2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

ヴァイオリンこそ至高の楽器、管楽器など糞以下

1 :名無しの笛の踊り:2006/05/26(金) 01:10:18 ID:xW9iXVPV
芸術の世界では、平等なんてありえない

ホルンやフルートにストラドやガルネリがありますか?
ロマン派以降、管楽器の協奏曲なんてろくにないのはなぜ?
管楽器のソリストなんてVnと比べると笑っちゃうほど印象薄いよね?

高校から始めてもどうして管楽器はプロになれるの?


ヴァイオリンが至高の楽器、管楽器は刺身のツマw

2 :名無しの笛の踊り:2006/05/26(金) 01:12:44 ID:rsc7CZxc
ttp://www.at-mania.com/catalog.php?tpid=SFLB038

3 :名無しの笛の踊り:2006/05/26(金) 01:14:29 ID:9cBApykG
何にしてもクラリネットは糞楽器
http://music4.2ch.net/test/read.cgi/classical/1147776419/

4 :名無しの笛の踊り:2006/05/26(金) 01:41:50 ID:h2bu6WUv
金属は劣化するのみです。したがってホルンにストラドはありません。
フルートに至っては元は木で、途中で金属に変わったため、ガルネリが有るわけありません。

ロマン派の時代背景を考えれば、馬鹿でも分かる事でございます。

「印象薄い」という気持ちは各々違うのでどうでしょうね?一般的には薄いでしょうね。

管楽器は体が出来てからが勝負の楽器です。
一方ピアノと弦楽器は体が出来る前が勝負の楽器です。

至高の楽器はヴァイオリンかどうか分からないけど、
いい楽器ですね。

5 :名無しの笛の踊り:2006/05/26(金) 02:16:23 ID:zeu1Uci8
ピアノこそ消耗品の最たるものですが…www

6 :名無しの笛の踊り:2006/05/26(金) 02:32:31 ID:IiN/lL3l
>>4
>金属は劣化するのみです。したがってホルンにストラドはありません。
>フルートに至っては元は木で、途中で金属に変わったため、ガルネリが有るわけありません。

もう一つ、重大なファクターがある。弦楽器は弦の張力や質量を変えることで、
容易に半音あるいは全音もチューニングピッチを変えられるが、管楽器(特に木管)では、
同じ楽器で対応できるのはせいぜい+/-数ヘルツまで。

だから、たとえ材料の耐久性の問題が無かったとしても、管楽器は時代のピッチが変わる毎に、
丸ごと作り直さなければならない。従って、ストラッドは有り得ない。


…と、糞スレにマジレスしてみる。

7 :( ´・ω・)つ---☆◇OSANDAQuE:2006/05/26(金) 09:15:15 ID:i8QjaP+g
時代のニーズ。
音量増加傾向に拍車がかかり、重厚長大なものがもて
はやされた時期もある。最近はその傾向は止まったと思われるけど、
ダイナミックレンジという観点では元に戻る様子は無いのかな?

弦楽器は完成されたシステム(?)だとして、
管楽器は未だに新しいシステムが出る。
かといって旧いシステムが完全に無くなるわけではない。

例)トロンボーンのアタッチメントシステム。

個人的には興味深い世界である。弦楽器と違って管体自体の寿命が
短い=>新しく製造する=>じゃー新しいシステムを試すか・・・
という事かな?

弦楽器を古美術品にたとえるなら管楽器は家電製品かwww

8 :名無しの笛の踊り:2006/05/26(金) 09:56:36 ID:TI70X7o7
姦は水葬だから氏ね

9 :名無しの笛の踊り:2006/05/26(金) 10:19:20 ID:RN/0QD0j
>>1
フィンジの協奏曲では、1位がチェロ協奏曲、2位がクラリネット協奏曲だと
思うけどなあ。プーランクとかイベールの室内楽は、管楽器の方が優性だと思うし。

あと、協奏曲を言うなら20世紀はチェロ協奏曲の時代じゃないかな。
20世紀のイギリスやアメリカの作曲家はほぼみんな、チェロ協奏曲を書いてるし、
ショスタコだってヴァイオリン協奏曲2曲に対してチェロ協奏曲も2曲。
ソリストの数に対する協奏曲の数でいったら、20世紀になってからは
ヴァイオリンよりもチェロの方が恵まれているように見える。

10 :名無しの笛の踊り:2006/05/26(金) 10:41:21 ID:1XteDflP
弦楽器:楽器との格闘、楽器と奏者の衝突によって発せられる火花
管楽器:楽器は奏者の息がなければ鳴らず、共存の関係

ロマン派の協奏曲がヴァイオリンやピアノ中心であるのはこのへんが理由だろう
そういう意味ではヴァイオリンこそ至高の暴力楽器といえる

11 :名無しの笛の踊り:2006/05/26(金) 12:13:40 ID:RN/0QD0j
>>10
ちゃうちゃう。ヴァイオリンは「摩擦」で音を出すんです。
摩擦で快楽を得るのは、ヴァイオリンとセックスです。

12 :名無しの笛の踊り:2006/05/26(金) 13:01:26 ID:YdP0jSvR
至高かどうかは弾き手による。それより魔性の楽器だとは思う。どっぷりはまって
人生賭けちゃう人も多いし。

13 :名無しの笛の踊り:2006/05/26(金) 13:16:02 ID:pPN2P0up
>>ワロタ

サクソォーンはかなり融通効くベ。

ヴァイオリン奏者は小さい頃から英才教育受けてて、金持ちの子息で、なおかつ本当に才能の有る人じゃないと、難しいもんね。ヴァイオリン弾ける=撰ばれた人間なのね。


それにしても、ヴァイオリンの色っぺいグリッサンドは圧巻です。色香があります。

楽器郡の中でも表現力はピカイチ。自分、管楽器やってたから少し悔しいけど、ヴァイオリンには敵わないなぁ〜、としみじみ思う。

まぁ、これは改めて云わずとも、周知の事実か。

14 :名無しの笛の踊り:2006/05/26(金) 13:17:51 ID:kDs5pU+9
音量はトロンボーン>>>>>>>>>>>>>>>弦

15 :名無しの笛の踊り:2006/05/26(金) 16:21:54 ID:j6BvnT3H
バイオリンをやったが為に、財産使い果たすことも考えられる。最悪の場合、家庭崩壊、一家離散も考えられる

16 :名無しの笛の踊り:2006/05/26(金) 16:28:30 ID:/HldQQms
それ単なる馬鹿

17 :名無しの笛の踊り:2006/05/26(金) 17:45:59 ID:pPN2P0up
>>15
それは呪いのヴァイオリンって事で確定。

18 :名無しの笛の踊り:2006/05/26(金) 21:59:44 ID:X9Mv/LIl
新作バイオリンは良い作品であっても「きれいな道具」としか感じられないが、
古くなるにつれ妖気を帯びてくる。オールドになると、こいつのためなら全てを
投げ打っても良いという気になる。これまでに弾かせてもらったオールドはみんな
おぼえているが、15年ほど前に弾いた1700年代の逸品は今でも忘れられない。

19 :名無しの笛の踊り:2006/05/26(金) 22:48:36 ID:xW9iXVPV
>>6
要するに、消耗品で対した楽器ではないということですねw

20 :名無しの笛の踊り:2006/05/26(金) 22:55:18 ID:TI70X7o7
何にせよ水葬遺伝子100%の姦の奴らは人格レヴェルで糾弾されるべきだ

21 :名無しの笛の踊り:2006/05/26(金) 23:00:43 ID:5hhv5ZDo
パイプオルガンという古い楽器が

22 :名無しの笛の踊り:2006/05/26(金) 23:10:27 ID:D9D6BVuy
>>19
ああ。多くの管楽器奏者は、楽器はある意味消耗品だと考えているし、
それ以上に、楽器は単なる「道具」だと思っている。

楽器そのものが、奏でられる音楽や、それを奏でる奏者よりも崇められる
ことがあるなんて、ばよりん弾きは可哀想w

23 :名無しの笛の踊り:2006/05/26(金) 23:45:17 ID:yBmV3Ecl
>>22
その返しはかなりいい!!

