2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

ベートーヴェン ピアノ・ソナタ総合 その6

1 :名無しの兵隊の行進:2006/06/06(火) 21:58:24 ID:FeRHZ6KV
ベートーヴェン ピアノ・ソナタ総合
その5 http://music4.2ch.net/test/read.cgi/classical/1138220592/
その4 http://music4.2ch.net/test/read.cgi/classical/1120626630/
その3 http://music4.2ch.net/test/read.cgi/classical/1096575003/
その2 http://music4.2ch.net/test/read.cgi/classical/1077852065/
その1 http://music3.2ch.net/test/read.cgi/classical/1067496685/

2 :名無しの笛の踊り:2006/06/06(火) 21:59:02 ID:rxXfSE+h
にんにん

3 :名無しの笛の踊り:2006/06/06(火) 22:00:27 ID:tuUnLgVW
関連スレ
L.v.ベートーヴェン総合スレッド
http://music4.2ch.net/test/read.cgi/classical/1143719952/
 ベートーヴェンのピアノ協奏曲総合part1 
http://music4.2ch.net/test/read.cgi/classical/1148633019/
ベートーヴェンの弦楽四重奏 その2
http://music4.2ch.net/test/read.cgi/classical/1125677745/
ベートーヴェン 交響曲総合スレッド
http://music4.2ch.net/test/read.cgi/classical/1144602133/
ベートーヴェン交響曲第5番ハ短調【運命】
http://music4.2ch.net/test/read.cgi/classical/1147831469/
ベートーヴェンの交響曲7番は駄作
http://music4.2ch.net/test/read.cgi/classical/1133534281/

■L.v.ベートーヴェン総合スレ その1□
http://bubble4.2ch.net/test/read.cgi/piano/1141392229/
ベートーヴェン ソナタ演奏専用
http://bubble4.2ch.net/test/read.cgi/piano/1141131393/

4 :名無しの笛の踊り:2006/06/06(火) 22:13:48 ID:vDOfex6z
>>1
おっつー

これでやっと後家をコケに出来るぜwwwwwwwww

嘘です。
バックハウス愛してます。
でもリルも好きです。

5 :名無しの笛の踊り:2006/06/06(火) 22:14:39 ID:1ifFWRfu
グルダとポミエの演奏ってどうですかね?

6 :名無しの笛の踊り:2006/06/07(水) 12:28:48 ID:RttwVlYq
熱情で選ぶならどの全集ですか?

7 :名無しの笛の踊り:2006/06/07(水) 14:25:59 ID:wbOJi94y
NGワード:精神

8 :名無しの笛の踊り:2006/06/07(水) 14:27:46 ID:586c7xR4
 [849]  名無しの笛の踊り [sage] 2006/02/16(木) 18:15:55 ID:tOsYvsbT
>>835
ああ、初心者だと思われてしまったか。少し悲しいな。
自分は半年かけて練習して、ステージの上で熱情ソナタを暗譜で弾いた
ことがありますよ。先生の奥さんからかっこいいとほめられたけど、先生は
むっとした顔をしていましたね。
グルダの演奏会はその次の年だったかな。
まあ、変な能書き垂れるよりも、いつでも好奇心いっぱいで初心者のつもり
でいますよ。でも、音楽に耳を傾ける時は真剣にならないといけませんね。
ちなみに「熱情ソナタのお薦めは?」と訊かれたら、「グルダ盤」とは
答えませんよ。

9 :名無しの笛の踊り:2006/06/07(水) 17:23:30 ID:nuB6OOr0
じゃあ誰の?

10 :名無しの笛の踊り:2006/06/07(水) 18:52:50 ID:WDgyfISh
アシュケナージで、初めて「熱情」の良さに気づいた俺は邪道ですか?

11 :名無しの笛の踊り:2006/06/07(水) 19:13:07 ID:GkhYHcgH
シフって言ったら、ぼこぼこにされちゃう?

12 :名無しの笛の踊り:2006/06/07(水) 19:24:55 ID:gVHWfm4e
そもそも、バックハウス以外は糞
バックハウスのべトソナこそが、真のベトソナ

13 :名無しの笛の踊り:2006/06/07(水) 19:32:14 ID:mPjMLYkS
同意。
バックハウス様以外は如何せん精神性に欠ける。
音楽に深みがない。
バックハウス様の演奏を聴いてるとまるで神の訓辞を聴いてるかの様な錯覚を覚える。
そんな自分が怖い・・・。バックハウス様の演奏はそういった何か超越したものを感じさせてくれる偉大な至宝といえよう。

14 :名無しの笛の踊り:2006/06/07(水) 19:46:20 ID:XyWEbbYg
てかバックハウスを、批判するヤシは完全なドキュソ
こいつらが、ベトを聴いてるってだけで、ムシズが走る

15 :名無しの笛の踊り:2006/06/07(水) 19:46:40 ID:mPjMLYkS
>>13
同感です。
バックハウス以外はベートーヴェンがピアノソナタという形式で伝えようとした事の数%ですら表現出来てませんね。
グルダ?シフ?ブレンデル?・・・はぁ?って感じです。
>>10>>11
耳鼻科に行かれる事を強くお勧めします。

16 :名無しの笛の踊り:2006/06/07(水) 20:14:01 ID:nuB6OOr0
・・・

17 :名無しの笛の踊り:2006/06/07(水) 20:20:16 ID:XyWEbbYg
>>16
…ってのは、もちろん、バックハウスの素晴らしさに、言葉も出ないって事だよな?

18 :名無しの笛の踊り:2006/06/07(水) 20:35:43 ID:20ZRQC+R
グレン・グールドの悲愴、月光、熱情。
何度聴いても飽きない。

19 :名無しの笛の踊り:2006/06/07(水) 20:47:06 ID:XyWEbbYg
>>18
病院行ってこい
カス

20 :名無しの笛の踊り:2006/06/07(水) 21:08:01 ID:Ha/nSFPW
高校の終わりごろまでピアノをやっていて、
特にベートーヴェンはよく弾いたから
幾つか全集も持ってるが、
(アラウ、グルダ、バックハウス、ハイドシェック)
全集に限れば
正直言ってグルダの2回目の全集が
粒がそろってると思う。(ただし三大ソナタはもの足りない)
バックハウスは確かに流石なものがあるけど
ピアノを習っていた身とすれば
少し(テクニック面で)物足りないものがある。
ハイドシェッ区は宇○に騙された。愚かだった。




21 :名無しの笛の踊り:2006/06/07(水) 21:26:06 ID:WbYp1D+K
壮大な釣りを除外すると、まだほとんど何も書かれていないスレですが、

ハイドシェックの宇和島なんたらは酷いですが、若いころの全集はまじめでいいですよ。


22 :名無しの笛の踊り:2006/06/07(水) 22:38:01 ID:nuB6OOr0
なるほど

23 :名無しの笛の踊り:2006/06/07(水) 22:59:04 ID:c5mCXrJZ
いやあ、全集ならナットだろ。

24 :名無しの笛の踊り:2006/06/07(水) 23:01:06 ID:XFqx+fIo
やっぱりブレンデルでしょう

25 :名無しの笛の踊り:2006/06/07(水) 23:43:18 ID:nuB6OOr0
今はポミエ
タワーにたくさん陳列されてあった

26 :名無しの笛の踊り:2006/06/08(木) 18:11:26 ID:6mXu2Xa7
グルダ

27 :名無しの笛の踊り:2006/06/09(金) 19:25:24 ID:t3ADb9lg
ポリーニの3大ソナタはどうですかね?

28 :名無しの笛の踊り:2006/06/09(金) 23:09:00 ID:t3ADb9lg
あと後期ソナタも

29 :名無しの笛の踊り:2006/06/10(土) 03:35:39 ID:0dG4NBNe
全集なら、やっぱりアシュケナージが一番でしょ?

30 :名無しの笛の踊り:2006/06/10(土) 03:42:45 ID:btCeOlYR
うん、有名どころでは一番つまらないね

31 :名無しの笛の踊り:2006/06/10(土) 05:03:03 ID:V1WUcldf
珍 ポ見え

32 :名無しの笛の踊り:2006/06/11(日) 00:02:53 ID:phBM+U+y
全集でお勧めなのは、アニー・フィッシャー、ポミエ。

33 :名無しの笛の踊り:2006/06/11(日) 17:28:56 ID:kSngmCbo
ポミエ、タワーで大量に並べてあった

34 :名無しの笛の踊り:2006/06/12(月) 19:56:08 ID:boynp0KB
ベストはバックハウス?

