2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【風雷暴】痛いレビューを晒すスレ2王座【ひの饅】

1 :名無しの笛の踊り:2006/05/07(日) 23:30:05 ID:EqLMFt+0
HMV Japan     http://www.hmv.co.jp/index.asp?category=1&genre=700&style=0
レギュラー執筆陣多数 風雷暴、ひのき饅頭、北の火薬庫、ヘルベルト・ベーム、フリッチャイマニア などが定期的に寄稿
@TOWER.JP http://www.towerrecords.co.jp/sitemap/CSfLayoutA.jsp?DISP_NO=002102000000
HMVよりはレビュー数が少ない
Amazon.co.jp   http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/tg/browse/-/701040/
素人や一見さんが多いが、様々なレビューがある

どんどん痛々しいレビューを晒して下さい。

2 :名無しの笛の踊り:2006/05/07(日) 23:31:55 ID:o5YZ7361
>>1
乙カレンピカ

3 :名無しの笛の踊り:2006/05/07(日) 23:37:33 ID:tHeyS1SJ
3くす

4 :名無しの笛の踊り:2006/05/07(日) 23:48:24 ID:DyMSo6o0
>>1
乙。スレタイワロタ。

どうやら漏れの友人が>>1に挙げたなかの一人らしい。「そいつ」が書いている
CDと同じようなラインナップだし、聴いた感想も似てる。

5 :名無しの笛の踊り:2006/05/08(月) 00:02:35 ID:ivD6qU1f
文章は少々アレでも、あの量を書く熱心さはすごいなあ。
amazonは最初のレビュー書くと抽選で3000円ギフトくれるけど
HMVはなんかくれるの?

6 :名無しの笛の踊り:2006/05/08(月) 00:19:56 ID:LCqWH06M
>>5
犬は完全慈善事業。

7 :名無しの笛の踊り:2006/05/08(月) 03:16:55 ID:h/PVkeMB
>>5
Amazonもホントにプレゼントしてるのかしら.
僕初めて書いたレビューでギフトもらって,その後100回くらいレビュー書いてやったけど,
その1回目以来一度も当選してないんだけど.

8 :名無しの笛の踊り:2006/05/08(月) 04:34:46 ID:1E9lowoU
7、おまいがひの饅だろ?

9 :名無しの笛の踊り:2006/05/08(月) 14:57:31 ID:ygb/oZjA
http://openuser.auctions.yahoo.co.jp/jp/user/red_wagen_beatle
と思しき人物のアマゾンでの履歴

薗田雄二
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/tg/cm/member-glance/-/A19B04XQSSEH1O/ref=cm_cr_auth/250-7273430-5881831
http://www.amazon.co.jp/gp/cdp/member-reviews/A19B04XQSSEH1O/ref=cm_cr_auth/250-7273430-5881831
34年前、来日時の東京文化会館での録音です。
1970年は大阪で万国博覧会が開催されましたが、多数のオーケストラが来日しました。
そのために、ほとんどのオーケストラが大阪が日本初日となり、恒例の両国国歌が演奏されました。
場所は大阪国際フェスティバルホール。サントリーホール、シンフォニーホールと比べて勝るとも劣らない音響の優れた会場です。
このCDと同じ内容が大阪=日本初日の演奏会でした。今でも耳の奥であの一糸乱れぬ圧倒的なアンサンブル、
ジョージセル氏の指揮の姿は忘れることはできません。後日、放送されましたFM放送は今でも保存しています。
また、モーツァルト40番のリハーサル風景も放送されました。なんと奇跡的に去る11月26日に34年ぶりの再放送がFM放送されました。
涙なしでは語れない名演中の名演です。ジョージセル氏の生演奏を聴けた事は私の財産です。合掌。

10 :名無しの笛の踊り:2006/05/08(月) 16:53:23 ID:10fNhiSh
最高!
"個人的なレビューで申し訳ないが、ABQの数ある録音から1つだけ選択もしくは推薦しなさいと言われたら、
私は何の躊躇も無くこのDVDをチョイスする。より完成度の高い、評判の良い演奏が他にあることは知っているし、
ABQのシューベルト集の評判があまり良くないことも十分に熟知している。
それでも私は迷わないだろう。良い意味で第1ヴァイオリン主導型が崩れている。
ある華道家が「花は盛りを少し過ぎた頃が最も美しい」と語っていた。私もそう思う。"
ひのき饅頭, 愛媛県
2005年11月20日

>個人的なレビューで申し訳ないが
個人的じゃなかったことがあるのか?

>ある華道家が「花は盛りを少し過ぎた頃が最も美しい」と語っていた
お前が言うと全部胡散臭く思えるなwww

11 :名無しの笛の踊り:2006/05/08(月) 17:00:47 ID:qoFKLsc8
>>10
>ABQの数ある録音から1つだけ選択もしくは推薦しなさいと言われたら
だれもお前にそんなこと頼まないって

12 :名無しの笛の踊り:2006/05/08(月) 18:38:49 ID:fvgVNJE7
>>1乙。
前スレ999と1000で本人たちが降臨したね。

13 :名無しの笛の踊り:2006/05/08(月) 18:53:49 ID:GthG4ip9
>>1


14 :名無しの笛の踊り:2006/05/08(月) 19:08:16 ID:PsWwxk0E
邪悪な人の必携アイテム。
http://www.hmv.co.jp/product/detail.asp?sku=396150

15 :名無しの笛の踊り:2006/05/08(月) 19:14:15 ID:10fNhiSh
>感想を聞くだけでその人の聴覚レベルがさらけ出されます。
また出ましたw

16 :名無しの笛の踊り:2006/05/08(月) 23:37:19 ID:0aZe2ZHt
最高!

"この演奏もとても良いのですが、80年代のクインエリザベスホールでやった
全曲演奏会のLIVEは出ないのだろうか(あと3曲で全曲揃うのだが)。
そのLIVEでは特にエレジーなんぞ、他の演奏ではもう満足できなくなります。
結局ソニーのベータを引っ張り出してきて、ボロボロのテープで聴いてます。
スタジオ録音もいいですが、ショスタコの弦四がシアターピースであると言う意見に私は大賛成です。
聴衆の異様な雰囲気まで巻き込まなければ、この曲は真価を発揮しないと思う。
冷徹な演奏が、観客の情念で紅蓮に燃え上がる世界。発売して欲しい。"
ひのき饅頭, 愛媛県
2005年10月02日

この盤のレビューしろよ

17 :名無しの笛の踊り:2006/05/08(月) 23:54:20 ID:fU9XAJCk
>>14
うわ、俺レオンスカヤ結構好きなのにこのクソ野郎は・・・

ひのまんは小生のムカツク野郎リストの王座入閣ですな。

18 :名無しの笛の踊り:2006/05/09(火) 00:21:00 ID:J10tBFsE
まあ、文責もなしに商業サイトで評論家気取りしてるアホの駄文なんて無視すればいいんだけどね。
しかし、コイツの文章はなんでこうもムカツクのかね・・・

19 :名無しの笛の踊り:2006/05/09(火) 01:08:23 ID:kD1G03Dl
>>10
>ある華道家が「花は盛りを少し過ぎた頃が最も美しい」と語っていた

元ネタは世阿弥の「花伝書」だろ?w
天下の世阿弥をそこらの華道家風情と一緒にするなw
ってか「花」だから「華道」だろって短絡に結びつけるのもどうかと思うぞww


20 :名無しの笛の踊り:2006/05/09(火) 01:10:23 ID:h2TT+Q63
ひのき饅頭氏を馬鹿にする諸氏に聴きたいのだが、ひのき氏ほどの知識・教養・文章作成能力はあるのかね?
その上で批判すべきではないのかな?

21 :名無しの笛の踊り:2006/05/09(火) 01:13:49 ID:YTFt8Jxw
恥知らずなひけらかし方をするデリカシーの無さは知識・教養・文章作成能力を帳消しにして余りある

22 :19:2006/05/09(火) 01:17:29 ID:kD1G03Dl
日本古典文学の「教養」だけは無い事はよく分かったよw

23 :名無しの笛の踊り:2006/05/09(火) 04:10:17 ID:jN98ic7n
まあ、HMVを通じて評論家への質問状を送った旨を、それとは無関係な
ユーザーレビューに報告する人の知識や教養もたかがしれてるよね。

24 :名無しの笛の踊り:2006/05/09(火) 07:20:25 ID:JbfMZ80A
23 日本語危ういぞ

25 :名無しの笛の踊り:2006/05/09(火) 08:07:39 ID:w2H/7Qkb
>>20
本人乙

26 :名無しの笛の踊り:2006/05/09(火) 09:48:44 ID:UqrEGGJ3
>>25 先越された…

改めて
>>20
本人乙

27 :名無しの笛の踊り:2006/05/09(火) 10:20:24 ID:zAEsWcH1
>>20
ひの饅ギガワロス

28 :名無しの笛の踊り:2006/05/09(火) 11:39:33 ID:JbfMZ80A
>20
ようこそ ひの饅さん
お待ちしてました♪

29 :名無しの笛の踊り:2006/05/09(火) 11:46:37 ID:8m49V1YE
アンカーもまともに付けられないくせに
人の批判する奴いるな。

30 :ひのき饅頭 ◆nix0h0diUs :2006/05/09(火) 12:30:53 ID:wrhoNwAy
あなたたち、日本語のフレーズがパサパサです。
こうした掲示板の書き込み、冒頭の数行を読んだだけで、書き込む内容を
持っている人間のカキコかそうでないか、はっきりわかります。
言わば書き込みとは人間の知性と教養を試すリトマス試験紙です。
このスレは邪悪な人間の必須アイテム、

王 座 入 閣 決定です。

31 :名無しの笛の踊り:2006/05/09(火) 12:54:12 ID:XCf3kt6A
偽物うぜえ
盛り下がるから余計な事すんなクズ

32 :名無しの笛の踊り:2006/05/09(火) 17:29:00 ID:w2H/7Qkb
1000 :名無しの笛の踊り :2006/05/08(月) 18:15:24 ID:GthG4ip9
ウンコ野郎どもめ>>1-1000

前スレ1000
ワロタ

33 :名無しの笛の踊り:2006/05/09(火) 17:40:08 ID:9YAhGvgp
>>32
>>12-13

34 :名無しの笛の踊り:2006/05/09(火) 18:22:08 ID:WZYuhfDd
ところで>>16ってなんのCD?

35 :名無しの笛の踊り:2006/05/09(火) 18:26:57 ID:JGC6fYKK
>34
ボロディンQによるショスタコーヴィチの弦楽四重奏曲全集(新盤)。

36 :名無しの笛の踊り:2006/05/09(火) 19:17:21 ID:WZYuhfDd
ダンケ!

37 :名無しの笛の踊り:2006/05/09(火) 23:41:26 ID:JCGQByw5
祭りに出遅れた…

>>20
ひの饅さん深夜にわざわざご苦労なことですw

38 :名無しの笛の踊り:2006/05/10(水) 00:10:08 ID:66BQlqi/
本当に本人降臨か?
ペンネームとはいえ個人特定できる自分の文章を2chに晒されたら
俺だったら羞恥のあまり即日筆を折るけどなw

39 :名無しの笛の踊り:2006/05/10(水) 02:29:56 ID:SlV7JSID
フリッチャイマニア
「スコットランド」の終結部に音楽性のないカット(不良?)があり、
せっかくの名演が台無し。正直今年(まだ早いけど…)一番の大ハズレ。
よく回収騒ぎにならないとある意味感心する。

塔で、フリッチャイマニアの新作と思わしき一文を発見。
「今年一番の大ハズレ」って…

40 :名無しの笛の踊り:2006/05/10(水) 10:38:44 ID:QOrKulPt
↑これのどこが痛いの?

41 :名無しの笛の踊り:2006/05/10(水) 15:51:55 ID:edQ6trgG
編集ミスが事実なら今年一番の大ハズレでも妥当だと思うけど。

42 :名無しの笛の踊り:2006/05/10(水) 16:26:31 ID:OYNoM+TM
>愛器P-0sVUK&ElgarPlus1394

43 :名無しの笛の踊り:2006/05/10(水) 16:52:46 ID:rt6Bt/9s
批評も満足に出来ないクズどもが!
http://www.pianist.ccを読んで勉強しろ。

44 :名無しの笛の踊り:2006/05/10(水) 16:55:06 ID:+E8TyCW/
ついに出ちゃいましたか・・・

45 :名無しの笛の踊り:2006/05/10(水) 17:36:28 ID:+0zeWXJd
>>43

46 :名無しの笛の踊り:2006/05/10(水) 18:57:07 ID:0Npe+oRD
>>43
本人乙

47 :名無しの笛の踊り:2006/05/10(水) 23:54:07 ID:b0eojf1D
>>43
それのどこがいたいの?

48 :名無しの笛の踊り:2006/05/11(木) 00:02:03 ID:uKHhsBq6
個人サイト晒すなこのキチガイ
どうせ私怨だろ。

49 :名無しの笛の踊り:2006/05/11(木) 04:25:19 ID:szgzh6zo
>>43

痛くないサイトを掲載しないように。

50 :名無しの笛の踊り:2006/05/14(日) 11:06:41 ID:qVC1FB4W
http://www.hmv.co.jp/product/detail.asp?sku=1437882
「かばくん」って一体??? 犬は何を考えて???

51 :名無しの笛の踊り:2006/05/14(日) 11:27:45 ID:BLNkB582
レビュアーのHNをタワーレコードとかにしてる人はいないんだろうか

52 :名無しの笛の踊り:2006/05/14(日) 12:07:53 ID:Vh0yttep
最高!

"かなり時間が経過しているのだが、珍しく風雷暴氏が攻撃を浴びた様なので援軍の飛行隊出撃。
彼の音質評価は独善的にあらず。以前にご自分の装置等を公表しておられたが、
好みは別にして当レビューアー諸氏中でもたぶん屈指の好条件でお聴きの事と推察。
よって諸兄はそこから氏の言わんとするニュアンスを汲み取る洞察力というか感受性を持つべし。
また演奏評も確かに独特の濃い表現で好みがはっきり別れるところだが、
これも当レビューアー諸氏中ひのき饅頭氏と並ぶ高い見識と感性をお持ちと敬服。
何れにせよ個人攻撃は当欄の主旨にあらず。"
いやみなぶらいあん, 世田谷区
2006年03月25日

風雷暴とひのまんに敬服してるんだってさw
しかも、個人攻撃はダメだが
>何れにせよ個人攻撃は当欄の主旨にあらず。

不特定多数のクラヲタを見下すのはアリらしい。
>よって諸兄はそこから氏の言わんとするニュアンスを汲み取る洞察力というか感受性を持つべし。


53 :名無しの笛の踊り:2006/05/14(日) 12:25:54 ID:a4943B//
ほんとうぜーよなこいつ
まず語調が痛いし

54 :名無しの笛の踊り:2006/05/14(日) 13:21:05 ID:06fboBK/
風雷暴の「王座入閣」はなかなかの名言とは思うが、
王座と入閣は語呂としてはちょっと妙だ。王座や王位というのは
基本的に一人だから「入閣」というのは正しくない。
「王座を占める」とか「王位につく」だったら良いが、
イマイチ歯切れが悪い。「王位継承」「王座奪取」あたり
はどうか?

55 :名無しの笛の踊り:2006/05/14(日) 13:37:54 ID:a4943B//
だめ!

"この演奏は、ベートーヴェンとしても、バックハウスとしても良くありません。
本当にバックハウスが良いと思うなら、LIVEのほうが興味ある演奏が聴けるし、
録音の良いものが結構ありますので、そちらを聴かれれば良いと思います。
バックハウスとしても本当にレベルの低い演奏です。推薦するべき演奏ではありません。
嘘だと思う人は身銭を切ってLIVEを探すべきです。もっと良い演奏で評価してあげてください。
そのほうがバックハウスの名誉になると思います。"
ひのき饅頭, 愛媛県
2005年01月16日

ひさびさに読んだがやっぱすげえなwww

56 :名無しの笛の踊り:2006/05/14(日) 14:05:43 ID:a4943B//
いまいち

"ありゃりゃ。まあなケンプは音の質が全然違うし別格やと思うんやけど、
ステレオのバックハウス、アラウ、ブレンデル、アシュケナージなんか、
こげなの聞くんやったらゲルバーも聞いてあげんかいな。たいして変わらんがな。
このレベルならどれ買ってもええやろ。録音は候補で挙がっとるもんの中でゲルバーのが1番ええで。 "
クリスマス休暇中, 仏成
2005年12月25日

名古屋弁ウザス

57 :名無しの笛の踊り:2006/05/14(日) 22:44:03 ID:FuaYW6Qv
なあ、かばくんって何者だ?

58 :名無しの笛の踊り:2006/05/15(月) 00:03:19 ID:jWMefrmn
>>50 >>57
何者だか気になるよな…

59 :名無しの笛の踊り:2006/05/15(月) 01:38:22 ID:lz3n55X7
娘さんがバイオリン習ってるようですよ。
どっかに書いてあった。本人は現代音楽オタ?


