメントをつけるのはやはりとても大変なことだと思いますから。

356 :アレックス:2006/07/17(月) 18:19:02 ID:+N/YO9iy
>サンデーギタリストさん
これは失礼しました。
ちょっとスレの流れが名無しじゃない方がいいように思ったもので。
憧れのアレキサンダー・ラミレスから名前をもらったんですけどね。
一応、アレックスに変更します。
きっとすぐ、名無しに戻るけどw

>まりもんさん
ホントですね。私もたま〜にコメントつけてますけど、結構難しいもんです。
だいたい、「うまいです」みたいなことで終わりで、yuujinさんや五線譜さん
みたいなことは書けませんよ。

>357番のギター弾きさん
やっぱり上手い!
あんたが最高!

357 :ニレナ:2006/07/17(月) 18:49:25 ID:2htJu03M
>>336>私は、演奏の中にその演奏者なりの歩んできた人生や生き様が投影されているような
気がして、その辺を考えながらその方の演奏を聴くことがよくあります。

私も本当にそうだと思います。どんな演奏にも演奏者のバックボーンが必ず表れますから。

>>337五線譜さん
梶原一騎の「地獄からの生還」(幻冬社アウトロー文庫)という本、ご存知ですか?
極真空手やプロレス界の裏側を書いたいわゆる暴露本ですが、この本には彼の生き様、
武士道的人生訓などが書かれていてとても面白いです。
この本の序文に(一)信ずるな、(二)甘えるな、(三)退くな、(四)憩むな、
(五)安っぽく悟るな、といきなり彼の「生き様五原則」が書かれていて、それから
宮本武蔵の五輪の書の言葉「惣じて剣の道に限らず居つくことは死ぬることなり」が
紹介されています。
何でこんなことを書いたかというと、五線譜さんのカキコや演奏にどこか武士道的
なものを感じるからです。そのまままっすぐに頑張って下さい。いつしか演奏がより
成熟していって「コク」や「味わい」が深まっていくものと思います。
ご自分で全てが分かっていらっしゃる方だと思いますので具体的なことは書く必要が
ないと思っています。うpありがとうございました。

358 :ニレナ:2006/07/17(月) 18:59:27 ID:2htJu03M
>>339さん
とても良い演奏だと思いました。名無しAさんや虹さんと同じタイプの
6拍子の感じ方(具体的には1拍と2拍の間隔を少し待つようにしてそれから
4拍に向かって心持なだれ込むようなタイミングの取り方)をされているようで
それが流れの良い演奏につながっていると思いました。
どうもありがとうございました。

>>343虹さん
2度目のうp、すばらしいです。何もいうことがないです。
それにしてもすばらしい反射神経の持ち主ですね。
完成した演奏ですね。ただただ虹さんの音楽に心をゆだねて気持ちの良い
ひと時を過ごせました。ありがとうございました。

359 :339:2006/07/17(月) 19:54:21 ID:nGQDS5eb
タコフネさん,ニレナさん,yuujinさん,ニレナさん,
聴いていただいて,コメントをいただきありがとうございました。

タコフネさんのコメントにありました,洗練された音・・
まだまだ道は遠く,思いが実現されません。(-_-;)
コテハンの方々の演奏に比べて,こんなにも音が違う・・と
ホント自分で思います。
五線譜さんには,特に具体的に教えていただき,感謝しています。
意識して練習してみます。
yuujinさんにはいつも励まされています。
低音の密度・・というのはどういうものか,考えてみます。
ニレナさんには,流れの良い・・などと言って頂いて,
お世辞でもうれしいです。
五線譜さんと虹さんにはさまれて,ほんとどうしようかと思いましたが,
皆様ありがとうございました。

五線譜さんと虹さんの演奏は,やっぱりすごいです。
聞かせていただいて,ありがとうございました。


360 :名無しの笛の踊り:2006/07/17(月) 20:47:42 ID:+R4TUsdg
>yuujinさん
いつも解説ごくろうさまです。
今回もしっかり読ませて頂きました。とても勉強になりました。
また、五線譜さんや新しいメンバーのニレナさんの解説もためになりました。

ところで、339さんに言っている「低音の密度」とか、虹さんに言っている
「フレーズを構成する各音のエネルギー(指向性)がきちんと表現されていて」
という言葉がなんとなくわかるようで、やっぱりよくわかりません。
できたら、もう少し詳しく解説していただけたら嬉しいのですが。

361 :ニレナ:2006/07/17(月) 23:36:41 ID:2htJu03M
フー、今やっとうpできました。yonosukeさんところすごく思い。
今日練習していて考えたんですけどフリア・フロリダのうpやはり時間が
なくてできません。今新曲の練習で大変で、教える方の仕事もあるしで。
それで代わりに>>302でうpしたコンサートの時の「アストリアス」をうp
することにしました。>>319さんから録音状態のご指摘を受けましたが、
このときは700人位のキャパのホールで天井から吊り下げられたマイクでの
録音でしたので、どうしても低域が弱くなってしまうのです。
私としてもとても残念ですが仕方ありません。
これでうpは当分お休みとさせていただきます。コメントは時々させていた
だこうと思っています。
それと使用楽器の件ですが、これ以上個人を特定されてしまうことを書き
たくないので伏せておきますが、ロマニロスではありません。
知り合いのギタリストから「ニレナさん宛てメール」が届いております。汗
http://www.yonosuke.net/u/6c/6c-5094.mp3
よろしくお願いいたします。