35 :名無しの笛の踊り:2006/06/13(火) 21:31:44 ID:IEy5h+Kt
今まで聞かず嫌いだったけど、悲愴って良い曲だな…。

36 :名無しの笛の踊り:2006/06/13(火) 23:46:45 ID:g3zgP0ZL
叩かれるのは覚悟でベストはケンプ
バックハウスの旧盤も捨てがたいが俺はケンプの新盤も旧盤もどっちも好きです

37 :名無しの笛の踊り:2006/06/14(水) 18:05:37 ID:Xn+nKRD0
ケンプいいんじゃないの?

38 :名無しの笛の踊り:2006/06/14(水) 18:48:13 ID:BrXp9vDp
叩かれるのは覚悟でベストはバレンボイム
自身の旧盤も捨てがたいが俺はバレンボイムの新盤も旧盤もどっちも好きです

39 :名無しの笛の踊り:2006/06/14(水) 23:42:59 ID:CiK+77l/
Piano Sonate no. 30 E dur op. 109 - Arietta. Adagio molto semplice e cantabil
が好きです

40 :名無しの笛の踊り:2006/06/15(木) 11:47:30 ID:8MeB4nSj
入手困難だったモイセイヴィッチの録音がナクソスから出た。
http://www.naxos.com/mainsite/NaxosCat/naxos_cat.asp?item_code=8.111115

誰それ?って人もだまされたと思って聞いてみる価値あり。
ものすごく甘美なのにあっさり流麗に弾いてる。
派手ではないものの非常に個性的な演奏なので新鮮に感じられるはず。

41 :名無しの笛の踊り:2006/06/15(木) 13:04:55 ID:YUmk6W1y
 なんでグルダ薦める人って、みな判で押したように「粒が揃っている」
って言うのかなー?弾き流している(というか指が回っていない)箇所
が結構あると思うけど。Op.57の終楽章なんかで特に顕著。

42 :名無しの笛の踊り:2006/06/15(木) 13:30:14 ID:pYz8qEaa
みんな同一人物だから

43 :名無しの笛の踊り:2006/06/15(木) 19:49:44 ID:CKgUCS7c
バックハウス新旧、グルダ新、アシュケ、ギレリス、シフを
聴いた中ではグルダ新が粒が揃っていてよい



44 :名無しの笛の踊り:2006/06/15(木) 20:28:39 ID:XL4TIte/
杉谷の第8集が出たなんて知らなかったよ。売れないのかな。若杉ブルックナーの
二の舞か?

45 :名無しの笛の踊り:2006/06/15(木) 21:02:16 ID:yqj0y5X6
バックハウスとケンプの演奏のそれぞれ特徴はどんな感じ?

46 :名無しの笛の踊り:2006/06/15(木) 23:44:49 ID:jdHxUeMy
>>45
どちらも粒が揃っている

47 :名無しの笛の踊り:2006/06/16(金) 00:11:56 ID:5FSpVH6F
一番粒が揃ってるのは誰?

48 :名無しの笛の踊り:2006/06/16(金) 00:13:07 ID:Sr/Bcr4q
>>45
バックハウス・・・技巧的には下手。日本だけで神格化。
ケンプ・・・よく歌う演奏。言われるほど下手ではない。

49 :名無しの笛の踊り:2006/06/16(金) 08:36:02 ID:xRii54t1
>>47の書き込みも粒が揃ってる

50 :名無しの笛の踊り:2006/06/16(金) 09:59:08 ID:Ph5wqFxz
ソナタ全集が一つ欲しいのですが、
イヴ・ナットの全集はどうでしょうか。

51 :50:2006/06/16(金) 10:06:14 ID:Ph5wqFxz
バラでは、ケンプ、バックハウス、グルダ、ギレリス、ヴェデルニコフ、
ブーニンなどを持っています。
ヴェデルニコフの全集があれば即買うのですが・・・。

52 :名無しの笛の踊り:2006/06/16(金) 10:31:54 ID:5zC51X6o
>>50
粒が揃っている

53 :名無しの笛の踊り:2006/06/16(金) 23:11:28 ID:87c0axtP
>>51
ヴェデのほうが粒が揃っているから止めとけ

54 :名無しの笛の踊り:2006/06/17(土) 14:15:59 ID:AwpZtR6E
コヴァセヴィチはどうですか?

55 :名無しの笛の踊り:2006/06/17(土) 15:15:34 ID:CAjAT6nt
>>54
グルダほどには粒が揃っていない。

56 :名無しの笛の踊り:2006/06/18(日) 13:00:48 ID:sATMtt2A
グルダは粒がそろいすぎ。それが欠点になっている。

57 :名無しの笛の踊り:2006/06/18(日) 14:34:28 ID:T1XRN1b6
>>50
ポミエ

58 :名無しの笛の踊り:2006/06/18(日) 14:43:56 ID:bHqvHxZJ
そもそもグルダの粒が揃っているという評価に疑問を持たないのか

59 :名無しの笛の踊り:2006/06/18(日) 23:54:09 ID:7Gr1FW3y
そもそも「粒が揃っている」って、どういうことなのよ

60 :名無しの笛の踊り:2006/06/19(月) 00:19:43 ID:GyxpbRx/
打鍵の強度・タイミングが自然って事じゃね?
メカニカルな部分がしっかりしていてなおかつ丁寧って事か?

61 :名無しの笛の踊り:2006/06/19(月) 16:11:17 ID:F74bWzG/
粒がそろってないのは誰?

62 :名無しの笛の踊り:2006/06/19(月) 17:10:58 ID:pDefDtSy
フジ子

63 :名無しの笛の踊り:2006/06/19(月) 17:29:18 ID:JgRj9jyV
横山盤は粒がそろってるという気がする

64 :名無しの笛の踊り:2006/06/21(水) 13:42:26 ID:dbVRKe3o
オピッツが全集開始してるの今日はじめて知った。

65 :名無しの笛の踊り:2006/06/21(水) 17:33:10 ID:hDIGdu6Z
ポミエとパールはどっちが美しい音色でつか。


66 :名無しの笛の踊り:2006/06/21(水) 19:12:28 ID:A2KiteIj
ポエミしか持ってないけど、音色は固めで綺麗。
録音はクリアだけどマイクは離れ気味な印象。

67 :名無しの笛の踊り:2006/06/21(水) 21:08:30 ID:188I9DF/
パールしか持ってないけど、音色は硬めで綺麗だが硬すぎるきらいがある。
録音はクリアだけどマイクはやや離れ気味な印象。

若くて熟成の足りない酒って感じ。
まずくはないけどトゲトゲしてますよ。
ピアノ聴いてて「打鍵が強すぎで耳が痛い」と思った事があるなら止めた方が吉。

68 :65:2006/06/22(木) 08:44:57 ID:rsmASujh
>>66-67
パールもポミエも硬めの音なのでつか?
強い打鍵のは苦手だなぁ。

69 :名無しの笛の踊り:2006/06/23(金) 21:31:32 ID:sAw3Of2H
月光のCDが欲しい。思わず、聞き惚れてしまうようなピアニストっています?

70 :名無しの笛の踊り:2006/06/23(金) 22:29:49 ID:VS7jCj8s
ヴェデルニコフ

71 :名無しの笛の踊り:2006/06/24(土) 10:52:50 ID:s0tVZGsD
これを超える月光3楽章を探しています

ttp://054.info/054_52396.mp3.html
pass: gekko

これを聞いて以来、普通のピアノは和音がにごりすぎて聞けない

72 :名無しの笛の踊り:2006/06/24(土) 11:14:12 ID:HliD+e8P
>>71
アシュケナージでも聴いとけば

73 :名無しの笛の踊り:2006/06/24(土) 11:26:37 ID:l5KNx+Kp
俺が聴いた中で最高の月光は、
むかし見た映画の中で演奏されていたやつだな。

「月光の夏」という映画なんだが、知らんかな?