24 :名無しの笛の踊り:2006/05/27(土) 01:49:31 ID:rAljrwSF
ていうか、

楽器が単なる道具→たいした楽器でない

高校から始めてもプロになれる→底が浅い楽器

ってことだろwwwwww

25 :名無しの笛の踊り:2006/05/27(土) 01:51:22 ID:rAljrwSF
ついでにいうと管楽器は水槽出身ばかり。

水槽出身者が知的水準が低く、音楽性皆無なのは
誰もが知ってることだよね。
オケなどに背伸びしてはいるより、
野球場の外野席で騒音を発するのがお似合いw

26 :名無しの笛の踊り:2006/05/27(土) 03:01:36 ID:qaA5V9Hh
バイオリンも管楽器も素晴らしい楽器だと思う。
けど、吹奏出身者の管楽器崇拝はやめてもらいたい…。

27 :名無しの笛の踊り:2006/05/28(日) 00:28:50 ID:4TPNO7xm
吹奏出身者の管楽器崇拝って弦やピアノに対するコンプレックスだと思う。

28 :名無しの笛の踊り:2006/05/28(日) 01:24:22 ID:yxug6R7l
>>1
糞スレ立てないでね。
              -ー=-‐ 、__
          , r '"        ヽ,
          l             ' ,
         /   三ニ=ー-'`=ニiiiiiiiiiiil
        /  ニ'"       `ヾiiiiiiii|
        /  ニ'           'liiiiii|
       ,l   |,r=-;.,_   _,、-=-、|iiiiil
       l  .il .,rェェ、_" :;"ェェ j  |iiiiiil
       | . i| ,,     :;   ,,  iiiiiiil
       ,|   il,    , :: ,    liiiiiill
       l   iil,    ` '      ,|iiiiiiii|
      /     l、  ー- -,ー   イiiiiiiiiill
      /      iゝ、  ̄  /|iiiiiiiiiiiil
     /      i| `ー- ' " ,liiiiiiiiiiii|
  
    クソスレータ・テルナー[Qthoslayta Tellner]
         1918〜1993(イギリス)

29 :名無しの笛の踊り:2006/05/28(日) 11:00:45 ID:KPyRG6/q
>>28
コピペでしか反論できない管厨乙w

30 :名無しの笛の踊り:2006/05/31(水) 13:15:43 ID:1RNrbfan
ヴァイオリンのソリストのほうが印象がずっと薄いクラ吹きの俺…

要は個人の好みだろ

31 :名無しの笛の踊り:2006/05/31(水) 14:54:53 ID:P4qILmWB
ヴァイオリンはクラシックでしか意気がれない可哀想なクソ楽器。
その点菅はクラシック以外にもジャズやロック、ポピュラーで大活躍。優秀な楽器。

32 :名無しの笛の踊り:2006/05/31(水) 15:18:42 ID:+6G64IkU
ホルン、オーボエ、ファゴットはクラシックでしか出番がないけどね

33 :名無しの笛の踊り:2006/05/31(水) 16:13:23 ID:nyLOa+l+
Fg吹きですが、Vnの皆様との身分の違いはよく存じております。
Vnの皆様が大勢で、決して面白いとは思えぬキザミなどお弾き
下さってる上を、恐れ多くもソロなど吹かせていただくことがあり、
恐縮至極に存じます。
今後も分をわきまえぬ所業に出る事多々ありと思われますが、
何卒お許しの程を。

34 :名無しの笛の踊り:2006/05/31(水) 22:06:57 ID:lAfkjS6x
>>31
そういうのは優秀ではなく中途半端といいます

35 :名無しの笛の踊り:2006/06/01(木) 00:11:27 ID:hcqypzbk
バイオリンこそ恥垢の楽器、管楽器な独奏か

36 :楽器屋:2006/06/01(木) 12:16:25 ID:rTdw9hxZ
>>1
お前の耳が悪いだけ。

37 :名無しの笛の踊り:2006/06/01(木) 22:40:43 ID:XNjquMBr
>>36
きっと腕も悪いんだろう。

38 :名無しの笛の踊り:2006/06/01(木) 23:36:58 ID:hcqypzbk
トロンボーンこそ天使の楽器。バイオリンなど(ry

39 :名無しの笛の踊り:2006/06/02(金) 02:40:06 ID:WVMjxYkg
あんなに品のない天使なんかいません。

40 :名無しの笛の踊り:2006/06/02(金) 12:45:29 ID:A+rozZgW
大昔の宗教画では天使がいろんな楽器を弾いてて、その中にはバイオリン族の遠い
祖先も入ってる。ほとんどの楽器はその後の進化で形態が変わったけど、トロンボ
ーンだけは当時と同じ形だから天使の楽器とか誤解されるんだよね。センズリラッパ
と呼ぶ人もいるけど。

41 :名無しの笛の踊り:2006/06/02(金) 14:44:37 ID:Mw63bzUJ
>>27
それ言うなら、ばよりん弾きのアンティーク崇拝と管楽器卑下も、
オケでソロ弾けないことに対するコンプレックスなんじゃね?

42 :名無しの笛の踊り:2006/06/02(金) 15:03:47 ID:PNIy8QUK
>>40
じゃあ、ブラームスもトロンボーンの用法を
誤解してたわけだ。

43 :名無しの笛の踊り:2006/06/02(金) 15:05:39 ID:f16Irfrc
ていうか、管楽器ってやかましいよね。
耳障りなんで静かにしてて欲しいんだけど。

44 :名無しの笛の踊り:2006/06/02(金) 15:10:06 ID:DUzd4RDA
あほらし

45 :名無しの笛の踊り:2006/06/02(金) 15:29:36 ID:KdASWN5d
>>31
バイオリンは、管楽器よりも幅広く使われているよ。

ジャズの神様ステファン・グラッペリを知らんのか?
他にはロックはもちろん、アイリッシュ、カントリー、ブルーグラスなんかは
フィドルがなければ成り立たない。
これらより伝統的な、ジプシーヴァイオリンでは、ラカトシュという神様が出現した。
もっと凄いことに、アラブ音楽やインド音楽でもヴァイオリンは使われている。
アゴに挟まないで肩に置くんだが。クラリネットがインド音楽で使われているかい?