362 :yuujin ◆wIEqTYjkiE :2006/07/18(火) 08:30:43 ID:NQWuUpVW
>>361ニレナさん
鮮やかなテクニックの演奏でした。
10年前の演奏に対して細かいコメントを述べても始まりませんが、スレ的に言うと、うp初体験氏
に比肩しうるテクニシャンだと感じました。
書き込みを拝見するとギターで収入を得ながらご自分のギターの勉強をなさっていらっしゃるよう
ですが、そういう立場ですと半端な演奏ファイルをうpなさるのはためらいがあるのかもしれませ
んね。フリアフロリダも納得のゆくまで仕上げてからではないとなかなかうpできないのだろうと
想像いたします。
無理をなさなないでください。


363 :yuujin ◆wIEqTYjkiE :2006/07/18(火) 08:40:10 ID:NQWuUpVW
>うp初体験さん
>>362の書き込みを読み返して気づいたのですが、素晴らしい演奏をするテクニシャンのファイル
がうpされるたびに、私はうp初体験さんと比較をしているようですね。
もし、ご気分を害されたら申し訳ありません。

自分の言い訳をすると、バッハのファイルがうpされるたびに「stage1」でうpされたリュート
組曲と聞き比べたり、たまに「黒いデカメロン」「ファンダンギーリョ」「サパデアード」など
を聴き帰しながら、うp初体験さんの鮮やかな弾きっぷりに驚きを覚えているもので、つい、比較
してしまうようです。
他者との比較というのはあまり良いことではないと思ってはいるのですが、どうも、私の中では
うp初体験さんの演奏がひとつの基準になってしまっているようです。
申し訳ありません。

蛇足ですが、最近録音のスキルがアップなさったように感じます。
バッハのBWV999のレベルで初期の頃のうpされた曲を再録音してほしいなどと勝手な願望を述べ
させていただきます。失礼致しました。

364 :ニレナ:2006/07/18(火) 16:38:31 ID:ASTZ7LQM
>>362yuujinさん
お気遣いいただきありがとうございました。
私はこの板が好きで皆さんのコメントを読んだり演奏を聴いていると、「ああ、
ギター好きな人やっぱりいるよなー」と嬉しくなったり「ぱちぱち」という
のがまた好きでなんとも平和でいいなと思っています。
スレの流れでうpすることになり、その後の皆さんのコメントにとても励ま
されました。又のうpを希望される方がいらっしゃったのでどうしようか
思案していましたが、あまり一生懸命になりすぎてしまうと本来の仕事から
の逃避になりかねないので今は断念することにし、代わりに「アストリアス」
をうpすることにしました。
今後ともよろしくお願いいたします。

365 :五線譜 ◆Pb08VBS0I6 :2006/07/18(火) 17:43:27 ID:VtLS7Z2q
>>ニレナさん すいません、梶原一騎氏の著作は読んでないのですが、
「床に書いた15cm幅の線を歩くことと、ビルの谷間に渡した15cm幅の橋の上を
 歩くことは異なる」という宮本武蔵の名セリフは好きっすね。
ちなみに、うちの長男の名前は宮本武蔵の養子の名と同一ですw

最近は、2ちゃんねる上で拾ったんですけど、イチロー選手の名言集
http://www.k4.dion.ne.jp/~striker/ICHIRO.htm   が座右の銘ですね。
アストリアスは深夜拝聴させていただいます。今後とも宜しくお願いします。


366 :yuujin ◆wIEqTYjkiE :2006/07/18(火) 19:31:12 ID:NQWuUpVW
>>365
あの〜すみません。
「山はあっても山はなく、谷はあってもあっても谷はなく
 こころは常に湖の如し」
というセリフのような気がするのですが……(明鏡止水のことと思われます)
これは私の知識では上忍の百地三太夫が語った忍者の心得だと思うのですが。
武蔵は武士の心得として、主君の為に何も疑問を持たずに、主命とあればその場で腹を切る覚悟の
ことを語ったように記憶しております。
まぁ、どうでもよいことですが。

367 :yuujin ◆wIEqTYjkiE :2006/07/18(火) 19:45:44 ID:NQWuUpVW
ご子息さまは伊織さんという名ですか。かっこいいですね。
長岡佐渡の引き立てがあったとはいえ、二千石の大身にまで出世したのだから、優れた
方だったのでしょうね。
そういえば、ご子息さまはそろそろ大学受験。
父親も大変ですね。
そういう環境において精力的にギターに励まれていらっしゃるのだから、五線譜さんの
生き方にこころから頭が下がる思いです。
駄文、失礼いたしました。

368 :名無しA:2006/07/18(火) 22:20:34 ID:Rg5aUFD4
>>361 ニレナさん ぱちぱちぱちぱち!。
またのうpありがとうございます。昨日は重くて今やっと聴くことができました。
これまでの書き込みから、常日頃から音楽に真摯に向かいあっている方に間違
いないと思われますので、10年前にこれだけの素晴らしい演奏をされていたと
すると、現在はいったいどんな演奏をするんでしょうか。これにコクや味わいが加
わってなどなど・・・いろいろ楽しい想像をしています。

369 :最初のうpスレの22:2006/07/19(水) 08:36:27 ID:kUboImIQ
ご無沙汰してます。
痛めている左指と肩のリハビリも遅々として進まず、それでも
前よりはだいぶマシになってきたので、現状報告がてらのうpです。

アルハンブラです、左手がまだ押さえきれていません。
http://www.yonosuke.net/u/6c/6c-5170.mp3

370 :うp初体験:2006/07/19(水) 11:56:53 ID:KkcQFqDK
>>yuujin さん

ハイ。どうもご無沙汰です。
バリオスはニガテなものですから冬眠(夏眠?)してます。
また皆さんのご意見を聞きたい曲が出来たらうpします。
このスレは盛況で結構なことです。