まあ、一回聴いただけだし、あれが初めて聴いた月光だったし、ということで、
思い出補正がかかっている可能性はかなり高いんだが・・・・・・

74 :名無しの笛の踊り:2006/06/24(土) 19:34:28 ID:lDUGLkw6
「月光の夏」観て〜w全楽章弾いてるの?

75 :名無しの笛の踊り:2006/06/24(土) 20:10:53 ID:l5KNx+Kp
>>74
いや、第三楽章だけ。
だから、後で第一楽章だけのやつ聴いたら、
「こんなの月光じゃない!」って思ったね。

いま考えてみたら、第一楽章のほうがメジャーなんだよな。

76 :名無しの笛の踊り:2006/06/24(土) 22:20:52 ID:4o8/tCUB
>>72
アシュケーナージってキルンベルガーですか?

77 :74:2006/06/25(日) 12:49:52 ID:faAA70Ro
>75
尚更観たくなったw
月光が聴ける映画、他にないかな。「キャシャーン」で月光にハマったんだが…orz

78 :75:2006/06/25(日) 13:46:18 ID:pfGc++Np
いや、まてよ。
>>75には第三楽章だけと書いたが、
ひょっとしたら、全楽章弾いてたかも・・・・・・

なにしろ、あの頃はまだクラシックにはまる前で、
ソナタ形式というものがよく分かってなかったから。

全楽章弾いてても、一番印象に残りやすい第三楽章だけ憶えていたなんてことは、十分ありえる。


79 :名無しの笛の踊り:2006/06/26(月) 15:30:36 ID:nShskFAY
・・・で、「粒立ったピアノ」って、どんな音してるの?
誰か教えて。

80 :名無しの笛の踊り:2006/06/26(月) 16:11:56 ID:WM2MnWhe
パツパツしてる

81 :名無しの笛の踊り:2006/06/26(月) 17:35:22 ID:5dgNa1ct
コンジローム

82 :名無しの笛の踊り:2006/06/27(火) 21:10:35 ID:tegugBDK
月光弾ける人いる?
マジ尊敬するよ。

83 :名無しの笛の踊り:2006/06/29(木) 21:25:45 ID:MfSXsaFZ
ガヴリリュクの月光はどう?

84 :名無しの笛の踊り:2006/07/03(月) 23:24:39 ID:ZkFBTWJk
シュナーベルがもうちょっと音よかったら最高なんだけどな

85 :名無しの笛の踊り:2006/07/04(火) 14:27:41 ID:emlc0i+4
ポミエの全集買いました。
音がキンキンしていて、私にはきつい。
でもこれって、世間では素晴らしい演奏の一つとされているのですか?

86 :名無しの笛の踊り:2006/07/04(火) 21:13:28 ID:Jf3g+9Cw
オピッツはどう?
全集1巻聴いて、音が響きすぎて輪郭がぼやけた感じの
録音だけど、いい演奏だと思った。
全集完結したらどのくらいのランクの出来だろう?

87 :名無しの笛の踊り:2006/07/04(火) 22:56:32 ID:pcvJuJEx
ナットの凄いセットが出るらしいぞ。いくらだろ?
http://members.jcom.home.ne.jp/0717478301/new:20release.html

88 :628:2006/07/05(水) 01:00:56 ID:Lv5irY/M
↑ 見れないぞ

89 :名無しの笛の踊り:2006/07/05(水) 19:59:25 ID:gdQ/jwMC
コピペすりゃみれるよ
15枚組みだってさ

90 :85:2006/07/06(木) 08:55:28 ID:ZkNDLB5v
>>86
まだ第2巻までしか出てないようですね?
大好きなワルトシュタインが出たら、購入を検討します。
(私はひの饅さんではありません)

>>87
ナットだ!ナットだ!
素晴らしい、ベトソナ全集買わずに待っていてよかった。
これはどこのレコード会社でしょう?
ベトソナ全集が5,000円ぐらいだから、12,000円ぐらいかな?

91 :90:2006/07/06(木) 09:59:47 ID:dbcDRuU1
調べたらありました。
ナット超絶スペシャル、犬のマルチバイだと7394円です。
うわー、買っちゃおうかな〜 買っちゃおうかな〜

http://www.hmv.co.jp/product/detail.asp?sku=1259354

92 :名無しの笛の踊り:2006/07/06(木) 15:20:46 ID:Sx4v/Hq8
ベートーヴェンとシューマンだけで十分価値ありそうだね

93 :名無しの笛の踊り:2006/07/07(金) 22:08:47 ID:aSC4mYzN
このコヴァセヴィチのDVDってどうよ?
ttp://www.hmv.co.jp/product/detail.asp?sku=1469833

94 :名無しの笛の踊り:2006/07/07(金) 22:24:31 ID:+g/5bxgc
仲道郁代はすばらしい

95 :名無しの笛の踊り:2006/07/07(金) 23:26:20 ID:CdQzNL8Z
同意

96 :名無しの笛の踊り:2006/07/07(金) 23:28:33 ID:Ab4sHAE9
月光、めちゃくちゃガチガチで厳しく弾いてるのって誰?
鋼鉄、クリスタルwって感じの。

やっぱポリに?

97 :名無しの笛の踊り:2006/07/08(土) 00:02:19 ID:k5dO3dO+
最近ブレンデルの全集を買い、順番に聴いている。
悪とシュタインまで聴いた。どれも面白い。
ベーヴエンのピアノソナタは偉大です。

98 :名無しの笛の踊り:2006/07/08(土) 09:30:32 ID:22Z/PdvV
>>97
どの全集?

99 :名無しの笛の踊り:2006/07/08(土) 10:54:41 ID:k5dO3dO+
フィリップスから出ているヤツです。
他にもありますか?

100 :名無しの笛の踊り:2006/07/08(土) 12:43:36 ID:1KG9CaHr
100ゲット。ブレンデルは全部で3回作ってますよ。
VOX(60年代)、Philips(70年代)、Philips(90年代)。

101 :名無しの笛の踊り:2006/07/08(土) 15:40:02 ID:rjEnc9CG
>>100
70年代のものです。
60年代、70年代、90年代でそれぞれ芸風に違いはありますか?
もしあれば、教えてください。

102 :名無しの笛の踊り:2006/07/08(土) 18:01:32 ID:qOjZ1KKl
>>96
ギレリスのメロディアのライブの月光がかなりキツかったと思う。
自分が7歳のときLPで聴いて圧倒されて、ベートヴェンにハマった演奏。

残念ながら今売っているのかどうか確信がないのだが、これなんかが年代的にもレーベル的にもそうだと思う。
ttp://www.towerrecords.co.jp/sitemap/CSfCardMain.jsp?GOODS_NO=755395&GOODS_SORT_CD=102


103 :名無しの笛の踊り:2006/07/08(土) 18:54:17 ID:ybSADwsf
ギレリスって80年くらいに、グラモフォンから
出してるよね。あれってどう?

104 :名無しの笛の踊り:2006/07/09(日) 00:51:54 ID:tvnMtSeK
>>103
ギレリスはスタジオでは大人しいっていうか、全然芸風が違うのだよね。
あの選集はいくつか聴いたけど、自分はギレリスはライブがいい。

105 :名無しの笛の踊り:2006/07/11(火) 13:47:37 ID:zI0lwNoQ
エル=バシャの全集持ってる人はいないのでつか?
彼のピアノはどんな感じなの?
レバノンのせせらぎって感じ?



106 :名無しの笛の踊り:2006/07/11(火) 13:52:56 ID:vQGOQGmo
あなたするどいですね。まさにレバノンのせせらぎって感じですよ

107 :名無しの笛の踊り:2006/07/11(火) 14:04:29 ID:8cYkMsiS
ディーターツェヒリンの月光についてはどう思われますか?

108 :名無しの笛の踊り:2006/07/11(火) 14:10:37 ID:w7P/LzHQ
>>105
彼の演奏にはアラブ的要素は殆どないな。
どっかのスレで軽くレビューしてなかったっけ?