俺はチェロ弾きですが、正直、バイオリンとウッドベースには
この点で嫉妬しております。ウッドベースなんて、
クラシック、ジャズ、ロックの基本中の基本になっているし、
上記民俗音楽の類でも主要な楽器だ。
しかも、インドやアラブ音楽では使われていないが、
管楽器との比較でいけば吹奏楽にもウッドベースは参戦している。

でも、俺はチェロ弾きですが、ヴィオラには勝ってると思っている。

46 :名無しの笛の踊り:2006/06/02(金) 15:43:33 ID:ZSX2yB1u
16世紀にヴィオール族の卑しい継子として誕生したヴァイオリン族は、
初めは単なる舞踏の伴奏楽器に甘んじていたが、持ち前の機動性と
音量、音域の広さなどを売り物に、生まれ育ちの卑しさを謗られながらも、
いつしか立身出世を遂げ、花形の楽器となった。
過去を消し去ることはできないが、差別に耐えその美質を花咲かせた
ヴァイオリンは、虐げられ苦悩する者たちの希望の星である。


47 :名無しの笛の踊り:2006/06/02(金) 16:09:54 ID:ZSX2yB1u
最後の審判を告げるラッパは、大天使ガブリエルによって奏されることに
なっている。
神の声を告げる聖なる楽器として、教会に隠棲していたトロンボーンを
喧騒渦巻くコンサートの舞台に引き摺り出したのは、悪魔の申し子、
ベートーヴェンであった。
その後のトロンボーンは、体力が知性を凌駕する体育会系奏者達の手に落ち、
楽器の中でも蔑まれる存在となってしまったのは、人も知る通り。

48 :名無しの笛の踊り:2006/06/02(金) 16:23:43 ID:qhwEuGZc
音をバリバリ割る使用法を推進したベルリオーズにも責任があるな
でもトロンボーンを一番嫌っているのは弦楽器奏者より木管奏者では?
難聴になるのを防ぐため透明な衝立を使ってるオケもあるんだろw

49 :名無しの笛の踊り:2006/06/02(金) 16:35:25 ID:ZSX2yB1u
全ての木管奏者の御先祖様たるマルシアスは、得意のアウロスで無謀にも
キタラ(弦楽器)を奏するアポロンに挑んだ。
楽器演奏そのものでははっきりと勝負をつけられないと覚ったアポロンは、
卑怯にもキタラを伴奏に全ての者を酔わす歌を歌った。
勝負はつき、マルシアスは生きたまま皮をはがされた。
木管奏者は、その悲しみを決して忘れることはない。

50 :名無しの笛の踊り:2006/06/02(金) 17:20:05 ID:GSG/11//
水槽上がりって何かと言うとブル、マーラー、タコですよね。

51 :名無しの笛の踊り:2006/06/02(金) 17:40:02 ID:1CWNFCp1
>>50
そう?
リヒャルト、ラヴェル、レスピーギ、バルトークあたりかと思ってた。

52 :名無しの笛の踊り:2006/06/02(金) 21:04:45 ID:A9j+Ecs+
笛吹きだが、オリジナルのブレッサンやロッテンブルグには、何か魔的なものがある。
80年前のヘッケルを吹いた時も、自分が出したとは信じられない音が出た。
優れた楽器には、年月の経過とともに霊が宿るのだと思う。
残念ながら、メカニズムの都合もあり、殆どの管楽器は霊が宿る前に寿命が尽きてしまうのね。

53 :名無しの笛の踊り:2006/06/02(金) 22:48:17 ID:Mw63bzUJ
>>50
いやいや、バッハ、モーツアルトだろ。

54 :名無しの笛の踊り:2006/06/02(金) 23:27:05 ID:KdASWN5d
>>49
おお、こんな感じにカワハギ
http://gallerymisa.hp.infoseek.co.jp/violin/palma2.jpg

55 :名無しの笛の踊り:2006/06/03(土) 00:17:42 ID:zh6tR3b+
まあ、あれだ・・・・
管楽器否定するやつは、管弦楽団のステージに乗るな。


つーか、普段はどんな楽団で活動しているのか?が疑問。

56 :名無しの笛の踊り:2006/06/03(土) 04:45:01 ID:ch37heMS
金管楽器は王侯貴族の楽器だ。
弦楽器は下々の人が王族のために奏でる楽器。

見たまえ、オケの雛壇の上段から庶民を見下ろす金管の姿を。


と、弦のほうがえらいよなぁ、といつも思っている金管奏者の呟き。

57 :名無しの笛の踊り:2006/06/03(土) 04:59:15 ID:41+WGSkw
>>55
>つーか、普段はどんな楽団で活動しているのか?が疑問。

管楽器を卑下するようなばよりん弾きやピアノ弾きは、楽団になんか属してない
っつーか、マトモなアンサンブルなんてしたことないんだよ。いつも独りで
弾いて(せいぜい先生と合わせて)悦に入ってるだけ。レパートリーも、
オケ曲や室内楽は触ったことなくて、ソロやソナタしか知らない層だな。

58 :名無しの笛の踊り:2006/06/03(土) 06:51:59 ID:fVGmI1SH
合奏の中で管を見下すのを楽しんでいる弦弾きですが何か?

59 :名無しの笛の踊り:2006/06/03(土) 06:59:06 ID:etIFJ1xq
>>57
俺の場合、水槽の強烈な暴力性は、子供オーケストラに入ったときに
思っていたよ。管楽器は地元の有名高校のブラバンの連中の中の優秀な奴らが
駆り出されていた。その辺の大学オケの類よりはるかに上手だったが、
暴力的だったなw

けどまあ、「糞以下」とまで本気で思ってる奴は厨だよな。
大体、もっとも「他人」が見えてない糞楽器は、ピアノですよ。
ヴァイオリンの場合は、ピアノという他人が常にいるから、
ピアノ自身よりは客観的に周囲を見られる。
「私が最高」と思ってる音大ピアノ系の女でレコードを全然聴かないような奴が
無敵だと思う。

60 :名無しの笛の踊り:2006/06/03(土) 12:02:23 ID:fnErwuDS
アメリカの金管が概して欧州の金管よりパワフルなのは吹奏上がりが多いからか?

61 :( ´・ω・)つ---☆◇OSANDAQuE:2006/06/03(土) 12:17:32 ID:zh6tR3b+
つーか、
何処の国でも吹奏楽(所謂コンサートバンド)やブリティッシュスタイル
の金管バンド等は管楽器奏者の訓練の場所としての役割はしてるんだっつーの。

欧州の伝統とアメリカの伝統の違いもあるだろうし、
それに伴い、使っている楽器が独系は音量的キャパがやや低い
(あるいは構造的にストレートな音質になりにくい)部分も関係
しているかもしれん。

62 :名無しの笛の踊り:2006/06/03(土) 12:32:32 ID:etIFJ1xq
>>61
本当に「何処の国でも」かなあ?吹奏楽が盛んなのは、イギリスと
日本だけだと聞いたことがあるが。

63 :( ´・ω・)つ---☆◇OSANDAQuE:2006/06/03(土) 12:48:40 ID:zh6tR3b+
調子こいてちと風呂敷広げすぎたかもしれん・・・。
叩かれないうちにカキコ。

フランスとかはよく分からない。
アメリカは、まあ吹奏楽の環境は沢山あるだろうし、そもそも吹奏楽の作家が多いのはアメリカ。それなりに需要があるのだろう。
ドイツは・・・所謂ビアホールバンドとかかなぁ。

「何処の国でも」は言い過ぎかもしれん。ただ、吹奏楽に限らず、管楽器合奏の形態があって
何らかの訓練の要素(悪影響の要素も)を含んでいるのは結構あると思うけどね。

64 :名無しの笛の踊り:2006/06/03(土) 13:18:50 ID:fnErwuDS
>>62
アメリカ、日本、イギリス

65 :名無しの笛の踊り:2006/06/03(土) 13:43:22 ID:qUxqbCbZ
そろそろ結論が出たようだな。
結論:打楽器最高。打楽器こそ至高の楽器。打楽器最強伝説。ポコポコ!!

66 :名無しの笛の踊り:2006/06/03(土) 14:53:28 ID:fVGmI1SH
私のおちんちんは擦音楽器にして、打楽器、吹奏楽器でも
ありますが何か?