60 :名無しの笛の踊り:2006/05/15(月) 05:21:37 ID:I/6wZeCR
>>56
それ名古屋弁じゃないぞ

61 :名無しの笛の踊り:2006/05/15(月) 15:27:46 ID:oSGsBc+R
岡山弁?

62 :名無しの笛の踊り:2006/05/15(月) 19:32:05 ID:e/lZA5+H
関西弁じゃないの?

63 :名無しの笛の踊り:2006/05/16(火) 03:34:30 ID:YEFa9Plq
播州弁

64 :名無しの笛の踊り:2006/05/16(火) 14:08:20 ID:ERXrQ8vS
すばらしい

"良いセットなので推薦しますけど、シューベルト14番の驚愕演奏はABQのEMI・UKプレス。
出だし一発で金縛りモノです。歌を排除し、音の強弱と構造のみで勝負した異色のシューベルト
。結果として歌を引き出すという逆説を可能にしており驚きです。メロスなら14番の新録が出て
ますが、これがまた凄い。このセットと比較して、彼らが見つけてしまった途轍もないモノが聴け
ます。全集ならこちらでしょうけど、ベートーヴェン後期以降のメロスの録音は等身大だが、深い
。"
ひのき饅頭, 愛媛県
2005年06月20日


サッパリイミガワカリマセーン!!

65 :名無しの笛の踊り:2006/05/16(火) 20:37:23 ID:6KQS4lVH
http://www.hmv.co.jp/product/detail.asp?sku=632222

すばらしい

"シフの演奏は響きが見事だ。響きが好きな人にはたまらないだろう。ベーゼンドルファーの音が良い。
「強弱を極力抑えて、滑らかに歌を紡いでいく」これが理想とされている。
事実シューベルトに強弱をつける場合ほとんどが自殺行為になる場合が多い。
ならこれが理想的な演奏か?実は問題点がある。音をつないでいく方法を取るため、響きが歌を希薄にする。
侵食しているのだ。歌が好きな人には薦めがたい。特にシューベルトが美の極みを進むとき、
歌いきれてなければシューベルトは響きの靄の中で、立ち上がることはない。
これほどの演奏なのにねえ。"
ひのき饅頭, 愛媛県
2005年10月15日

なんつーか、知識は豊富でも、なぜか正解を導き出せないバカっていうか
キテレツの勉三さんタイプっていうか、そんな感じ?

で、知識はなくても感性で正解を導けるタイプ

最高!

"えええっ!私は下記レビューとは逆で、シンプルなメロディの繰り返しや、
断続的な和音の背後に、広がる「歌」を感じました。 音楽はもちろん精神性が大事ですが、
音がきれいにこしたことはないですよね。"
マーコロリン, 埼玉県
2005年11月01日

66 :名無しの笛の踊り:2006/05/16(火) 21:41:09 ID:Vx75JNWg
最高!
"センスの良い人は、Brucknerは矢張りヴァントで聴くだろう。
 ヴァントは、8番に欠かせない「宇宙的な愛」を具現化することが可能な唯一とも言える指揮者であり、
 このようなCDがReleaseされるのは祝着至極である。
 だがヴァントのBrucknerは、リスナーに相当量の知的エネルギーを要求するので、
 知的エネルギーに自信のないリスナーには聴くのが危険であると思われる。
 真にBrucknerに取り組みたい方にのみ薦めたい。"
perfect-listener, Santa Monica
2006年05月09日

頭痛が・・・

67 :名無しの笛の踊り:2006/05/17(水) 00:02:01 ID:RkvT5n4n
最高!

"ヨッフムの7番の録音では間違いなくベスト。
ヨッフムは晩年のヴァントの異常なまでの人気によって近年忘れられがちだがこの演奏は光彩陸離のきわみであり、
不滅といえよう。オーケストラからきっちりと微細な音色の変化を引き出し聴き手をブルックナーの霊的な世界へ誘う。
テンポをやや遅めにとることで曲の持っている美観を無理強いせずに伸張していく。
聴き手に負担を感じさせずに音楽を流していく手腕は流石であり、より多くの人に聴いてもらいたい名演だ。"
肉ポエム, 東京
2006年05月15日

68 :名無しの笛の踊り:2006/05/17(水) 02:57:11 ID:fmnXVDZ5
>>66
これはひの饅のパクりじゃないか?
どうせこのスレ読んでる奴が書いたんだろう。

69 :名無しの笛の踊り:2006/05/17(水) 14:06:25 ID:jCpOEyY9
痛いレビュー書く奴ってワインや蕎麦に薀蓄垂れる層と
被っているのではないかと

70 :名無しの笛の踊り:2006/05/17(水) 20:33:32 ID:fKM38TwB
>>67って、どこが痛いんだ?

71 :名無しの笛の踊り:2006/05/17(水) 21:12:28 ID:55UZ1pgN
>>68
同意

72 :名無しの笛の踊り:2006/05/17(水) 21:32:19 ID:glp+x4f3
三重カキコ。

すばらしい
"セレブ、ゴ−ジャス、艶かしい…叶姉妹かはたまたデヴィ夫人か(笑)"
ワグネリアン
2005年10月05日

すばらしい
"セレブ、ゴ−ジャス、艶かしい…叶姉妹かはたまたデヴィ夫人か(笑)"
ワグネリアン
2005年10月05日

すばらしい
"セレブ、ゴ−ジャス、艶かしい…叶姉妹かはたまたデヴィ夫人か(笑)"
ワグネリアン
2005年10月05日
http://www.hmv.co.jp/product/detail.asp?sku=1067817

73 :名無しの笛の踊り:2006/05/19(金) 03:07:34 ID:ROsX/H7/
テンシュテット関連にいるニトロプレスが一番痛い
テンシュテットの新譜が出る度に発売前から「最高!」と騒ぎ立て、
発売後は雑談のために連投するし、もう最悪。
さらにまわりの奴が「ニトロプレスさんは〜」とかレスつけるから調子の乗ってさらに連投。
風雷暴みたいな勢いがあるけど、ただのテンシュテット信者で彼の録音なら何でもいいになってるし。
ああいう意味のない投稿が増えるとレビューが読みにくくなるからやめて欲しいんだよな。迷惑だよ。


74 :名無しの笛の踊り:2006/05/19(金) 03:09:24 ID:UYavwJUd
【ベルティーニ:マーラー交響曲全集】

いまいち

"新世代演奏像でありレベルの高い全集である事は一聴して分かるが
心の奥に深く響いてくるものや訴えてくるものに乏しい。
極めて美しくかつ破綻なくまとめられた冷静な秀演。
がそれ以上ではなく、感動に打ち震え動けなくなるような何かがある演奏ではない。
もっと切迫した人間の感情が吐露された奥の深い音楽だと思うのだがその表出とは別のベクトルに向かっている演奏だと感じる。
好みの問題だが面白くない演奏。"

マーラー歴30数年, 兵庫
2006年05月06日


・・・30年聴いててベルティーニわかんねぇのかよ・・・( ゚Д゚)オワッタナ

75 :名無しの笛の踊り:2006/05/19(金) 08:00:05 ID:TUzDCigV
>好みの問題だが

って、書いてあるじゃん。
ベルティーニの演奏についてもちゃんと言及してるしさ。
君よりちゃんと聴いていると思うよ。

76 :名無しの笛の踊り:2006/05/19(金) 09:45:40 ID:y7BioTgn
ベルティーニ信者ウザイ
許光俊と一緒にオナニーしてろ

77 :名無しの笛の踊り:2006/05/19(金) 13:22:10 ID:zqbSmJgK
個人的意見だが
>>75-76
本人乙

個人的意見だが
このスレはそういうことを書き込むスレではない

78 :名無しの笛の踊り:2006/05/19(金) 13:56:27 ID:y7BioTgn
個人的意見だが
ここは個人の感性を、自分の基準で否定するスレではない

個人的意見だが
他人を見下したヒノマンや、風来坊のような意味不明文を
晒すスレであって、普通に書かれたレビューを自分の好みに合わないからと
貶すスレではない。今のアンタは、ひのき饅頭と同レベルだよ

79 :名無しの笛の踊り:2006/05/19(金) 14:06:42 ID:twlQW0J8
しかし、スレ2つに書き込むのもどうかと思う

80 :名無しの笛の踊り:2006/05/19(金) 14:36:37 ID:fJAfLjGL
このスレの楽しみ方は痛いレビューで笑うってのは勿論だが、
たまに現れる>>74=>>77のような勘違いレスの方が面白かったりするw
生で反応が返ってくるからなw


81 :風雷暴:2006/05/19(金) 15:18:04 ID:2cld2dae
諸君!仲間割れしている場合ではないぞ!
一致団結して、Come on!

82 :名無しの笛の踊り:2006/05/19(金) 15:48:30 ID:awhYvuXv
OK

"クラシックを聴くというのは娯楽ではなく精神修行であるが、
聴き手個人がいかなるポリシー持って聴くかによってその表現は自ずから異なる。
それを自由に開陳することによって本CDの評価が定まるのであろう。
ベーム氏及び鍵盤楽器奏者氏はそれを「次元」という言葉で表現されたが、
その表現はすでにひのき饅頭氏によっても使用されていた。まさに卓見と言えよう。"

itaita, 日本
2006年01月23日

最高!

"次元が違いすぎるとの鍵盤楽器奏者氏の指摘が大げさでないほどのレベルである。
これを聴いてから半年間他のCDは聴けなくなり、今後もそうだとすれば、これ以外の所有CDはすべて必要ないだろう。
この際、所有CDすべてを犠牲にしてこのCDを買うという選択もありうるのではないか。
ひのき饅頭氏の卓見に圧倒され打ちのめされた。"

ヘルベルト・ベーム, ベルリン
2006年01月22日

http://www.hmv.co.jp/product/detail.asp?sku=1918588

83 :名無しの笛の踊り:2006/05/19(金) 21:59:07 ID:Qj/7j445
最高!

"七海耀さん、ブブッ飛びました!確かに直球勝負だが、
球質軽めで小気味良く自然にホップやシュートして幻惑必至。
おまけにノーサイン&クイックモーションで間髪入れずズバズバ投げ込まれ、
全編呆気にとられっ放し!このムラビン風テイストに狂った!
録音はシアリル氏に同感でサッパリ&明晰。
音色は米オケながら仏パステル調の薄味で意外に洒脱。
が、元々がオーディオ狂好みの派手な音作りじゃない。でも僕はxrcdに更なる期待。
総体的に最近のゴテゴテドロドロとは正反対の稀有な存在で王座即決!
序曲と行進曲も冴えてる!"
風雷暴, 横浜
2005年08月24日


84 :名無しの笛の踊り:2006/05/19(金) 23:05:59 ID:DiYFmur3
>>83
七海氏は犬のレビュアーの中ではマトモなほうなのに、
こんな王座野郎に絡まれてお気の毒。

85 :名無しの笛の踊り:2006/05/20(土) 02:01:11 ID:q8mjoaK4
でも風雷暴って結構好き。
確かに何言ってんのか、ようわからんのでレビューとしてはどうよ、と思うけど、
>>83なんか、風雷暴がこのディスクを気にいってるのが、よくわかる。
なんか可愛げがあるんだよね、この人。

86 :名無しの笛の踊り:2006/05/20(土) 03:05:52 ID:XuBVHfFQ
>>82のレビューに

最高!

"ひのき饅頭さんのおっしゃる通り!あまりの凄さに打ちのめされる。
ディアベッリとショパンの前奏曲はここ半年他のCDは聴けなくなってしまった。多分今後も・・・。"
Happy, 東京
2005年05月05日

て書いてあるんだけどこのCDにショパンの前奏曲なんて入ってる?

87 :名無しの笛の踊り:2006/05/20(土) 03:17:06 ID:nncU48TU
前奏曲 ×
練習曲 ○

88 :名無しの笛の踊り:2006/05/21(日) 02:08:06 ID:+jJXiGxU
最高!
"見事!明晰、且つ推進力に富んだ素晴らしいマーラー。
まさに絶好調の都響。ガッティ、シャイーの録音に匹敵するか、
もしくは一歩リードする。マジにそう思う。録音よし。値段も2000円。"
七海耀, さいたま市
2005年09月22日

普段、的確なレビューを書く七海氏にしてはめずらしく興奮してます。
「マジ」「値段も2000円」って、七海氏が普段使わない表現のような気が…

89 :名無しの笛の踊り:2006/05/21(日) 03:45:50 ID:522TUgji
スレタイを理解した上でそれを書き込んでるなら、レビューの前に自分の日本語読解力を疑ったらいいよ。

90 :名無しの笛の踊り:2006/05/21(日) 10:21:20 ID:5lPA5HEB
>>89
>>88のレビューって、七海ニセモノ説が出てるレビューだったんでないの?
犬のレビューはその都度名前変えられるから、ニセモノ出てもおかしくないし…

91 :名無しの笛の踊り:2006/05/21(日) 11:30:07 ID:0m7YjfXr
http://www.hmv.co.jp/product/detail.asp?sku=122913

だめ!

"残念、実に残念だ!問題は録音の悪さ。当時最先端デジタル技術の試験的導入が仇になっている。
50年代の試験的ステレオ録音より悪いくらいだ。弱音のニュアンスも強音の迫力も完全に消されている。
特に稚拙な左右音分の小細工には腹立たしさを覚える。弦と管の絶妙の溶け合いがSKDの持ち味なのに!
同時期にシャルプラッテン単独企画でアナログ録音されたベートーヴェンや、
特にシューベルト交響曲全集の味わいには遠く及ばない。残念、無念。"
史上最悪デジタル録音, はまぐり五文/京都市
2004年04月23日

他のレビューの中で、一人浮きまくりのはま師
こういう人って、この演奏が自分に合わないのは、
個人の好みとか自分の耳や機器のせいとは絶対思わないんだろうな。
この録音の酷さがわからん他の奴らは音楽を理解できないバカ、とか思ってそう。


92 :名無しの笛の踊り:2006/05/21(日) 22:47:34 ID:+RtPl9TE
最高!

"協奏曲の場合、バックが問題になる場合が多い。が、このバックは絶品の一言に尽きます。
オケの音色・ハーモニーの推移が素晴らしく、各声部のバランスが抜群で、
オケの部分だけで満足してしまいました。このバックは、ベートーヴェンとか、
協奏曲とかの地域的な問題を超えて、「ひたすら最上の音楽」と思えます。
他の演奏との比較は意味のない作業でしょう。一つの世界として完結してますもの。
聴くだけでひたすら気持ちのいい演奏です。内田さんは幸せですね。こんな凄い人々と仕事が出来たのですから。"
ひのき饅頭, 愛媛県
2005年05月02日

ピアノオタ(弾けないけど)のひのまんが、バックの演奏だけをほめまくり。
しかも
>内田さんは幸せですね。こんな凄い人々と仕事が出来たのですから。
皮肉たっぷりにほめ殺し
ホントに嫌な奴だなひのまん。


93 :名無しの笛の踊り:2006/05/22(月) 02:37:38 ID:qh6ND4Uc
ひのまんって、レビュー書き込むの止めたって?
それって、やっぱりこのスレを見てたからかなぁ。


94 :犬レビュアー:2006/05/22(月) 09:15:05 ID:/1gJnFcG
最近HMVにレビュー書き込むのが趣味な私が来ましたよ。
こ、こんなスレがあったとは・・・
怖くてもうレビュー書けない・・・

95 :名無しの笛の踊り:2006/05/22(月) 09:30:08 ID:xlPAJGXS
>>94
ここで取り上げられるほど凄まじい文章書いてるんですか?w

96 :犬レビュアー:2006/05/22(月) 09:35:06 ID:/1gJnFcG
>>95
いえ、初心者のくせにせっせと書き込んでるんで、
オタの皆さんはウザイと思ってるかも・・・


97 :名無しの笛の踊り:2006/05/22(月) 09:44:10 ID:k3nXrtfm
>>96
ここに載ることを目指して頑張ってください
期待してますよ

98 :犬レビュアー:2006/05/22(月) 09:56:34 ID:ALjBQZnY
>>97
がんばります。その時は名乗り出ます(笑)。


99 :名無しの笛の踊り:2006/05/22(月) 10:00:24 ID:xlPAJGXS
>>91
>>74-75とかもそうだけど、その辺は意見が割れてるな。
自分の好みと合わないからダメという文章は、書き方というか言葉の選び方が問題になるのかも。

>>74にしたって、30年聴いてるマーラー歴30数年氏とは違う解釈だってだけでイマイチという結論
なのは、個人的には全く納得できないんだけど、>>75みたいな考え方の人も居るみたいだし。

100 :名無しの笛の踊り:2006/05/22(月) 13:02:26 ID:ru2ia9/C
お前も懲りない奴だな

101 :名無しの笛の踊り:2006/05/22(月) 13:24:35 ID:AofjwTVl
>当時最先端デジタル技術の試験的導入が仇になっている

と、はまぐり五文は書いてるがデンオンは70年代からPCM録音してる事も知らない
お馬鹿さんなんだね。

102 :名無しの笛の踊り:2006/05/22(月) 16:31:58 ID:xlPAJGXS
>>100
えっと、何が?