109 :105:2006/07/11(火) 14:44:31 ID:GjXd6d9K
>>106
いや、本にそう書いてあったんですw>レバノンのせせらぎ
私はエル=バシャについては末聴です。
き、聴きたいよぉ〜
安くなるのを待ってるんですけど、買っちゃおうかなぁ〜

>>107
私に対する質問ですか?
すいません、その方も未聴ですが、月光は有名でしたよね?
ジャケットに月光の絵が描いてあったような?
確か科学者かなんかの志望だったけど、
いきなりコンクール優勝しちゃったさん、でしたっけ?

>>108
ど、どこですかー
ま、どれだけレヴュー読んだところで、
実際自分が聴いてみるしか、このムラムラ(?)は沈静しない訳ですが。
でもナットの大全集(ベトソナ全集も含む)も欲しいしなー
でもでも、ナットよりエル=バシャかなぁー あああ・・・

110 :名無しの笛の踊り:2006/07/11(火) 14:46:33 ID:Kq7zjYU+
数日前、芸スポスレ見てたら、松井秀喜がハンクラ弾けるとか
デマが飛んでたけど。

111 :105:2006/07/11(火) 14:48:03 ID:RbVswyAL
連投失礼。
私は月光はヴェデルニコフが好きですが、
ディーターツェヒリンの月光・・・
うーん、妙に気になるので聴いてみます

112 :名無しの笛の踊り:2006/07/11(火) 14:58:46 ID:vQGOQGmo
>>111
いや、ちゃかして申し訳ない。言葉で説明するのは俺には難しいが、ヴェデルニコフが好きなら
これも好きなんじゃないか。あまりクセのないまっすぐでかっちりとした演奏をする人だよ。
個人的にはナットよりおススメする。

ここで少し試聴できる。コレ以外にもel bacha, beethovenで検索すればいくつか出てくるよ。

http://www.amazon.fr/exec/obidos/ASIN/B0000256VO/sr=8-1/qid=1152596992/ref=sr_1_1/403-2814205-2459641?%5Fencoding=UTF8&s=gateway&v=glance

113 :111:2006/07/11(火) 15:13:02 ID:RbVswyAL
>>112
茶化しというか冷やかしでしたの?
本気かと思いましたが。

残念ながら試聴できる環境にないのですが、
エル=バシャさんのベトソナタは、ご紹介の4曲入りのと、
全集の二種類ありますよねぇ。
これは同じ演奏が入っているのですか?

とりあえず小さいCD(収録曲が少ないもの)でも聴こうかと思い、
ラヴェルを買おうとしましたが、私はラヴェル自体が未知の世界なので、
止めました。

この人の、顔が好きなんですよ。別にイケメンではないけど。
私の場合、顔が好きな演奏家(美醜という事ではなく)の演奏は○、
顔が嫌いな演奏家の演奏は×、と言うことが多いので、
期待大なのです。

114 :名無しの笛の踊り:2006/07/11(火) 15:38:13 ID:vQGOQGmo
>>113
>エル=バシャさんのベトソナタは、ご紹介の4曲入りのと、
>全集の二種類ありますよねぇ。
>これは同じ演奏が入っているのですか?

同じです。全集全曲試聴できるベージもありました。
http://www.amazon.fr/exec/obidos/ASIN/B000025CT7/sr=8-14/qid=1152599006/ref=sr_1_14/403-2814205-2459641?%5Fencoding=UTF8&s=gateway&v=glance

一枚もので試して全集を買うとその一枚は無駄になるので、どこかで試聴なさったうえで
全集を買った方がいいと思います。私もラヴェルでこのひとを知りましたが、ラヴェルより
ベートーヴェンの方がこのひとにあってる感じがします。

>茶化しというか冷やかしでしたの?
>本気かと思いましたが。
いや、「レバノンのせせらぎ」は冗談で仰ってるとおもったのです。
実際は流れるようなというより、むしろ楷書タイプの歯切れの良い演奏です。
せせらぎというにしては力強すぎますし。

うーん、顔についてはなんか濃いなぁという印象しかないですが、演奏はとてもいいので、
期待を裏切るってことはないと思いますよ。

115 :111:2006/07/11(火) 15:47:59 ID:uVqScEFV
>>113
どうでもいいですが、濃い顔は、わりと好きなんです。

吉澤ウィルヘルム(なんちゃって評論家?)という人が、
この人のピアノを「レバノンのせせらぎ」と評していたのです。
なので、瑞々しい感じなのかな?と、想像してましたが。
ともかく、ツウ好みというか、知る人ぞ知る凄腕ピアニストという感じが、
目指せクラオタ(今は初心者)な、私の心をくすぐります。

色々とありがとうございます。>>エルバシャ二世さん

116 :名無しの笛の踊り:2006/07/11(火) 16:38:01 ID:aGhQdwZx
ブレンデルの70年代全集って今現役盤?

117 :名無しの笛の踊り:2006/07/11(火) 16:41:42 ID:aGhQdwZx
自己解決
HMVにあった

118 :名無しの笛の踊り:2006/07/11(火) 17:06:25 ID:8cYkMsiS
私がツェヒリンを聞いたのはかなり昔で、図書館の視聴覚室で聞いたのです。
確か「ピアノピース」だったかと思います。ツェヒリンは旧東ドイツの重鎮
だったとかで、流れは同じ東ドイツ出身の先輩バックハウスと同じらしいですが、
演奏を聞く限りバックハウスとは対照的でした。一つ一つの音をハッキリさせる
バックハウスとは違い、月光3楽章においてもはじめからペダルが入っていて、指が
ちゃんとまわっていないんじゃないかと思わせるほど。聞いた感じは
フリードリッヒ・グルダを思わせました。最近ちょっと気をつけてCDショップを探していますが
見当たりません。どうしたものでしょう。

119 :111:2006/07/11(火) 17:09:12 ID:uVqScEFV

犬のにいっぱいありましたよ。

120 :111:2006/07/11(火) 17:10:03 ID:uVqScEFV
誤爆


121 :111:2006/07/11(火) 17:12:40 ID:uVqScEFV
犬でいっぱい売ってますよ。
安いなぁー!
バックハウスが苦手な私は、買いかもしれません。

http://www.hmv.co.jp/search/index.asp?genre=700&keyword=Zechlin


122 :名無しの笛の踊り:2006/07/11(火) 17:48:35 ID:ChmdEPpo
>>121
偉いねア(ryちゃん!

これも追加しとくね
http://www.hmv.co.jp/product/detail.asp?sku=370584

http://www.aria-cd.com/oldhp/label/eterna.htm

123 :名無しの笛の踊り:2006/07/12(水) 02:46:34 ID:9RtIjXAB
121様、122様どうもありがとうございました。私の不手際でした。
早速聞いてみようと思います。先ほどの補筆になりますが、バックハウス
の演奏は演奏者の主観を排除したところにしばし評価が集まり伝説的演奏
とさえ評されています。ここでそのツェヒリンですが、主観がどうのこうの
という観点で申せば演奏の至る所に彼の主観が散りばめられているように思います。
月光の話に戻りますが、作者の意図である幻想風というイメージに、
ツェヒリンの演奏は私の中で以外にフィットしたようにおもいます。
presto aditatoから連想するに、マラソンランナーが計算し尽くされたペースで
42.195キロを走り切るよりも、中距離ランナーがオーバーペースでフルマラソンを
完走しようとする無謀な行為のようなもの、がこの曲に限ってあってもいいのでは
ないかと思ったりします。左の考えは非音楽的かと存じますが、
このソナタは曲の構成といい作曲されたその時期といい、傑作を生み出す直前にあった
彼の若さが抽出されて出来た所に魅力がある、と申せば諸兄達のお叱りを受けるでしょうか。
以上が顛末です。

124 :名無しの笛の踊り:2006/07/12(水) 02:56:23 ID:9RtIjXAB
余談になります。先日Mr.ビーンのDVD第2巻を見ておりましたところ、
特典映像として“ビーンの誕生秘話”なる項目が挿まれておりました。
その中で若き日のローワン・アトキンソンが舞台で月光3楽章をBGMにして、
引きまねのパントマイムをするシーンがございます。私の聞いた感じでは
アシュケナージを使っていたように思うのですが・・・。バカバカしい話
なので申し上げにくいのですが、もしお暇ございましたら。