67 :名無しの笛の踊り:2006/06/03(土) 22:29:56 ID:zOabTZtX
本当に申し訳ないのだが、弦、木管、金管のことしか念頭になかった。
打楽器のことは本気で忘れてた。

68 :名無しの笛の踊り:2006/06/04(日) 04:52:52 ID:3Wbv/JgX
ってか何を楽しめばいいのこのスレ

69 :名無しの笛の踊り:2006/06/06(火) 10:00:26 ID:j+IC/yPF
さかんとはいわないが
どこの国も
軍楽隊はあるしな

70 :名無しの笛の踊り:2006/06/06(火) 11:20:36 ID:gaX/T7oQ
>>69
もともとの質問は、英米以外の音楽先進国であるイタリア、ドイツ、
フランス、ロシアあたりで、オーケストラの管楽器奏者が
吹奏楽出身であるかどうか、ということだと思うのだけど。
近代の吹奏楽は、英国で発展したものでしょう、明らかに。

管楽器がうるさいオケって視点で考えると、モーツアルトの「パリ」交響曲や
ベルリオーズの所業を見ても、フランスはうるさいのかなあ。
ドヴィエンヌの名前が浮かぶ。
イタリアは声楽と弦楽の国、といっていいのかなあ。

71 :名無しの笛の踊り:2006/06/06(火) 12:07:34 ID:jrLCwgqZ
フランスのオケはそんなにうるさいとは感じないがなあ(爆演系の指揮者が来て興奮しない限りは)
軍楽隊のギャルドは例外で、物凄い音量

72 :名無しの笛の踊り:2006/06/06(火) 12:29:40 ID:Njhcw2wQ
>>70
18〜19世紀には、フランスが管楽器の製造・改良のひとつの中心だったからな。

73 :名無しの笛の踊り:2006/06/06(火) 13:52:07 ID:YTWBRu5B
>>71
ギャルドは元々吹奏楽だしね
他のプロ吹奏楽団が倍管を排除したスマートな編成(ウィンド・アンサンブル)に
向かっていく中、ギャルドは昔ながらの大編成の吹奏楽をやってきたが、
最近は規模が縮小して音量も小ぢんまりとしてしまった

74 :名無しの笛の踊り:2006/06/06(火) 14:38:59 ID:gaX/T7oQ
>>71
70の話は72さんの指摘のとおり19世紀(前半)までの話で、現代のフランスの
オケがうるさくないのは、独墺が後期ロマン派的な過剰に向かっていったのに
対して、フランスは印象派(って言っていいのか?)に向かったからでは
あるまいか。ロパルツみたいな例外はあるけど。

どうでもいいけど、この後期ロマン派的な過剰は、コルンゴルトや
スタイナーとともにアメリカに渡ったという希ガス。
そもそも、独墺において3管編成以上のラッパのうるさい曲を作り
始めたのはワーグナーということでFAなんだろうか。
ドイツのラッパ吹きというのがどこから沸いてきたか、と考えるに
やはり軍楽隊なのかな。

75 :名無しの笛の踊り:2006/06/06(火) 18:47:28 ID:j+IC/yPF
ドイツの片田舎でブラスバンドいっぱいあるみたいなこと
昔テレビで見たが日本で言えば田舎の消防団みたいな
親睦システムか?

76 :名無しの笛の踊り:2006/06/08(木) 19:33:29 ID:29LB/WdW
ヴァイオリンは良い楽器だと思うけど
曲がな
ピアノにはショパンがいる。

77 :名無しの笛の踊り:2006/06/08(木) 23:02:32 ID:5e1bSAqv
ショパンよりヴィエニアフスキの方が、まともなコンチェルトを書いたと思う。

78 :名無しの笛の踊り:2006/06/09(金) 01:34:36 ID:ZsSrdIH5
ヴァイオリンにはMichiがいる

79 :名無しの笛の踊り:2006/06/09(金) 11:31:01 ID:7+5gCJF/
>>45
日本でもバイオリンは割と早くから庶民に親しまれていた。
街頭の演歌師とかだからフィドルだけど当時の人には同じようなもん。
持ち運びやすいのと元々圧倒的なシェアを誇っていた三味線が
フレットのない楽器なので親しみやすかったからだと思う。
なので割と貧乏臭い庶民的なイメージがあった模様。

一方管楽器はキグチコヘイのラッパが象徴してるように
軍隊経由で入ってきたのでちとおっかない印象があった。

ピアノは高価な上日本の住宅事情を考えると贅沢にならざるを得ないので
金持ちの楽器の代名詞になった。
そのピアノが今や習い事として最も親しまれる楽器になったのは面白い。

80 :名無しの笛の踊り:2006/06/09(金) 13:13:13 ID:0N/VcAA9
>>79
クラはチンドン楽器の顔だと思いますが、それはさておき。

>>77
これはそのとおりだと思うなあ。だってロマン派のヴィルトゥオーゾ器楽の
創始者はショパンでもリストでもなく、パガニーニでしょう。
ショパンもリストもシューマンも、「パガニーニみたいになりてぇ!」と
腕を磨いたんだから。ピアニストは本当に他の楽器を知らないから
芯で欲しいと思う。

81 :名無しの笛の踊り:2006/06/09(金) 13:20:44 ID:nJSZPLKT
>>80
そういうピアニストの心の拠り所がちょぴんなんでしょ。
他からすれば所詮サロンミュージックですよ。

82 :名無しの笛の踊り:2006/06/09(金) 18:09:58 ID:SROweiA1
>>80 歴史はそうでもクラシック音楽界に大きく影響を与えたのは「しょぴん」でしょ
  芯で欲しいと思う。←これどういう意味。

>>81 
  このスレでは不利だからしょぴん版で話し合おうぜ。
  返り討ちにしてやる。
   
  

83 :名無しの笛の踊り:2006/06/09(金) 18:53:18 ID:JAr5KRL7
ストリングスが好きだったことはあるけどヴァイオリンはない
オケで使う管楽器は一度ははまった事がある。

管のほうが一般受けするんじゃないだろうか







84 :名無しの笛の踊り:2006/06/09(金) 19:01:48 ID:bxug0TUI
>>79
一般大衆はまず、吹奏楽を通じて洋楽を耳にしたので、
むしろ弦楽器より庶民に親しまれた。

85 :名無しの笛の踊り:2006/06/10(土) 00:41:03 ID:PZrOtZwE
>>82
>歴史はそうでもクラシック音楽界に大きく影響を与えたのは「しょぴん」でしょ

プププ。まぁピアノ作法以外は殆ど影響も貢献もしてないわけだが。

86 :名無しの笛の踊り:2006/06/10(土) 00:42:38 ID:PZrOtZwE
>>84
>一般大衆はまず、吹奏楽を通じて洋楽を耳にしたので、

いっくらなんでも、そりゃねーだろ。おまい、戦前世代か?

87 :名無しの笛の踊り:2006/06/10(土) 00:55:45 ID:tf5myh3A
水槽上がりって音がでかくて迫力があるのがいい演奏だと思ってない?
だからフォルテばっかでピアノは吹けないのww
ほんとにうるさいですから。弦をかき消さないでください。

88 :名無しの笛の踊り:2006/06/10(土) 01:27:18 ID:bOaxrcQo
何で現代はギターが人気なの?

89 :名無しの笛の踊り:2006/06/10(土) 11:07:10 ID:hcrefn/q
>>86
現に洋楽普及の歴史を語っているのだからツッコミにもなってない。

90 :名無しの笛の踊り:2006/06/10(土) 14:56:30 ID:3WogUnB8
>> 85
YAHOO検索で
「ショパン」入力 ヒット数 1440000
「パガニーニ」  ヒット数  198000 

ショパン>>パガニ
ピアノ>>>>>>>>>>>>>>>>>>ヴァイオリン

ショパンやリストがパガニに憧れながらもピアノを選んだのは
ピアノが感情や思想を無限大に表現できる為
ヴァイオリンはよい学期だと思うけれど表現に限界がある。

よってこの糞スレはピアノが一番と言う結論で証明されました。

91 :名無しの笛の踊り:2006/06/11(日) 03:17:12 ID:e74Ly0Qx
>>87
>水槽上がりって音がでかくて迫力があるのがいい演奏だと思ってない?