371 :五線譜 ◆Pb08VBS0I6 :2006/07/19(水) 19:51:19 ID:eqSfwQA9
>>22さん 復帰おめでとうっす。御自分のカラダは自分一番よくわかってるハズでしょうし、
復帰の選択は間違いないものだろうと祈念申し上げます。
オレ自身、半年とか1ケ月とか、楽器に一切触れない状態からの復帰、というのを繰り返してるから、
復帰に際しての気分は、何となくわかるし、そういう意味合いで、アルハンブラを選択というのも、
嬉しい限りっすね。楽器と手の関係というのは、夫婦関係みたいなもんで、悩ましいもんですよねw

>>yuujinさん いや武蔵の話してる場合じゃないっす!タレガですよタレガ!!汗 つづく・・・・・

>>ニレナさん 拝聴させて頂きました。ぱちぱちぱち・・・
オレには、どこかで聴いて心に残ってる懐かしいサウンドに聴こえたので・・・・・・・あ、どこのホールで
聴いたとか、そういう勘ぐり、詮索じゃなくって、ね。まぁオレのカン違いでしょうけど。
こういう場所でプロとアマチュアの交流というは、まぁ、個人所有のHPレベルでは、すでに存在するかも
しれないけども、まだどこにもないような新しいスタイルや方向性を模索してくのも興味深いっすね。
どんなにプライバシーを隠せども、フレーズの末尾(締めくくり)が、その人の正体を現す、なんて
ことが言われるようになったら、もうギター弾きはどこにも逃げ隠れできませんぜw
ハンマーアクションとかレバーメカニズムを仲介してない肉体一体型楽器冥利に尽きるかもしれません。

372 :タコフネ:2006/07/19(水) 21:39:36 ID:h/qyN311
ニレナさんの演奏はやっぱりいいね。ミゴトです。ぱちぱちぱち・・・
演奏が考え抜かれていてよーくまとまっている。で上品な音ですね。
自然にスペインを感じさせることに成功してますよ。
プロの仕事はほんと大変かもしれませんがニレナさんの書き込みは
すごくありがたいですよ。うpに関しては仕事のほうが一区切り
ついたらお願いします。もちろんお好きな曲で。五線譜さん
はどこかで聴いたというのは当たっているかもしれませんね。
音楽家の直感っていうのは当たるもんなんです。
ひとつ最高の仕事ができろように応援したいとおもいます。


373 :タコフネ:2006/07/19(水) 21:59:22 ID:h/qyN311
22さん アルハンブラ ぱちぱち@あち
まだパーフェクトな状態じゃないかもしれませんがノスタルジー
を感じさせる演奏ですよ。スレ設立当初の方の演奏は感慨深い
ものがあります。早く良くなってほしいですね。
無理のない程度にうp期待しております。

374 :タコフネ:2006/07/19(水) 22:31:10 ID:h/qyN311
狂気と天才性が同居していたのが梶原一騎氏だと思います。
生き方は破天荒でどこか織田信長を彷彿させます。
(ちょっとアウトローかな)
私も氏の大ファンだったので彼の作品はほとんど読みました。
男の条件と題する漫画が特に好きでした。アウトローといえば
ユウジンさんの話のなかで兵隊やくざのモデルになった万年氏
と会ったという書き込みあったのを思い出しました。
ちょっと関係ない話になりましたが。・・・

375 :yuujin ◆wIEqTYjkiE :2006/07/19(水) 22:49:00 ID:WMpNQIwB
はい。
梶原氏とも少しだけ話したことがありますが、そのオーラは凄いものでした。
例の事件の前だったので、まさに絶好調の頃のことだからでしょうが、全身からにじみ出る
雰囲気はそこら辺の8○3さんでは敵わない野生的なものでした。
1メートル以内に近づくと危険な香りでしたね。
タイガーマスク(佐山)さんもいましたから、たぶん少年マガジン関係の出版パーティだっ
たような記憶があります。
慎重182〜3センチで体重90キロ以上という印象で、ピカピカ光る背広を着て闊歩している姿
は某組長のようでしたね。
関係ない話ですみませんでした。

376 :yuujin ◆wIEqTYjkiE :2006/07/19(水) 22:58:50 ID:WMpNQIwB
>>369最初のスレの22さん
すごいスピードのアルハンブラですね。
何度も聴いてしまいました。
22さんは先に曲のイメージを作ってから、それをギターで実現しようとするタイプの
ギタリストのように感じました。
22さんが描いていらっしゃるアルハンブラの世界は、実は私も感じているひとつの理想
のような感想を得ました。

ただ、こんな風なヴィジョンはあっても私には到底実現できませんから、それはそれと
して、とりあえず自分に出来ることを拾い集めて、ぼちぼちと形を整えて行くというの
が私の場合の弾き方なのだろうと改めて認識させていただきました。
無難に、無理をせず、現実と妥協しながら生きているみたいです。
タイソンが目の前にいたら、そぅ〜っと柱の陰に隠れて、彼が通り過ぎるのを待つしか
ないですねw
五線譜さんも22さんも勇敢だと思います。
でも、あまり無理をせずに少しは妥協をしてください。指を痛めないようにと思います。

377 :タコフネ:2006/07/19(水) 23:48:25 ID:h/qyN311
無難に、無理をせず、現実と妥協しながら生きているみたいです

悟りの境地ですね。

378 :名無しの笛の踊り:2006/07/20(木) 01:38:57 ID:7Bi5VPZa
勘違いしてるっぽい書き込みが見られた。

URLをクリックして出てくるいかがわしいジャンプページって
YONOSUKEさんのページじゃないですよ。
あれは2ちゃんねるからよそへのリンクでは必ずでます。
(2ちゃんアップローダはなぜか特別。)

つまり、URLをクリックしてなかなか開かないときは
YONOSUKEさんとこに負荷が集中してるときと
2ちゃんねるのそのジャンプページを出してるところが重い場合の
二通りあるということです。