103 :名無しの笛の踊り:2006/05/23(火) 00:18:46 ID:RvTWbUP7
>>102
結局は好みの問題に還元できる程度のレビュー内容のおかしさなら、逐一このスレで論っていじる必要はないってことでしょ。
遅レスともなればなおさら。

104 :名無しの笛の踊り:2006/05/23(火) 00:42:11 ID:2CMNRMCM
いまいち
"何と「火の鳥」のみmono収録だった!HMV評は’76録音としか謳っておらず、肝心な本体にも録音状態は記載なし!
注意深く聴いたがmonoながら音質はヒストリカルレベルではない。もしかすると編集時のミス?何れにしても両社の
信用問題だ。目玉はマッケラス/ぺトルーシュカ。確かに豪快でロシア的。これはイケる!  "
風雷暴, 横浜
2003年06月18日

鰤のストラヴィンスキー3大バレエ集。この評価のおかげで48点になってる。
http://www.hmv.co.jp/product/detail.asp?sku=91497
ちなみに風雷が吠えてる「火の鳥」はドラティ/RPOの1976年録音(ASV原盤)
聴いた感じ、たしかにモノラルっぽいが、ステレオ録音だと思うのだが。

105 :名無しの笛の踊り:2006/05/23(火) 01:25:48 ID:2CMNRMCM
もう一度最後まで聴いてみた。やはり風雷暴の大いなる勘違い。ステレオ録音だ。

106 :名無しの笛の踊り:2006/05/23(火) 02:37:56 ID:3LoWaoOl
営業妨害で訴えられろ

107 :犬レビュアー:2006/05/23(火) 11:44:47 ID:JUwrDDn3
「この人の知識って、すごーい」と、風雷暴さんのことを
ソンケーしかけていた私・・・
でも「なんか偉そうだな?!」と、少しばかり反感も持っていた私・・・


108 :名無しの笛の踊り:2006/05/23(火) 12:27:14 ID:xifw4CWi
しっかし、「音質に人並み以上の拘りを持つ」はずの風雷暴さんがステレオとモノラルの区別も
出来ないとは…

109 :名無しの笛の踊り:2006/05/23(火) 22:13:23 ID:KiO0qe2z
音質に人並み以上の拘りを持っていても
聴く耳を持っていなかったと言う事で
・・・・・

110 :名無しの笛の踊り:2006/05/23(火) 22:36:26 ID:ABDSZQaZ
この「参考になった」率が異様に低いakkye氏はここでは有名人なの?

ttp://www.amazon.co.jp/gp/cdp/member-reviews/A7N3KFOBPD6CF/ref=cm_cr_auth/250-7853447-4152205



111 :名無しの笛の踊り:2006/05/23(火) 22:39:54 ID:Rjlqx798
>>110
カワイソスwwww

112 :名無しの笛の踊り:2006/05/23(火) 22:45:08 ID:pXmKuwPk
>>110
さてと、「参考にならない」全部入れてくるか…

113 :110:2006/05/23(火) 22:45:30 ID:ABDSZQaZ
なんか読んでると「ヴェデルニコフ」を手放しで褒めてるしw
もしかして、2chの「ベートヴェンピアノソナタ」スレにも出入りしてるかも。

114 :名無しの笛の踊り:2006/05/24(水) 05:06:28 ID:JYogP+/z
http://www.amazon.co.jp/gp/product/B00005FHJQ/249-6423104-1997168?v=glance&n=561956

恥を忍んで告白します。, 2005/9/25
レビュアー: daepodong - レビューをすべて見る
 アタシ、まったくマタイのよさがわからないんです。ぜんぜん感じないんです(と、宇能鴻一郎風に)。
 かの高名な音楽評論家、吉田秀和は「マタイのよさのわからない人間は音楽を聴く資格がない」と放言したが、
 別に吉田秀和の言う通り音楽を聴くことをやめる必要はまったくないと思う。思い上がりも甚だしい(といい
 つつ、自分も「チャーリー・パーカーがわからなかったらジャズを聴く資格はない!」とか言っているので同
 じようなものか)。
 わたくしはまずこの有名なリヒター旧盤で挫折した。合唱、福音史家の独唱、そしてアリアという形式に耐えら
 れなかったこともあり、そして題材がもろ聖書だということもあり、さらにリヒターの過剰な思い入れもあり、
 と悪条件の揃ったこのレコード、聴き通せなかった。
 バッハの再来、レオンハルト指揮の演奏で何とか聴き通せたものの、マタイのよさは最後までわからずじまいだった。

 ということで、本アルバムを論評する資格はわたくしにはありません。ごめんなさい。
 ひとつだけ言わせて頂ければ、リヒターで挫折した方は、レオンハルト盤ならば受け入れ可能かもしれない、という
 ことだろうか。


↑わからなきゃ評価するな糞馬鹿
つうかマタイも聞けない阿呆がいっぱしにクラシック語ってンじゃねえつうのw


115 :名無しの笛の踊り:2006/05/24(水) 07:10:39 ID:/6AkEwIE
>>114
なんか尼にブチ切れてるよw

公開する名前: daepodong
自己紹介: アホらしくなったので投稿やめます。腹立ったのは嫌がらせ投票よりもamazonの検閲だ。というか、嫌がらせ自体amazonの仕業のような気がする。可能な限りもうここでは本を買わない。さらばアマゾン・ドットコム

116 :名無しの笛の踊り:2006/05/24(水) 22:53:03 ID:jr+6U8tY
http://www.hmv.co.jp/product/detail.asp?sku=1454372

最高!

"クープランのピアノ演奏を聴くのは初めて。先日に続いて当レヴューアーで尊敬申し上げるひのき饅頭様へ。
スコアにあたったり、時代考証を念頭に置くのは、所謂専門家か評論家の所業なれど、
相手(演奏家)が極めていればいる程こちらも心して掛からねば、と。
ただし、シロウトなのでそこにはいい意味でのいい加減さ、甘さがあって然るべき、
またそうありたいと。これはあくまでわたくしの個人的な見解であります。
一応音大で音楽学を修めましたが、今は下賎の生業に従事しております。
さて、またいろいろ勉強させて下さい。"
いやみなぶらいあん, 世田谷区
2006年02月12日

ひのまんヲタらしいこのアホ、レビューを私信に使ってる。
大物に育ちつつある予感。
しかしよくわからんのは、この盤にひのまんレビューしてないんだよね。

117 :名無しの笛の踊り:2006/05/24(水) 23:53:47 ID:xdtJKxWa
>>116
つチラシの裏

118 :名無しの笛の踊り:2006/05/25(木) 00:24:27 ID:ndmpTIVZ
>>117
本人登場?

119 :フリッチャイマ二ア:2006/05/25(木) 01:04:59 ID:sASkS7uE
>>118
どこが?

120 :名無しの笛の踊り:2006/05/25(木) 11:37:04 ID:hmUT2P2j
七海、DVDレビューで馬脚をあらわす。「切腹」は超有名作。仲代を「達也」と変換して
気づかないのはトーシローの証拠。クラだけにしとけ。


かなりの日本映画通でもこの作品をしらない。かく言う私も数年前アメリカで見るまで
知らなかった。ぶっ飛んだ。こんな凄い映画があったとは驚きだ。何より役者が違う。
仲代達也、三国連太郎、丹波哲郎、岩下志麻。錚々たる顔ぶれである。小林正樹は黒沢
明の陰に隠れているが、芸術と娯楽を高い次元で融合させたその作風は黒沢に一歩も
引けをとらない。本作は一種の密室心理劇だが、凄惨な場面と適度なユーモアが交錯して、
独特の緊張感を作り出している。能の静謐さと歌舞伎の迫力を融合させた見事な演出を
バックに仲代、三国らの迫真の演技が冴えわたる。戦後日本映画の最高傑作と呼ぶに
ふさわしく、一度見ると最後まで目が画面に釘付けになること請け合いだ。今は亡き
武満徹の音楽も見事。

投稿者: 七海耀 from 埼玉県さいたま市 (Jan 4th 2005)


121 :名無しの笛の踊り:2006/05/25(木) 17:43:28 ID:ddYWEuZm
>>120
誤字くらいで鬼の首取ったみたいに大はしゃぎですね
2ちゃん向いてないんじゃない?

122 :名無しの笛の踊り:2006/05/25(木) 18:20:33 ID:Pe1DIJB+
>>121
え?

123 :名無しの笛の踊り:2006/05/25(木) 18:55:21 ID:oySCqvb3
>>121
>.120は、超有名な作品である「切腹」を「かなりの日本映画通でも
この作品をしらない。」と言ってるのがおかしいっていうんじゃないの?
音楽でいうと、火刑台上のジャンヌダルクとか7つの封印の書クラスの
曲を取り上げて(切腹のほうがもうちょっとメジャーかも)
「かなりのクラシック音楽通でもこの作品をしらない。」と言ってるようなもの。
痛いとまでいえるかはともかく、ちょっと恥ずかしいな。




124 :名無しの笛の踊り:2006/05/25(木) 19:15:17 ID:ddYWEuZm
ああ、なるほど
クラの痛いレビューでよくある、メジャーな演奏を評して
「この演奏の良さが解る人は少ない」とか「知る人ぞ知るこの演奏」
とか言うようなものなのね。

125 :名無しの笛の踊り:2006/05/25(木) 23:15:36 ID:EfZ/eVvm
ま、この程度はあんまり痛くないんじゃないの。
黒沢作品ほとんど見てる俺それ知らんし。
いい映画なの?

126 :名無しの笛の踊り:2006/05/26(金) 00:38:24 ID:QH/71v0w
どうやら誰もが知っていると言うほどではないようなので、
晒した側の「超有名作」という表現も、
叩きたいという意欲が表にでてしまった結果ということですかね。

ちなみに映画にとんと興味のない私も「切腹」という作品は知らない。


127 :名無しの笛の踊り:2006/05/26(金) 17:46:41 ID:DjDHYGRo
スレの趣旨からズレて来てるが、「切腹」はカンヌで賞を取ったし、
日本映画通なら「誰でも知ってる」クラスだと思うが。
(私は、「人間の条件」なんか長ったらしくて見ていられないが、
「切腹」なら、DVDなんて無かった頃にセルビデオを買ったくらい好き)
ついでに言えば、「黒澤明作品をほとんど見てる」程度では
「日本映画通」とは言わない。黒澤、成瀬、溝口あたりは、基礎教養レベル。
たとえば「音楽が松村禎三」という理由だけで「太平洋戦争 謎の戦艦陸奥」
とか「激闘の地平線」みたいな新東宝のヘンな映画まで見ているのが、
「日本映画通」。

128 :名無しの笛の踊り:2006/05/26(金) 20:09:00 ID:kJw8+aUU
それって戦争映画通なんじゃないの。
通ってったって、時代劇しか見ない人
もいるし、ヤクザ映画しか見ない人もいる。
「切腹」ってのは聞いたことはあるな。
要は「通」の定義の問題だろうけど。
ま、俺は映画はよく知らん。

129 :マラ3マニア ◆MARA33NKiI :2006/05/26(金) 21:31:23 ID:o3gJJUNl
邦画ファンなら絶対「切腹」は見てるだろう。
ああ、明日の嫌われ松子の一生楽しみだ・・・

板違いorz

130 :名無しの笛の踊り:2006/05/26(金) 21:50:55 ID:GP1D//hm
スレ違いの話題ばっかりするから
とうとう本物の痛い奴を呼び寄せてしまったじゃないか!

131 :名無しの笛の踊り:2006/05/27(土) 14:55:13 ID:e97kYCM+
>>129-130
ワロタ

132 :名無しの笛の踊り:2006/05/27(土) 23:39:22 ID:eVwkesPV
>>69
こんな類型になるのでは。
A ファンモードタイプ
 好きな演奏家に入れ込むあまり、実態を離れ賞賛が先走りして
 大袈裟な内容のレビューとなる。
B 誇大妄想タイプ
 自分を高い所に置いた芝居がかった物言いをすることで、
 「自分は頭がよく人より上の存在」という願望を満たす。
 自分は違いの分かる優れた存在というスタンスを挟めて判断するから
 内容も偏っている可能性が高い。
C 腐女子タイプ
 大勢の人の目に触れる場で自分の文章を披露することに意義がある。
 「私の優れた文章力を認めて!」という思いと、
 いっぱしのクラシックファンとしての虚栄心とを満足させる。
 自分の文章に酔い大袈裟になる可能性が高い。
A、B、Cの要素が重なることもある。
A+B=ファンモードの入った誇大妄想
B+C=腐女子の誇大妄想、など。

133 :名無しの笛の踊り:2006/05/28(日) 01:46:47 ID:vjmFCGBV
て、言うか、細かいこと言えば、どのレヴューも
どれかには該当するでしょ。自己表現というのは、
それがどのような形であれ、良かれ悪しかれ顕示欲
の反映だからね。ま、以上の要素を感じさせない、
清水のように美しいレヴューってのもあるだろうけど。

134 : :2006/05/29(月) 08:54:12 ID:Jyd3U3Xe
以前、腐女子のゴテゴテした文章にけちつけたら
その腐女子に「自己顕示欲は表現につきものなんだから
いいでしょ?」と居直られた。
でもやはりそういう文章になったり偉そうなのになるのは
本人に自己批判力や客観的に物事を眺める知性が欠如
しているからではないかな。

135 : :2006/05/29(月) 09:03:54 ID:Jyd3U3Xe
「自己表現」の結果、ゴテゴテと自己顕示欲の高い
文章になるのは、文章センスの問題もあるのだろうが、
余程「私を見て」というギラギラした要素が強いのもあると思う。
特にかなり「偉そう」な文章になるのは、そういう自他に対する痛い
欲求を恥ずかしいと思わない問題がある感じがする。
周囲のそういう調子につられて、そんなレビューになる人も
いるんだろうけど。

136 :名無しの笛の踊り:2006/05/29(月) 11:30:05 ID:qP0I61v3
例えば>>127にもうある種の自己顕示欲が知らず知らずのうちに
出ている。掲示板というのは、あまり考えずにスラスラ書いちゃう
から、心の中のありようが無意識に出るということはあるだろう。
逆に、言葉尻をつかまえて揚げ足をとるようなことになる場合も
ある。例えば、>>116に出てくる「下賎の生業」と言うのは何か。
これを額面通りにとれば、いやみ氏は音楽を高貴な職業、それ以外は
下衆の仕事と考えていることになるが、一種の自己卑下もしくは自虐
のようにも受け取れる。それと、俺には>>132のA、B、Cの違いがよく
わからん。風雷暴はAと言えるような気がするが、俺は彼の文章は
そんなに嫌いじゃない。この板にフジ子を叩くスレがあるが、あそこに
出てくる文章など自己顕示欲のオンパレードで、俺はあっちを見てる
ほうがよほど面白い。


137 :名無しの笛の踊り:2006/05/29(月) 11:52:22 ID:8P1nII/K
でも風雷暴がいてくれるおかげで俺は楽しい
だから彼は必要だ

138 :名無しの笛の踊り:2006/05/29(月) 12:46:24 ID:AM20DSiA
風雷暴は音質やオーディオ機器論にならない限りは愉快な奴
ひのまんは常時嫌な奴

139 :名無しの笛の踊り:2006/05/29(月) 18:09:44 ID:K1WOowTp
ダブリ投稿野郎。なにを考えてるのか?