125 :名無しの笛の踊り:2006/07/12(水) 06:26:26 ID:bzKpG+Mr
アトキンソンってオックスフォードだろ?
インテリだよ

126 :121:2006/07/12(水) 09:05:54 ID:5cbRK8Y1
>>122
ピアノ先生、補足どうも〜
しかし二行目の「アリアCD」は、会員になって会費を払わないと
買えないのでは?
私はここの店主の本を持っておりますが、この本に紹介されたために、
確実に納期が遅れているCDがたくさんあるのでムカツキます。

>>123
ツェヒリン好きさん、122の方はとてもお詳しいので色々お聞きになると
よろしいですよ。

とある御大(指揮者)が、
「演奏に、指揮者の主観やら感情やらは必要なし。ただ楽譜あるのみ」
とおっしゃっておりまして、それはそれでカッコイイと思うのですが、
私も123さんと同じく、指揮者や演奏家の主観が演奏に混入されるのは
大いに結構じゃないか!派 です。

「月光」は、prestoの部分が好きなのですが、
本当に良さそうですねぇ、ツェヒリン。私も買ってみます。

127 :121:2006/07/12(水) 09:17:45 ID:5cbRK8Y1
あ、そうそう。調べ直してみましたが、昨日私が言っていた
「化学志望の瓢箪から駒ピアニスト」は、フランク・ブラレイでした。
何故かごっちゃにしていました、すいません。

それと、最近出版された、吉澤ヴィルヘルムの「ピアニストガイド」
という本があります。
自分と好みが近いので、よく参考にしていますが、
彼のツェヒリンの評価は、なんと三ツ星でしたよ(三ツ星が最高ランク)。

ツェヒリンの愛用ピアノはブリュートナー。
この人の本領は60年代に録音されたベトソナタにあり、
戦後活躍世代で最も好きなベートーヴェン弾きは、
60年代のツェヒリンと70年代後半のエッシェンバッハ、だそうです。
かなりの誉めっぷりです。

この本、ピアノに興味がある方は、なかなか楽しめると思います。

128 :名無しの笛の踊り:2006/07/12(水) 12:02:31 ID:1uT5OyQe
>>113
最近、ラフマニノフの前奏曲も出してるけどね。ラフマニノフが好きだったら薦める。
ペダリングを小刻みにして明るく清潔感のある音作りをしている。
ロシア式のドヨーンとした演奏が多い中で異色の録音だと思う。
後はプロコフィエフの初期作品集がいいけど、最近手に入り難い。
ショパンはこの人の場合音楽に遊びがないのであまり向いてないような。
でも協奏曲は好きだけど。
でも回り道しないでベートヴェン全集買って損はないと思う。

ちなみに自分は一昨年この人のライブでサイン貰って握手したw

129 :113:2006/07/12(水) 13:04:18 ID:/gSIEeSN
>>128
私も握手したい〜
バシャさんは、今年の5月頃にも、来日していたような気がしますが、
(どこかで記事を見た覚えが。)
また来てくれるかしら。
大物ピアニストは、フジ子(ある意味、大物)ぐらいしか聴いてないので、
ぜひ生で聴きたいなぁ。

しかしベトソナ全集・・・、25%offで9000円・・・
ううう・・・

130 :名無しの笛の踊り:2006/07/12(水) 13:12:08 ID:9RtIjXAB
ツェヒリン好きにしていただいた者です。月光の3楽章を中心に
お話してきましたので、もう1つ質問を申し上げます。趣向が
変わるようですが、スタニスラフ・ブーニンのpresto aditato
については皆様いかなるご意見をもっておられるのでしょうか?

131 :名無しの笛の踊り:2006/07/12(水) 23:02:10 ID:9RtIjXAB
失礼致しました。aditatoではなくagitatoでした。

132 :129:2006/07/13(木) 14:27:08 ID:P3wiFdCF
昨夜、手持ちの「月光」のCD、第三楽章だけを片っ端から聴きました。
夜中に目が覚めてまた聴き、今朝も聴いたので、
頭の中を、ギレリスの音色でヴェデルニコフのタッチの月光prestoが、
ぐるぐる回っています。

*ブーニンの94年のスタジオ録
この人以上にチャーミングなワルトシュタインを私は知らない(今のところ)。
悲愴もかなりいい。しかし月光は何か物足りません。
これってprestoじゃなくなくない?という感じがします。
*ヴェデルニコフの74年
圧倒的な素晴らしさ。
*ギレリスの70年のライヴ
ピアノが不思議な響き方をしますねぇ。そして、音の透明度がものすごいです。
久々に聴いてみて、なんだかとても新鮮な感じがしました。
今回、一番繰り返して聴いたのがギレリス。
*ケンプの65年
スタインウェイでしょうか?
こんなキンキンしたピアノは、私は最後まで聴けません。
*バックハウス
可もなく不可もなく・・・
*ポミエ
ころころころころころと、玉を転がすような感じ。でもこの人の解釈は
やっぱり変わっていると思う。まだ耳慣れていないので、
途中でイライラしてくる。

133 :129:2006/07/13(木) 14:35:50 ID:P3wiFdCF
・・・という所でした。初心者のタワゴトですが。

ブーニンは、この中では一番早くに購入しました。
(私はブーニン現象とかは知らないので、「この人って有名だよね、たしか」
ぐらいの気持ちで、特別な理由もなくなんとなく購入)
その時はそれなりに気に入っていましたが(月光)、
その後、ヴェデルニコフの月光を聴いて、それから改めてブーニンの
月光を聴くと、えらくアラが目立つように感じました。
出だしがひっかかっているように聴こえたり・・・。


まさかあなた様は、ブーニンさん本人ではないでしょうね?

134 :名無しの笛の踊り:2006/07/13(木) 23:57:52 ID:cnFM3MQY
129様大変ご丁寧に返事して頂き重畳に存じます。94ブーニンのWaldsteinを
“チャーミング”とは大変面白い表現法にございますね。そうですか、私もあの
presto agitatoはWaldsteinを聞いているだけに肩透かしを食わされたような
気分にございました。ヴェデルニコフ某をお褒めになっていましたが私も一度
聞いてみたく存じます。
 ところで当のベートーヴェンさんはどんな風にprestoを弾いていたのでしょうか。
ピアノも今とは質が違うでしょうし単純には比べられないのですが、
私の場合は手塚治虫のLudwig B.を読んだことがあるもので、あの顔、あの腕の感じ、
が余りにも印象的で頭にこびり付くくらいです。固定観念になってしまうマンガの
1弊害とでもいうべきでしょうか。しかし水が津波のようになって押し寄せるシーン
は好感がもてました。私も荒々しい津波のごとくprestoを弾けたらいいな、と想像を
膨らませたことがございました。
 さて皆様はどんな好ましいイメージをお創りになっていらっしゃるのでしょうか?
自分ならこう弾く、なんてことございますでしょうか?

135 :名無しの笛の踊り:2006/07/14(金) 01:11:37 ID:K/n75Ois
ヴェデルニコフの月光ソナタは、いわば、
果てしない闇の奥底に眠る、遥か昔の名もなき英雄の追憶である。
あらゆる明かりが消え、人々も獣たちも眠りに落ちた夜に、
ただ微風に揺れるこずえの響きに耳を傾けると、
いずこからか、挽歌とも子守唄ともつかぬ調べが聞こえてくる。
そうだ、ヴェデルニコフの月光だ。
夢なのか、回想なのか、よくわからぬが、
いくつかの幻影が星月夜におぼろに浮かんでは消えていく。
我々は、ヴェデルニコフに導かれて、
普段は思いもしない夜の眩暈に魅惑されるのである・・・

136 :名無しの笛の踊り:2006/07/15(土) 12:29:04 ID:/E/PMiYr
月光ソナタ。一楽章はひたすら遅く、三楽章はひたすら速く弾く。
一楽章は感情をこめるところを2箇所だけ、あとは淡々と、ディナミクも最小限に。
二楽章、ダカーポの後半までは一楽章の流れで。
三楽章、8小節までは目が覚めないように。第二主題はひたすら歌う、テンポ激しくゆらす。
と、自分ならこう弾く。
おすすめは、ソロモン。
この曲についてはカイザー本もとより、渡辺裕の4500円の本に各演奏聴き比べの詳細があるので、
これもおすすめ。