前者のときはジャンプページはスムーズに出ますが
そこで再びクリックしても前に進めない。
後者の時はジャンプページが出ない。
こういうときはURLをブラウザに直接貼り付けて開くと
すぐに開ける場合があります。お試しアレ。

今なんてまさにその状態でした。

379 :yuujin ◆wIEqTYjkiE :2006/07/20(木) 09:19:28 ID:K6GrNp/O
>>378さん
それは>>349の私の書き込みのことでしょうか?
そうですね、ここのURLをクリックしてjumpしたページはYONOSUKEさんのページではありませんね。
わざわざ解説ありがとうございます。
ついでですから、もうひとつ。
これは私が行っている方法ですが、

・不如意音源掲示板(ttp://www.yonosuke.net/clip/clip.cgi)
に直接いきます。 そして目的のファイルを見つけたら左のNAME
 6c
D5432.mp3  とあるところを右クリックして「対象をファイルに保存」。

これが一番楽でした。これでも重いときは次の日の朝まで待つということになります。
ニレナさんの「アストリアス」は40分以上ということだったので、翌朝にDLしましたが
今度は30秒くらいで落とせました。深夜の時間帯は混雑しているようですね。

380 :最初のうpスレの22:2006/07/20(木) 12:02:36 ID:Df3Pah58
>>五線譜さん、タコフネさん
暖かいお言葉ありがとうございます、とりあえず状態をみながら
一歩一歩ゆっくりやっていきます。
>>yuujinさん
おっしゃる通りイメージ先行です、私の中では伴奏をつけずメロディだけを歌うと
あのスピードになるのです。私はあれくらいでゆったり感じるのですが・・・
スピードを感じさせるようではまだまだと思ってます。


381 :名無しの笛の踊り:2006/07/20(木) 16:08:09 ID:P+F4VLfx
>>369
イエペスみたいなアルハンブラですね。私はこのくらいのテンポが好きです。
これでもゆったりというのはビックリ。

>>378
おいおい、勘違いしてるのはどっち?
誰もあのページをyonosukeさんのページだなんて思ってないって。
それにURLをブラウザに直接貼り付けるっていうのも>>235でyuujinさんが
書いてますよ。

382 :名無しの笛の踊り:2006/07/20(木) 16:55:59 ID:tNQsAEod
ttp://www.youtube.com/watch?v=TbaAsaNQ4Hs

こりゃ何ですか?
機械仕掛けのトレモロ?
アルペジォとトレモロの混じった曲はどうするんだろ。



383 :名無しの笛の踊り:2006/07/20(木) 17:36:49 ID:jQA2idmd
There's a piece for 2 guitars by Jaime Zenamon, "Casablanca",
written for the Amadeus Duo, that uses little tiny mini-fans.
I saw them play it at the Stetson workshop a few years ago.
Effective piece, real crowd-pleaser.

こんなのもあるらしい。


384 :378:2006/07/20(木) 17:48:18 ID:7Bi5VPZa
>>379
そうそう、>>349に対してです。
蛇足だったかもしれないですが。

385 :名無しの笛の踊り:2006/07/20(木) 18:13:12 ID:gdmgKaXd
>>384
蛇足だろうね。
まりもんさんがファイル保存できてこの話はめでたく終わり。

蛇足だけど、どう読んでも>>349はあのページをyonosukeのページだとは書いてない。

386 :ニレナ:2006/07/20(木) 18:50:58 ID:q9KMhUfq
コメントをくださった皆さん、どうもありがとうございました。

>>368名無しAさん
最近はうpした演奏の頃と比べ、より集中して耳を使って響きを聞くようにし
ています。音楽に耳を傾け、それが自分のイメージに乗って気持ちよく流れ
て響いているか演奏しながら確認する作業に意識を向けています。
耳が働いているかチェックしながら練習しています。試行錯誤の毎日です。

>>371五線譜さん
>楽器と手の関係というのは、夫婦関係みたいなもんで、悩ましいもんですよねw
には思わず微苦笑してしまいました。名言です!頂いた「イチロー選手名言集」
と共に時折読み返して自分を省みる材料にさせていただきます。名言集うpして
くださりありがとうございました。私が紹介した本もよかったらご一読ください。
嫁に「これでも嫁!」と読ませましたが感想は「こういう世界の男の人たちって
本当にこんな単純な行動原理なの?」でした。まさに楽器と手の関係のように
もどかしいものでした。

>>372タコフネさん
温かいお言葉ありがとうございます。応援してくださるようでとても心強いです。
よろしくお願いいたします。

>>369最初のうpスレの22さん
私もこのテンポ好きです。よく流れていて、せわしない感じなど全くしません。
素敵な演奏ありがとうございました。

387 :名無しの笛の踊り:2006/07/20(木) 22:30:28 ID:cnaXlKov
>>382
あのww 真面目にやってるわけでは無いと思います。
ポールギルバートって人がマキタの電動ドリルの先にピックつけて
やってる(あくまでネタ)
http://www.youtube.com/watch?v=cHp9VQAhFuQ
で、それを踏まえてミニ扇風機か何かでやってるみたい。

388 :タコフネ:2006/07/20(木) 22:45:23 ID:b5kfZNB8
>>382
面白いですね。このページいいですね。
ありがとうございます。

389 :タコフネ:2006/07/20(木) 23:13:00 ID:b5kfZNB8
イチローや梶原一騎の著作も素晴らしいんですが
マーフィーの成功哲学も素晴らしいですね。
あとシルバーバーチの霊訓類はほんとうにいいですね。
寝る前によく読みます。もちろんギターのCDを聴きながら
ですけど。

390 :名無しの笛の踊り:2006/07/21(金) 01:57:45 ID:m8HFu5gv
>>385
…粘着乙ですw
あなたに何も言ってないんですがwww