最高!
"ノイマン・チェコフィルのマーラーは剛毅で実直でマーラーの抒情性をよく表現している。オケの柔らかい響きもマッチしている。
マーラーはノイマン・チェコフィルとショルティ・シカゴ響しか聴かない。ブルックナーと違って何故か他のものと聞き比べる気がしません。"
コーキロマンハ, 神戸市
2003年06月09日

最高!
"マーラーはノイマン、チェコ・フィル盤とショルティ・シカゴ響盤しか聴かない。ブルックナーと違って何故か他のと聞き比べようという気が起きない。
ノイマンの演奏は実直でバランスが取れていて、本質的に抒情的なマーラーの音楽にフィットしていると思う。オケの音も柔らかくて良い。"
コーキロマンハ, 神戸市
2003年06月07日


140 :127:2006/05/29(月) 19:00:54 ID:3MP3hbcg
>>136
「知らず知らず」じゃなくて、
「音楽が早坂文雄なら、黒澤だけじゃなくて溝口も当然見てるよな、
おれは見てる。ついでに言えばDVDやビデオではなく、映画館での上映会で。」
「おれは『音楽が松村禎三だから』というだけで『太平洋戦争 謎の戦艦陸奥』
のDVDを買い、『音楽が伊福部昭だから』という理由で『雪とたたかう機関車』
や『つばめを動かす人たち』の収録されたDVDも買ったよ」
と言いたくて言いたくて自己顕示欲満々で書き込んだよ。(笑)

141 :名無しの笛の踊り:2006/05/31(水) 03:24:21 ID:Vj0kdTTJ
みんなの好きなレビュアーおしえて

好き

風雷暴
とりあえずテンションが高いので読むだけで楽しめる。最近少ないからもっと書いて。

七海耀
短くて読みやすい。

肉ポエム
最近よく見るレビュアー。コーホーのパクリ文体が痛いけど書いてあることは参考になる。

嫌い

ひの饅
この録音がわかる俺はすごい、というのが前提でうざい。つうかろくに聴いてなさそう。結構書いてあるの適当だと思う。



142 :名無しの笛の踊り:2006/05/31(水) 13:29:07 ID:OgCQP9N5
すばらしい
"ザルツブルクの楽団によるザルツブルクでの録音、指揮者もベーム
コンクール優勝後この楽団の音楽監督を務めヒューストン響の音楽監督に
抜擢されたオーストリア出身者。安いからとナメてはいけません。
モーツァルトの交響曲は41曲ですが実際はスケッチ状態の物など含め
50曲以上あるり、その視点からの録音です。演奏はやや保守的で一部で
アンサンブルの精緻さに欠けますが、モーツァルトの特長である多用される
スタッカートや長いスラーの処理、生き生きしたテンポでの自然な強弱の
切り替えの手際の上手さ等は本場ならでは。"
saitaman, saitama
2005年07月02日

何が痛いかというと、
「モーツァルトの交響曲は41曲ですが実際はスケッチ状態の物など含め
50曲以上あり」の部分。この全集には「スケッチ状態の物」なんて入っていない。
ついでに、41曲っていつの時代の話だと…

143 :名無しの笛の踊り:2006/05/31(水) 17:32:07 ID:Wb3hedva
もう、このスレも終わりだな。

144 :名無しの笛の踊り:2006/05/31(水) 19:41:28 ID:lWDtQdOo
>>141

風雷暴は嫌いじゃない。オーディオの話になるとウザイが、基本的にお笑い系、いなくなると寂しい。

七海は素人レビュアーにしては読める文章を書く人。

肉ポエムは知らん。

ひのまんは反吐が出るほど嫌い。自分は優れていると言いたいだけのオナニー野郎。
今すぐこの世から消えて欲しい。

145 :名無しの笛の踊り:2006/06/01(木) 00:42:13 ID:0WPER5gi
まあ、そう邪険にするな。
ひのまんほど、スレタイにふさわしいレビュアーは他にいない。
これほど皆の反発を招くのは、ある種の才能。
孤高の存在といえよう!


146 :名無しの笛の踊り:2006/06/01(木) 00:57:51 ID:c1WfaERg
>>145 本人降臨乙w


147 :名無しの笛の踊り:2006/06/01(木) 19:35:11 ID:aoNUiUJL
すばらしい

"文句の付けようの無い美しい演奏なのだが、詰め込み過ぎで?音がやや窮屈な印象。
(楽器の特色もあるのだろうが)特に88年録音のD935の方のディスクにそれを感じる。
シューベルトの演奏はとても難しいと思う。調性の変化と旋律線の歌いこみの両立と、
その深部から覗く孤独というか心の震えのような物まで到達して表現するのは至難の技なのだろう。
今のところブレンデルが一番成功した結果を示してくれているようなのだが、
いずれシフにも再録音(ベートーヴェンの終わった辺りで)をしてもらいたいものだ。"
いやみなぶらいあん, 世田谷区
2006年05月02日

すばらしい

"シフは響きが見事だとの事。そうであろうが、何か解釈が淡白というか(と聴こえてしまう)
フレーズの弾き方や、和音がブレンデルの様に重くというか、粘らない(溜めない)というか、
クリアで判りやすいというか単層的な?印象。このサイトも検索が簡素化し、細かい好みを
探り当てるのにますます不向きになってしった様。削除を覚悟で書くが、
あまり精密なレビューはHMVにとっては都合が悪いのだろうなあ。
やはりポリーニのノクターンは最高、を基点にしたほうがビジネスはやり易い、か・・・?"
いやみなぶらいあん, 世田谷区
2006年05月01日


同じCDにしつこく叩きレビューを書き連ねる粘着野郎。
ひのまんほど他人を異常にムカつかせる才能は無いようだが、
オツム(耳?)の弱さは引けをとらない模様。
もしかしてコイツ、前スレあたりで叩かれてたハンスか?

148 :名無しの笛の踊り:2006/06/01(木) 20:55:59 ID:mFueQR+5
HMVにとってどうのこうのってあたりが気持ち悪いな
お前にそんな影響力はねーよw

149 :名無しの笛の踊り:2006/06/03(土) 22:47:26 ID:R9U8U6iW
http://www.towerrecords.co.jp/sitemap/CSfCardMain.jsp?GOODS_NO=917464&GOODS_SORT_CD=102

あびこC狂
すでに分売されておりPソナタ全集ならほしいが P協全集を加えた企画意図がわからない。

企画意図って・・・アマデオ版の時からカップリングされてた物なんだが
もしかして、協奏曲を付け足して価格を上げてると思ってる?




150 :名無しの笛の踊り:2006/06/04(日) 04:36:55 ID:Ov9zWNkZ
>>149
ってか、それ以前に鰤の存在を知らないあたりが痛い。と思って、
鰤のソナタ全集をくぐってみた。
http://www.towerrecords.co.jp/sitemap/CSfCardMain.jsp?GOODS_NO=921524&GOODS_SORT_CD=102

あびこC狂
この盤は音源がおなじでP協がついていないので結局エロクエンス盤が
お得とゆうことなのでしょう。

音源が同じ?? エロクアンスと鰤ではマスタリングが違うはずだが…。

151 :名無しの笛の踊り:2006/06/04(日) 10:22:26 ID:m8aYez8g
>>150
音源は同じだね。で、エロはそれをリマスタリングしている。

152 :150:2006/06/04(日) 10:38:34 ID:Ov9zWNkZ
言葉足らず、スマソ。

「協奏曲を抱き合わせするんじゃねーよ」
     ↓
「ついてないし、値段高いからやっぱりあっちが得?」
     ↓
(無限ループ)
肝心な音質(エロクアンス盤は相当いじってる)についての考察能力がないのが
痛いし、並べてみると「レビュー」になっていない。

153 :名無しの笛の踊り:2006/06/04(日) 10:55:24 ID:+DErH235
無限ループじゃねえだろ

154 :名無しの笛の踊り:2006/06/04(日) 11:39:11 ID:m8aYez8g
http://www.towerrecords.co.jp/sitemap/CSfCardMain.jsp?GOODS_NO=899888&GOODS_SORT_CD=102

あびこC狂
中古でSYM全集を聴いたが大変いい演奏です。しかし新品はたしか1万以上したと思います。
録音も20年前ですし無理することはないでしょう。ハンスグラ?フ盤で十分です。

塔のHPを見ているうちに、また見つけてしまったorz
彼は、何か色々と勘違いをしているような気がするんだが・・・


155 :名無しの笛の踊り:2006/06/04(日) 14:13:23 ID:Ov9zWNkZ
http://www.towerrecords.co.jp/sitemap/CSfCardMain.jsp?GOODS_NO=952886&GOODS_SORT_CD=102
あびこC狂
バックハウス、グリダ、内田、とこの盤で4種類となるが、
いずれ劣らぬ名演ぞろいだ。とくに内田、ザンデルリンク盤は
重厚でメリハリのきいたすばらしい演奏だ。

何故にブロンフマン&ジンマンに内田マンセー書くかわからん。
ついでに、グリダと書いたことを、他人が突っ込んでる。

どうやら、塔にも大物新人がデビューしたようで喜ばしいかぎりだ。

156 :名無しの笛の踊り:2006/06/05(月) 18:01:26 ID:kpFo6st9
許が推すマルケヴィチのビゼー。痛いコメントばかり。


すばらしい
"国内/輸入盤を含めれば、マルケヴィッチの録音も殆どがCD化されてきた感がある。斉諧生音盤志さんのサイトと
照合・確認させて頂いた結果でもある。モンテカルロ王立歌劇場Oとは、LPレコード5枚分の録音を残しているが、
ある意味、晩年に近づきつつあった(大病を煩う直前??)鬼才マルケヴィッチの別の顔を見せてくれている。
恩師ディアギレフへのオマージュとなったフランス6人組やナディア・ブーランジェの録音は特筆に値する名演である。
チャイコフスキーは「スラヴマーチ」が面白かったと思う。"
ジャン・コクトーの友人, 南仏アンティーブ
2005年05月14日

OK
"「アルルの女」は超名盤のラムルー盤に遠く及ばない。「ロメ・ジュリ」はマルケヴィッチには珍しく感情移入の激しいロマンティックな
演奏で面白い。「くるみ」はフィルハモニアO盤と互角か?!レーニエ公の要請で引き受けたモンテカルロのオケとは、「イタリア奇想曲」「スラヴ行進曲」もあり、この2曲が大変魅力的な演奏であったと記憶しているが・・・。"
天下の風来坊 , 徳田新之助
2005年05月13日

157 :名無しの笛の踊り:2006/06/05(月) 18:07:40 ID:kpFo6st9
同じくマルケヴィッチのモーツァルト。この指揮者のヲタには変わり者が多いな。


すばらしい
"マルケヴィッチとモーツアルトはアンマッチという気もするが、「戴冠ミサ」を2度録音(ベルリン・フィル,ラムルーO)し、モーリス・アラールと組んだ
ファゴット協奏曲の名盤もある。ハスキルのピアノを支えた協奏曲の名盤は有名だ。我が国では-確か日本フィルと-「プラハ」の名演も披露している。この3曲いずれもマルケヴィッチの芸風の懐の深さを感じさせるユニークな演奏である。昨日購入したフランス
国立管弦楽団を指揮したチャイコフスキーの「悲愴」(1958.9.25ライヴ)も名演であった。マルケヴィッチ-真の鬼才である!!"
福永陽二郎, 藤沢
2006年02月04日

すばらしい
"『イゴール・マルケヴィッチ/完全なる芸術家』に収録されているものと同じであるが、国内初CD化である。第34番と「プラハ」
はLPレコード時代から20数年来愛聴してきたが、「ハフナー」は未聴であった。マルケヴィッチらしい切れ味の鋭さもあるが、そ
の溌剌とした新鮮な響きとリズムに驚かされる。大胆な表情付けもあり、面白く聴くことができる。鬼才が壮年期に指揮
したベルリン・フィルとの2曲共々、貴重な録音である。生誕250年の当日に聴いたCDでもある。"
渡部弾蔵(士中一番隊), 会津白虎隊
2006年01月28日


158 :名無しの笛の踊り:2006/06/05(月) 18:14:11 ID:Spe6mkq1
そんなに痛いか?

159 :名無しの笛の踊り:2006/06/05(月) 19:31:06 ID:EatGh/up
>>158
このスレ的には普通だな。
よっぽどマルケヴィッチが嫌いなんだろ。

160 :名無しの笛の踊り:2006/06/05(月) 20:06:56 ID:kpFo6st9
ウェルザー=メストのアルプス交響曲。
何をいいたいのか理解できない。さすが風雷暴。

すばらしい
"Altusクナ盤で本曲を「音楽で描かれたイラスト」と評してるが、本盤が正にそれ。が、皮肉にもクナのは荒々しい筆使いと、
色彩造形がデフォルメされたゴッホの絵のよう。故に、単なるイラストである筈の作品から、Alpsの森羅万象に内在する
形而上の畏怖(と言うより恐怖)、感動(命を賭けた)が痛切に抽出される。芸術はかくありたい。"
風雷暴, 横浜
2005年11月13日

161 :名無しの笛の踊り:2006/06/06(火) 15:16:31 ID:PUhwH2cn
ゴッホの絵をひとくくりにしてるあたりが痛いな

162 :名無しの笛の踊り:2006/06/07(水) 22:42:08 ID:r7VbVq0N
http://www.hmv.co.jp/product/detail.asp?sku=1494872

いまいち

"この曲は確かに変態的に巨大で複雑な産物だ。
例えば25−1の編曲ではわざわざ羊の声や山びこまで音にしているが
この効果は内声を自在に操れる本物の名手が弾けば、原曲で出せる種類のものです。
しかしそれはショパンに対する深い洞察と確かな技術、高度な知性とバランスが必要です。
このような構成にするならそこを分からせて欲しい。
この編曲の意図を十全に表現できているかどうか。
確かに頑張っているが、この曲が難曲とされるのは、単なる技術的な問題だけではないのだ。
多くのことを学べる優れた編曲なのだが。"
ひのき饅頭, 愛媛県
2006年05月11日

相変わらず意味不明なのにムカつく文
要は演奏が自分の気に入らないだけらしい。

ひのまんさん、そんなに音楽エリート気取りたいなら
俺みたいなバカにでも理解できる言葉でレビューして欲しいな。
エリートなら簡単でしょw


163 :名無しの笛の踊り:2006/06/08(木) 08:05:51 ID:bGYDD6IP
ひの饅って常に上から目線だよな

164 :名無しの笛の踊り:2006/06/08(木) 15:00:14 ID:Ux0hcHqo
フリッチャイマニアの新作発見。(塔・ベーレンライター版モーツァルト全集譜)

フリッチャイマニア
モーツァルト愛好家には必携のセット。あえて欠点を列記すると、
(1)「新全集」の分冊を合本する際に生じるページ番号の矛盾<同じ
冊の中に1ページ目が複数生じる>、(2)全集刊行後に発見された
新資料の不反映、(3)輸送箱込みで27.5キロという重量 ぐらいか。
何はともあれ「買い」だと思う。

(3)は、意味不明だな。ネット通販なら自宅まで持ってくるだろうし、
その後に「全体の重量」が苦になることって、ないだろ。

165 :名無しの笛の踊り:2006/06/08(木) 15:43:15 ID:aCf6T8R6
自演乙

166 :名無しの笛の踊り:2006/06/08(木) 23:36:52 ID:SPRDk88I
http://www.amazon.co.jp/gp/product/B000060N6K/503-8113551-0778321?v=glance&n=561956

ストコフスキー指揮が二つのオーケストラを指揮して録音したチャイコフスキーの管弦楽曲。
バレエ「白鳥の湖」と「眠りの森の美女」のハイライトは1966年にニュー・フィルハーモニア管弦楽団を指揮した演奏。
ここでの演奏は、リピートや冗長な部分は極力省略し、場合によっては一部の抜粋として、短く簡潔に次々と場面を移していく。
そのため、一つ一つの曲を聴くよりは、バレエの物語に沿うような形で、20分くらいの起伏のある交響詩のように演奏されている。
また、フェイズ4という技術により、極端なクローズアップのあるマルチトラック録音なので、管楽器のソロなどは美しいが、
マスターテープによる音割れ、びりつきなどは若干ある。
……いっぽう1970年、アンセルメが君臨していた記憶も生々しいスイス・ロマンド管弦楽団を指揮して収録された「ロメオとジュリエット」は、
全く性格の異なるオーケストラながら、ストコフスキーの解釈が見事に浸透し、独特のチャイコフスキーの世界が繰り広げられる。
バレエ曲と同じように省略や大胆なデフォルメが施されているが、注目すべきは曲のラストで、本来のティンパニ連打と強奏でなく、
静かな弦の和音が響いてディミヌエンドしてしまうところだろう。


アマゾンで見かけたレビュー。スレ違いになってしまうが、なかなか良いレビューなので貼ってみた。
痛いレビュアー達も、こういうレビューを参考にしてほしい。

167 :名無しの笛の踊り:2006/06/09(金) 01:04:51 ID:slkPtbfo
自演乙。

168 :名無しの笛の踊り:2006/06/09(金) 07:15:38 ID:JcE3cmFb
うむ、ここは私も自演乙と言っておくべきだろう

169 :名無しの笛の踊り:2006/06/09(金) 17:11:11 ID:XezZdPXh
>>166

こういうレヴューって、犬や塔じゃこんなに
たくさん書き込めん。とは言え、このハリー健は
オーマンディのBMG国内盤に随分レヴューを書き込んで
おり、演奏の特徴に加え、必ず録音状態にも言及し
てくれているので、俺は購入の際随分参考にした。
自演じゃないよ。

170 :名無しの笛の踊り:2006/06/09(金) 17:51:25 ID:w+/wFFi5
>>169
同じく、ハリー健さんのレビューを参考にして、 オーマンディの
『ハンガリー狂詩曲第2番〜華麗なるフィラデルフィア・サウンド 』
を買った。

この値段の国内盤でライナーノートに収録曲についての解説が一切無いというのは珍しいと思う。
その点についても、レビューで触れて欲しかった。

171 :名無しの笛の踊り:2006/06/09(金) 20:20:52 ID:XCuR+7VP
>>169
携帯乙

172 :名無しの笛の踊り:2006/06/10(土) 00:34:50 ID:IFpY3RNi
>>166
こういうのを世間ではレビューっていうのか・・・そうか・・・