137 :名無しの笛の踊り:2006/07/15(土) 19:44:41 ID:V6U33BEM
バックハウスの全集<伊盤>を購入。音の輪郭がハッキリしていて
とてもよかった。これにくらべると不滅の1000シリーズはぼやけて
いて少しユルく感じる。


138 :名無しの笛の踊り:2006/07/15(土) 19:56:28 ID:stvqpYd2
バックハウスの月光は取るに足りない

139 :名無しの笛の踊り:2006/07/15(土) 20:37:52 ID:La+DbiEf
バックハウスのステレオ全集、一番音質の良いCDはどれだと
思われますか。小生は、POCL-4731/8を所持していますが、
他のセットをお持ちの方でご意見を伺えましたら幸いです。

140 :名無しの笛の踊り:2006/07/16(日) 00:36:58 ID:ZUMEIl3J
このアルバム買ったが調子いいぞ
http://www.hmv.co.jp/product/detail.asp?sku=1872245

141 :名無しの笛の踊り:2006/07/16(日) 06:42:57 ID:ZUMEIl3J
>>139 http://www.hmv.co.jp/product/detail.asp?sku=755403

これ最高。

142 :名無しの笛の踊り:2006/07/16(日) 12:52:29 ID:YbhKS4qg
バックハウスはLP時代明らかに
ワルトシュタインだったか告別だったかで
回転速度が途中で変わったような所があったが、
あれはなおっているんだろうか。

143 :139:2006/07/18(火) 01:35:58 ID:ifUIgpfq
ソナタのほうです。すみません。

144 :129:2006/07/18(火) 11:08:48 ID:i8ckNxg9
>>134
ヴェデルニコフは、ブーニンの偉大なるお祖父様ゲンリヒ・ネイガウスの
「最も才能ある四人の弟子」のうちの一人です。
これ以上に澄み渡る「月光」はありませんので、ぜひ。

手塚は「火の鳥」しか読んだことないですが、ベートーヴェン主役のも
あるんですね。どのように描かれているのか興味あります。

>>135
即興詩人、ブラボオ!

>>136
ソロモン、前々から気になっております。
途中からピアノ弾けなくなっちゃって、大変惜しいですね。


145 :名無しの笛の踊り:2006/07/18(火) 17:25:13 ID:J03Uf4gf
ヴェデルニコフの月光は
なぜあれほど悲しいのだろう。
だが、声を上げて泣くような悲しみではない。
眠れぬ夜に、青い月明かりの中で、
昔のことを思い出すうちに、
はらはらと涙があふれてくるような、そんな悲しみである。
手に涙が滴ってはじめて、自分が泣いていることを知る。
青い月明かりが、その涙をサファイヤのように輝かせるが、
まもなく跡形もなく消えてしまう。
長い人生の中では、喜びとはたった一瞬の出来事に過ぎないように。
ヴェデルニコフは孤独な夜の親しき伴侶なのである・・・

146 :名無しの笛の踊り:2006/07/19(水) 10:26:53 ID:0MmW2tr3
>>139
ここ10年以上のあいだ433 882-2を聴いていたけど、10日くらい前に
POCL-4731/8を購入。目が覚めるような思いをしてます。
伊盤は聴いてないけど、当分はPOCL-4731/8を聴き続けそう。
ケンプ旧やポミエに浮気して悪かった > 後家さん

147 :144:2006/07/19(水) 11:00:17 ID:jiLE3HIB
>>145
それはヴァデルニコフが、大いなる哀しみを抱えて生きていたからだと思います。
普段はその哀しみを表に出すことはしませんでしたが(見た訳じゃないが)、
ピアノを弾くと、やはり零れ落ちてしまうのですね。

人生の前半戦、耐え難い哀しい出来事がありました。
後半戦でも、あれほどの才能を持ちながら、なかなか国外で演奏できず、
名を知られることもなく。
憤る友人たちに、「でも僕にはレコード(録音)があるからいいんだ」と、
微笑っていたヴェデルニコフ。
彼の心中を思うと、本当に胸が痛みます。

ヴァデルニコフのピアノは「冷たい」と言う人もいます。
吉澤ヴィルヘルムも「シベリアの鉄格子」と評していましたね。
しかし私には、張り詰めた氷の奥に、赤く燃える花が見えます。
誰よりも熱いパッションを感じます。

148 :名無しの笛の踊り:2006/07/19(水) 11:38:10 ID:2Q0HOgQt
ヴェデルニコフをNGワードにしました。
スッキリしました。

149 :名無しの笛の踊り:2006/07/19(水) 12:45:52 ID:z5pLQvUe
>>148
後家もNG推奨

150 :名無しの笛の踊り:2006/07/19(水) 12:48:32 ID:pNkQDACa
なんでヴェデルニコフじゃなくて「ヴァデルニコフ」になってるんだろう、自分。

151 :名無しの笛の踊り:2006/07/19(水) 13:29:36 ID:z5pLQvUe
>>150
NG回避のためにはそのままにしておきなさい

152 :名無しの笛の踊り:2006/07/19(水) 17:00:35 ID:djUTGQ/O
>しかし私には、張り詰めた氷の奥に、赤く燃える花が見えます。
>誰よりも熱いパッションを感じます。

ヴェデルニコフの演奏をうまく表現していますね。
晩秋の静まり返った闇夜の奥底にも、
その地で悲劇的な死を遂げた人々の魂が息づいているように。
人は、非常につらい経験をすると、
そのときの衝動に駆られ、遠い海の彼方へ去りたい、
と思ったりするものです。
しかし、そんなときにこそ、ヴェデルニコフの月光を聴いて頂きたい。
そしたら、凍てついた荒野のはるか彼方から、
穏やかな眼差しであなたを見守る人がいることに気づくでしょう。

153 :147:2006/07/20(木) 13:01:06 ID:1p2HK1Wc
>>152

お褒めをいただき、ありがとうー!
吟遊詩人さんほどではありませんがー。

抱えきれないくらいの辛さや哀しさを乗り越えようとしている人にこそ、
ヴェデルニコフが染み渡るんですね。

幾山河越え去りゆかば 寂しさの果てなむ國ぞ 
嗚呼ヴェデルニコフ 

154 :名無しの笛の踊り:2006/07/20(木) 19:54:16 ID:p1m7pmIf
ヴェデルニコフの「月光」を聴いてみたいなぁ…。

155 :名無しの笛の踊り:2006/07/20(木) 21:28:15 ID:j/M5UxNB
150が見えない

156 :名無しの笛の踊り:2006/07/20(木) 21:29:55 ID:j/M5UxNB
と思ったら、152〜154も見えてなかったのかw

157 :名無しの笛の踊り:2006/07/20(木) 22:55:24 ID:LnC672zQ
いちいち見えない宣言してたらNGワード指定してる意味ないよ

158 :名無しの笛の踊り:2006/07/20(木) 22:59:21 ID:YJS7aenb
>>いつかこのスレでEl Bachaのソナタ集迷ってたひと
9000円超で買えるのは明日まで、明後日からはもとどおり12000円超になるよ。

159 :名無しの笛の踊り:2006/07/21(金) 11:41:36 ID:16Qyf+rV
>>154
ぜひ聴いてください。
「月光」が入っている盤は、「ロシアピアニズム名盤選」でも屈指の人気、
犬など、既に手に入らない(品切れ)お店が多数です。

>>158
ほっほっほっほ、それは私です。大変ありがとうございます。
塔で安くなったりするかもしれないので、もうしばし待ちます。

160 :名無しの笛の踊り:2006/07/21(金) 12:13:34 ID:Mx0CFvj5
>159
> 「月光」が入っている盤は、「ロシアピアニズム名盤選」でも屈指の人気、
> 犬など、既に手に入らない(品切れ)お店が多数です。
昨日新宿犬で手に入れたぞこの嘘つきやろう。

161 :159:2006/07/21(金) 12:32:14 ID:16Qyf+rV
>>160
本当だもん。
すいません、私が申し上げましたのは、犬の、ネット通販の方です。
かなり前(半年くらい前?)から消えていました。
・・・ていうか、お買い上げありがとうございます\(^^)/
ぜひ感想をお願いします。

私も、先程ヴェデルニコフの全CDのネット通販状況を調べましたら、
品切(廃盤)になりそうなものが多数だったので、
慌てて4点ほど注文しておきました。
私の場合、国産品CDは、いつでもなんでも20%引きで買えるので、
余裕をかましておりました。
うわーん、ハンマークラヴィーアが品切れになってたら、どうしよう!!
尼(ネット)でも品切れだったし。

162 :名無しの笛の踊り:2006/07/21(金) 12:42:27 ID:7Tq3Pna6
POCL4731/8を購入。伊盤より音がやわらかく聴きやすい感じ。
こうなると気になるのはEUR盤か。

163 :名無しの笛の踊り:2006/07/21(金) 13:03:38 ID:cLBzJO05
>>159
エル=バシャさんの5月?のリサイタル、行きましたよ。
時間がないのでいつもパスしてますが、サイン会もあったようですよ。

164 :159:2006/07/21(金) 13:18:01 ID:Pdpo0+OK
>>163
ななな、なーんですって〜!!
私は今年の7月に入ってから、エル=バシャさんの存在を知ったのです。
一歩遅かった。
いいなぁー、CDと比べてどうでしたか?