>>387
なんじゃこりゃww

391 :名無しの笛の踊り:2006/07/21(金) 04:26:05 ID:4CYauUAZ
>>390
総合板にも書いたよ、俺の意見。
君のような人の演奏ってどんなだか・・・。
こっちの人たちも総合見てるし興味シンシンだ。

392 :yuujin ◆wIEqTYjkiE :2006/07/21(金) 09:36:36 ID:gQnTjv6C
>>385 >>390
私の文章が半端だったのだと思います。
主要ではない部分でも誤解ないように書くように気をつけますので、この話題は
もう終わりにして頂けたら嬉しいのですが。


393 :最初のうpスレの22:2006/07/21(金) 11:42:44 ID:VJSn6ie3
>>381さん
フォーク小僧だった私がクラシックを始めたきっかけがラジオから流れてきた
イエペスのアルハンブラでした。音源は持ってないのですが、もっと速くて
しかももっとゆったりと聴こえていた印象があります。
イエペスに似てるといわれるのは身に余りますが、ちょっとうれしいです。
>>ニレナさん
そのように言っていただけると励みになります、ありがとうございます。

394 :ino:2006/07/21(金) 17:40:47 ID:qe9SfFNK
http://www.yonosuke.net/u/6c/6c-5320.mp3

フリア・フロリダです。
これまでは、どちらかといえば聴くのも苦手な曲でしたが・・・
みなさんの演奏を拝聴しているうちに弾いてみたくなりました。
ここ10日間くらいはこの曲ばかり弾いていて、とりあえずはここまでかなと感じました。

ストレートなご感想、ご批判がいただけたらと思います。
よろしくお願いします。

395 :yuujin ◆wIEqTYjkiE :2006/07/21(金) 18:02:16 ID:gQnTjv6C
>>394inoさん
ずいぶん考えられた曲想に感じました。
聴いていて非常に刺激を受ける部分があって楽しかったです。
歌い方についてはちょっとコメントを遠慮いたしますが、まりもんさんに替わってひとつだけ。
47小節のミ#ファレのところなのですが、ここはファにナチュラルが付いていると思いますので
ご確認ください。45小節のミ#ファソと対比になっていると思います。


396 :五線譜 ◆Pb08VBS0I6 :2006/07/21(金) 19:23:14 ID:QmS1sOeX
>>inoさん、お疲れ。
この曲は不思議な魅力があって、練習してると虜になって、この曲ばかり
延々弾き続けてしまうって面は、オレも一緒です。
アマチュア演奏会等で頻繁に多数の人に取り上げられる理由はこれに隠されてるような
気がするし、それを解明すれば、攻略法になるかもしれない。
ただ、まぁ魔性の曲ですね。
楽器の本質的性能と戦わないといけない魔性の曲だし。
(Re:出しにくい音vs勝手に出てしまう音のバランス)

オレの場合、さらに悪いことに、タレガ2曲とこの曲、3曲セットで一週間練習して
しまったってこと。似たような面を持つ3曲同時練習というのは、糧が少なかった。
違う面を持つ曲と組み合わせて、交互に練習するとか、何か他に方法があるんじゃないのか?
と猛省中っす。

397 :名無しA:2006/07/22(土) 10:46:26 ID:DZ9UstAr
>>394 inoさん
ストレートというよりもかなり偏った感想になってしまうんですがw。
これまで聴いてきたinoさんの演奏は第一印象ではっとしてぐっと惹きつけられるもの(まさしくストレ
ートにイイ!って言う感じです。)がまずあったのですが、今回の演奏はいくぶん違った印象を持ち
ました。
出だしのじゃじゃじゃじゃ〜んからしてずいぶん考えた末にこのように弾いたのだなあと、また曲中
の随所での表現や響かせ方も良く考えられていてそれがちゃんと意図した音や響きになっていると
思いました。
そういう意味で玄人好み?の演奏というか、この曲を弾いたことがある人にとっては、おおここはこ
んな表現があったのかと感心したりニヤリとしたりしてしまうんですが、反面この曲の持っている
いい意味でのBGM的な心地よさ、軽さが薄れてしまっているような感じを持ちました。

ずいぶんぜいたくな感想になってしまった・・・。


398 :ino:2006/07/22(土) 14:20:43 ID:qdHmzlUX
みなさん、コメントありあとうございました。
御三方とも曲想などに多少なりとも問題ありと感じられてたのが伝わってきました。
よく反省して今後の参考にさせていただきます。

>395 :yuujin さん
譜読み間違いのご指摘ありがとうございました。
こう毎回のように間違っているとほとんど病気のような気が・・・orz

>396 :五線譜 さん
ロマンチックな甘い曲想の曲は自分ではほとんど始めての経験でした。
一度どっぷりズブズブにはまってみようというチャレンジをしたかったのですが・・・
甘い曲想の曲は抑制を効かせてクールなくらいに弾く方がいいかもしれませんが・・・

>397 :名無しA さん
この曲はCDを持っていてもほとんど聴いていませんでしたから、予めプロの演奏による曲想が頭になくて、音を拾いながらどう弾くかを考えていきました・・・
ご指摘の点・・・今後じっくり時間をかけて考えていきたいと思います。

399 :名無しA:2006/07/23(日) 18:48:24 ID:VLWoys5V
またポピュラーミュージックですいません。次の人がうpするまでのつなぎで聴いてください。
ずいぶん前の「The Acoustic Guitar」というムックに載っていた岡崎○典さんの曲です。
クラシカルな表現を多少は意識して、静かに始まってだんだん盛り上がる感じで弾いて
みたつもりなんですがどんなもんでしょうか。
どうでもいいことですが直前に濃いめのコーヒーを飲んでみましたw。
http://acogist.up.seesaa.net/image/rynten.mp3