帯に書いてあるような紹介文みたいなもの読んでもちっとも面白くない
演奏の特徴の表現も所詮主観的なものだし、何か伝わってくるものが少ないな
趣味嗜好の合う人だとかなり参考にはなるんだろうな

本人の気取らない素の感想とか感情がダイレクトに書かれてるほうがいい
そのほうが自分には(良くも悪くも)参考になるなあ

173 :名無しの笛の踊り:2006/06/10(土) 00:52:45 ID:t+LMQtgh
知らない人の感想なんかより客観情報の方が参考になるけどなあ。
アマゾンは、レビュアーの特性を調べやすいからまだいいけど。

174 :名無しの笛の踊り:2006/06/10(土) 01:35:06 ID:IFpY3RNi
客観情報のように見えてても良く読めばそうじゃない部分も意外と混じってるよ。
主観の入らない説明部分と、所詮主観の部分とがどうしても混在しがち。
だったらいっそのこと直情的な感想のほうが読んでて面白いんだけどなあ。
他人の感想でも、それはそれと受け止める度量があれば良いだけのことでは?
(というのは、結局は自分で買って自分の耳で聴いて自分の感性で決めるものだから。)

あ、ただ、他人の神経を逆撫でするようなひの饅見たいなのは別だヨ。

175 :名無しの笛の踊り:2006/06/10(土) 01:53:48 ID:c5FNHGkj
客観でも主観でも直観でもいいけど、
「これひょっとしたら面白いかもな」という引っ掛かりを
作ってくれるのが俺にとってはいいレビューだな。
最終的に決めるのは自分だし。プロの評論家はそれだけじゃなくて
普通の人の知らない情報を外国の文献から見つけてくるとか
楽譜をちゃんと読みこんでなかなか気づきにくい面白さを
指摘してくれるとかやってほしいと思うけど。




176 :名無しの笛の踊り:2006/06/10(土) 08:28:35 ID:IFpY3RNi
>「これひょっとしたら面白いかもな」という引っ掛かりを
>作ってくれるのが俺にとってはいいレビューだな。

いやあ、全くその通りですね・・・あなたスバラシイ
人によってそれを感じるポイント、観点が違うだけのことでしたね
(客観情報だったり、主観の感想だったり、と)
(スッキリしましたわw)

177 :名無しの笛の踊り:2006/06/11(日) 15:12:20 ID:Ym1bbfZR
犬 メンデルスゾーン 弦楽四重奏曲全集 ヘンシェルSQ
最高!
"ヘンシェル・クァルテットの評価は☆☆☆☆☆5星です。この価格で
『最高』の上があれば『超最高』に評価をしても良いと毎日、コンポで
聴いて一日の疲れが消えてしまうので不思議で値打な買い物をしたと
悦んでいる完全にMYCDです。これからもこの様な『値打で良い』
CDをリリースしてもらいたいと願っています。"
リョクザン, 岐阜県
2006年02月12日

何が言いたいのかさっぱりわからん。

178 :名無しの笛の踊り:2006/06/11(日) 15:23:17 ID:g29P72Ec
名前カタカナだし外国生まれの方なんだよ

179 :名無しの笛の踊り:2006/06/13(火) 08:39:04 ID:3KTMss0c
最近はどんなのが王座に入閣してるんだ?

180 :名無しの笛の踊り:2006/06/14(水) 00:01:19 ID:q+TRxdN3
ビレット・ショパンピアノ作品全集だろう。

181 :名無しの笛の踊り:2006/06/14(水) 10:46:54 ID:5u3EzLcy
ひの饅さんが自作自演(おそらく)してまで持ち上げている
大絶賛ピアニストを見つけてしまいました。
買おうと思っていたのだが、どうしよう。

182 :名無しの笛の踊り:2006/06/14(水) 11:37:05 ID:8b3NsaRl
>>181
やめとけって…

183 :名無しの笛の踊り:2006/06/14(水) 11:38:38 ID:zksq2gGt
>>181
ちゃんと晒せよ

184 :名無しの笛の踊り:2006/06/14(水) 12:10:52 ID:taE31GzF
クラシックに限らず「芸術とは怖い」ということを認識してない奴がクラシックを語ると、大抵
馬鹿を晒すことになる。

185 :181:2006/06/14(水) 12:51:58 ID:yR9vasE5
最高!
"ショパンの練習曲は、本当に音符・音色・構造・副旋律・リズムを正確に
再現した演奏です。軽い芯のある音できちんと基本どおり弾いてます。
これは驚異的ですが、慣れていなければ、多すぎる情報は意識の散乱を
引き起こします。でも普通の演奏が省略だらけということがよく分かります。
真に凄いのはリストです。純音楽的な、音の力だけに賭けた方法で、
これ以上の演奏を知りません。ブレンデル他のやり方では聴くことが出来ない、
ゾクっとする音の力を体験できます。
(私もシューマンの幻想小曲集の再発を望みます。あれは絶品です)"
ひのき饅頭, 愛媛県
2005年04月22日


すばらしい
"80年代の録音が4枚も入っており、相当にお買い得です。
私のお気に入りの人が、このピアニストを推薦していたので、
このサイトで購入しました。
1981年に技巧的にも音楽的にも豊かなエチュード演奏があったことに
驚きました。ピアノはベーゼンドルファーです!
1985年のリストのソナタはさらに特筆すべき演奏です。
純粋に音が見事だと思いました。この人は音に対する感覚が抜群だと思います。
ピアノはスタインウェイです。ただ、この人はシューマンの幻想小曲集が
とてもいいもので、それを入れてほしかったです。それが残念です。"
ブラウンシュガー, 愛媛県
2005年04月03日

186 :185の続き:2006/06/14(水) 12:55:46 ID:yR9vasE5
どう考えても、この「ブラウンシュガー」氏は、ひの饅さんの
自作自演だと思うのだが。

風雷坊さんのレヴューだったら即買いなのだが、
ひの饅さんはひっかかるなぁ。困ったなぁ。

187 :185の続き:2006/06/14(水) 12:58:05 ID:yR9vasE5
ブラウンシュガー氏の言う「私のお気に入りの人」って、
もしかしてひの饅自身の事なのかな。
よほど自分自身とこのピアニストが好きなんですね。
呆れるのを通り越して、ちょっとカワイイかも。>ひの饅ちゃん

188 :名無しの笛の踊り:2006/06/14(水) 12:58:18 ID:dT6qCRMB
http://www.hmv.co.jp/Product/Detail.asp?sku=1937274

最高!

"この録音を支持します。私は「フーガの技法」には、未完のフーガを補うために加えられた、668aが必要だと思います。
CDではコーラルで紹介されてますが、正しくは「異形のフーガ、我ら苦しみの極にあるとき」で紹介されるべきでしょう。
エマーソンはさすがですね。しかも最後に持ってきています。
鍵盤楽器では曖昧になる声部交差を明確に聴かせてくれており、バッハの時代には弦楽四重奏の様式は無かったけれど、その意図の再現に弦楽四重奏版は最適だと私は考えてます。現代がバッハの魅力を掘り出す。
素敵です。"
ブラウンシュガー, 日本
2005年08月11日

最高!

"バッハで最も大切なことはハーモニーの推移です。
それができてから演奏様式に関しては語るべきです。
評論家もピリオドごっこをやってないとすぐに駄目出しをしますが、彼らも古楽研究の上辺だけしか語りません。
カザルスの無伴奏が何故高く評価されるのか考えてほしい。
この録音は残響まで計算した、現代楽器でバッハを演奏した場合の最良の解答の一つです。
エマーソンには彼らのスタイルがありますし、響きの作り方が面白く、この作品をピアノで弾く人にも是非聴いてもらいたい。
古楽系の演奏ならクイケンQの録音を待ちましょう。"
ひのき饅頭, 愛媛県
2005年05月12日

いまいち

"声部ははっきりと聴きやすく、こういった対位法の曲としての体裁は保っているがヴィブラートがかかりすぎていて時代様式に合っていないという以前に少々違和感を覚える。"
ぽこぺん, 東京
2005年01月05日



189 :名無しの笛の踊り:2006/06/14(水) 19:04:29 ID:0Bu6kCpR
これは…

190 :名無しの笛の踊り:2006/06/14(水) 20:06:37 ID:TlfmJWcH
最高!

"コンサートでツィメルマンのバラードを聴くなら、必ず事前に聴いておくべきだ。真摯な音楽
家が時間の流れの中で、解釈をどう変えていくか、様式に対する理解をどう変貌させていく
か、よく分かります。06のツアーでは、光の降臨と共に始まる世界、希望の消失にあわせて
すべてが閉じていく過程、さらに確信を伴い何かが再生される様相が描かれます。そのため
途中音楽が停止し、外郭が一部崩れ落ちる。解釈としては極端だし違和感を持つ人もいるだ
ろう。私は涙した。よく見かける帽子・眼鏡の方も(倉敷)涙されていた。コンサートに出かけよ
う。"
ひのき饅頭, 愛媛県
2006年05月20日

ひの鰻の比較的新しめのレビュウ

191 :名無しの笛の踊り:2006/06/14(水) 20:37:45 ID:Y+eoj8kd
読んでるだけで恥ずかしいですぅ(><)

192 :名無しの笛の踊り:2006/06/14(水) 21:22:23 ID:PIgXevOf
まさに公開オナニーだねw

193 :名無しの笛の踊り:2006/06/15(木) 00:50:32 ID:VtlZQ4L3
ひのまんのレビューが載ってると、そのCDを買うのが嫌になってくる。

194 :181:2006/06/15(木) 08:54:04 ID:9ZPuxrkQ
>>190
ツィメルマンも買おうと思ったのですが、このレビューを読んで
時が止まっちゃったんですよね・・・。

本当に困ったなぁ、本気で買おうとしていたのに。
でも他の人も誉めてるから、買っても大丈夫かなぁ。
どうでしょう、皆さん?

195 :名無しの笛の踊り:2006/06/15(木) 09:47:52 ID:C6FemhhG
すばらしい

"ブラームスは左手が強く、内声を操る技術が無ければ、音楽になりません。これは最低限
の技術で、出来なければ内声が作品の外郭を食い散らします。例外的にアファナシェフは作
品を、語りの世界に持ち込むことで、この問題から逃れてブラームスという材料で自分の音
楽を聴かせてくれます。が、音も説得力もいまいちです。近年の「音も持つ力」を生かした強
烈な演奏ではありません。再録を望みます。ブラームスの本質はロストロ・ゼルキンのチェロ
ソナタが抜群です。ピアノならブッフビンダーが良いです。"
ひのき饅頭, 愛媛県
2005年05月19日

訳若布

196 :名無しの笛の踊り:2006/06/15(木) 14:06:34 ID:AGvlbQNb
ひの饅って、ピアノ弾けないんでしょ?
自分弾けないくせに訳の分かんない批判ばっかり。
さすがにムカついてきた・・・


197 :名無しの笛の踊り:2006/06/15(木) 18:49:41 ID:42vg5WZ4
ど素人のくせに、とんでもない高みから見下ろした視点で演奏家を評価するからね。
ほめてても貶してても他人をムカつかせる、ある意味天才。

198 :名無しの笛の踊り:2006/06/15(木) 18:54:06 ID:znlnS3FU
持ってるCDをひの饅が褒めてると発狂しそうになる
貶してくれた方がまだいい

199 :名無しの笛の踊り:2006/06/15(木) 21:54:25 ID:mZ3Kn7hf
http://www.hmv.co.jp/product/detail.asp?sku=1939338

風雷暴が4つにひのき饅頭までいるw

200 :名無しの笛の踊り:2006/06/15(木) 22:05:08 ID:MzDLK+wv
>>199
落ち着いてよく見ろ、ひのきではなくいのきの方だw
名物レヴュアーとしては、あとヘルベルト=ベームもいるな。

201 :名無しの笛の踊り:2006/06/15(木) 22:06:12 ID:MzDLK+wv
訂正
ヘルベルト=ベーム → ヘルベルト・ベーム

202 :名無しの笛の踊り:2006/06/15(木) 22:55:54 ID:MK9a7EuX
いのきはネタ師気取りのクズ
自分も既に痛いレビュアーの仲間入りしていることに気付いていないオメデタイ奴

203 :名無しの笛の踊り:2006/06/17(土) 16:17:26 ID:r2UvhKoX
http://www.hmv.co.jp/product/detail.asp?sku=1502810

風雷暴氏が「絶対許せない。銭返せ!」と激怒。
しかし、トーンコントロールをトンコロと表記する点とか、
不思議な愛嬌が感じられる。ひのき饅頭とは大違い。

204 :名無しの笛の踊り:2006/06/17(土) 19:53:21 ID:9Gk0xgUQ
>>203
風雷暴の再生装置を「貧相」と切り捨てたruruの批評の方がもっとおもろい。
というか、両方あわせて初めて面白みが分るといえよう。


205 :名無しの笛の踊り:2006/06/17(土) 19:55:29 ID:HSQWbS23
>>203
トンコロ
不覚にも萌えた

206 :名無しの笛の踊り:2006/06/17(土) 19:57:15 ID:2sdXvnQE
風雷暴は普段はポーコー系お笑いタレントだが、
音質、機器の話になると一気に厨房化するからなぁ。

207 :名無しの笛の踊り:2006/06/18(日) 03:49:37 ID:FfL8mhjh
http://www.hmv.co.jp/product/detail.asp?sku=1067817

なんか微笑ましいw

208 :名無しの笛の踊り:2006/06/18(日) 10:37:01 ID:iIjYoJL4
http://tc5810.fc2web.com/operat/opperakanshouki.htm

何様のつもりだ。

209 :名無しの笛の踊り:2006/06/18(日) 14:49:55 ID:YRZt+v9N
>>208
たしかに偉そうな奴だが、個人サイトを私怨で晒すなクズ

210 :名無しの笛の踊り:2006/06/18(日) 15:24:50 ID:qRbC5uvw
>>208
何様のつもりだ。

211 :名無しの笛の踊り:2006/06/18(日) 15:53:42 ID:QmYBKZtU
>>208
こんなにオペラ見てる香具師ってキモス
でも、個人サイトのリンク貼ったお前ほどクズではない。
ってか、板トップ見てるか?


212 :名無しの笛の踊り:2006/06/21(水) 02:47:55 ID:ExqX+c5s
>>208
これのどこが偉そうなの??これなら僕の方がずっと偉そうだw.

213 :名無しの笛の踊り:2006/06/21(水) 05:18:34 ID:5OTfbVrY
>>208の人気に嫉妬

214 :名無しの笛の踊り:2006/06/21(水) 17:29:31 ID:hDIGdu6Z
最高!

"まず、ピアノの音のすばらしさにひたすら圧倒されました。
本当にすばらしいピアニストと思いました。
私もいろいろな演奏を聴いてきましたが、熱情の演奏で、
唸りを上げるピアノから衝撃波のようなものを聴くことが出来ます。
これには仰天です。物凄い技術ですね。
解釈はオーソドックスで、とても好感が持てます。
本当に魅力的なベートーヴェン演奏だと思います。
ピアノが本当に分かる人に是非聴いてもらいたいです。
これを堪能した人にはリルとポミエの録音も聴いてみてください。凄いですよ。"
ひのき饅頭, 愛媛県
2004年02月29日


・・・オマエには「ピアノが本当に分かる」のかよ?
犬でCD買おうと思って検索していたら、
何故かどれもこれも、ひの饅のレビューが漏れなく付いてくる。
もしかして好みが一緒なのか?
きいい、ムカツク!!!!

215 :名無しの笛の踊り:2006/06/21(水) 18:48:14 ID:Hef6LQmc
>>214
ピアノが唸りを上げて、衝撃波が聴こえてくるようなら
ひのまん、病院行ったほうが良いと思うw

216 :名無しの笛の踊り:2006/06/21(水) 20:17:52 ID:85SYguix
>>214
ひのまんチョウヤバス

確かに犬のピアノ系CDは、「もれなくひのまん憑いてます」って感じだね。


217 :名無しの笛の踊り:2006/06/21(水) 20:44:31 ID:extiSyy5
最高!
"この録音を聴くと、ほとんどのピアニストの基本に技術的問題があることが分かります。
まさに名手!本物のプロ!モーツァルトの作品は相当にムラがあるのですが、
すべてが執拗なまでに明らかにされており、衝撃的です。
ポミエの描きこみに対する方法は正攻法ですが
「危険思想とは本当のことを言うことだ」という芥川の言葉を思い出させます。
傑作はより物凄く!駄作は醜悪な姿をさらけ出します。
レベルが高い演奏ほど、作品のムラは明らかになるものです。
美しい夢を見ていたい人には抜粋盤を薦めます。"
ひのき饅頭, 愛媛県
2005年05月02日

218 :名無しの笛の踊り:2006/06/21(水) 20:48:01 ID:extiSyy5
最高!