165 :名無しの笛の踊り:2006/07/21(金) 15:03:39 ID:9Mlb/CIb
>>154
そのレーベルは激しく安くはならないと思うけどな。
ブリに買収されれば別だけど。

166 :名無しの笛の踊り:2006/07/21(金) 15:05:18 ID:9Mlb/CIb
間違えた>>159 だ。

>>163
じぶんはアラビア語でサインしてもらった。
全然読めないけどw

167 :159:2006/07/21(金) 15:13:01 ID:31i9VtbE
>>165
私も、あまり安くならなさそうな気がしますが・・・
5000円以上のCDを買ったことがないので、躊躇します・・・
ま、冬のボーナスまで待ってダメだったら、25%引きで買う事にしますか。

アラビア語・・・
サイン会に行っても、しゃべれないじゃないか・・・
英語通じるのかな。とりあえずブラボオ!ブラボオ!って言っておけばいいかな。


168 :163:2006/07/21(金) 18:31:49 ID:cLBzJO05
今年は、ツィメルマンとコチシュの衝撃が強すぎて、他の人の演奏の
印象は吹っ飛んでしまいました。(これは、連れとも一致した、意見。)
ただ、バシャさんの人間味あふれる顔の印象が強かったので、
近くで顔を見てみたかったなと思ったのだけ、覚えてる。

169 :163:2006/07/21(金) 18:34:26 ID:cLBzJO05
>>164 を書き忘れた。

170 :名無しの笛の踊り:2006/07/21(金) 18:39:09 ID:W9vR0ell
ヴェデルニコフのベートーヴェンを聴いて思いをはせるのは、
南十字星のもとで生を営む人々の夢の数々である。
我々が見たことのない星空に、
青いヴェールが広がり、穏やかにはためく。
そしてそのヴェールが空高くの闇の彼方へ消え去ったとき、
幾千、幾万もの夢の数々が、七色の結晶となって、燦然と輝く。
そこでは、生と、夢と、死とが、三位一体となって、
我々を魅惑するのである・・・

171 :名無しの笛の踊り:2006/07/21(金) 20:49:51 ID:9Mlb/CIb
>>168
エルバシャは凄く端正な演奏をしてたよ。折り目正しいというのか。
ラフマニノフ前奏曲のCDが出てるけど、あのままの芸風でラフマニノフを弾き、
ついでにストラヴィンスキーも弾いていった。

172 :168:2006/07/21(金) 22:17:20 ID:cLBzJO05
>>171
すみません。その前の、キーシンとか、ルガンスキーの印象の方が
強かったのかも。それとも、自分の予習が足らなかったのかも
しれませんね。予習が足らないと、正当に評価できませんよね。

173 :名無しの笛の踊り:2006/07/22(土) 21:55:44 ID:Gmx/4Ksp
>>161
>うわーん、ハンマークラヴィーアが品切れになってたら、どうしよう!!

今、犬で見たら売ってましたよ。近所の店に注文したら、
廃盤だったのに、不可解・・・

174 :名無しの笛の踊り:2006/07/22(土) 22:04:39 ID:6oliEh8R
メーカー在庫切れで流通在庫がショボショボ残ってるだけなのかもね。
欲しい人は買っちゃった方がいいかもしれない。

175 :名無しの笛の踊り:2006/07/23(日) 08:23:47 ID:d3ZvKby+
>161
尼(ネット)に在庫あったぞ(1つだ)この嘘つきやろう。

176 :名無しの笛の踊り:2006/07/23(日) 12:14:55 ID:Unf8+/Se
>>175
ア(ryちゃんは女だから「野郎」ではない

つーか何粘着してんだ?
女と接したことないニート引き篭もり歴20年以上の童貞クンですか?

177 :161:2006/07/24(月) 12:07:04 ID:SYIKqxPe
>>171
イヴ・ナットと、どっちがより端整でしょうか?

>>173-174
情報ありがたう。


>>175
尼ネットでも、なかったような気がしたのですが。
焦っていたので、後期ソナタと見間違ったかも。
ともかく、174さんの言う通りだと思うので、
ヴェデルニコフが欲しい人は早く買ってね☆
感想もよろしく☆

>>176
先生かちょいい〜
ぶらぼお〜
男はこうでなければいけません。
ヒッキーはやめましょう。

178 :161:2006/07/24(月) 12:11:37 ID:SYIKqxPe
>>168
コチシュのCD聴いて「別に普通・・・」と思ってしまいましたが、
生はすごいのですか?

>>170
ヴェデルニコフの「月光」に色があるとすれば、
透明な(これ以上ない透明感の)、ちょっと群青っぽい青、ですねぇ。。。
「自作の32の変奏曲 WOo.80」の詩もお願いします。
「月光」以上にヴェデルニコフにぴったりの曲だと思います。

179 :名無しの笛の踊り:2006/07/25(火) 13:41:20 ID:+Az3FP0f


>>178   
>コチシュのCD聴いて「別に普通・・・」と思ってしまいましたが、

私は、独創的な解釈の、彼のドビュッシーが、(仏人の繊細な演奏と同じ位)とても好きですw
(彼は一応、「20世紀の偉大なピアニスト達」(200CD)の70余名のうち、数少ない現役の一人ですね。)

>生はすごいのですか?

すごいです。 (例えば)20年前に録音のCDと、生が違うのは、当然です。
若い頃に比べて「音楽」の内容が熟成し、深まっているのが、トップクラスの演奏家の特徴でもあります。

ちなみに、生で聴いて感動した演奏家のCDが、生で聴く前と後とで、違って聞こえてくるのも、当然です。
(生で聴いた)後では、聴き手は、多分に、そのときの印象と感動を加味してCDを聴いてしまうものだと思います。
あるいは、生で聴いて感動したことによって、その演奏家の「音楽」に対する理解力が深まるのかもしれません。
もし、かの「ひの饅」さんが大都市圏に住んでおられたら、そのレビュー体系も、幾分か違ったものになっていたでありましょう。

コチシュは、柔軟性のない聴き手は、彼の演奏に嫌悪感を抱くかもしれない、ってタイプの演奏家かも。
ただ、現在のツィメルマンは、誰にでも!「本物の音楽」を伝えてくれる演奏家です。(言い切ってしまう。)
次回来日の際のツィメルマンのリサイタルは、超おすすめよ(^ー^)  (今年は、全国十数か所でありましたね。)

スレ違いスマソ。

180 :名無しの笛の踊り:2006/07/25(火) 14:45:50 ID:+Az3FP0f
あ、ふと思った。ツィメさんって、イケメンなので警戒するひとがいるかもしれないけど、
(私も、そうだった。)本当に、現在の彼の音楽はすごいからね。。。!