んなこたーない。

>だからフォルテばっかでピアノは吹けないのww
>ほんとにうるさいですから。弦をかき消さないでください。

それは、単に技量が無いだけ。弦と違って、管はppでしっかり鳴らすのは
どれも相当に難しいんだよ(例外はクラリネットか)。まぁ許してやってちょ。

92 :名無しの笛の踊り:2006/06/11(日) 03:17:58 ID:e74Ly0Qx
>>89
>現に洋楽普及の歴史を語っているのだからツッコミにもなってない。

いや、歴史認識にしたって、吹奏楽からってのは違うだろ。

93 :名無しの笛の踊り:2006/06/11(日) 03:19:19 ID:e74Ly0Qx
>>90
>よってこの糞スレはピアノが一番と言う結論で証明されました。

この一文だけで、典型的ピアノ弾きの知能程度が分(ry

94 :名無しの笛の踊り:2006/06/11(日) 06:14:40 ID:9fbRyafx
私オケのクラ吹きだけど全く持って賛成。弦楽器は至高だと思う。
特にクラはバイオリンと同じ旋律を弾く場合が多いから、
かき消さないように、尚且つ響きや音量を補強できるようにちょっとビクビクしながら心掛けてる。
ことオケにおいては主役はやっぱり弦楽器だよ。
ただし、それでも作曲家は必要だと思って私達管楽器も編成に入れてるんだから、
至高か否かは別として役割があるってだけで嬉しいけどな

95 :名無しの笛の踊り:2006/06/11(日) 10:21:09 ID:e74Ly0Qx
>>94
俺もオケ笛吹きだが、オケの主役はやっぱり弦五部という点には同意。
だけど、管のない弦楽曲は、それはそれで味気ないし、単一音色なので
モノによっては聴き疲れするんだよな。

まぁ御飯とおかず、酒と肴って感じで、オケには両方が必須っつーことで。

96 :名無しの笛の踊り:2006/06/11(日) 13:09:19 ID:ScmFUHiX
ヴァイオリンもトロンボーンもドボ9のシンバルもみんな給料一緒なのかな?
音符の数が違い過ぎる…。

97 :名無しの笛の踊り:2006/06/12(月) 00:41:15 ID:CXyi1CpU
デニス・ブレインのホルンをもってすれば、古今東西の巨匠といわれるバイオリニストと少なくも肩を並べることはできると思うが

98 :名無しの笛の踊り:2006/06/12(月) 01:29:54 ID:5bp9Yzi4
そんなこと言われるとパガニーニ出されるぞ。
となると、ホルンはやっぱりロイトゲープ。
オーボエはラムか。
やっぱりパガニーニが一番か。

99 :名無しの笛の踊り:2006/06/12(月) 07:35:54 ID:ZMaSF1G8
あのさ、楽器によって運動性の良さは全然違うわけで。
音符の細かさ速さを比べても意味な(ry

100 :名無しの笛の踊り:2006/06/12(月) 10:36:07 ID:u6UKYha7
速弾きで最も速いのは、「バンジョー」です。

101 :楽器屋:2006/06/14(水) 14:54:07 ID:xyWcjevv
>>1
もっとたくさん演奏聴くこった。
ttp://www.youtube.com/watch?v=ZHdvDAgz4p8&search=VENGEROV%2C%20Maxim%20

102 :名無しの笛の踊り:2006/06/21(水) 01:23:15 ID:pEshRB7F
>>101
現実が認められないのかw

103 :名無しの笛の踊り:2006/06/23(金) 07:34:42 ID:E6OvRI2m
>>101
ワラッタ!すげぇ熱演。これは観るべき。

104 :名無しの笛の踊り:2006/06/23(金) 11:56:53 ID:8v98N2AI
オケという一面で考えれば、すぐわかること。管の歴史は古くて神聖なものである。

105 :名無しの笛の踊り:2006/06/23(金) 12:56:37 ID:E6OvRI2m
>>104
おフランスのルソーは、ヴィオールに感動した挙げ句、「天使が
弾いてる楽器はヴィオールだよ」と書き残したそうだ。

106 :名無しの笛の踊り:2006/06/23(金) 19:25:08 ID:6pICHsvg
オケに属してるが、他の楽器を見下すとか初めて聞いたわ。

107 :名無しの笛の踊り:2006/06/24(土) 00:52:38 ID:kCAgEKwd
>>101
クラリネットのおっさんヤベェw
ヴァイオリンいらねえじゃんw


108 :名無しの笛の踊り:2006/06/25(日) 07:00:39 ID:78PRFZX5
>>101
てか、このジャズ・クラリネット吹き、誰でしたっけ?

109 :名無しの笛の踊り:2006/07/06(木) 23:25:01 ID:TXbA6g3I
>>1
当たり前のことを言うなよ、いまさら。

110 :名無しの笛の踊り:2006/07/16(日) 00:40:08 ID:4xFceNb5
>>101

え?ジャズって土人の作った劣等音楽でしょ?

111 :名無しの笛の踊り:2006/07/16(日) 02:17:17 ID:fpxUy64e
>>110
モダンジャズは違うな。アメリカじゃ音大出の奏者の方が多いくらいだ。

…とマジレスしてみる。

112 :名無しの笛の踊り:2006/07/16(日) 02:34:42 ID:5Bzzl/w6
音楽の王道はクラシックだな。
19世紀で出尽くしてしまった。
なんせ12音しかないからな。元が。

ビヨリンは楽器としてはカナリ優秀であることは認める。
しかし、世間的に楽器を名乗るもので糞以下のものは、デジピ始め、サックスやギターといった
ものがある。
管楽器においても、金管楽器は人間の身体が楽器の一部となる唯一のゾンザイだ。
所詮小手先で使うビヨリンとの間に楽器と糞ほどの差は無いだろ。
木管楽器だって、オルガンやピアノと比べり表現力は一段勝っている。


113 :名無しの笛の踊り:2006/07/16(日) 03:32:38 ID:fzVDEAFa
>>1の気持ちは分かるが、アマオケに乗ってると少ない音符でもお金を等分に負担してくれる貴重な友。あんまり悪く言いたくない。

まあブルとかだと弦には不毛な労働みたいな刻みも多いんだけど(当方チェロ)。

114 :名無しの笛の踊り:2006/07/16(日) 21:02:08 ID:76/ym+1I
>87
糞以下の楽器にかき消されないでください。
金管楽器は聖書の時代から音は大きいんです。

115 :名無しの笛の踊り:2006/07/16(日) 21:47:11 ID:DMAAgrxH
糞スレなのはわかっているが水掛け論が見るに耐えないので。

すべての楽器を、すべての音を愛していないといい音楽奏でられないのでは?