"最近までCCCDしか手に入らなかったが、これできちんとした音質で聴けると思う。
20代のアンスネスは本当に凄かった。
わずかに拍の入りを遅らせる独特の打鍵と万華鏡のような豊かな色彩感を持つ音色と技巧で、
20世紀最後の時代の最高のピアニストの一人でした。
中でも、このヤナーチェクは、アンスネスの傑作の中でも飛び抜けた最高傑作で、
これほど鮮やかな音世界を作り上げられるものかと、世界が驚嘆した録音です。
現在プロを目指している人は聴かないほうが良い。
実力者ほど徹底的に打ちのめされ、才能と格の違いを思い知らされます。"
ひのき饅頭, 愛媛県
2006年03月19日

このひと、自分では何も弾けないんだろうなあ。

219 :名無しの笛の踊り:2006/06/21(水) 23:56:35 ID:FSahb4zI
最高!

"演奏は文句無く最高で、様式を維持できるほとんど限界で音楽が鳴っている
ことが分かります。しかし買うのであれば、絶対に日本プレスを探してくださ
い。ガヴEMIの輸入物の多くは、どうもレベルを調整しているようで、ピアノ
の豪快な鳴りが伝わってきません。ガヴのCDは東芝EMIの日本プレスが
文句無く最高です。ジャズのCDもびっくりするような、物凄い迫力で音が入ってます。
"
ひのき饅頭, 愛媛県
2005年04月10日

http://www.hmv.co.jp/product/detail.asp?sku=1774324

珍しく普通のレビューですが、内容は本当でしょうか・・・?

220 :名無しの笛の踊り:2006/06/22(木) 00:37:58 ID:IA8L2VK6
鰤のストラヴィンスキー管弦楽曲集
いつもの憎めなさが殆ど感じられない、単に痛いだけのパターンの時もあるのか。

いまいち

"「火の鳥」の録音:最初に断っておくが、本セットは約3年前中古で入手したが、売却し再確認不能......
当然通して聴き、次は更にプリアンプのstereo/monoスイッチで切替比較したが、僅かに音の広がりの差異が
認められた以外、何れも各楽器間の広がりや分離もなく音源が中央に収束したままだった。
百歩譲ってこれがstereo録音だったとしても、こんな限りなくmonoに近いオケ録音(しかも’76スタジオ!?)を
stereoと僕は絶対判定できない。もし、僕と違う音の出方の方がおられれば、ご面倒でもお教え願いたい。"
風雷暴, 横浜
2006年05月27日

221 :名無しの笛の踊り:2006/06/22(木) 00:40:22 ID:hQ+YeJ7t
既出

222 :名無しの笛の踊り:2006/06/22(木) 14:39:14 ID:P9VlMKAr
謝る風来坊かわいいよ風来坊

HMV.co.jp - リムスキー=コルサコフ - シェエラザード、リハーサル風景(初出)、チャイコフスキー:スラヴ行進曲(ライヴ) ストコフスキー
http://www.hmv.co.jp/product/detail.asp?sku=1921987

最高!

"ゲルギエフの超弩級盤の後じゃストコと言えども分が悪い筈だが..
ドッコイ、ゲルギーより役者が上。奇匠ストコは一世一代の千両役者と確信!
内容はフランツ氏に同感で、フォルムに綻びやダレも無くマクリも決まってるし、
Garish&Erotic!とても82歳の感性とパッションとは信じられない!
が、音は期待外れ。HMVはどんな再生装置を使ってるのか?
90歳のスラヴ行進曲も脱帽モノ!"
風雷暴, 横浜
2004年06月24日

最高!

"下記音質評訂正とお詫び:DeccaPhase4の96kHz24bitリマスター(!)に
過剰期待でアツくなり、ロクに再生ポジション補正もせず批判したが、
愛器P-0sVUK&ElgarPlus1394其々の標準再生ポジションを
低コントラスト&豊富な間接音にシフトしたら、元々の人工臭修正までは無理だが、
オーディオライクなリアリティを残しつつ、臨場感豊富なサウンドに変身して不満解消!
悪アガキはしてみるものですネ...HMVさんゴメンネ。 "
風雷暴, 横浜
2004年06月28日




223 :名無しの笛の踊り:2006/06/22(木) 17:48:28 ID:nh4TAG9V
結局は自分のオーディオ自慢したいだけ
オーディオが絡むとひのまん級のド厨房
それが風雷暴というオッサン

224 :名無しの笛の踊り:2006/06/22(木) 20:02:03 ID:xCUgKuKC
>>223
いえよう。

225 :名無しの笛の踊り:2006/06/22(木) 20:17:38 ID:Vfmzmc+S
しかしよくここまで言葉が出てくるものだと思うわ

226 :名無しの笛の踊り:2006/06/23(金) 02:31:55 ID:glH9g93Y
最高!
"僕は息子カルロスしか知らぬが、親父もなかなかキレ者!
本盤でもお宝発見、シュベ5(’53L)は同曲best!堅固な構築に
颯爽たる流れとエナジーが絶妙に調和。ティル(’53L)も息子
顔負けの切れ味、目眩くマクりに興奮度200%!共にmonoだが
stereoと勘違いする音質と分離感!モツ40&田園もタイトで
堅固な構築に、高潔な表現と往年のロマンが融合し、聴き応え
充分だが王座を狙うには至らない。ワルツは全部(特に天体)
VPOなら最高だったが..."
風雷暴, 横浜
2003年06月23日

で、結局コイツは何が言いたいんだ? 「息子顔負け」って…

227 :名無しの笛の踊り:2006/06/23(金) 02:34:13 ID:9QkBsCL+
つーか、散々、通ぶっておいて     
エーリッヒ・クライバーすら知らなかったのかよwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

228 :名無しの笛の踊り:2006/06/23(金) 04:58:13 ID:g14b84EO
ワロス風来暴

229 :名無しの笛の踊り:2006/06/23(金) 05:00:20 ID:g14b84EO
ひのまんも風来暴も結局何が言いたいのかよくわからんのがウケる

230 :226:2006/06/23(金) 13:48:00 ID:glH9g93Y
>>227 だよなぁ…
漏れも、最初にこれ見て「突っ込みどころ満載!!」って思った。


231 :名無しの笛の踊り:2006/06/24(土) 02:28:59 ID:sgfwofds
自慢じゃないが、ロッシーニなんか聴かないんだぜ、俺は。
持ってるCDといったら、鄭明勲の「スターバト・マーテル」、
グッドマンによる序曲集、あとはどうひっくり返してもチェロと
コントラバスの二重奏と高橋悠治の弾いた小品しか出てこない。
それが『ギヨーム・テル』買っちまったぜ。指揮がルイジだし、
オケはヴィーン・フィルだ(正確には歌劇場のオケだが)というのにも
心惹かれたが、オリジナルのフランス語版(だから、「グリエルモ」
ではなく、ましてや「ウィリアム」ではなく、「ギヨーム」なのだ)
全曲はこれがやっと2つめなどと言われると、ついついクラクラと
してしまうのだ。何しろ、ショスタコーヴィチの第15交響曲が俺の大の
お気に入りなのだが、ご存じのように第1楽章にこれでもかと
『ウィリアム・テル』序曲の引用があるので、いずれはご本家をと
思っていた。ただ、俺様はイタリア・オペラがダメなので躊躇していた
のだが。しかし、これはいい。イタリア臭さが薄いのだ。スイス民謡が
駆使され、言葉はフランス語なので響き方が違うし、たぶんヴィーンの
オケが中欧的に丸めているのだろう。イタリア産は指揮者だが、イタイタ
していないルイジだし。ベートーヴェンは巷でロッシー

犬の「最近の私のオススメCD!」より、ルイジの「ウィリアム・テル」。
書いた人物は…、かばくん(マジかよ…orz)

232 :名無しの笛の踊り:2006/06/24(土) 17:06:51 ID:Oe6lDtnH
http://www.hmv.co.jp/product/detail.asp?sku=1939338

既出?

233 :名無しの笛の踊り:2006/06/24(土) 18:13:00 ID:nm8oNrL8
>>220
まだ認めてねーのか、バカ風雷坊www

234 :名無しの笛の踊り:2006/06/24(土) 19:51:59 ID:9LbBwcsK
http://www.hmv.co.jp/product/detail.asp?sku=1403187

いまいち

"ショパンの2番第1楽章の関係短調による終結を回避し、モーツァルトでは、
研究された見事な伝統と様式の分析を聞かせる。シナリオを設計し尽したシューベルト。
この人は徹底した理論派だ。しかし一見音の理論を重視するように見えて、
この録音の曲順は納得できない。本当に音の理論が分かる人なら、曲順を変更して聴いている。
シオソナの関係短調終結を「気味が悪い」(理論書にも書いてある)と理論的・積極的に回避する人が、
何故この後期ソナタを曲順に演奏できるのか?理解できない。
悪いが理論的に曲の魅力は破損する。事実そうなっている。"

pianomania, 飲み物が合わない
2006年06月09日

小難しすぎて、何言ってるかサッパリわかりません。
誰か解説ヨロ


235 :名無しの笛の踊り:2006/06/24(土) 23:38:46 ID:XcGTt1De
>>234
ショパンのピアノソナタ2番第一楽章の提示部リピートのときに序奏をカットすると、
第二主題終結部から直接第一主題へもどりますが、このとき変ロ短調(第二主題に
とっての関係短調)が延々連打されるので微妙に違和感をもたらす…という人がたまにいます。
内田さんの録音は、序奏まで戻ってリピートするので、それが回避されるということでしょう。
ちなみに内田さんが序奏まで戻した理由は「ヘンレ版の楽譜どおりに演奏すると、提示部リピートは
序奏からになるから」。関係調がどうのこうの、なんてことは一言も言っておりません。
なお大部分のピアニストはリピート時に序奏を省略するので、内田さんの演奏に違和感を
覚える人の方が多いと思います。

ベートーヴェンのソナタは3曲セットとして演奏するなら30・31・32と演奏するのが
「絶対的に」正しい、というのが内田さんの考えで、これはまあ普通の人はそう思いますよね。
嘆きの歌と輝かしいフーガを持つ31番を中心に据えて、両側が主題が細分化していく変奏曲で
締めくくられますから、バランス的にこれしかありえません。

236 :名無しの笛の踊り:2006/06/25(日) 01:24:52 ID:e5KrwOwf
>>235
ピアノ弾けない、楽譜読めない俺でも、なんとなく解った。解説サンクス
要するに>>234は痛いレビューってことねw

237 :名無しの笛の踊り:2006/06/25(日) 02:06:46 ID:qhUmCr0x

なんでもアンチくん
http://www.amazon.co.jp/gp/cdp/member-reviews/A3MW6A70JAB5E4/ref=cm_cr_auth/249-3238669-0594700

238 :名無しの笛の踊り:2006/06/25(日) 09:23:32 ID:hiQon6GE
>>237
05年8月の最初のレビューのみ誉めてるけど「参考になった」は0人だね。
それを根に持ってかそれ以降ずーと貶し続けてるw
自己紹介:「下らんのは世の中だ。オレではない。」w

239 :名無しの笛の踊り:2006/06/25(日) 10:37:05 ID:GzotHequ
>>237 リパッティのショパン、すごいな。

クラシック初心者は買ってはいけない。
この録音は、モノラル録音に聴きなじんでいるベテラン愛好家のみが
理解できるもので、若造には雑音にしか聴こえない。
こんなものを買うまえに、もっと音質のいいCDを買うべきだ。
ベテラン連中のいう「名盤」という罠にはまってはいけない。

で、こいつのリスト「極上のクラシック」。
http://www.amazon.co.jp/gp/richpub/listmania/fullview/R13Q0NKJ7QXHI9/ref=cm_lm_byauthor_title_full/249-9889448-6528315

240 :名無しの笛の踊り:2006/06/25(日) 13:04:28 ID:doAVI7Qd
>>237のほめ言葉

耽美の世界
本物の
天国的な幸せ
野生的な男性の魅力
流麗で美しさの極み
溌剌とした息吹
崇高なメロディライン
繊細な世界をカラフルに表現
魂を揺さぶる
どこまでも刺激的
豪華絢爛なサウンド
若き勢い
爽やかな風が吹き抜ける
歌心に溢れた音楽的な
伝統の香りが立ち上る
しっかりとした造形美
明晰な
独白的な世界
絶品の歌いまわし
心地よい緊張感
どこまでも美しい
感動的陶酔
キリッと引き締まった
堂々と弾きこなした

せ、背中が痒くなってきたよ・・・
あと、誰かファブリーズ持って来て。



241 :名無しの笛の踊り:2006/06/25(日) 19:16:35 ID:hD1abpt4
>>240
君は若き勢いと、野生的な男性の魅力を持ちながら、 明晰でどこまでも刺激的な
流麗で美しさの極みの爽やかな風が吹き抜け、溌剌とした息吹溢れ耽美の世界に居るかのごとく
天国的な幸せに浸らせ、繊細な言葉をカラフルに表現し魂を揺さぶる独白的な世界でありながら
伝統の香りが立ち上るしっかりとした造形美を持つ魂を揺さぶる感動的陶酔を味あわせるレスをするね。


242 :名無しの笛の踊り:2006/06/25(日) 21:33:44 ID:KUQAVBli
>>237
さらに貶す数増えてるし・・・。
今後に期待。

243 :名無しの笛の踊り:2006/06/25(日) 22:56:02 ID:3KQAgDmH
注文不可の商品をわざわざ貶す性根がすばらしいな。

244 :名無しの笛の踊り:2006/06/26(月) 00:58:42 ID:o+/tYDYJ
いまいち

"ショパンの2番第1楽章の関係短調による終結を回避し、モーツァルトでは、研究された見事な伝統と様式の分析を聞かせる。
シナリオを設計し尽したシューベルト。この人は徹底した理論派だ。しかし一見音の理論を重視するように見えて、
この録音の曲順は納得できない。本当に音の理論が分かる人なら、曲順を変更して聴いている。
シオソナの関係短調終結を「気味が悪い」(理論書にも書いてある)と理論的・積極的に回避する人が、
何故この後期ソナタを曲順に演奏できるのか?理解できない。悪いが理論的に曲の魅力は破損する。事実そうなっている。"
pianomania, 飲み物が合わない
2006年06月09日
http://www.hmv.co.jp/product/detail.asp?sku=1403187

pianomania=ひの饅

245 :名無しの笛の踊り:2006/06/26(月) 01:39:18 ID:BqIzDhbe
>>244
>>234

246 :名無しの笛の踊り:2006/06/28(水) 18:42:09 ID:Ij5dam8w
さりげなく、しかし確実にオーディオ自慢する奴がうざい

247 :名無しの笛の踊り:2006/06/29(木) 23:54:16 ID:l2jnPjX7
HMVはモーニング娘とかそういうのにもレビューがかける事に気づいた
見てみたら案の定レビュー多いね
予想通りの内容でした
基本的に馴れ合いが多いようだ

248 :名無しの笛の踊り:2006/06/30(金) 00:26:27 ID:+7wuJwLT
>>247
塔でも尼でも書けるということをしらなかったとは言ってほしくない。
ああいったジャンルは、基本的にファンしか買わないのでじゃれあいになるのは
必然の理だといえよう。

249 :名無しの笛の踊り:2006/07/02(日) 12:20:55 ID:mMkYQIjO
ドイツ・オーストリアの巨匠たちを向こうにまわして一家を立てるには、
いままでに類例のない斬新な音楽手法がドビュッシーとしては必要だった
わけで、それがあのような音による内なる映像表現に実を結んだようだ、
もっとも第一に彼は天才だったが。その音楽、とりわけ代表作『牧神の
午後への前奏曲』は鬼才だけが到達しうる深淵の美しさで満ちあふれている。
彼に較べてしまうと大作曲家には違いないラヴェルもやや表層の美に留まる
傾向があるのは否めないが、しかしこよなく優雅な世界に遊んでみたい者
にとってこれはなんという玲瓏とした情趣のまばゆさを漂わせていることか!
『亡き王女のためのパヴァーヌ』といい、『マ・メール・ロワ』といい、
妙なる情緒の調べが胸をつかんで放さない。私の敬愛するフランスの二人の
作曲家である。
投稿者: インター・ゾーン from 国分寺 (Sep 2th 2005
犬 私の一番好きな作曲家! より

で、紹介しているCDはこれ。http://www.hmv.co.jp/product/detail.asp?sku=1080617

痛い香具師がまた湧いたようでなんとも…

250 :名無しの笛の踊り:2006/07/02(日) 12:44:21 ID:1qPm2L0r
>>249
どの辺が痛いポイントなのか解説ヨロ
あと、そのCD今注文中なんだが、どこか悪いのか?

251 :名無しの笛の踊り:2006/07/02(日) 15:44:58 ID:mfiMyg0u
2chに入り浸ると2行以上の文章は
全部「イタく」なるんじゃねぇ?

252 :名無しの笛の踊り:2006/07/02(日) 18:24:21 ID:1V4jk5y/
>>250
だからCDの内容を放っておいて作曲家に関する薀蓄を延々書き連ねてるところが
痛いんだよ。

>鬼才だけが到達しうる深淵の美しさで満ちあふれている。
>なんという玲瓏とした情趣のまばゆさを漂わせていることか!