400 :タコフネ:2006/07/23(日) 19:51:54 ID:fb94yrK4
Aさん ありがとう  ぱちぱちぱち

都会的でかっこいいね。演奏はいいし曲もいい。
ギタリストはかっこよくありたいね。Aさんみたいに行きたいね。

401 :ニレナ:2006/07/23(日) 22:41:55 ID:9iwyuLXr
>>394inoさん
うpありがとうございました。お疲れ様でした。
inoさんの演奏、一言で言うと「濃い演奏」という印象を受けました。
密度の高い音色、とてもよく考えられた運指、そしてロマン性の濃い歌い方
とそれに合わせたテンポ、そういったところから受ける印象です。
とてもロマンティックに浸って演奏されている感じが伝わってきました。
この演奏にもう少し軽やかな明るさが加わったら更にすばらしくなるのでは
と思いました。

>>399名無しAさん
うpがしばらく途絶えた隙にエース登場ですね。お名前のAはエースのA
でしょうか?それともアコギスト?あ、アコギストのエースですよね!
今日は一日ギターの特訓で少々疲れていましたが演奏を聴き疲れがスーッと
引いていく気がしました。ぜひ生で聴いてみたいと思いました。
ありがとうございました。
ところで名無しAさんはカフェイン大丈夫そうですね。
私はだめです。演奏する当日は控えます。でも、その1-2日前にリハーサルを
するときはわざと最悪の環境を作って、練習全く無し、弦はボロボロ、コーヒー
飲んでという状況で、プログラム全て通して弾きます。勿論人前で。
これをやっておくと本番は少しだけですが気が楽になります。


402 :yuujin ◆wIEqTYjkiE :2006/07/23(日) 23:59:41 ID:ZOjTfHKE
>>399名無しAさん
Aさんはこうした曲がお好きのようですね。
主題の雰囲気が懐かしいポール・モーリアの「青いノクターン」を連想させて、心地よく
聴けました。
途中からのマイナーとメジャーの変化がさり気ない表現ですがきちんと弾き分けられてい
て、そうしたちょっとしたそれでいて重要な技術がきちんとされているから、こういう曲
が無理なく聴ける曲として仕上がっているのかな、等と考えながら聴いたりも致しました。

ところで、フリアフロリダのファイナルうpはあるのでしょうか?
まりもんさんやオーロラさん、五線譜さんもきっときっちり仕上げてきているのではない
かと想像しておりますが、Aさんはどうなさるのでしょうか。
私もぼちぼちと仕上げにかかっております。
みんなで刺激し合いながら、運指等の研究もしながら素敵な音楽にしたいものですが、現
実はなかなか思い通りには行かないものです。




403 :ino:2006/07/24(月) 11:56:22 ID:nM14JGpy
>>401ニレナさん
丁寧な批評をありがとうございました。

404 :オーロラ ◆D/M72YwEko :2006/07/24(月) 18:29:53 ID:ToMOloVv
http://www.yonosuke.net/u/6c/6c-5552.mp3
2回目のフリア・フロリダです。
前回うpでの名無しAさん、五線譜さんのアドバイス、メロディーと伴奏の弾き分け、アゴーギクなど気お付けてみました。
yuujinさん、名無しAさんからinoさんまで多くのうpがありましたので学ぶこともたくさんありました。70〜80回聞かせていただきました。
また舟歌の乗り方について議論がありましたが、それについて私なりにとりあえず結論を出せたように感じています。まだまだ未熟な演奏ですが聴いていただければと思います。
将来のために辛口アドバイスお願いします。

405 :名無しA:2006/07/24(月) 22:29:34 ID:ldpPlvOH
>>404 オーロラさん
とてもいい感じになったと思います。相当研究されたようですね。
低音とメロディーを弾くタイミングについては好みがわかれるかもしれませんが,前回の演奏
で感じた固さがなくなってテクニックが一段と冴えているように感じました。
オーロラさん特有のすっきりした響きの中で音楽が自然に流れる感じが心地いいです。

406 :名無しA:2006/07/24(月) 22:37:57 ID:ldpPlvOH
>>399への感想ありがとうございます。
>>タコフネさん
独特の簡潔で抜けのいい感想さえてますねえ。好きです。これからもよろしくお願いします。
>>ニレナさん
名前は匿名っぽいのがいいかなあと思ってつけたんですが,何を隠そう元ネタは中森明菜の
「少女A」ですw。
私は昨年久しぶりに人前で(アコギでしたが)無謀にも数曲演奏してしまったのですが,終わって
からおなかが痛くなってしまったので相当緊張していたんでしょうね。今度人前で演奏する機会が
あったら,最悪の環境でリハーサルを行うというのをぜひやってみようと思います。
>>yuujinさん
課題曲については,読み返してみると他の人の演奏には結構好き放題書いているんですが実は
あれ以来弾いていなかったので( ̄_ ̄ i)(汗),月末までにうpできるかどうか微妙デス。


407 :Oen:2006/07/24(月) 23:11:07 ID:u21ekR7R
>>404オーロラさん
前回と比べて聴いてみると、やはり弾き込んだということがよくわかる演奏でした。
前の演奏ファイルも達者に弾いているように感じましたが、今回は指が馴染んできたようで、
デタッチスピードが速くなっているように聴こえました。その分、弦振動ガスムースに行われ
密度の濃い音になっているように感じました。

音のばらしについては名無しAさんもおっしゃられているように、個人的好みということにし
て……私の感じたことはここまできたら次はレガートアタックに気を使われるとよいのだろう
と思いました。
まだ、弦と爪の接点が作用・反作用の調和をする前にリリースしているように思えます。
ここをこらえて、具体的には先端の関節をもう少しショックアブゾーバーのように使用して弦
をホールドできたら柔らかな響きになると思いました。
以上、辛口のコメントでした。