楽器自体を見下す行為はその楽器を選択した作曲家、その作品自体を見下すことに等しく極めて憐れな行為に他ならない。このスレ主にとって自分の携わってる作品に対しての愛情や誇りは皆無としか受け取れない。

116 :名無しの笛の踊り:2006/07/16(日) 21:51:21 ID:DMAAgrxH
楽曲についても今現在世界中で、新進気鋭の作曲家達が新しい作品をさまざまな楽器、構成、編成で素晴らしいものがたくさん産み出している。ロマン派以降管、打楽器は目覚ましい進化をとげ、卓越した技術、あふれる表現力を身につけて素晴らしい楽曲で溢れかえっている。
現代作曲家は現代の複雑な時代を反映させた楽曲が新しい音、表現を求めて常に新しい楽器、編成、構成で創られている。

117 :名無しの笛の踊り:2006/07/16(日) 21:53:53 ID:HtMTn15Y
日本の奏者って、このスレの住人みたいなのが沢山いるのか…
どうりで日本のオケのレベルが低いっていわれるわけだ。

118 :名無しの笛の踊り:2006/07/16(日) 21:54:44 ID:DMAAgrxH
スレ主はこのスレをたてるに当たって楽曲知識が御粗末すぎる。新しい交響曲や小品もたくさん創られているがその作品に触れる機会は確かに多くはない。
しかし現代のオペラ、バレエ、ミュージカル、そして映画音楽もクラシックの新しい楽曲に違いない。
身近な映画なら、その音楽に決して弦だけでなく、管打弦それぞれが持味を生かして使われているのは誰でも理解できるだろう。

119 :名無しの笛の踊り:2006/07/16(日) 21:56:29 ID:DMAAgrxH
それぞれの楽器にはそれぞれの至高を極めた歴史や成長があって今がある。
管打についてはプレイヤーの正常な発育は正しい奏法にとって極めて重要なファクターであることは常識である。
幼少期から始める場合は体に負担をかけないように細心の注意を払われている。
子供用の正しくて安全な楽器、子供の呼吸、筋肉の成長を熟知した的確な指導者が必須だ。

120 :名無しの笛の踊り:2006/07/16(日) 21:59:06 ID:DMAAgrxH
バイオリンの新作だっていずれ至高の名器になる可能性をそれぞれ秘めているはずだ。
弦楽器作家は今現在の音色はもちろんのこと、自分の死後である何百年後の未来にまでも、自分の作品の運命を見据えて新しい作品を産み出してる。
管打楽器作家だって材質、いい音色の為の形状、体にかかる負担をやわらげるための形状、用途によって求められるさまざまな音色を考慮し力学的な観点も含めて作品を産み出している。
もちろん材質による劣化は木より早いから古いモデルでも新しい楽器が必要になってくる。
管打でも名器は100年以上も前のモデルが今でもトップオケのスタンダードであるなんてことはざらだ。

121 :名無しの笛の踊り:2006/07/16(日) 22:20:32 ID:fpxUy64e
↑ 先日、マレットの代わりに自分の珍歩を使ってみたところ… まで読んだ。

122 :名無しの笛の踊り:2006/07/17(月) 12:42:28 ID:i4evIhXX
劣化については木にもあることで、ストラドもそう遠くない未来にへたってしまうだろうことはあまりにも有名である。
将来のクラシック界の為に、第二第三のストラドを産みだすのは誰であるかはいうまでもない。その精神は弦のみにあらず管、打、いずれの楽器作家についても至高を目指すものでありいずれ劣るものではないはずだ。

このスレ主のような偏見もっていると、人々を感動させる音楽を創れないと同時に、いくら技術があってもその音楽作品をつまらない下卑たものにしてしまうだろう、それはとても悲しいことだ。

123 :名無しの笛の踊り:2006/07/17(月) 12:46:00 ID:i4evIhXX
すべての楽器を、すべての音をいとおしく思って慈しんでいる作曲家、楽器作家、演奏家(指揮者含む)がそろってこそ至高の音楽が創られるのではないか?

音楽とは技術だけではない、いい音楽を創造する為には卓越した精神が不可欠だ。
楽曲とは作曲家の人生や精神が凝縮されたものであり、演奏とはその作曲家の人生や作品の精神をひもとくことではないだろうか。
楽譜は作曲家から演奏者への手紙であり、演奏とは演奏家が聴き手にその作品の精神を伝える行為といえるだろう。
いくら洗練された技術があっても精神が御粗末ならその作品はつまらないものだということだ。

124 :名無しの笛の踊り:2006/07/17(月) 12:50:49 ID:i4evIhXX
どの楽器が優位であるとかつまらないことにとらわれている精神ではいい音楽が理解できないだろう。
スレ主の発言がすべての音楽、それにかかわってる作曲家、楽器作家、演奏家をさげずむ行為ではないだろうか。


音楽というものは作曲家、楽器作家、演奏家というようにたくさんの人の人生が反映されている。
至高の音楽を追求する心があるのなら自らの精神の研さんを積んでいただきたい。


たとえプロフェッショナルではなくとも、音楽を愛する心が少しでもあるのなら、技術とともに精神を研いていくことがいい音楽をするうえで大切だろう。
技術は未熟でも聴く人の琴線に触れる音楽を誰でも耳にしたことがあるはずだ。

音楽に関するすべてを愛すし大切にすることは大前提であって、その上でいい作品を産み出す為にそれぞれ切磋琢磨していけばいいだけのこと。
━━━その精神は音楽だけに止まらずすべての事由にあてはまるはず。
そういう大きな心をもって音楽を大勢の人や大切な人に伝えれることに、音楽に携わる意義や醍醐味を感じる。

それが音楽をやる喜びってもんじゃない??

125 :名無しの笛の踊り:2006/07/17(月) 16:51:43 ID:y3ENeYB0
>123
すこしちゃちゃ入れると,作曲家によっては楽器の得手不得手,好き嫌い
があって,どうでもいい音が書かれていたりする。

126 :名無しの笛の踊り:2006/07/17(月) 16:54:15 ID:hCU/q7Ti
>>124

127 :名無しの笛の踊り:2006/07/17(月) 16:57:58 ID:hCU/q7Ti
>>124サンへ  私も凄くそう思う。どの音楽が一番優れているなんて
決め付けるのは本当に不毛な行為ですよね。確かに作曲家によって楽器の
得手不得手はありますが、それは、曲個々に関する問題で、楽器自体が優れている
というわけではないと思います。

128 :名無しの笛の踊り:2006/07/17(月) 18:10:01 ID:y3ENeYB0
音楽なんてそんな大それたものでもないと思うぞ。

129 :名無しの笛の踊り:2006/07/23(日) 05:46:17 ID:IBUDcWUb
1の言う通りなわけだが 

130 :名無しの笛の踊り:2006/07/24(月) 00:32:11 ID:fhso+6oU
違う楽器を比べて見下すとか意味分からん

131 :名無しの笛の踊り:2006/07/24(月) 00:42:08 ID:cn6Cvm4q
じゃーあれだ・・・


シンセサイザーはえらいのか?

132 :名無しの笛の踊り:2006/07/24(月) 01:05:37 ID:F6pmyAa/
なに言ってんの?ヴァイオリンが一番えらいに決まってんじゃン。
音色の数、表現力の幅、超絶技巧が観客にもたらす驚き・・・
どれを取ってもヴァイオリンに敵うやつはいない。
馬鹿な奴が「ピアノだってたくさん音色はあるぅぅ」なんてほざいてるけど意味不明。
俺たちはそんなレベルの低い響きを言っているんじゃあない。

特にピアニスト、その他のアホ共!身の程をわきまえろ!