あとこの辺の表現。
読み手の共感などこれっぽちも求めず、ひたすらオナニー。
ゲップが出そうです。

253 :名無しの笛の踊り:2006/07/02(日) 20:07:43 ID:Fm+vcCSH
>>250
「かばくん」や七海氏のような「演奏内容言及突入尻切れトンボ」型なら、
まだ読めるが、ドビュッシーとラヴェルについて延々とウンチクを書き連ねた
あげく、演奏内容に言及する気配すらなく終了、というところが一番痛い。
>>252の言うとおり。

254 :名無しの笛の踊り:2006/07/02(日) 20:28:37 ID:mEOukqha
>>248
じゃれあいじゃなくて馴れ合いだろ.

255 :名無しの笛の踊り:2006/07/05(水) 00:05:01 ID:FSZ/K/fw
最高!
"”クナのブル8やシューリヒトのブル9のディスクが、
40年以上も多くのブルックナーファンに愛され続けて
いることは歴然たる事実です。さすればこれは好みの
問題で片づけてはいけない、判る耳を持てるかどうか
の修行の問題だと思います。私自身はクナのブラームス、
ベートーベンはさして評価せず、ワーグナー、ブルックナー
を評価しています。特に録音、演奏両方とも良い条件の当盤
などは、できればこれを凌駕する盤をいつかは聴きたいもの
ですが、いまだに適えられません。ヴァント=ミュンヘン新盤
には、少しは期待しますがそれでも難しいかな・・"
Haru, 柏市

256 :名無しの笛の踊り:2006/07/05(水) 00:40:05 ID:5p8MsoZU
>>255
多くの人が認める名盤が合わないのは、修行が足りないせいのか・・・
よし、俺も今日から嫌いなフルトヴェングラーのCDを聞いて修行するよ(`・ω・´)


257 :名無しの笛の踊り:2006/07/05(水) 08:11:25 ID:MQP1F3lV
最高!

"優美で流れるような情感に満ちて開始された演奏が、調性を移動するごとに、
内的なエネルギーを蓄積してゆき、静かに燃えるオレンジ色の炎に魂までもが
焼き尽くされていくかのような演奏。それでいて気品に溢れ格調高いピアノ。
ショパンは本物の名手が弾くと、終曲まで一気に引きずり込まれてしまいます。
音の力を知り尽くしたピアニストですね。
あと「フーガの技法」とパルティータ2番の2枚組(OP30346)も素晴らしいので、
ソコロフの好きな人はもちろん、フェルツマンが好きな人にもお薦めします。"

ひのき饅頭, 愛媛県
2005年05月29日

嫌いな演奏は独自の俺様理論を展開して偉そうに貶すくせに、
好きな演奏のレビューはミーハー臭プンプンのキモい文
本当は理論や技術じゃなくて、自分の感覚的な好き嫌いだけで
レビューしてるのがまる解り。

258 :名無しの笛の踊り:2006/07/05(水) 10:47:44 ID:3yDsMNsf
>>257
ひの饅サイコーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
このレビューの腐り具合がね。


259 :名無しの笛の踊り:2006/07/05(水) 23:31:47 ID:sdUwVV1j
"風雷暴" site:hmv.co.jp

http://www.google.co.jp/search?as_q=&num=100&hl=ja&btnG=Google+%E6%A4%9C%E7%B4%A2&as_epq=%E9%A2%A8%E9%9B%B7%E6%9A%B4&as_oq=&as_eq=&lr=&as_ft=i&as_filetype=&as_qdr=all&as_occt=any&as_dt=i&as_sitesearch=hmv.co.jp&as_rights=

260 :名無しの笛の踊り:2006/07/05(水) 23:32:36 ID:sdUwVV1j
"ひのき饅頭" site:hmv.co.jp

http://www.google.co.jp/search?num=100&hl=ja&as_qdr=all&q=+%22%E3%81%B2%E3%81%AE%E3%81%8D%E9%A5%85%E9%A0%AD%22+site%3Ahmv.co.jp&btnG=Google+%E6%A4%9C%E7%B4%A2&lr=

261 :名無しの笛の踊り:2006/07/05(水) 23:56:11 ID:3yDsMNsf
>>259-260 GJ
これで、彼らの「新作」をいつでもチェックできるな。

262 :名無しの笛の踊り:2006/07/06(木) 08:43:14 ID:ZkNDLB5v
>>259-260
うわー、素晴らしい!
私最近、風雷坊さんのファンなのです。
犬のサイトに行くと、彼のレビューを探してさ迷う私。(マジです)

263 :名無しの笛の踊り:2006/07/07(金) 00:39:18 ID:CHHn3Afw
http://www.hmv.co.jp/product/detail.asp?sku=619037

だめ!

"このような演奏法は、実は最も簡単に作品を弾く方法です。
やってみれば分かります。
これほどの人としては安易すぎます。"

ひのき饅頭, 愛媛県
2004年12月21日

なら、お前の演奏をアップしてみろよ。
なんちゃってピアニストじゃない所を見せてくださいよひのまん大先生。


264 :名無しの笛の踊り:2006/07/07(金) 02:20:00 ID:YgPYOE2p
>>263のレビューに噛み付いている(?)勇者発見。

最高!
"このような演奏が簡単なら実際にしてみてください。
いくら払ってでも聞きに行きますよ。 この演奏法は簡単…
というのは一理あるかもしれませんがそういうアプローチで
ここまで聞かせるアルゲリッチにはただただ驚嘆するばかりです。"
ふみ, 茨城
2005年08月25日


265 :名無しの笛の踊り:2006/07/07(金) 17:45:42 ID:YMpe+wNs
アルゲリッチ並に弾けると豪語するくらいだから、
ひの饅はもしかすると超一流ピアニストなのかもしれないぞ。

266 :名無しの笛の踊り:2006/07/09(日) 03:48:40 ID:deDQrBP9
>>265
ふみさんブラヴォーブラヴォー
何度でも言いたいw

267 :名無しの笛の踊り:2006/07/09(日) 15:30:00 ID:V6wTkfx6
「アルゲリッチにとっては」最も安易な弾きかたをしてるのは確かだし、
そういうアプローチを取ってしまったために微妙に軽薄な演奏内容になっている
のも確かだったりする。というわけで、この録音は批判されても当然なのよ。
ひの饅のレビューは痛いが、こういう演奏でも絶賛しちゃう信者の痛さもまた格別かと。


268 :名無しの笛の踊り:2006/07/09(日) 16:00:09 ID:BunxPPCL
>267
いやみなぶらいあん乙

269 :名無しの笛の踊り:2006/07/09(日) 19:16:42 ID:m67kkB9s
私もひのまんにかみついてくるわ

270 :名無しの笛の踊り:2006/07/09(日) 20:02:37 ID:oAMrtdXs
さすがひのまん
「至高のオナニスト」の異名は伊達じゃないな

271 :名無しの笛の踊り:2006/07/09(日) 22:30:24 ID:LYgCXJkZ
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/tg/cm/member-glance/-/A3MW6A70JAB5E4/

272 :名無しの笛の踊り:2006/07/09(日) 22:38:09 ID:jq+Lv74j

地道にやってるなぁw
http://www.amazon.co.jp/gp/cdp/member-reviews/A3MW6A70JAB5E4/ref=cm_cr_auth/249-3238669-0594700

これからも世間と妥協せず我が道を貫いてほしい

273 :名無しの笛の踊り:2006/07/10(月) 00:26:41 ID:iFb9EbcC
レビュー書く暇あるなら未聴の消化するよ

274 :名無しの笛の踊り:2006/07/10(月) 00:35:31 ID:vwZI3D2u
http://www.dmm.co.jp/reviewer/=/id=1223

たまには違う世界のレビューでも


275 :名無しの笛の踊り:2006/07/10(月) 01:26:27 ID:cwdAx2Xl
>>274
ウバ太郎も痛いが、探してきたお前はもっと痛い。

276 :名無しの笛の踊り:2006/07/10(月) 02:09:42 ID:NnX7pO0L
>>272
漏れも応援。
ある意味おもしれぇ。

277 :名無しの笛の踊り:2006/07/10(月) 02:16:49 ID:UjkP0L+7
>>272
世論評論何するものぞ…な書き込み,いいねぇ。
ここまで来ると痛快w

278 :名無しの笛の踊り:2006/07/10(月) 09:37:26 ID:hbXKzkv7
>>272
惚れたwwww

ポリーニのショパンエチュードを
「アシュケナージのほうがまだまし」と一蹴しててスカッとした。

279 :名無しの笛の踊り:2006/07/10(月) 15:47:28 ID:OISoQBwM
ぜんぜんすかっとしないんだけど
まだひの饅の方がまし
こいつは気分で無根拠にけなしてるだけ

280 :名無しの笛の踊り:2006/07/10(月) 16:10:15 ID:hbXKzkv7
俺がすかっとしたのは、単にポリーニのショパンエチュードが不朽の名盤扱いされてるのが
気に食わないから。Melodiyaのアシュケナージの録音の方が全然音楽的に聴こえる。

281 :名無しの笛の踊り:2006/07/10(月) 16:14:02 ID:xpHf42ke
>280
降臨乙

282 :名無しの笛の踊り:2006/07/10(月) 17:16:01 ID:hbXKzkv7
>>281
いやいや、俺は>>278だから。

283 :名無しの笛の踊り:2006/07/10(月) 19:16:47 ID:TfS+moBy
ポリーニやシゲティはクソミソにけなしているが、
内田光子やピリスは大好きらしい。
熟女好きかと思いきゃ、諏訪内やヘブラー婆さんは嫌いな所を見ると
かなりストライクゾーンの狭い奴といえよう。

284 :名無しの笛の踊り:2006/07/10(月) 19:17:02 ID:qYvUZANq
>>279
ひの饅先生が降臨されました!おまいら、ひれ伏してください!!

285 :名無しの笛の踊り:2006/07/10(月) 19:19:09 ID:IqHCwi/4
その発想はなかったわ

286 :名無しの笛の踊り:2006/07/10(月) 21:38:04 ID:+vdToWGX
>>284
バカヤロウ、ひのまんナメんじゃねーぞ。
天下のひのまん大先生が、こんなアホで稚拙な文章書くわけねぇだろ。

最高!

"大絶賛!最高!音、テクニック、構成力、そして少し崩れたようないい加減な味。
この人のもつすべてがモーツァルトを演奏するためだけにあるようにすら思えます。
本当に驚くべき適正と相性。モーツァルトの演奏として、まず筆頭に上げられるべき演奏。
お手本。正直私はバレンボイムのことは好きではないのですが、これは別格。
この方向性でこれ以上のものは考えられません。「モーツァルト」を聴きたい人に大推薦!
これこそがモーツァルトの演奏ですね。うーん。芸術の神秘。"

ひのき饅頭, 愛媛県
2005年01月07日

見ろ、この高度な音楽理論に基づいた、知性と教養に満ちた名文を



287 :名無しの笛の踊り:2006/07/10(月) 21:52:13 ID:hbXKzkv7
知性と教養に基づいている割りには、無教養な体言止めが多い。

288 :名無しの笛の踊り:2006/07/11(火) 02:47:45 ID:q2jcEp4u
>>272
なんかまた微妙に増えてる・・・。

289 :名無しの笛の踊り:2006/07/11(火) 03:02:33 ID:QsdNTtM7
>>272
ブスタボの書き込みが異様に浮いている件について
これとリパッティの演奏だけはけなしていないのなw

個人的にカラスと第9の独唱評には賛辞を贈りたい。

290 :名無しの笛の踊り:2006/07/11(火) 15:35:24 ID:uVqScEFV
>>272
この人、凄いでつね・・・
ひの饅より凄くありませんか?
でもここまで行くと、返って清々しくて良い。

291 :名無しの笛の踊り:2006/07/11(火) 15:51:44 ID:pbaHfWif
スタンスが徹底してるが、単なる釣りとも思えないし、うなずかせられる面もある

ブスタボというのは知らなかったが、猛烈に聴いてみたくなった・・・

292 :名無しの笛の踊り:2006/07/11(火) 18:38:53 ID:0CZn2w0M
クラシック 私のオススメ : クラシック

http://www.hmv.co.jp/views/index.asp?category=1&genre=700&style=0

kaba ganba!

293 :名無しの笛の踊り:2006/07/11(火) 19:07:26 ID:Y4L1mpk6
こんなスレがあったのね。ひの饅氏のおすすめを何枚も買った口です。
全てが当たりではなかったけど、レビュー対象以外のおすすめが書いてあるのがうれしい。
初心者では知りえない、ソコロフのような渋いピアニストに巡りあえたのがすごい収穫だった。

294 :名無しの笛の踊り:2006/07/11(火) 19:19:23 ID:gIXm2pEU
>>293
逆にひのまんが貶している演奏も聴いて欲しい。
俺様理論の批評家気取りの素人に騙されて、
素晴らしいピアニスト達の演奏を聞かないのは大きな損失です。

295 :名無しの笛の踊り:2006/07/11(火) 19:39:42 ID:Y4L1mpk6
>>294
あ、レビュー対象を貶しててレビュー対象以外のおすすめが書いてあるときは
両方買ってみたりする。全面的に信頼してるわけではない。

296 :名無しの笛の踊り:2006/07/11(火) 20:33:01 ID:SKlKRcuD
>>293
私も実は同じ口です。>>214で触れられている
http://www.hmv.co.jp/product/detail.asp?sku=1998875
は当たりの全集です。掛け値なしで。

でこのひの饅さんはピアノのみならず弦楽にもレヴューしてますね。
http://www.hmv.co.jp/product/detail.asp?sku=606686
http://www.hmv.co.jp/product/detail.asp?sku=932539
http://www.hmv.co.jp/product/detail.asp?sku=1974086
いったい何者なのでしょうか・・・。
違うレビューでは「リハビリの散歩の途中で見つけた」とも・・・。

297 :名無しの笛の踊り:2006/07/12(水) 00:48:49 ID:J/wUnouP
>>296
>「リハビリの散歩の途中で見つけた」
恐らくは頭のリハビリ…気の毒に。

298 :名無しの笛の踊り:2006/07/12(水) 18:14:08 ID:RvU/2Y4w
今日もまたひのき饅頭さんのおすすめCDを購入してしまいまつた。
ピリスのモツのピアノ・ソナタ全集。あのひとは調律師なのかしらん?

299 :名無しの笛の踊り:2006/07/12(水) 19:45:01 ID:fZebWqQd
>>298
調律師ごときがあんな大口叩いてるなら、ひのまんは頭がおかしいと思う。
まあ、いままでのレビューで十分頭がおかしいのは証明済みだが。

300 :名無しの笛の踊り:2006/07/14(金) 21:08:27 ID:XbzW/i8A
>>293
まあ、数人がボロクソに貶してて、数人がベタ褒めしてるものには何かあると思って買ったらいいですよ。
全員がベタ褒めしてるのには「よく弾けてるけど、それ以上のものではない」ということがよくある。

301 :名無しの笛の踊り:2006/07/16(日) 00:12:26 ID:SNOhtmEw
「ひのき饅頭」あるところ「ブラウンシュガー」有りの感があるけど、もしかしたら
同一人物?
偶然「ブラウンシュガー」単独のレビュー↓見つけたけど、何となく文体というか
雰囲気というか・・・似ているような似てないような・・・・
http://www.hmv.co.jp/product/detail.asp?sku=1390933


302 :名無しの笛の踊り:2006/07/16(日) 01:14:34 ID:z+VDCZEf
>>301
ひのまんは我々の心に痛切に訴えかけるようなムカつきを感じるが、
このレビューにはそれがないので、多分別人。

それにひのまん、ピアノ以上に弦はド素人、たまに弦楽ほめてても、
実際の内容は「ピアノ版サイコー」
フーガの技法のレビューとか見てると、殺意が湧いてくる。

303 :名無しの笛の踊り:2006/07/16(日) 01:31:43 ID:UJ/H4Lnc
>>302
ひのまんの本性を的確に表した見事なレビューでつw


304 :名無しの笛の踊り:2006/07/16(日) 12:15:32 ID:6QgXWP42
所詮一クラオタの癖に、高みから見下した発言が他人をムカつかせるんだと思う。

305 :名無しの笛の踊り:2006/07/16(日) 13:39:32 ID:FvGu8OsI
ひの饅さんがよく言っている、「音の持つ本来の力」とは
どういうものなのか、誰か、説明して!

306 :名無しの笛の踊り:2006/07/16(日) 14:48:08 ID:GQfECLKC
http://www.hmv.co.jp/product/detail.asp?sku=1936605

307 :名無しの笛の踊り:2006/07/16(日) 19:47:14 ID:dfbwQBJE
>>306
最高!