>名無しAさん
人の演奏を聴くと、ここをこうすればいいのに、とか、あっそこは自分ならこうするだろうに
などと思うのですが、その後で自分のファイルを聴くと愕然とすることが多々あります。
自分に甘く、他人に厳しい耳を持っているということでしょうか……反省です。

408 :yuujin ◆wIEqTYjkiE :2006/07/24(月) 23:13:31 ID:u21ekR7R
↑あ、名前が違う。すみません、訂正致します。

409 :ino:2006/07/26(水) 23:28:19 ID:0D7bFXdj
>404 オーロラさん
前回と比較して大分なめらかでコクのようなものがでてきたように思いました。

ご指摘いただいた譜よみの誤りを訂正したフリア・フロリダです。
前回より多少テンポがうpしました。
どんなコメントでもいただければ幸いです。m(__)m

http://www.yonosuke.net/u/6c/6c-5733.mp3

410 :名無しの笛の踊り:2006/07/27(木) 00:00:01 ID:4jz4Ocpx
>>409 inoさん
ぱちぱちぱち、すばらしいです。
ずいぶん音が良くなってるようですが環境が変わったのでしょうか?
まるでCDを聞いてるみたいです。

411 :yuujin ◆wIEqTYjkiE :2006/07/27(木) 10:11:29 ID:N5/WhGF5
>>409inoさん
「とりあえずここまでかなと感じました」などとおっしゃられてますから、2ndうpはないもの
と思っておりました。
思いがけないうpで嬉しいですね。
私の感じているino節は、ほどよいノン・レガートの発音で音の輪郭がくっきりしている音を使っ
て、節度ある歌いまわしでフレーズを作り、適度なリバーブをかけて各音をレガートに響かせる、
といったものです。
まさにそのino節を聴かせていただきました。
テンポも中くらいで、心地よく時間がデザインされている感じでした。
最初のうpはinoさんの思考が感じられましたが、今回はそれが具現化されているような気が致します。
おそらく、ご自身ではもう一歩先に進みたいという気持ちをお持ちなのでしょうが、とりあえず
ここまで形になっていれば、一応仕上げの段階に入っている演奏ではないかと思いました。

これは、勝手な個人的な気持ちです。1stうpの時に感じたことなのですが、イントロの後の第1
フレーズの歌い方についてのことです。
@23C56l@23……  という流れの中で、6から@にかけてのつながりがとてもレガート
に感じられました。これは私の好みなのです。
他の方から、間違いと言われておりますがw
inoさんの歌い方にもそうした小節を越えてメロディをつなげる意識を感じて少し嬉しかったのです
が、今回の演奏ではそうした部分が
C56ll@23C56 というように小節ごとに「きちんとリズムにのった流れる演奏」という
具合になっていました。
その辺りは、意図なさってそう表現したのでしょうか?
それとも、指の都合でそう変わってしまったのでしょうか?
すみません、質問になってしまいました。



412 :五線譜 ◆Pb08VBS0I6 :2006/07/27(木) 17:19:26 ID:1xY5Oqju
うpした方乙、ぱちぱちぱちぱち
>名無しAさん こういう系統の曲と、どういう経緯で出会ったのか? 必勝法は?
これ系統のレパートリー獲得のため、平素どんなアンテナを張ってるのか?とか、
そういうのを是非書いて下さい。
>オーロラさん 全体的に独奏ではなく、アンサンブルに聴こえるので、響きが立体的になってます。
「ギターは小さなオーケストラ」の領域です。練習の成果出まくりです。
音のバラシのタイミングに関しては、全部同じにしないで、ネチコクやる場所、
あっさり味の場所、ほとんど同時なのかどうかよくわからない場所等、無段階可変
で変化をつけると良いかと。
Aの部分は巧い!NHK名曲アルバムみたいに映像が感じられる。
ただ、「映像番組」であるならば、シーンチェンジというのがあるはず。
Aのシーンがフェイドアウトしつつ、Bのシーンがフェイドイン。トランジションね。
トランジションの部分までは巧くいってる。でもBのシーンがどんな映像なのか・・・・・
Bの部分は、技術的にほぼ完璧。巧い!
だから、あとは自分内のイメージ(映像)が明確にしてくと、おもしろいと思う。
Bはさらに何シーンかに分かれているだろうし・・・・・・そうね、オレだったら、
季節の移ろいとか、河川なり湖周辺に生息している生き物がサナギから成虫になるシーンとか、
生存競争に負けた生物の屍骸とか・・・・・梅雨の雨模様とか・・・・・・極寒の雪景色から春の芽生えとか。

まず奏者側が明確なイメージを持って、そのイメージをリアライズするための練習(表現)をしとかないと
ダメだそうです。それが可能になってはじめて、受け取る側も色んなイメージを持てるとのこと。
(以上、福田進一のウケウリ)
めざせ次のステップ!!