133 :名無しの笛の踊り:2006/07/24(月) 01:18:45 ID:dMUNYlQD
Vn kiti多し
他楽器はしらん

134 :名無しの笛の踊り:2006/07/24(月) 03:00:17 ID:8TmDrJm4
ビヨリンは身体よじって首まげて、毎日何時間もギコギコやっているから精神がやられちゃうんだよ。
職業病みたいなもんだよ。

135 :名無しの笛の踊り:2006/07/24(月) 08:23:48 ID:QADP/l4b
>>132
ヴァイオリンの「超絶技巧」曲・パッセージって、Vn弾きでない者にとっては、
全く感動のカケラも感じさせないようなのが多いんだよね、じつは。

136 :名無しの笛の踊り:2006/07/24(月) 12:09:37 ID:HMnSfPE0
>>132
基本的に伴奏がないと曲が演奏できないくせに

137 :名無しの笛の踊り:2006/07/24(月) 23:08:43 ID:/cMbmkC6
私はチェロの音色が好き
ビ四厘は大正琴とたいして変わらない。

138 :名無しの笛の踊り:2006/07/25(火) 01:14:26 ID:f2ONXEL/
>>136
ビヨリンの表現力に比べたら他の楽器は見劣りするとの事だが
リストがベトの交響曲1から9番までピアノで(それも1台でだよ)
表現したのはどう説明する。
ビヨリンにそのような真似ができますか?
ビヨリンのソナタだって小曲だってピアノの伴奏が必要じゃないか。
いい加減ピアノの素晴らしさを認めなさい。
人類が作り出した楽器でピアノほど卓越したものはない。
>>1 と >>136は明日からピアニスト(含ヤマハの練習生等)を見かけたら
会釈して無条件で道を譲る事。


139 :名無しの笛の踊り:2006/07/25(火) 01:15:59 ID:f2ONXEL/
>>136ではなかった>>132だった
ごめん

140 :名無しの笛の踊り:2006/07/25(火) 04:12:51 ID:ZPV8lT0D
>139
ジッサイノトコロガッキトシテハビヨリンノホウガジョウトウダトオモウヨ。
ペアノナンテオモイダケダ。

141 :名無しの笛の踊り:2006/07/25(火) 06:59:32 ID:suGh4Dbl
>>138
>リストがベトの交響曲1から9番までピアノで(それも1台でだよ)表現したのはどう説明する。

リストの試みを認める者にとってはね。俺に言わせりゃ、あんなのただのまがい物。
オーケストラの表現力の足元にも及んでいない。

142 :名無しの笛の踊り:2006/07/25(火) 08:30:35 ID:5LE4klir
>135

頭悪いね。馬鹿にはヴァイオリンの神聖さが理解できないのさ。
ピアノの鍵盤でもしゃぶってろ

>136

それだけヴァイオリンの曲は音楽性、表現力に溢れているということさ。
一つの楽器だけで済ませられるピアノの曲なんざあ笑止千万。
ヴァイオリンの曲はその溢れる音楽性を聴衆が理解可能なレベルまで下げるのに
ピアノの伴奏をつけているのだ。
使ってやるだけありがたいと思え

>137

チェロにポコチン擦り付けて逝ってろ

>138

あんなのただオケの楽譜を無理やりピアノ譜にしただけじゃん。
音楽性を語るにはかなり劣る存在。ほかに書くものがないからあんな馬鹿やったんだよ

あと、ピアノは「卓越した」じゃあなくて「一番簡単な」に変えたほうがいいね
指置きゃあ音が出るなんて開けた缶詰といっしょだな。
ピアノは馬鹿でも朝鮮人でも弾ける。
猫はピアノが達者だがヴァイオリンは弾けるかい?

会釈してやるから、明日から俺らの通る道は舌でなめて綺麗にしとけよ。

ピアノは四本足の動物のための楽器。鍵盤歩けば音が出る。
いい加減気づいたら?


143 :135=141:2006/07/25(火) 08:38:14 ID:suGh4Dbl
>>142
>頭悪いね。馬鹿にはヴァイオリンの神聖さが理解できないのさ。
>ピアノの鍵盤でもしゃぶってろ

つーか、ヴァイオリンに限らず、ピアノも含めどんな楽器でも「超絶技巧」曲って
音楽的にてんで浅いものが多いんだよね。所詮「Show piece」でしかない。
そんなもの聴くくらいなら、サーカスでも見てた方が面白いってなもんよ。

144 :名無しの笛の踊り:2006/07/25(火) 08:39:27 ID:5LE4klir
逝ってらっしゃい

145 :名無しの笛の踊り:2006/07/25(火) 13:01:04 ID:f2ONXEL/
リストの「超絶技巧」曲は芸術

146 :名無しの笛の踊り:2006/07/25(火) 13:03:43 ID:8Y/XPqQF
>>143
でも、超絶技巧曲には、まさに、サーカス的な楽しさがあるんではないか?
君も愛され足りないようだ。ラカトシュのコンサートにでも逝ってくれ。

147 :名無しの笛の踊り:2006/07/25(火) 13:12:21 ID:DfZV5huj
イヌ派だネコ派だ、ドイツ派だフランス派だ、うどん派だそば派だ、どこの製品がよくてどこはダメだ、とか、利害関係者でもないのに党派を立てて他を罵倒する閑人がよくいるが、遊びとしても実に低級だな。


148 :名無しの笛の踊り:2006/07/25(火) 14:36:41 ID:sFzUgACe
管がホール代や指揮者代、いろいろ負担しているのに、
弦でちょっと弾ければ
トラならでてやるよって。
トラ稼業でオケを楽しみ、好きな曲だと飛びつき・・。
おまけにレセプションもご招待ときた。
なんかイヤだな。うまい弦ってそういう目でしかみられない。

149 :名無しの笛の踊り:2006/07/25(火) 17:27:45 ID:9YUZM25s
まあヴァイオリンとチェロが最も完成された楽器であることは間違い無い。

ただ管楽器のことをボロクソ言うこともないと思う。
そんな変なもんだったら作曲家が使うわけもない。

150 :名無しの笛の踊り:2006/07/26(水) 19:57:34 ID:D+ZEBNIH
>>142
一つの楽器だけで済ませられるピアノの曲なんざあ笑止千万。
ヴァイオリンの曲はその溢れる音楽性を聴衆が理解可能なレベルまで下げるのに
ピアノの伴奏をつけているのだ。

はぁ意味不明
君の言ってる事は子供の駄々と同じ。
ピアノは一台だけでも高度な芸術表現ができるの、出来るの!
びよりんは他の楽器の補助がないと曲が成り立たないの。

悔しいかもしんないけど、現実を受け入れないと進歩はないよ。








151 :名無しの笛の踊り:2006/07/26(水) 23:48:17 ID:lS3nnRal
ヴァイオリンに比べ、ピアノは雑音多い事は認めて頂けないかな??

152 :名無しの笛の踊り:2006/07/27(木) 00:03:04 ID:5B89b/KZ
何でもどっちも楽しめないの。
仮想敵を作って罵倒表現を競うゲーム?



153 :名無しの笛の踊り:2006/07/27(木) 00:25:00 ID:6CWMNg3y
Tpのヤシは「叩けば音出るじゃん」とピアノをバカにしていた。
水槽出にはそういうのがほんと多いんだよね。「ばっかだなーこいつ。」と内心思ってた。
フルートのやつは「ピアノ?フーン」てな態度をしていたのを覚えてる。
漏れは笛は好きだが、その態度はなんだ?何様のつもりだこいつは?・・・悲しくなった。

一方ピアノ弾きの中にはビヨリンの音キンキンしててうるさいと嘆いてるヤシも
いた。お前の音も時々けっこううるさいぞ。と思った。

ボイトレ中のヤシや声楽派からは大抵「歌が一番難しい」と言って楽器自体を
自らの伴奏としか思っていずに見下してた。漏れは内心、実は歌は確かに一番難しいと思っていた頃が
あったが、わざわざ楽器を見下す必要があるのか?