"オケの書法をそのままピアノに置き換えることはできません。リストの意訳が見事だし、
カツァリスの付け加えも抜群です。このレビューを読んでいると、聴取力の違いも分かって面白いですね。
残念ですが、シチェルバコフと比較してみましたが、技術の桁が違いすぎます。
ただ、シチェルのほうが情報量が少ないので聴きやすいだけです。
例えばアムランは熱く盛り上げる天才ですが、聴く力の無い人には平板に聴こえます。
脳が情報を処理しきれないからです。カツァリスの異常な盛り上がりも、
耳のついていかない人には厳しいと思います。上級者向き。"

inventionen, sinfonien
2005年06月30日

ひのまん以上にコイツが痛かった。
自称上級者w バカじゃねぇの?


308 :名無しの笛の踊り:2006/07/17(月) 01:42:11 ID:+QFLDGwy
要するに、聴く力の無い人が聴く力のある人に嫉妬と憤怒の思いをぶつけるスレなわけ?
ひのまんさん、頑張ってレビューを続けてね。応援してるから。

309 :名無しの笛の踊り:2006/07/17(月) 01:53:19 ID:+rzD76yp
>>308
自演乙w

310 :名無しの笛の踊り:2006/07/17(月) 02:47:21 ID:ta5x2M4p
話題のXさんですが、
 独特の色っぽさがあります。, 2005/8/7
 ヴィブラートのかけ方が独特です。
 ヴァイオリン・ファン必携!!
という普通の人だったのに、翌年1月に大毒舌家に変身、憑かれたように毒舌を量産しています。
2005年末に何かがあったのに違いありません。

311 :名無しの笛の踊り:2006/07/17(月) 02:59:36 ID:OUtWmgsz
日記帳・・・・?
ttp://www.hmv.co.jp/product/detail.asp?sku=1905682

312 :名無しの笛の踊り:2006/07/17(月) 07:02:40 ID:M2soodmu
>>311
テラワロス

313 :名無しの笛の踊り:2006/07/17(月) 07:11:42 ID:aL5nAaKj
>>311
最高!
"協奏曲:Lisztが本命(アルヘンタのバック!)だったが、大穴(失礼)のGriegにイチコロ。
スタジオ録だがライヴ真っ青の傷だらけ(笑)超凄演!普通なら要編集だが、
ここまでノリノリアッチッチのオケ&ソロなら不要(というより不可能)。Katchenは勿論、
ここでのKertesz/IPOは随所で巨匠的大見得をビシバシ決めてメッチャノリマクッてる!
愛聴ミケ’65L盤同様に爆風&熱気ムンムンだがクソ粘っこくはなく、冷たい北欧的抒情も
横溢して王座即決!後回しになったLisztだがこれもヴィルテュオーソ魂満載の巨匠芸。
が、僕はアルヘ’99L&ベレゾフスキー盤を採る。3曲共stereoで音質良好〜優秀(たまにノイズ有)。"
風雷暴, 横浜
2005年11月08日

なにがあったんだ?薬でもやったか?

314 :名無しの笛の踊り:2006/07/17(月) 08:48:46 ID:KD54cMWk
さすが風雷坊先生のレビューは読みごたえ十分。王座即決ってw 

315 :名無しの笛の踊り:2006/07/17(月) 09:28:08 ID:kcu4DDOR
褒めまくったあげく最後には違うのを採るという・・・。根性曲がってる

316 :名無しの笛の踊り:2006/07/17(月) 09:41:37 ID:NhPTCJMh
>>306
そのCD買おうか迷ってたけどやめたw

317 :名無しの笛の踊り:2006/07/17(月) 09:45:32 ID:aL5nAaKj
>>316
バカは放っておいて、素直に買いな。

318 :名無しの笛の踊り:2006/07/17(月) 09:45:50 ID:ZCmpyadK
風雷暴の王座って、1000枚くらい入るCDラックの愛称だと思う。

319 :名無しの笛の踊り:2006/07/17(月) 15:42:40 ID:NhPTCJMh
>>272
こいつの正体は許光俊ではないかという説がある。

320 :名無しの笛の踊り:2006/07/18(火) 11:19:32 ID:i8ckNxg9
>>301
少し前にも話題になったんだが、明らかに

ひの饅=ブラウンシュガー

です。よろしく。

321 :名無しの笛の踊り:2006/07/18(火) 11:22:17 ID:i8ckNxg9
>>313

風雷暴たんは、カッチェンにベタぼれだね。
どこかに「カッチェンの全集買った」って、書いてたもん。

ああ、私の大好きなカッチェンが・・・・
あああ・・・・


322 :名無しの笛の踊り:2006/07/18(火) 19:54:05 ID:798z0/wH
最高!

"変わった視点からレビューします。あなたが「よい演奏」と思っているCDと前後して
このクレーメルの無伴奏と聞き比べてみてください。音楽的に駄目な演奏は、どのような形式のものでも、
この録音と比較して聞き劣りします。一家に1セットの必需品、まさに最高のリトマス試験紙。
面白いものがリリースされたものです。あなたの意識を、音楽観を、根底からひっくり返すかもしれないセットです。
このような目的で使えるものは本当に珍しいと思います。音楽の本質を見事に捕らえている証拠だそうです。"
御輪日明, 鳥野
2006年04月29日
http://www.hmv.co.jp/product/detail.asp?sku=1458002

どこかで聞いた言葉が並ぶ・・・「聞き劣りします」「リトマス試験紙」「このような目的で使える」

323 :名無しの笛の踊り:2006/07/19(水) 12:47:18 ID:pNkQDACa
また見つけちゃった。カワイイなぁ。


最高!

"湯水の如く金と人と時間を費やし(?)、遂に水上&王宮最強ペア盤完成!
愛聴のアーノンクール&ピノックと較べて、表現力は優劣つけ難いが
少なくとも演奏技術(特に金管)は凌駕と確信。
「アーノンクールショック」後の「ニケ革命」と言える
超絶かつ野性的ナチュラルHrnの雄叫びに
カーッと血の昇らない男がいるか?(女は?)
自然な音程ズレのハーモ二ーも芸術的!
それにしても勇壮な水上、豪壮な王宮だ!ゴマもチマチマ擂れば嫌みになるが、
ここまで豪華盛大豪快に擂れば英国王ジョージ1世も大満足!?"
風雷暴, 横浜
2003年05月26日


324 :名無しの笛の踊り:2006/07/19(水) 13:30:25 ID:1yaku1Fw
24 Preludes & Fugues: Ashkenazy

だめ!

"全く駄目です!前奏曲もフーガもきちんと弾けてません。
前奏曲の意味すらわかってないかのような演奏です。
この曲はもっとすばらしい曲です。
諦めないで他の人のCDで捜してください。
演奏会でも数曲取り上げられることがありますので、それを聴いてください。
このCDを聴くことは苦痛でしかありません。
まあ、ショパンの装飾譜をきちんと弾けない(ほとんど間違えて弾いている)人に期待した私が愚かでした。反省します。"
ひのき饅頭, 愛媛県

すばらしい

"下のレビューは一体何ですか??余りにも偏見に満ちた見解です。
きちんと弾けています。ショパンに見られるようなアシュケナージの甘美なタッチは程よく抑制されて、
素直に曲の素晴らしさを楽しめました。しかしこの曲の全曲録音は未だ少なく、
比較上の困難があり「どれほど優れた演奏か?」となれば未だ決定的な評価は為しえないというのが本音。"
ハンス, 世田谷

325 :名無しの笛の踊り:2006/07/19(水) 13:32:22 ID:1yaku1Fw
で、結局ひのまんの一番好きなピアニストは誰なの?カツァリスとホロヴィッツ?

326 :名無しの笛の踊り:2006/07/19(水) 19:04:21 ID:Yyls5O7Z
>>325
ひのまんがホロヴィッツのCDレヴュー書いてるのとか見たことないけど?
アファナシエフ
アンスネス
ツィメルマン
ハフ
ガヴリーロフ
カーゾン
アムラン
あたりは褒めてるね。

327 :名無しの笛の踊り:2006/07/19(水) 19:44:13 ID:JWO15lw6
>>326
ひのまんはホロヴィッツやキーシンは「芸人」として蔑んでるっぽい
あと、ポゴレリチオタ。
いつものイヤミな屁理屈のないミーハーレビューをしてる。

328 :名無しの笛の踊り:2006/07/19(水) 20:31:35 ID:BpnJS6u/
>>326
スマソ、風雷暴と混同してた。

329 :名無しの笛の踊り:2006/07/19(水) 23:35:37 ID:/9x1VnS8
>>324
新録のバッハ?それともショスタコ?
どっちにしてもダメなのは確か。特にショスタコはろくに弾けてなくて痛々しいほど。
ショパンの装飾「音」がどうのこうのってのは不破のHPからの受け売りだろうねw

330 :名無しの笛の踊り:2006/07/20(木) 02:31:02 ID:k2ErB+bb
>>329
>ショパンの装飾「音」がどうのこうのってのは不破のHPからの受け売りだろうねw

ひのまんには、あの解説が理解できても聴く耳を持たないと思われ。

331 :名無しの笛の踊り:2006/07/20(木) 23:10:12 ID:6oj2vp4c
>>330
というか不破さん本人も理解できているかどうかかなり怪しいです。
前打音の開始タイミングやルバートのことばかり書いているが、要は旋律全体の
アゴーギクの中で自然に奏されることが重要なのであって、装飾音符だけを
微視的に分析してもうまく弾けないのよね。

332 :名無しの笛の踊り:2006/07/23(日) 02:41:07 ID:cOEsfxH9
>>325

最高!
"壮絶!通常とは次元の異なる音楽の力にひたすら圧倒されます。
ひたすら絶賛を惜しみません。
見つけたらあらゆるものを犠牲にしても即買いですね。"
ひのき饅頭, 愛媛県
2005年02月11日

最高!
"「フーガの技法」「パルティータ」「24の前奏曲」の3曲が
文句無く凄い。一つのスタイルとして完成し尽くされており、
些細な問題以外で、全く反論の余地が無い。演奏優位の圧倒的な世界。
BOXの完成度はOP30388のほうが上ですが、いずれにせよ
「音の持つ力」がどのようなものか知りたければソコロフを聴くべきだ。
ただし他のピアニストが物足らなくなっても知りませんよ。"
ひのき饅頭, 愛媛県
2005年08月26日

333 :名無しの笛の踊り:2006/07/23(日) 15:05:00 ID:cOEsfxH9
いまいち

"悪くはないのですが、CDの帯に「ポリーニ、フランソワと並び立つ・・・」と
書かれてますけど、確かにその程度だと思います。
本当にものすごい演奏を聴いていると残念ですが、物足りません。
ショパンのエチュードは本当に凄い音楽です。
日本でほとんど無名なわが道を行く真の実力者に凄い演奏が多いです。
(LORTIE をおすすめします)マスコミにごまかされず、
どんどんCDを買って実力者を探しましょう。"
ひのき饅頭, 愛媛県
2005年01月10日

最高!

"私が指摘するまでも無く、世界で最も音がきれいなショパン演奏でしょう。
音一発で昇天できる演奏です。それにしても音が凄い!凄い!清廉の極み、
物凄い技術です。これ以上の練習曲の演奏は、数曲だけですが、
私はカツァリスのLIVEでしか聴いたことがないです。
本当の技術を聴きたい人にお薦めします。"
ひのき饅頭, 愛媛県
2004年12月12日

334 :名無しの笛の踊り:2006/07/24(月) 01:32:24 ID:6YUKRTyu
カツァリスを褒めている・・・やめてくれー!

335 :名無しの笛の踊り:2006/07/24(月) 02:49:30 ID:foF2nvc/
ttp://www.hmv.co.jp/product/detail.asp?sku=1369071

いまいち
"再試聴後も、やはりモダンで、ライト感覚な演奏という印象を拭いきれない。
というのはピアノの音に多彩な響きとニュアンスが刻み込まれていないからである。
モーツァルトが低音を補強して弾いたことはよく知られているが、それは
アクセントの置き方から生まれたものであった。
この演奏はピアノが歌わず、やや力任せなところがあり、表現力の不足が感じられる。
この演奏よりシュミット=マズア盤の演奏を好ましく思う。 "
佳田 玲奈, 京都府
2006年07月22日

OK
"フレージングにメリハリを利かせた演奏。
酒に例えるなら絞りたての新酒の味か、新鮮さはあるが、
熟成された古酒の香りと濃くには及ばないと感じられる。
テンポ設定は個人的な好みがあるので言い難いが、
演奏から弱音の美しさがいまひとつ表現しきれていないと感じた。
音の濁りも少し気になる。多少の不満はあるが全体的に
水準の高い演奏なので、「敢闘賞」といったところか。"
佳田玲奈, 京都府
2006年07月08日

こいつの好みなど知ったことではないのだが…
大体連続投稿って、犬のレヴュー欄を私物化かw

336 :名無しの笛の踊り:2006/07/24(月) 02:54:04 ID:rpUvbPNE
「王座入閣」っていいよね。よく考えたら内閣(キャビネット)に入るのにその入る先がキングの座って
意味不明だけど、感情がよく表れてる。宇野功芳の「光彩陸離」だって似たようなもんだろうし。

337 :名無しの笛の踊り:2006/07/24(月) 04:27:57 ID:ULAPvnSc
古くから使われてきた漢語の「光彩陸離」を「王座入閣」と
似たようなもん扱いするのはいくらなんでも……

338 :名無しの笛の踊り:2006/07/24(月) 17:49:49 ID:5noZ9VRW
招き猫でお馴染みのあの方がご登場。 モントゥー。

最高!
"こんな凄い演奏がまだ残っていたなんて!しかも40年前のライブで!
特に「チャイ5」はゲルギエフとムラビンスキーを凌ぐ圧倒的名演です。
不覚にもラストのコーダに涙してしまいました。このコンビの「ブラ2」の
演奏内容をそのまま「チャイ5」に移植した演奏と言っても過言ではありません。
「チャイ5」を愛する人は必聴のアルバムです。他も名演です。"
ヨンさま, 東京都
2004年06月06日


339 :名無しの笛の踊り:2006/07/24(月) 19:35:05 ID:PCA8SI1Y

個人的意見だが
ここは普通に書かれたレビューを自分の好みに合わないからと晒すスレではない。

340 :名無しの笛の踊り:2006/07/24(月) 19:56:44 ID:3pdS06Je
前スレにも痛い奴がいたな >自分の好みに合わないレビューを晒す馬鹿

341 :名無しの笛の踊り:2006/07/24(月) 20:00:57 ID:3pdS06Je
前スレじゃなくて>>74-80ですた

342 :名無しの笛の踊り:2006/07/24(月) 22:17:21 ID:WuQjwZeZ
>>338
ヨンって2004年から登場してたの?
てっきり最近オナニー覚えたばかりの猿かと思ってたんだが。

343 :名無しの笛の踊り:2006/07/25(火) 12:23:39 ID:gb2GUtej
最高!
"おそらく現行で最高最良最上級のピアノ小品集。
ストレートに作曲家の魅力が伝わる抜群の選曲。
それにしても、これほどの、芸術の良心を体現するかのような
硬派な企画がよく実現したと思う。
羽があるかのように軽い、でも強固で芯が通った静謐で深い豊かな響きに、
ひたすら満たされます。このような音世界を知らないことは、
私は不幸なことだと思います。"
ひのき饅頭, 愛媛県
2005年05月20日


うわーん、私のお気に入りのピアニストを、ひの饅が大絶賛してるー!!!!
しかも文章がしごくマトモ。非常に分かりやすく、うなずける内容。
もしかして、やっぱり、彼って聴く耳持ってるの?

344 :名無しの笛の踊り:2006/07/25(火) 12:26:02 ID:RdEvRMnc
で、誰の何のCDのレビュー?

345 :名無しの笛の踊り:2006/07/25(火) 12:33:05 ID:+Az3FP0f
Feltsman Speak Memory -心に残るピアノ小品集

346 :名無しの笛の踊り:2006/07/25(火) 12:39:56 ID:+Az3FP0f
Nocturnes: Feltsman
ttp://www.hmv.co.jp/product/detail.asp?sku=1774902

347 :343:2006/07/25(火) 13:18:28 ID:gb2GUtej
>>344
フェルツマンの、ピアノ小品集。


348 :343:2006/07/25(火) 13:19:07 ID:gb2GUtej
あ、345の人が書いてた。すいません。

349 :名無しの笛の踊り:2006/07/25(火) 20:28:42 ID:GMgad4gU
>>346のは、いつものひのまん理論が炸裂してるぞ


350 :名無しの笛の踊り:2006/07/26(水) 15:02:17 ID:ZClSP9bJ
orz

351 :名無しの笛の踊り:2006/07/27(木) 16:38:17 ID:BcOZOjLH
すばらしい

"クソ真面目な1、2楽章は余り面白くない。しかし確かに後半楽章は尻上がりに良くなる。それに
BPOと比べれば、オケの作曲者への共感度はMPOが数段上。クナッパーツブッシュほど豪快・素朴
では無いし、シューリヒトほどの閃きは無いが、自分としてはサードチョイスとしたい(もっともそれは
大変なことなのであるが!)。"
Haru, 千葉県柏市
2006年07月19日

なんだか知らんが、やたら偉そうなレビュウ

117 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)