181 :名無しの笛の踊り:2006/07/25(火) 15:10:56 ID:x7G2HuKe
>>179
なぜ急にツィメルマンが出てくるのかとw

自分はどちらかというとコチシュの方が好き。
ツィメルマンは誰にでも受け入れられる音楽をやるけど、ともすると没個性的に陥りやすい。
点を付けていけば確かにツィメルマンの演奏は最上位に位置するけど、
音楽祭で同じ日時に同じ建物の別の部屋でコチシュとツィメルマンのリサイタルがあった場合、コチシュに行くかも。

182 :名無しの笛の踊り:2006/07/25(火) 15:48:21 ID:+Az3FP0f
う〜ん。。。わたしも、多分、コチシュに行くと思う。(プログラムにも、よるけど。)
ただ、ツィメさんって没個性的だとは、思いませんです。

183 :名無しの笛の踊り:2006/07/25(火) 15:52:12 ID:kYbp2egT
>179
> (生で聴いた)後では、聴き手は、多分に、そのときの印象と感動を加味してCDを聴いてしまうものだと思います。
> あるいは、生で聴いて感動したことによって、その演奏家の「音楽」に対する理解力が深まるのかもしれません。
> もし、かの「ひの饅」さんが大都市圏に住んでおられたら、そのレビュー体系も、幾分か違ったものになっていたでありましょう。
この部分に同意。
都市部に比べて、生の演奏に接する機会の少ない地方在住者は「真の音楽」を知ることは少ない。
かのサントリーの佐治さんの「暴言」にはいくばくかの理があるように思えてならない。

184 :178:2006/07/25(火) 15:59:24 ID:gb2GUtej
>>179
コチシュのドビュッシーを聴いて、瞬間「これは違う(私の好みではない)」
と思い、そのまま放置しています。もう一度聴いてみます。
ツィメルマンは、ショパンのバラードを聴いたばかりですが、
「この人、上品にまとまりすぎなのよね。要するに欠点のないところが欠点なのよ」
とか思いましたが、先日改め聴くと「やぱりいい〜!」と思いました。
現存するピアニストでは、最も私の好みかもしれません。
ぜひ生で聴いてみたいです。

>>181-182
そう言われるとコチシュが気になりだす・・・


185 :名無しの笛の踊り:2006/07/25(火) 17:57:24 ID:x7G2HuKe
>>184
そう、それ。
ツィマーマンには芸術の魅力の一つである「イビツな所」がないのだよね。
完璧なんだけど、その洗練され過ぎている辺に少々反感を覚える。

186 :名無しの笛の踊り:2006/07/26(水) 16:45:57 ID:dywgmaO4
暮れなずむ大気の彼方に、もう星たちが輝き始め、
最後の日の光が、水平線を赤く染めている。
あの金色に縁取られた雲も、やがて夜の虚空のどこかに姿を消すだろう。
まぶたを閉じて佇むと、冷たい潮風に身が震えた。
そうだ、もう夜なのだ。
家路を急ぐ鳥達の鳴き声は、どこか寂しい。
人生を急ぐ人が、孤独な晩に人知れず涙を流して泣くように。
そのとき、どこからともなく、
ヴェデルニコフの「創作主題による32の変奏曲」が鳴り響いた。
移ろいやすい人生の一瞬、一瞬が、走馬灯のように流れていく音楽。
哀しいかな、その音楽は私のためにとどまってくれることはない。
人生の喜怒哀楽の一つ一つがどこか遠いところへ去っていき、
そして最後の一音が鳴り止んだとき、
そこにあるのは暗闇と冷たい夜風だけだった・・・

187 :名無しの笛の踊り:2006/07/26(水) 17:41:11 ID:9479k7it
>>186
もういいかげんウンザリだな、こういうの。
ヴェデルニコフがだんだん安っぽくなってくる。

188 :名無しの笛の踊り:2006/07/26(水) 23:55:42 ID:uN2gQo9p
もともと安っぽいから、いいんじゃないか?

189 :名無しの笛の踊り:2006/07/27(木) 01:17:10 ID:xzL1144z
ヴェデルニコフの、第32番の第2楽章は超絶的に美しい。

190 :名無しの笛の踊り:2006/07/27(木) 01:21:29 ID:0AE8ZP1r
そこかしこに19世紀の悪い風潮が、そのまま残されている。
見るもおぞましいヴェデなんとかだ。純粋に器楽を追求した、古典派の世界に還ろう。

191 :名無しの笛の踊り:2006/07/27(木) 12:29:01 ID:JUxyHVdd
このスレの皆さん的には、アファナシエフの30−32番(若林工房の方)、だめですか?
すごく好きなんだけど。

192 :名無しの笛の踊り:2006/07/27(木) 12:57:41 ID:GzqEdOM5
>>186
詩人さん、ありがとう。素晴らしい〜 
犬のレヴューなどで、こういう詩的な文章を書きたいのですが、
難しいです。私には書けない。

ヴェデルニコフの、注文していたCDが全部届きました。
品切れじゃなくてよかったー。ほっほっほっほっほ!

>>190
「純粋に器楽を追求した、古典派の世界」って、例えばどんなのでつか?
つーか、ベトって古典派なの?
煽りじゃなくて、私は音楽の歴史とかほとんど分からないので。

>>191
私は、アファは聴いた事がないでーす。

193 :名無しの笛の踊り:2006/07/27(木) 16:34:25 ID:BcOZOjLH
ここから先は、ヴェデルニコフの話題禁止です。

194 :名無しの笛の踊り:2006/07/27(木) 17:45:35 ID:xzL1144z
>>192
「ヴェデルニコフへのオマージュ」と題された2枚組はお持ちですか?
古いSP録音や、ライヴ録音などを集めたもので、
音質の悪いものもありますが、非常に貴重な録音です。
シューベルトの即興曲を聴くためだけでも、
このCDを入手する価値は十分にあると思います。
私は、シューベルトの即興曲が、これほど悲劇的な音楽として
演奏された例をほかに知りません。

195 :名無しの笛の踊り:2006/07/27(木) 23:06:35 ID:hmjGj333
>>191
サントリーホールで聴きましたが素晴らしかったです。
CDは若林工房が作ったんですね。

196 :名無しの笛の踊り:2006/07/28(金) 08:44:44 ID:jdE905MO
バックハウスのソナタ全集っていい?高いけど・・・。題名付きソナタ以外も聴くべきか否か・・・ん〜。

197 :192:2006/07/28(金) 09:51:18 ID:mFFAUKYt
>>185
184だす。ツィマ様を聴きなおしました。完璧&洗練の極みでウットリです。
しかし、ミスタッチしまくりの激情チックなツィマ様も聴いてみたい、
(あり得ないのか?)と思った私でした。

>>194
クラオタ歴9ヶ月の新参者なので、そのようなCDがあるのは存じませんでした。
現在、ヴェデルニコフのCDは、DENONの「ロシアピアニズムの系譜」
以外は手に入らないようですが、手に入るお店や方法があれば、
教えていただきたい!欲しいです。

今は、「ロシアピアニズム」シリーズを、一枚一枚揃えていってます。
ここまで執着したピアニストは、他にいないですね。。。

198 :名無しの笛の踊り:2006/07/28(金) 10:44:25 ID:HSMgfCrN
>>195
そういう方が2ch にいらして、とてもうれしいです。 皆さん、お騒がせしました。

199 :名無しの笛の踊り:2006/07/28(金) 12:47:19 ID:2ac/7fgj
アファナシエフのシューベルトもすごい。
ソナタ20番を聴いて、初めてシューベルトに出会った気がした。
スレ違いスマソ

200 :名無しの笛の踊り:2006/07/28(金) 14:54:37 ID:2KKyYlTT
>>197
ヴェデルニコフのCDは、何年か前に、
BMGより発売されたことがあって、それも名演ぞろいでした。
特に、バッハのパルティータ全曲、イギリス組曲全曲は、
これらの曲目の最高峰の演奏です。
デンオンのシリーズでは、シェーンベルクのピアノ協奏曲も、
シェーンベルクのイメージを覆す名演ですし、
ルザーノフと共演したブラームスのチェロ・ソナタ第1・2番も、
ロストロポーヴィチ&ゼルキンの録音と並ぶ名演です。

201 :名無しの笛の踊り:2006/07/28(金) 15:17:30 ID:E78qqY0v
ヴェデルニコフのスレを立ててしまいました。
ヴェデファンの皆さん、どうぞお越し下さい。

ベトソナスレの皆さん、長々とごめんね!
今後ともよろしくお願いします。

http://music4.2ch.net/test/read.cgi/classical/1154067297/

57 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)