そう公言する奴ほど大抵本人自身は上手くは無いヤシであった、、、

154 :名無しの笛の踊り:2006/07/27(木) 12:24:27 ID:ouW0dTEz
>>151

以前、熟練した調律師さんが調整したピアノの波形を機械を通して見たことがあるのですが
綺麗な波形でしたよ。
ピアノは他人の楽器を使用するから無責任な人多いです。
そのへん、ホロビッツやルービンシュタインなどはかなり神経を配っていたと
いわれています。
ヴァイオリンは詳しくないから、何をもって雑音が多いと言っているのか分かりかねますが、
もっと深い意味があるのでしたら、勉強になるので教えてください。

155 :名無しの笛の踊り:2006/07/27(木) 13:00:06 ID:DVGETD94
音色を決めるのはアタック(音の開始時)の倍音成分。波形が綺麗というのは、
定常状態になってからの形がなだらか、あるいは正弦波に似ているという意味?
一般に波形から音色はわからない。せめて時間軸ではなく周波数軸で見ないと。
雑音というのは、ピアノを強く打鍵した際のきついアタック音のことでは?


156 :名無しの笛の踊り:2006/07/27(木) 19:29:05 ID:dG0PyNck
ピアノは基本的に多弦で一音を構成しているため、
各弦のユニゾンがずれると不快なうねりを発します。
ユニゾンが合っている音の基音、第二倍音、第三倍音・・・
個々に観測しますとなだらかな曲線になっております。
アタック音は後で先生に聞いておきます。

157 :名無しの笛の踊り:2006/07/27(木) 19:57:24 ID:irAFfYiW
ピアノのアクションの音ね、特に高音域で良く聞こえる。
あれは「雑音」とは言わないだろ。あれも含めて、楽器としてのピアノの音だよ。
良いピアノは、アクションの音にまで味がある。
もちろん、きちんと調整・整音されてるピアノの話だが。

誤解をさけるために言っておくが、俺はピアノまんせー厨じゃないよ。
ただ客観的に言ってるだけ。

158 :こんにちトマス ◆TOMAS.MBKM :2006/07/27(木) 21:08:15 ID:i0yyWb5w
(⊃^ω^ )⊃ 虫さされた手にもろこっし

⊂( ^ω^⊂) 虫刺された足にもろこっし

(⊃^ω^ )⊃ かゆいとこーろに

⊂( ^ω^⊂) もろこし、もろこし、もろこし、もろこし!

(⊃^ω^ )⊃ 虫さされた手にもろこっし

⊂( ^ω^⊂) 虫刺された足にもろこっし

(⊃^ω^ )⊃ かゆいとこーろに

⊂( ^ω^⊂) もろこし、もろこし、もろこし、もろこし!

(⊃^ω^ )⊃ 虫さされた手にもろこっし

⊂( ^ω^⊂) 虫刺された足にもろこっし

(⊃^ω^ )⊃ かゆいとこーろに

⊂( ^ω^⊂) もろこし、もろこし、もろこし、もろこし!

159 :名無しの笛の踊り:2006/07/27(木) 23:40:16 ID:/MwkDKAn
151です。ヴァイオリンに比べ、ピアノは雑音多い<とは、
オーケストラでピアノ協奏曲を聴きに行った感想です。
楽器が勢ぞろいなので比較して‥。


160 :名無しの笛の踊り:2006/07/27(木) 23:58:15 ID:58aS01VD
>>159
だから、具体的に何の音を指して「雑音」と言ってるんだい?

161 :名無しの笛の踊り:2006/07/28(金) 00:03:21 ID:/MwkDKAn
メインのピアノだけ心地よく聞こえなかったので。

162 :名無しの笛の踊り:2006/07/28(金) 00:18:15 ID:pltMw/h4
↑話になんね… orz

163 :名無しの笛の踊り:2006/07/28(金) 00:31:45 ID:eauV0jjN
>>1ウンコ以下


164 :名無しの笛の踊り:2006/07/28(金) 00:38:32 ID:pNLwUmq1
西洋音楽、オーケストラの構成って帝国主義や階級制度の反映みたいな部分がある。
後列の金管・打楽器等のリズム楽器は「イェニチェリ」と呼ばれ密かに蔑視されたという
三浦雅士氏の文章を読んだ記憶があります。
(その文章は、だからジャズやロックはリズムの復権、革命であったという文脈でした)
それは軍隊と一緒で、必要悪というか、ずっと、ある種依存してきてるんですよ。
メロディ楽器はもとより、モーツァルトやベートーヴェンといった「作曲家」も。
(「トルコマーチ」のポピュラリティは何故?)
だから>>1さんのような「刺身のツマ」という見方では、アナクロの極みであって、
音を機械でプログラムしたり、既成の音源を「繋ぐ」音楽に溢れた21世紀に、
それでもヴァイオリンを奏でること・聴くことの意味・価値が半分以下になってしまいますよ。

↓参照
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A1%E3%83%95%E3%83%86%E3%83%AB

165 :名無しの笛の踊り:2006/07/28(金) 00:55:58 ID:gKcjc0SX
1をかばう訳ではないけど
バイオリニストの多くは心の中で他の楽器見下していないかい。
誰も責めないから、本音で語って問題の本質にせまろうよ。



166 :名無しの笛の踊り:2006/07/28(金) 01:14:55 ID:pNLwUmq1
いい演奏とそうでない演奏があるだけなんで心の中で思うのは結構だけど。
>>1みたいな奴って200年以上前からいるんだから。今さら語って解決させるべき問題だろうか。
>>1のような音楽観というか世界観が貧しいと思う。
トロンボーンやティンパニ奏者(つまり逆)だったとしても。
違う楽器(道具)同士で道具そのものに優劣があるというのがおかしい。
塩が最高と砂糖は糞と言っても、たいしておいしい料理は出来ないだろう。
バランス配分や使い方の問題でしょ。

167 :名無しの笛の踊り:2006/07/28(金) 01:18:12 ID://vZNuXL
>>164
西洋音楽全体をそう捕らえるのはちょっとどうかと思うが。
大体オーケストラの構成って言っても、いつの時代の、どこのオーケストラよって感じ。
バロック期はトランペットが神扱いだし。
古典期はホルン奏者がスーパー扱いだし。
大体、演奏者たるもの、鍵盤、バイオリン等はちゃんと教養として習っているし、
実際当時の有名な奏者は作曲もしている事も多い。
その中で蔑視されているとは到底思えないけどね。
時代によって様々だからね。

168 :名無しの笛の踊り:2006/07/28(金) 01:22:20 ID:pNLwUmq1
>>167
もちろん、「全体」がそうだという話ではなくて、
配列がその時代の政治的影響を受けた時代がある。
その時には>>1のような奴がメジャーだったという説があると
と言ったまでであります。私も時代によって様々であると思います。

169 :名無しの笛の踊り:2006/07/28(金) 01:34:15 ID:qViuxkTX
要するにピアノとヴァイオリンとチェロが至高の楽器だってことですね。

170 :名無しの笛の踊り:2006/07/28(金) 01:41:43 ID:pNLwUmq1
>>169
釣りでしょw

私は栗コーダーカルテットを聴くと、
ウクレレとリコーダーこそ至高の楽器だと思ったりもしますが。

171 :名無しの笛の踊り:2006/07/28(金) 02:50:04 ID:gKcjc0SX
1はどこいったの?

172 :名無しの笛の踊り:2006/07/28(金) 03:23:09 ID:pltMw/h4
要はさ、いま全国の高校が殆どスポーツ競技の乗りで「金賞」目指して頑張ってる
_吹奏楽_大会をやめて、全国高校_管弦楽_大会にすればいいんだよな。そうすりゃ、
変な偏見もった>>1みたいなのも居なくなるし、日本のクラシック音楽全体の
レヴェルも上がるってもんだ。

173 :名無しの笛の踊り:2006/07/28(金) 03:29:58 ID:dCrADAq0
水葬の劣性遺伝子を引き継ぐ姦の奴らは駆除されるべき。

後ろから弾丸を撃ち込んでも罪には問われない。

52 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)