あーあ、書いちまったぜオレ。というわけで書いた以上、オレもあと一回はこの曲をうpします
ってことで>yuujinさん

inoさんへのレスは、後日。      

413 :名無しA:2006/07/27(木) 20:06:52 ID:wbOpNV1J
>>409 inoさん
力強さと繊細さそして心地よさがうまい具合に溶け合って上質の音楽に
仕上がっていると思いました。
前回の演奏はそこらへんのバランスというかさじ加減がちょっと偏って
いたように感じましたが、今回の演奏は聴きながらここが気になるなあ
と感じた箇所はなく、ここがいい、ここもいいといった感じで美しいギター
の響きに十分ひたることができました。
聴きごたえのある素晴らしい演奏だと思います。

414 :ino:2006/07/28(金) 00:03:08 ID:Xw/gV/QS
みなさん、コメントをありがとうございました。いつも励みにさせていただいてます。
m(__)m

>410さん
環境などはかわっていませんが、前回は低音を効かせ過ぎて失敗だとおもったのでいつもと同じくらいに戻しました。
そういえば、リバーブをかけるソフトを「sazanami」から「wavy」というフリーソフトに換えました。sazanamiがただじゃなくなったので・・・
音の感じが変わったとすればそのせいがあるかもしれません。
CDのようだと思っていただけたらとてもうれしいです^^

>411yuujinさん

・・・曲の練習をどこで一応終わりにして録音するかというのはいつもとても難しい問題ですね・・・終わったと思って録音してもまだ変化していったり・・・逆にまだ良くなると思って練習を続けてもほとんど変わらなくなったり・・・
フレーズの歌いかたのことは・・・yuujinさんのおっしゃる通りが良いように感じます。
テンポが変わっても歌い方は大体同じつもりで弾いていましたが、そうなっていないとすれば意図的なものではなくて丁寧な演奏ができていないんだと思います・・・

>412五線譜さん
Bについてはドラマチックなイメージを勝手に想像していました^^
うpを楽しみにしています。

>413名無しAさん
いつも暖かいコメントをありがとうございます。
名無しAさんの演奏もコメントもさりげないところに含蓄というか深みがありますね^^

415 :yuujin ◆wIEqTYjkiE :2006/07/28(金) 12:25:13 ID:DIeOPaQA
>>414inoさん

>・・・曲の練習をどこで一応終わりにして録音するかというのはいつもとても難しい問題ですね
 ・・・終わったと思って録音してもまだ変化していったり
 ・・・逆にまだ良くなると思って練習を続けてもほとんど変わらなくなったり・・・

確かにそうですね。どこまで弾き込んでも更に上の世界が見えてきますし……
究極の完成はまた別の問題として、ひとまず練習を続けてもほとんど変らないところまで達してい
たとすれば、そこがひとつのゴールなのではないかと思います。
現時点での自分の総仕上げということになるのではないでしょうか?
そして、それでも演奏をプレイバックしてみて「何かが足らない、とか、これは違う」と感じたと
したら、それは曲のレベルに自分が追いついていないということで、残念ながら

『将来のためにとっておく曲』

とするしかないのでしょうね。私など、そういう曲がいっぱいストックされちゃってますw
ですから>>344のオケラさんのように

>みなさんと同じく、弾き込み不足ではあるけど、
 自分がやりたいと思っていることは盛り込まれている筈と思ってうpしました。
こう言ってうpしたいものだといつも思っています。
自分でそう思えたら、多少の弾き込み不足であっても一応の仕上げになるのだと思います。

416 :五線譜 ◆Pb08VBS0I6 :2006/07/28(金) 13:01:52 ID:M85kbC4N
>yuujin 『将来のためにとっておく曲』というのを、オレ流の表現で書くと、
1.これ以上ウマくならないと感じたら、放置して、さっさと他の曲に取り組む
2.自分は上達したな、と感じた段階で、また取り出して、再挑戦する。
です。

「1」のプロセスで、自分に何が足りないか、自分で明確にわかる場合は、それ専用練習曲
に取り組めばよいんですが、この世界、なかなかそういう便利なものがないので、ある曲の
一部分を利用するとか、さらにそれを自分専用にアレンジするとか、ですね。

蛇足ですが、
「単一曲(一曲のみ)だけを長期に渡ってずっーと練習してると、どんどんヘタクソになる」
というのがオレの持論です。特に発表会前なんかに、これやると、もう最悪の結果が待ってました。
もうさんざんw

417 :yuujin ◆wIEqTYjkiE :2006/07/28(金) 13:17:20 ID:DIeOPaQA
>五線譜さん
お昼休みが終わりますので一言だけ

ある曲を長期に渡って弾き続けると、それなりに上達します……よね。
(その1曲のみではなく他の曲も弾きながらも、その曲はずっと弾き続けるという意味です)
停滞するときもありますが、自分に足らない要素を探り出し、それを強化する練習をして、
さらにその曲に生かせるように努力します。
そうしているうちに「視野」というか視点が広がり、その曲の『意味が多重化』してきて
より魅惑的に弾けるようになってきます。
というのが私の経験則です。

ちょっと意味合いが違いますが、ある曲を長期に渡って練習しているとかえって下手になる
という意味に誤解できそうな話なので、補足しました。

418 :五線譜 ◆Pb08VBS0I6 :2006/07/28(金) 13:45:23 ID:M85kbC4N
単一曲(一曲のみ)だけを練習して、他の練習を一切やらないと、って意味です。

その曲(一曲)に対する習熟性は増しても・・・・・・もっと大切なことが確実に目減りしちゃう
と思いますよ。最悪、ある日突然、何も弾けない自分に気づく。
「演奏会直前突然弾けなくなる症候群」は、他楽器の世界にもあるそうです。

419 :オケラ:2006/07/28(金) 15:40:30 ID:WSnsU0WL
僕もある程度の期間弾いた曲はお蔵入りさせます。
長期間弾いてるとマンネリになっちゃうから。
でもって、何カ月かして、また弾き始めると前とは違った新鮮なビジョンが見えてくる。

お蔵入りさせてる最中も、多分何かがその曲の肥やしになってるんですよ。
延々と弾き続けてると、新鮮さが薄れて良くない気がするけど、
「下手になる」というのは、ある意味、自分の要求レベルが曲の仕上がり以上に上がってるのかなぁと。

ま、人によって違うでしょうけど、僕は飽きやすいからマンネリ化するのも早い。
だから、仕上がってなくても、次々と新しい曲に飛びついちゃってます。

241 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)